謝罪の電話をかける時間帯でベストなタイミングと謝り方を紹介!

大事な仕事でミスをしてしまって相手に迷惑をかけた場合に、謝罪の電話をかけなくてはならない事もありますね。

謝罪の電話をかける時間帯はいつころがベストなのだろうと悩んでしまいますね。

まずは謝罪の電話は基本スピードがです!そうすることで誠意も伝わるでしょう。

また緊急でない場合、こんな時間帯避けたほうがいいという時間帯もあります。
詳しくみてみましょう。

謝り方がわからない、上手な謝り方を知りたい!そんな場合の相手先・上司や先輩へ心のこもった上手な謝罪の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

課題が終わらない!徹夜で終わらせるために秘訣を教えます

大学生にとって避けては通れないレポート課題。でも終わらない時だってありますよね。提出期限の前...

会社でお土産を配る時に注意したいことやタイミングを紹介!

有給を貰って旅行に行った、遠出をしたのでめずらしいお土産を見つけたという機会があると会社にお土産を用...

ありがとうへの返事は?上司に返事をする時に使うべき言葉

上司から「ありがとう」と言われた時、それに対して部下である自分がどんな風に返事をすればよいのか悩んだ...

卓球でカットマンと試合をするときの攻略方法や戦い方とは

カットを使い、ボールに下回転をかけて相手のミスを待つ戦い方のカットマン。カットマンと戦うことが苦手な...

教育実習でプレゼントを簡単に手作りするオススメと渡す注意点

教育実習で最終日に子どもたちへお礼のプレゼントをするなら、簡単な手作りプレゼントがオススメです。...

携帯ショップ店員の大変な面と魅力的な部分について

携帯ショップに行ったことがある人は多いと思いますが、知識も豊富で関心してしまいます。新機種が...

バレークイックのタイミングは?トスとアタックの合せ方

バレーのクイックは、トスとアタックの絶妙なタイミングが生まれる攻撃の一つです。クイックする時...

会社を休めない!体調不良で休めないワケとブラック企業について

体調不良で具合が悪いのに会社を休めない。高熱でフラフラなのにどうしても出社しなくてはならない。こんな...

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。短距離走を速く走る...

スキー上級者の滑り方、上級者はどんな滑り方をしているのか

ゲレンデに行くと山の頂上から颯爽と滑っていく人に目がいきませんか。結構多くの人は注目しているはず...

欠勤の連絡が遅れたらマイナスになる理由と正しいマナーとは

欠勤の連絡が遅れただけで、あなたの評価がマイナスになってしまうことがあります。それくらい欠勤...

終身雇用制度が崩壊しつつある理由と今現在崩壊しない理由

一つの会社で定年まで働き続けることができる「終身雇用制度」。昔から続く日本ならではの働き方ですが...

水泳の自由形のコツは息継ぎの仕方とタイミングが重要なポイント

水泳って泳げるようになるまでは恐怖心があります。水中で空気がないことってこんなにも不安になること...

会社で無視されるのは、パワハラ・モラハラにあたる可能性が

会社での無視。上司からの無視、同僚からの無視。上司から業務上の連絡すらもらえないのは...

小学校の採用試験の実技でやるコト!見ている所や評価の観点

小学校の採用試験には実技があります。採用試験の実技ではどんな事を行うのでしょう?体育...

スポンサーリンク

ビジネスマナーで謝罪の電話をする時間帯は?

