謝罪の電話をかける時間帯でベストなタイミングと謝り方を紹介!

大事な仕事でミスをしてしまって相手に迷惑をかけた場合に、謝罪の電話をかけなくてはならない事もありますね。

謝罪の電話をかける時間帯はいつころがベストなのだろうと悩んでしまいますね。

まずは謝罪の電話は基本スピードがです!そうすることで誠意も伝わるでしょう。

また緊急でない場合、こんな時間帯避けたほうがいいという時間帯もあります。
詳しくみてみましょう。

謝り方がわからない、上手な謝り方を知りたい!そんな場合の相手先・上司や先輩へ心のこもった上手な謝罪の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野球の練習方法で守備が上達するための基本やポイントとは

野球の練習方法において、守備の練習はとても重要です。 特に、守備練習では様々なケースを想定したゴロ...

転職初日の緊張を和らげる方法と転職時の心得

転職初日は緊張と不安でしかありません。 これから先自分は戦力として必要とされるのか、この職場で...

新入社員のミスはいつまで許される?ミスで評価を落とすことも!

新入社員が仕事でミスをしてしまうのは仕方のないことですが、一体いつまでだったらこれが通用するのでしょ...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。 でも、何級か...

硬式テニスのサーブの打ち方とは?初心者が入らない理由とは

硬式テニスのサーブがなかなか入らないのはどうしてなのでしょうか?初心者の場合はこんなことに注意してサ...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

スーパーのレジで働きたい方へ!志望動機はこうしよう!

スーパーで働きたい!中でもレジを希望します! そんな時、履歴書の志望動機の欄には何て書いたらい...

就活用スーツはスカート丈が勝負?採用されるための選び方とは

就活用のリクルートスーツにはパンツもありますが、スカートの方が良いと言われています。 そこで気...

火葬場の仕事の内容や給料はいくらか調べてみた!やりがいとは

日本の火葬技術は世界一といわれるそうです。 火葬場の仕事にはどんなイメージがありますか? ...

fラン大学生の就職活動にどんな資格が必要なのか徹底解説!

fラン大学生は就職活動をしても不利だから資格を取得した方がいい、なんて話を聞きますよね。 しか...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい! コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。 まずは、背面跳...

返信マナーが知りたい!「行」を消して書き換えるときのポイント

返信用の封筒や往復はがきなどには宛先がすでに描かれていて、企業名の下に「行」と書かれていることがあり...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。 けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

サーブのコツ!バレーでサーブが入らない理由と練習方法

バレーボールの初心者がまず覚えることはサーブの打ち方です。 ゲームはまずサーブから始まりますの...

スポンサーリンク

ビジネスマナーで謝罪の電話をする時間帯は?

仕事でミスをしてしまうと落ち込んでしまいますよね。
ですが、落ち込む前にすべきことは「謝罪」です。

取引先や上司、ミスをして迷惑をかけた相手へしっかりと謝罪をし、相手からの信頼を取り戻すことが大切です。

また、謝罪は直接会って謝罪することが最も良いですが、中にはさまざまな理由で直接会えない場合もあるでしょう。

電話で謝罪するタイミング

ミスした後すぐに謝罪の電話を入れるようにしましょう。

時間が経ってしまってからの謝罪電話は、相手に「もっと早く電話できなかったの?」と思われてしまう可能性があります。

トラブルが解決するかどうかは別として、ひとまず謝罪を入れることは大切です。

また、謝罪する場合は、トラブルが起きてしまった原因やその後のことなども伝える必要がありますが、さまざまな理由で伝えられない場合もあると思います。

そういった場合は、ひとまず謝罪の気持ちは伝え、その後のことは決まり次第再度連絡するという方法をとるようにしましょう。

どんな理由にしても、ミスをして迷惑をかけてしまったことに対し「すぐに謝罪する」ことは大切です。

謝罪の電話をする場合、 こんな時間帯は避けたほうがいいかも

謝罪の電話は13時半頃を目安にかける

13時半頃は、休憩が終わり一区切りついている時間帯である可能性が高いからです。
落ち着いている時間帯である可能性が高いため、イライラされることも少ないでしょう。
ですが、営業の方などは13時半頃は外に出ている場合もあるでしょう。

そういった場合は、メールで謝罪を入れておき、翌日の13時半頃を目安に再度かけるようにしましょう。

また、お昼前に謝罪の電話をするのは避けたほうが良いでしょう。

休憩に入る前に仕事を一区切りつけようとバタバタしていたり、謝罪の電話によってお昼に入る時間が遅れてしまいイライラさせてしまう可能性があり、中には空腹によって機嫌が悪くなっている場合もあるかもしれません。

謝罪をすることは大切ですが、時間帯にも気を配り、余計に相手をイライラさせてしまわないように注意しましょう。

謝罪の電話は時間帯も大事!相手の気持ちは?

謝罪の時間帯に気を配らなければいけないことは上記でお伝えしましたが、謝罪を適当にしてしまうと相手を更に不快にさせてしまうことになりかねません。

相手から、しっかりと気持ちの篭った謝罪を受けた場合には、怒っている気持ちから許す気持ちに移行しやすくなります。

ですが、適当な謝罪をしてしまうと、悪いと思ってなく言い訳ばっかりしていると思われてしまい、更に怒らせてしまいます。

以下のような謝罪をしている場合には注意が必要です。

  • 「申し訳ございません」などの謝罪の言葉が無い
  • 自分に非があることを認めていない
  • 上辺だけで謝罪している

どんな理由にしても、相手に迷惑をかけてしまったことには変わりありません。

謝罪をするときは気持ちを込めて、心から謝罪することを意識しましょう。

上手な謝罪の仕方とは

相手に誠意が伝わる謝罪のポイント

言い訳をせずに謝罪する

完全に100%自分に非がある場合であれば、素直に言い訳もせずに謝罪することができると思います。
しかし、多少でも相手に非があるのであれば、謝罪の途中に言い訳したくなりますよね。
ですが、この言い訳は相手を更にイライラさせてしまいかねません。
言い訳をするのであれば、しっかりと謝罪を済ませた後にしましょう。

謝罪の理由を簡潔に伝えること

何に対しての謝罪なのか、分かり易く簡潔に理由を伝えることは大切です。

また、謝罪をする際は、はっきりとした口調で謝ることを心がけましょう。
ゴモゴモとした曖昧な口調は相手をイライラさせてしまう可能性があります。

謝罪である事を忘れずに!自分の言い分ばかり伝えないこと

相手の話を聞き入れずに、自分の言い分ばかり伝えることは厳禁です。
相手が話しているときには、相手の言っていることに耳を傾け、その上で謝罪するようにしましょう。

上司や先輩への上手な謝り方を紹介します

謝罪は、取引先以外にも上司や先輩である場合もありますよね。

全面的に自分が悪くない場合でも「自分から謝る」ことは大切です。

自分が悪くないからといつまでも謝らないと、相手のイライラを更に大きくしてしまう可能性があります。

また、同じ職場内であれば、いつまでも関係性が悪いと仕事もしづらくなってしまいますよね。
事を大きくしないためにも、ひとまず自分から謝ることは大切です。

また、謝罪の最中は「相手の話をよく聞く」ことも大切です。

例えば、彼女と喧嘩して怒っているとき、相手にただ「ごめん」と言われ続けるよりも、自分からこういう理由で怒っていると相手に話したほうが、気持ち的にスッキリしますよね?

それと同じで、相手を怒らせている状況であれば、相手に話してもらった方が相手の怒りが収まる可能性が高いです。

相手が話しているときはそれに耳を傾け、その上で謝罪をすると良いでしょう。