リフティングの技ができるようになりたい!初心者にオススメな技

サッカー初心者でもできるリフティングの技とは?ある程度リフティングができるようになったら、したくなるのが「技」です。

かっこよく技を決めたい!という気持ちよくわかります。

初心者にもできるおすすめなリフティングの技を紹介します。ポイントやコツを掴めば必ずできるようになるはず!ぜひ挑戦してみてください!諦めずに何度も練習してみよう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

指紋採取をする警察の鑑識員になるには?鑑識員になる方法

事件や事故現場で腰を屈めながら指紋を採取している警察官を見たことありませんか?これらの警察官...

賛否両論!?美容師のシャンプー用手袋について

美容師さんが行うシャンプーはとても気持ちがいいものですが、最近は手袋をしてシャンプーをする美容師さん...

育児休暇復帰のメールでの挨拶が必要な理由と送る時のポイント

育児休暇後に会社に復帰するときには、きちんとした挨拶をするのは当然ですよね。では、育児休暇復...

ボクシングの観戦が初心者の方へ、基本情報や見どころを紹介

テレビ中継を見て生を見てみたくなった、知り合いにボクサーがいるなどボクシングを初めて観戦するという人...

ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。足が遅いからと諦めないで、フットワークの...

終身雇用制度が崩壊しつつある理由と今現在崩壊しない理由

一つの会社で定年まで働き続けることができる「終身雇用制度」。昔から続く日本ならではの働き方ですが...

ハンドボール上達への道。練習を家でも出来るメニューがあります

ハンドボールの練習で家でも出来るメニューを紹介します。ハンドボールはシュートの時のジャンプが...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

面接が「怖い」「 行けない」と感じる方へ!面接の乗り切り方

会社の面接は誰しも緊張するものです。しかし、面接なくして会社に入ることはできません。面接に行...

柔道寝技のコツとは?力をかけるポイントや練習ポイントを解説

柔道技のひとつ「寝技」ですが、寝技は練習をすればするほど上達すると言われており、柔道初心者こそ寝技練...

キーパーの練習方法!一人でもできる練習と心構え・コツを解説

キーパーというポジションは、サッカーの中でもとても大切なポジションになります。練習を一人で行なうのは...

農業は儲かる。どんな果物が儲かるのかや農家の売上や海外事情

農業といえば休みがない、朝が早い、仕事が大変といったイメージがあるのではないでしょうか。そんな農...

高校の卒業日の記載は履歴書に必要?学歴についての疑問点

履歴書を書く時、名前や住所などの基本情報の次に筆記が必要となる学歴。高校への入学や卒業日などを書かな...

面接で筆記用具の他に印鑑が必要な理由と内定との関係

面接時に筆記用具と印鑑を持参するように指示されることがあります。面接なのに印鑑持参と言われる...

スポンサーリンク

初心者がリフティングの技をするならまずコレを練習しよう!

サッカー初心者でもカッコよくリフティングをやってみたいですよね。しかし初心者向けのリフティング技でも、ある程度ボールをコントロールすることが出来ないと難しいです。目安はつま先でチョンチョンとリフティングを、十回以上は出来るようにしましょう。安定したリフティングでボールをコントロールすることが出来ないと、技をかけることができないので、ボールをコントロールする練習から初めましょう。

まずミラージュです。地面に置いた軸足にボールを当て、逆足でボールをキャッチする技です。落下を待つ時間が長い技です。

地面に足をつけるスタイルからはじめます。待ち時間が長いことを意識して、自分に戻すタッチを徹底的に覚えるようにします。ボールを落として自分に戻すことの繰り返しになります。いつものリフティングよりも少しつま先を立てるようにしてやると上手くいきます。

リフティング初心者が技の練習をするなら

初心者がリフティングの技の練習をする場合は、どのような技から練習をするといいのでしょうか。

初心者がリフティングの技の練習をする時は上げ技のトレードの練習から

この技はボールをかかとで軸足に向かい蹴りそれを軸足で持ち上げる技です。
意外と簡単にできます。必要なテクニックはかかとでしっかりと蹴ることです。それさえしっかりと身につければリフティング初心者でも簡単に出来ます。

そしてクロススナップリフトです。かかとを地面につけたまま足の裏でボールを挟みます。そのまま逆足をまたいで足をクロスさせて、かかとを後ろに引いてボールをサイドで上にあげます。この技はボールを足に吸い付かせるテクニックが必要になります。なので最初ははだしでやることでサッカーボールの感覚がわかりやすくなるので早く上達します。
又スクラッチリフトもあります。やり方は足の甲にサッカーボールを置いて、そこからボールを引き上げながら足を上に上げてボールを上にあげます。この技も裸足でやるようにしましょう。

初心者も練習すればできるようになるリフティングの技

サッカー初心者でも練習をすると、リフティングの技がたくさん出来るようになります。

初心者の人にオススメする技はネックキャッチ

背中と首で挟むような感じでボールを乗せる技になります。まず手でボールを持って乗せる練習から始めるようにしましょう。

クロスオーバーはリフティングが出来なくても挑戦することが出来るので、初心者には練習しやすいです。
ボールを少し高く蹴り上げてジャンプしながらボールをまたいで軸足で蹴り上げます。ワンバンドしたのを蹴るとやりやすいです。

そして上げ技の代表と言えるヒールリフト。この技もリフティングが出来なくても練習出来る技なのでオススメします。
ボールをしっかりと挟みかかとを乗せてボールを蹴り上げることで上に行きます。

リフティングの技にはたくさんの技があります。回し技はサッカーボールが空間にある間に足をボールの周りで回す技なので、股関節に負担がかかります。
練習を始める前には必ずストレッチをしてからやりましょう。

リフティングってどうしたら続くようになるの?

リフティングには足の甲に当てる方法と、親指の付け根に当てる方法がある

サッカーをしたことがある人はわかりますが、初心者の人にはわかりにくいかもしれません。

足の甲に当てるインステップリフティング。初心者や小さな子どもはインステップリフティングがら始めるといいです。インステップリフティングのコツは、足首を固定してつま先をピンと伸ばし、ボールの真ん中を蹴ります。同じ所に同じ高さに上げるようにするとリフティングが続くようになります。練習方法はワンバウンドリフティング。1回キャッチ後に2回キャッチするようにして徐々に回数を多くしていきます。

そして足の付け根に当てるチョンチョンリフティング。まずインステップで100回を目指して練習しましょう。

できるようになりたいリフティングの技といえばアラウンドザワールド

チョンチョンリフティングが出来るようになったら、アラウンドザワールドに挑戦しましょう。

アラウンドザワールドのポイントは、蹴りながら回すことです。レックオーバーなど蹴ってから回す技もありますが、ボールをある程度までの高さまで蹴り上げると同時に足を回す動作に持っていくので時間の無駄がなくなるのでスムーズに回すことが出来るのです。蹴りながらボールを回すにはボールの中心を蹴ってしまうと足が引っかかってしまうので、中心から少しだけ横にずらして蹴るようにしましょう。そうすることで上に上げることが出来ます。最初は難しいかもしれませんが、何度も練習することで感覚を掴めるようになります。

外回しをする場合は足首を固定して、小指と薬指の付け根の当たりにボールを当てて回すようにします。内回しは親指と人差し指の付け根当たりにボールを当てて、回すようにします。何度も練習をすることで上達が早くなるので、毎日練習をしましょう。