ハローワークから紹介された企業の面接を断る方法をご紹介

ハローワークから紹介状をもらった企業の面接は、断ることが出来るのでしょうか?

絶対に受けなければならない・・・と思っているかもしれませんが、面接を断ることは可能です。

ただ、その場合はハローワークと応募先企業の両方に連絡を入れるようにしましょう。

一度断ってしまうとペナルティはあるのか?など、気になる点も調べてみました!是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

不採用の理由を知りたい!ハローワークで聞いてみよう!

転職活動中の人はハローワークの求人を見て応募するという人も多いでしょう。しかし、運悪く不採用...

高校の卒業日の記載は履歴書に必要?学歴についての疑問点

履歴書を書く時、名前や住所などの基本情報の次に筆記が必要となる学歴。高校への入学や卒業日などを書かな...

風邪で飲み会を断るときのポイントや気をつけたい注意点

出席予定だった会社の飲み会を風邪が理由で断るのは問題ないのでしょうか?そもそも、風邪などの体...

インドのスポーツ「カバディ」の歴史やルール、魅力について

インドのスポーツ、カバディを知っていますか?インドのスポーツと言えばクリケットですが、クリケ...

水泳の自由形のコツは息継ぎの仕方とタイミングが重要なポイント

水泳って泳げるようになるまでは恐怖心があります。水中で空気がないことってこんなにも不安になること...

ボクシングのカウンター上達のための練習方法とコツを解説

ボクシングのパンチの中でも、一瞬で相手をKOさせることも可能なカウンター。しかし、難しいテクニックが...

会社の休憩時間に寝るのはアリ?仕事の効率をアップさせるには

会社の休憩時間に15分程度寝ると、午後に絶対に襲ってくる猛烈な眠気に立ち向かうことができるって知って...

新入社員の仕事が遅い原因とその対処法について

新入社員の頃はとにかく仕事に慣れることに必死です。覚えることも多いため仕事が遅くなってしまいがち...

店長を辞めたい…正社員でも辞めたいと思う時

正社員で働いていて店長を任されている立場なのに、仕事を辞めたい!と悩んでいる人もいることでしょう。...

公務員が昇給するのはいつ頃?昇給の決め方と昇給スピード

給料が安定している公務員ですが、昇給するのがいつなのか、また昇給スピードや昇給はいつまで続くのかわか...

やる気が出ない。仕事をサボる気持ちがあるなら休みを取ろう

やる気が出ない。にんげんだもの、やる気がでない時だってあります。疲れてるんじゃない?疲れ...

裁判所事務官の面接試験は難関?その内容と合格ポイントとは

裁判所事務官の2次試験である面接。面接カードに書かれている内容について質問されることになっているよう...

自衛官の定年後の就職先は?定年が早い自衛官の再就職について

自衛官は公務員ですが、一般の公務員よりも定年の年齢が早いです。このため、定年を迎えた年齢でも再就職を...

女の職場で飛び交う陰口について。言われても気にならない方法は

女の職場あるある。たくさんありますが、一番多いのは『陰口』で盛り上がるというのではありませんか?...

旅行のキャンセル料は仕事が原因なら会社に請求できるのか

楽しみにしていた旅行。でも旅行直前になって会社から「仕事に出てくれ」と休日出勤を命じられてしまうこと...

スポンサーリンク

ハローワークから紹介状をもらった企業の面接を断るのはアリ?

ハローワークに紹介状をもらった会社の面接は、断ってもかまいません。基本的に、紹介状を発行してもらった会社があるのであれば、面接に行くのが礼儀というものでしょう。安易に、やっぱりいきたくないからやめたというのは辞めましょう。

しかし、何か理由があるのであれば、断ってもかまいません。考え直した結果、やめようと思うこともあるでしょう。

問題は無いにしろ、ハローワークには紹介をしたのに企業に面接に行かなかったというデータは残ります。何度も同じような状態が続くと、ハローワークでも紹介状の発行をなかなかしてもらえないことに繋がるかも知れません。

