特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。
この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的な対策を練っていきたいところです。

今の公務員試験は面接を重視していることから、いかに高評価をもらうかがポイントになりますが、最初に面接を受けてしまうと不利になってしまうという情報も。

面接のポイントを抑えながら、話したい内容をしっかり掘り下げて話すことが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

上司との喧嘩で仲直りする方法と喧嘩しないためのポイント

上司と仕事上の意見の食い違いなどによって、喧嘩してしまうこともありますよね。 では、そんな上司...

プロレスは勝敗が決まってる?客を魅了するプロレスの裏事情

「プロレスって試合前からもうすでに勝敗が決まってるんでしょ?」という話を耳にしたことありませんか? ...

ボールの投げ方の教え方で気をつけたいコツや握り方と注意点とは

ボールの投げ方がわからない、うまくボールを投げることができない子供に対しての教え方とはどんなことに気...

新入社員の仕事が遅い原因とその対処法について

新入社員の頃はとにかく仕事に慣れることに必死です。 覚えることも多いため仕事が遅くなってしまいがち...

事務員の仕事が暇過ぎる!という方は是非読んで下さい!

事務員の仕事をしていて暇だ!暇過ぎる!という人がいます。 忙しくないならいいのでは?と思ってし...

公安の仕事は本当に危険?その仕事内容について徹底調査!

テレビのドラマなどでも登場する「公安警察」。ドラマを見る限り、なんだか危険そうな仕事という印象が強い...

研修期間中に退職したことを職歴に載せるべきなのか

研修期間中に何らかの理由で退職してしまうことはあります。 社風が合わない、条件と違っていたなど...

上司との面談で泣く部下の取扱説明書!上司が部下にできること

上司と部下で面談をしているとき、部下が泣く場面に遭遇してしまった!仕事の最中に部下が泣いてしまった!...

深夜のコンビニですることはこんな事!経験者が語る!

24時間営業のコンビニでは、深夜の勤務もありますね。 深夜の時間帯は来客も少ないのでしょうか?...

市役所の最終面接合格必勝法!面接官にアピールするポイント

市役所の最終面接に合格するためには何が必要か。それは「情報」です。 情報を集め、十分な調査研究を行...

就活中電話に出れなかった時のマナー!折り返す時のポイント

就活中、都合が悪くて企業からの電話に出れなかったということもありますよね。結果の合否の連絡が電話で来...

郵便局のアルバイトの合否通知は?面接の注意点と対策

郵便局のアルバイトの面接を受けたら、その合否の通知はどのように知らされるのでしょうか? なかな...

ディーラーに就職すると車購入は必須?ディーラー就職のポイント

カーディーラーへの就職を考えている場合、面接で乗っている車について聞かれることがあるのか、あるいは就...

ナックルとフォークの違いとは?名前の由来から特徴まで解説

プロ野球を観ていると、ピッチャーが投げた球種が表示されますが、その種類の中でよくわからないのが「ナッ...

裁判所事務官の面接試験は難関?その内容と合格ポイントとは

裁判所事務官の2次試験である面接。面接カードに書かれている内容について質問されることになっているよう...

スポンサーリンク

特別区の面接は最初の人が評価基準になるため不利になる

特別区の面接

この面接によって、筆記試験の結果が悪くても、採用になる可能性があるので、この面接はしっかりと抑えたい所だと思います。

その特別区の面接ですが、最初の人の評価基準になるため、不利になるというデーターがあります。それが本当なのかどうか、ここで検証してみたいと思います。

その理由ですが、面接官も、やはり初めに受けた人と比べて、2番目、3番目の人はどうなのか?っと評価基準を初めの人にしてしまうからです。

面接官にあまり経験がないと、よりそのような基準になってしまうのかもしれません。でも、ベテランであっても、やはりそのような先入観のようなものは入ってしまうようです。

面接の順番は自分では決められないかもしれませんが、初めの人は損をしそうですね。

特別区の面接で評価の点数において重要になるのは

面接で評価の点数に置いて具体的に何が重要になるのか

どうやって、自分を表現できるのか、プレセン能力が必要になってきます。あなたの志望動機であったり、自己PRのようなものですが、どれだけメリハリをつけて、面接官に良い印象を与えることができるのか、言ってることが聞き手に対して理解ができるのか?そういった事がポイントになってきます。

難しい!っと感じる人もいると思いますが、基本的なコミュニケーションがあり、面接をクリアできるのであれば、それほど難しいことではないと思います。ただ、話し方であったり、構成の内容なきちんとしないといけないと思います。

特別区の面接は深く掘り下げて話すことで評価アップに繋がる

深く掘り下げて話すことで評価が上がる

具体的にいうと、自分がどうしてそのような行動をしたのか、どうしてそのように思うのか、自分が話した内容について掘り下げて質問をされます。

それにきちんと答える必要があります。自分がこれまで学んだことをどうやって生かしていけるのか、どうやってその職場に適用できるのか、答える必要があります。

前もってそのような質問が来ることがわかっているのですから、答えを考えておきましょう。

特別区の筆記が悪くても面接の評価がよければ合格することもある

特別区の筆記が悪い場合

面接の評価が良ければ、合格する可能性はあることについてみていきたいと思います。

例え、どれだけ筆記の成績が良いとしても、面接の結果が悪ければ不採用という確率だってあります。そうなると、面接の気を抜くことはできませんよね。

では、逆にいうと、面接のどんな点をクリアしていけばよいでしょうか。

まずは印相です。第一印象は良くする必要があります。面接の評価も、「倫理観」や「協調性」「社会性」がチェックされてきます。その為、どのように答えているのか、明るくハキハキと答えているのかが重要になってきます。

次に、自信を持って話しているか、っという点になります。自信なく話している人は面接官も「この人で本当に大丈夫かな?」っという印象を持ちますから、自信を持って話していきましょう。

特別区の面接の内容は面接カードからが中心となるのか

面接カードからの内容は影響する?

どんな質問をされるのか?疑問に思いますよね。その質問に対する答えですが、特別区の面接ですが、面接カードが送られて来るので、そのカードの内容をしっかりと把握して答えると良いと思います。

つまり、面接内容は、その面接カードからになります。その為、面接カードはしっかりと読んでおきましょう。

その項目以外からも質問はきますか?っという質問もあると思いますが、それは面接官によって違ってくると思います。その為、面接カード以外からも質問が来ることは想定していた方が良さそうです。

特別区の面接は面接が重要になる

筆記試験の評価が良いだけでは中々受からないのが特別区の採用になると思います。それだけ面接に対する評価に重点が置かれている為、面接でどれだけ良い第一印象を与えることができるのか、また、自信を持っているのか、プレゼン能力もある程度は要求されてくるのだと思います。

面接カードの存在も大きいです。そのカードに書かれていることを事前に把握して、読んでおくこと、また、面接カード以外からも面接で質問が来る可能性があるので、どんな質問がくるのか、研究してから面接に挑んだ方が無難といえます。

質問内容も、際どいものが来る可能性があるので、どんな質問がきても明るく前向きに答えることができる練習を積み重ねておきましょう。