仕事でミスをしてしまうと落ち込んでしまいますよね。
ですが、落ち込む前にすべきことは「謝罪」です。

取引先や上司、ミスをして迷惑をかけた相手へしっかりと謝罪をし、相手からの信頼を取り戻すことが大切です。

また、謝罪は直接会って謝罪することが最も良いですが、中にはさまざまな理由で直接会えない場合もあるでしょう。

電話で謝罪するタイミング

ミスした後すぐに謝罪の電話を入れるようにしましょう。

時間が経ってしまってからの謝罪電話は、相手に「もっと早く電話できなかったの?」と思われてしまう可能性があります。

トラブルが解決するかどうかは別として、ひとまず謝罪を入れることは大切です。

また、謝罪する場合は、トラブルが起きてしまった原因やその後のことなども伝える必要がありますが、さまざまな理由で伝えられない場合もあると思います。

そういった場合は、ひとまず謝罪の気持ちは伝え、その後のことは決まり次第再度連絡するという方法をとるようにしましょう。

どんな理由にしても、ミスをして迷惑をかけてしまったことに対し「すぐに謝罪する」ことは大切です。

謝罪の電話をする場合、 こんな時間帯は避けたほうがいいかも

謝罪の電話は13時半頃を目安にかける

13時半頃は、休憩が終わり一区切りついている時間帯である可能性が高いからです。
落ち着いている時間帯である可能性が高いため、イライラされることも少ないでしょう。
ですが、営業の方などは13時半頃は外に出ている場合もあるでしょう。

そういった場合は、メールで謝罪を入れておき、翌日の13時半頃を目安に再度かけるようにしましょう。

また、お昼前に謝罪の電話をするのは避けたほうが良いでしょう。

休憩に入る前に仕事を一区切りつけようとバタバタしていたり、謝罪の電話によってお昼に入る時間が遅れてしまいイライラさせてしまう可能性があり、中には空腹によって機嫌が悪くなっている場合もあるかもしれません。

謝罪をすることは大切ですが、時間帯にも気を配り、余計に相手をイライラさせてしまわないように注意しましょう。

謝罪の電話は時間帯も大事!相手の気持ちは?

謝罪の時間帯に気を配らなければいけないことは上記でお伝えしましたが、謝罪を適当にしてしまうと相手を更に不快にさせてしまうことになりかねません。

相手から、しっかりと気持ちの篭った謝罪を受けた場合には、怒っている気持ちから許す気持ちに移行しやすくなります。

ですが、適当な謝罪をしてしまうと、悪いと思ってなく言い訳ばっかりしていると思われてしまい、更に怒らせてしまいます。

以下のような謝罪をしている場合には注意が必要です。

  • 「申し訳ございません」などの謝罪の言葉が無い
  • 自分に非があることを認めていない
  • 上辺だけで謝罪している

どんな理由にしても、相手に迷惑をかけてしまったことには変わりありません。

謝罪をするときは気持ちを込めて、心から謝罪することを意識しましょう。

上手な謝罪の仕方とは

相手に誠意が伝わる謝罪のポイント

言い訳をせずに謝罪する

完全に100%自分に非がある場合であれば、素直に言い訳もせずに謝罪することができると思います。
しかし、多少でも相手に非があるのであれば、謝罪の途中に言い訳したくなりますよね。
ですが、この言い訳は相手を更にイライラさせてしまいかねません。
言い訳をするのであれば、しっかりと謝罪を済ませた後にしましょう。

謝罪の理由を簡潔に伝えること

何に対しての謝罪なのか、分かり易く簡潔に理由を伝えることは大切です。

また、謝罪をする際は、はっきりとした口調で謝ることを心がけましょう。
ゴモゴモとした曖昧な口調は相手をイライラさせてしまう可能性があります。

謝罪である事を忘れずに!自分の言い分ばかり伝えないこと

相手の話を聞き入れずに、自分の言い分ばかり伝えることは厳禁です。
相手が話しているときには、相手の言っていることに耳を傾け、その上で謝罪するようにしましょう。

上司や先輩への上手な謝り方を紹介します

謝罪は、取引先以外にも上司や先輩である場合もありますよね。

全面的に自分が悪くない場合でも「自分から謝る」ことは大切です。

自分が悪くないからといつまでも謝らないと、相手のイライラを更に大きくしてしまう可能性があります。

また、同じ職場内であれば、いつまでも関係性が悪いと仕事もしづらくなってしまいますよね。
事を大きくしないためにも、ひとまず自分から謝ることは大切です。

また、謝罪の最中は「相手の話をよく聞く」ことも大切です。

例えば、彼女と喧嘩して怒っているとき、相手にただ「ごめん」と言われ続けるよりも、自分からこういう理由で怒っていると相手に話したほうが、気持ち的にスッキリしますよね?

それと同じで、相手を怒らせている状況であれば、相手に話してもらった方が相手の怒りが収まる可能性が高いです。

相手が話しているときはそれに耳を傾け、その上で謝罪をすると良いでしょう。