面接を断った場合、その理由をしっかりとハローワークに伝えることが大切です。しっかりと伝えることができれば、次も紹介状を発行してもらいやすくなります。断ったことは、決して隠しておかずに、素直に伝えることが大切なのです。

ハローワーク経由の面接や採用を断る際の連絡先とは

面接や採用を断る際には、ハローワークだけでなく、応募先の会社の担当の方にも必ず連絡を入れましょう。このことは紹介状にも記載されています。
面接にどうしてもいけないような事態が発生したり、面接に遅刻してしまいそうなときも、応募先の会社だけでなく、ハローワークにも連絡するべきです。

どちらを先に連絡すればよいのでしょうか。先ずは、応募先の会社に連絡することを優先しましょう。

採用をお断りする場合には、そのことを単刀直入に話すだけでなく、丁寧に申し分けない旨を伝えるべきです。折角採用されたのに、断ってはいけないと生真面目に考える必要はありません。採用側も、その様な事態を想定して採用している場合もあるのです。

書類選考に応募したものの、会社からまだ面接の連絡が来ていない段階で、辞退したい場合もあるかも知れません。そんなときは、まずハローワークに連絡します。応募先の会社に直接連絡する必要はありません。ハローワークから会社に辞退の電話を入れてくれます。

ハローワークへは紹介状を返却すると良いでしょう。紹介状を発行してもらったのに、応募しなかった旨を伝えましょう。

ハローワークから紹介された企業の面接を、断る連絡をせずに行かなかったらどうなる?

ハローワークでは一定数の紹介状しか発行することができません。一人に発行する紹介状の数には制限があります。
連絡せずに、面接に行かないような人も中にはいます。もし、面接に行けなかったり行かなかったりするような場合には、ハローワークにも企業にも連絡をするべきです。

しかし、どちらにも連絡せず、黙って面接に行かなかった場合には、まれに企業からハローワークへその旨の連絡が行くことがあります。
連絡をせずに面接を辞退したのであれば、紹介状が発行されたままになっているため、次の求人の紹介がされなくなります。これは罰則ともいえるでしょう。

しかし、後に、ハローワークに面接に行かなかったことを伝えるだけで、紹介状を発行してもらったデータは削除してもらえます。紹介状発行数は、削除された分、戻ります。数に空きができれば、また別の企業の紹介状を発行してもらうことができます。

ハローワークから紹介状をもらった企業の面接を断る際のポイント

ハローワークに紹介状を発行してもらった企業の面接を断るときには、企業だけでなくハローワーク側にも連絡をするべきです。

その際、面接を断る意志がはっきりと固まった時点で、早急にどちらにも連絡を入れましょう。当日になって急に面接を断るようでは、企業に迷惑をかけることは間違えありません。万が一、面接当日に第一希望の企業から採用の電話を受けた場合には、やむを得ません。それ以外は、事前に連絡をするべきです。

面接後に、辞退したい場合も同じです。企業とハローワークの両方にその旨を伝えましょう。

辞退の旨は電話で連絡することが無難ですが、面接日より数日前であれば、メールなどで連絡する方法をとっても構わないでしょう。

ハローワークからの面接を断る前に、覚えておいて欲しいこと

面接を断る前に、もう一度良く考えなおしてもらいたいことがあります。それは、一度辞退した会社は二度と受けることができないということです。

採用試験で合格したものの、第一希望ではない為に辞退することがあるかも知れません。しかし、第一希望の企業が不採用になったからといって、以前採用試験で合格し辞退した企業に受け入れてもらおうとするのは、無理な話です。

企業の面接を断るということは、二度とその企業を受けることができないということなのです。それを踏まえた上で、面接を辞退する必要があるのです。就職活動をする人の中には、多くの企業に履歴書を出したり、たくさんの企業の採用試験を受けたりする人がいます。しかし、そうすることで二度と受けることができない会社が増えるということを覚えて置いてください。

本当に働きたい企業に絞って、採用試験を受けるのが理想と言えそうです。