ハローワークから紹介された企業の面接を断る方法をご紹介

ハローワークから紹介状をもらった企業の面接は、断ることが出来るのでしょうか?

絶対に受けなければならない・・・と思っているかもしれませんが、面接を断ることは可能です。

ただ、その場合はハローワークと応募先企業の両方に連絡を入れるようにしましょう。

一度断ってしまうとペナルティはあるのか?など、気になる点も調べてみました!是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

年下上司にムカつく!上手く付き合うための対処方法について

年下上司が最近増えてきて、年配の方からムカつく!といった意見も・・・。 しかし上司ですから、上手く...

在宅で起業する主婦が急増中!成功の秘訣とは

子供が小さくて外に出て働くことがまだまだ難しい・・・という主婦も多いのでは? 在宅ワークをして...

人生の失敗は大学受験ではない?自分の考え方を変えてみよう

人生における失敗は誰にでも一度はあることでしょう。しかし、大学受験で失敗してしまうと、それが「人生の...

職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。 この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵...

不安でたまらない!仕事のミスをしてしまった時の対処法

仕事でミスをしてしまい不安になっていませんか? 「上司にミスを怒られた」「ミスを指摘されて恥ず...

工場パートの気になる人間関係を調査!果たしてその実態は

工場パートの募集は多く、家計のために働いてみようかと考えている方も多いのではないでしょうか。 ...

昼休みに仕事をする上司や同僚は迷惑?休憩時間も働く心理とは

昼休みになっても仕事を続ける上司や同僚の方もいますよね。 そんな上司や同僚の方がいると休みにく...

新入社員のミスはいつまで許される?ミスで評価を落とすことも!

新入社員が仕事でミスをしてしまうのは仕方のないことですが、一体いつまでだったらこれが通用するのでしょ...

会社を休めない!体調不良で休めないワケとブラック企業について

体調不良で具合が悪いのに会社を休めない。高熱でフラフラなのにどうしても出社しなくてはならない。こんな...

謝罪の電話をかける時間帯でベストなタイミングと謝り方を紹介!

大事な仕事でミスをしてしまって相手に迷惑をかけた場合に、謝罪の電話をかけなくてはならない事もあります...

思い込みがミスを招く。ミスをしないための対策と予防について

あなたは思い込みが激しいほうですか? 私自身は、世の中を色眼鏡でしか見ていません! そんな、思い...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。 でも、何級か...

面接日時の連絡来ない時の対処法と問い合わせ時のポイント!

面接の応募連絡をしたのに、企業から面接の日時に関する連絡来ないとなると、いつまで待てばいいのか不安に...

仕事を覚える期間に必要なことと早く正確に覚えるためのコツ

仕事を覚えるまでにかかる期間というのは、個人差がありますね。 でも、なかなか仕事が覚えられない...

バドミントンを高校生から初心者で始めた人へ伝えたいこと

高校からバドミントンを始める場合、どんな準備や知識を知っておくといいのでしょうか? 周りとの差...

スポンサーリンク

ハローワークから紹介状をもらった企業の面接を断るのはアリ?

ハローワークに紹介状をもらった会社の面接は、断ってもかまいません。基本的に、紹介状を発行してもらった会社があるのであれば、面接に行くのが礼儀というものでしょう。安易に、やっぱりいきたくないからやめたというのは辞めましょう。

しかし、何か理由があるのであれば、断ってもかまいません。考え直した結果、やめようと思うこともあるでしょう。

問題は無いにしろ、ハローワークには紹介をしたのに企業に面接に行かなかったというデータは残ります。何度も同じような状態が続くと、ハローワークでも紹介状の発行をなかなかしてもらえないことに繋がるかも知れません。

面接を断った場合、その理由をしっかりとハローワークに伝えることが大切です。しっかりと伝えることができれば、次も紹介状を発行してもらいやすくなります。断ったことは、決して隠しておかずに、素直に伝えることが大切なのです。

ハローワーク経由の面接や採用を断る際の連絡先とは

面接や採用を断る際には、ハローワークだけでなく、応募先の会社の担当の方にも必ず連絡を入れましょう。このことは紹介状にも記載されています。
面接にどうしてもいけないような事態が発生したり、面接に遅刻してしまいそうなときも、応募先の会社だけでなく、ハローワークにも連絡するべきです。

どちらを先に連絡すればよいのでしょうか。先ずは、応募先の会社に連絡することを優先しましょう。

採用をお断りする場合には、そのことを単刀直入に話すだけでなく、丁寧に申し分けない旨を伝えるべきです。折角採用されたのに、断ってはいけないと生真面目に考える必要はありません。採用側も、その様な事態を想定して採用している場合もあるのです。

書類選考に応募したものの、会社からまだ面接の連絡が来ていない段階で、辞退したい場合もあるかも知れません。そんなときは、まずハローワークに連絡します。応募先の会社に直接連絡する必要はありません。ハローワークから会社に辞退の電話を入れてくれます。

ハローワークへは紹介状を返却すると良いでしょう。紹介状を発行してもらったのに、応募しなかった旨を伝えましょう。

ハローワークから紹介された企業の面接を、断る連絡をせずに行かなかったらどうなる?

ハローワークでは一定数の紹介状しか発行することができません。一人に発行する紹介状の数には制限があります。
連絡せずに、面接に行かないような人も中にはいます。もし、面接に行けなかったり行かなかったりするような場合には、ハローワークにも企業にも連絡をするべきです。

しかし、どちらにも連絡せず、黙って面接に行かなかった場合には、まれに企業からハローワークへその旨の連絡が行くことがあります。
連絡をせずに面接を辞退したのであれば、紹介状が発行されたままになっているため、次の求人の紹介がされなくなります。これは罰則ともいえるでしょう。

しかし、後に、ハローワークに面接に行かなかったことを伝えるだけで、紹介状を発行してもらったデータは削除してもらえます。紹介状発行数は、削除された分、戻ります。数に空きができれば、また別の企業の紹介状を発行してもらうことができます。

ハローワークから紹介状をもらった企業の面接を断る際のポイント

ハローワークに紹介状を発行してもらった企業の面接を断るときには、企業だけでなくハローワーク側にも連絡をするべきです。

その際、面接を断る意志がはっきりと固まった時点で、早急にどちらにも連絡を入れましょう。当日になって急に面接を断るようでは、企業に迷惑をかけることは間違えありません。万が一、面接当日に第一希望の企業から採用の電話を受けた場合には、やむを得ません。それ以外は、事前に連絡をするべきです。

面接後に、辞退したい場合も同じです。企業とハローワークの両方にその旨を伝えましょう。

辞退の旨は電話で連絡することが無難ですが、面接日より数日前であれば、メールなどで連絡する方法をとっても構わないでしょう。

ハローワークからの面接を断る前に、覚えておいて欲しいこと

面接を断る前に、もう一度良く考えなおしてもらいたいことがあります。それは、一度辞退した会社は二度と受けることができないということです。

採用試験で合格したものの、第一希望ではない為に辞退することがあるかも知れません。しかし、第一希望の企業が不採用になったからといって、以前採用試験で合格し辞退した企業に受け入れてもらおうとするのは、無理な話です。

企業の面接を断るということは、二度とその企業を受けることができないということなのです。それを踏まえた上で、面接を辞退する必要があるのです。就職活動をする人の中には、多くの企業に履歴書を出したり、たくさんの企業の採用試験を受けたりする人がいます。しかし、そうすることで二度と受けることができない会社が増えるということを覚えて置いてください。

本当に働きたい企業に絞って、採用試験を受けるのが理想と言えそうです。