電話が苦手な若者が急増中!その原因と対処方法について

電話が苦手だという方は意外と多いものですよね。しかし苦手を通り越して、いま電話に出ることが出来ない若者が増えているといいます。

なぜ電話で話す事ができないのか?その原因は今の時代を象徴している、連絡手段にあるようです。

電話で会話がスムーズに出来ないことは、どのような弊害があるのか?苦手を克服する対処方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保険外交員として働く女性の現状と問題点とは

保険外交員として働いている女性は多く、セールスレディとして各家庭を回っています。これから保険外交...

研修期間中でも辞めることは可能?バイトの辞め方について

頑張ろうと思ってバイトを始めたものの、自分の思っていた仕事とは違いすぎて辞めたいと思うこともあるでし...

人生の失敗は大学受験ではない?自分の考え方を変えてみよう

人生における失敗は誰にでも一度はあることでしょう。しかし、大学受験で失敗してしまうと、それが「人生の...

ソフトボールの投げ方でピッチャーの基本や上達のコツと練習方法

ソフトボールの投げ方について、ピッチャーにおける投げ方の基本はわかりますか?それをさらにワン...

電話で相手の声が聞こえない!そんな時の切り方マナーとは

電話をしていて相手の声が聞こえない時は、一旦電話を切った方が良いという場合があります。その際は、どの...

情報処理に関する資格は就職にどのくらい有利となるのか徹底調査

IT業界への就職を考えている大学生は、情報処理に関する資格を持っていると就職に有利になると思っている...

バレエでポワントが立てない原因とは?コツやポイントをご紹介

バレエのポワントがなかなか立てない、グラグラしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

警視庁職員になるための試験の難易度は思ったよりも低かった!

警視庁の職員になりたい場合は地方公務員の試験を受けることになりますが、気になるのはその難易度について...

柔道の寝技を最強にする基礎トレーニングや練習のコツとは

柔道の寝技が最強に強くなりたいなら、基礎となるトレーニングやコツを掴んだ練習を重ねる必要があります。...

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか?出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

バタフライを速く泳ぐための筋トレ方法と水泳のコツを教えます

水泳の四泳法の中でも、バタフライは背中の筋肉を一番使っていると思いますよね。では、その背筋を...

空手の蹴り上達のための練習で意識するポイントを教えます

空手の蹴りにはいろいろな種類がありますが、練習によって上達させることができれば試合でも有効に使えるよ...

会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。では、会社を辞める時の退職の挨...

面接を連絡なしでドタキャンするのはだめ!相手の立場になろう

面接の連絡なしでドタキャンをすると、あなたの評価がガタ落ちしてしまう!?お互いのためにも、き...

スポンサーリンク

会社の電話に出られない!若者は「家電」を経験していないから苦手?

昔は一人ひとりスマホを持っているわけではなく、家に一つ固定電話がありました。
この「家電」があった時代は、知らず知らずの内に家族から電話でのテクニックを学ぶ事ができていたのでしょう。

「家電」は食卓においてあることが多く、良く家族が仕事の電話や友達と電話している様子を見る事ができました。

会話のパターンを学んだり、電話をする際に必要な演技力も学ぶ事ができます。

電話の相手に合わせて顔が見えない相手にどのように気持ちを伝えているのか、家族の対応を通して学ぶ事ができたのです。

そして昔は、つきあっていた彼女や友達と連絡を取り合うときも「家電」を利用していました。
本人に直接すぐ繋がるわけではないので、その家族と会話を通してから本人へとつないでもらうというプロセスも電話での経験を積む良い機会となっていたのでしょう。

このように「家電」のある時代は、仕事の電話の方法もプライベートな電話の方法も「家電」を通して知らず知らずの内に学ぶ事ができたのです。

仕事にも支障が!電話が苦手な若者の現状とは…。

社会人になると会社の電話に出て受け答えする機会が増えることでしょう。
しかし、電話に慣れていない若者には電話対応をすることは恐怖であると感じてしまっています。

会社の電話だと、相手がまったく分からないまま電話することが苦手意識の一つでしょう。
そして、もし失礼な態度と捉えられかねない言い方になってしまったらと思うと気持ちが焦ってしまい、ますます会社の電話に出るのが嫌になってしまいます。

今は、友人と連絡する場合はスマホのメールやラインで済ます事ができます。
もし電話をする場合でも事前に今から電話すると一言断わってからすることが多いようです。
まして、電話に出る人が決まっているので緊張することもないですよね。

しかし実際に電話でやり取りすること事態が少なくなっていることでしょう。

メールの方が要点をまとめて失礼のないように伝える事ができるし落ち着いて対応できるので、仕事でもプライベートでもメールの方が得意になっているのでしょう。

電話が苦手!嫌いという若者にもタイプがある

一言で電話が苦手といっても、なぜ苦手なのか理由はそれぞれでタイプがあります。
苦手の度合いも、電話がかかってくるだけで手足が震えるほど嫌という度合い、ちょっと苦手だなと思う程度の度合いなど人それぞれです。

そして電話といっても、仕事の電話は苦手でも友達との電話であれば緊張しないという人もいますし、友達との電話すら緊張して苦手という人もいます。

仕事の電話に関して言うと、電話経験が少ない人だったり、相手の時間を奪ってしまうという電話に否定的な考えを持っている人だったり、真面目で責任感の強い人は電話に対して苦手意識が強いようです。

電話は即座の対応が求められることが多いです。
その為、即座に物事に対応するのが苦手な人や相手に気を使って自分のタイミングで上手く会話する事ができない人も電話を苦手だと感じやすいようです。

仕事での電話はメモを取ったり、内容を即座に理解して分析することも必要となってきますので、出来ない場合は苦手意識を持ちやすいでしょう。

電話が苦手な若者は、コミュニケーション自体が苦手

コミュニケーション自体が苦手で、出来るだけ電話で通話したくないという人もいます。

電話だと気持ちがすぐに出てしまったり、間が出来てしまう事を気にしてしまうのでしょう。
電話は億劫に感じるため、もしいきなり着信があってもあえて電話には出ないで、後から用件はなんだったのかとメールを打って文字でのやりとりへと持っていく人も入るようですね。

電話が苦手という人は今の時代に限らず昔から一定数いました。
会っているときは良くしゃべるのに、電話だと緊張してあまりしゃべらなくなるという人もいるでしょう。

様々な方法で遠くの人とコミュニケーションをとる事ができるようになった今の時代では、電話での通話のやり取りの必要性は自然と減っていったのでしょう。

しかし、中には電話でのやり取りに対して肯定的な意見を持つ人も一定数いるようです。

苦手な電話を克服する方法とは

苦手な電話での通話を克服するためには、どのようなことを心がければよいのでしょうか。
電話をしなければ電話が苦手になる事は当たり前な事です。

電話が苦手だと思うと電話に出たくなくて避けてしまいがちですが、それではいくらたっても電話嫌いを克服する事は難しいですよね。

まずは電話で上手く話す事を意識するのではなく、大きな声で話すことを目標としてはじめてください。

自信がないと、つい小さい声でぼそぼそとか細い声で話してしまいがちです。
そこで、大きくて元気のある声で話すように心掛けると、自分にも少し自信がつきますし、相手に対しても良い印象を与える事ができるので実に効果的だと思います。

大きな声をだすための発声練習から始めて、徐々に苦手な電話になれていきましょう。