リフティングの技ができるようになりたい!初心者にオススメな技

サッカー初心者でもできるリフティングの技とは?ある程度リフティングができるようになったら、したくなるのが「技」です。

かっこよく技を決めたい!という気持ちよくわかります。

初心者にもできるおすすめなリフティングの技を紹介します。ポイントやコツを掴めば必ずできるようになるはず!ぜひ挑戦してみてください!諦めずに何度も練習してみよう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場のおばさんが怖いときの対処法と上手に付き合うコツとは

職場のおばさんが怖いと仕事に行くのも嫌になってしまうかもしれませんよね。 では、職場のおばさん...

仕事が遅い新人にイライラ…教える側の技量も問われます

仕事が遅い新人に対して、イライラしてしまうことがありますよね・・・。 つい怒ってしまいたくなる...

会社の試用期間中に休むと解雇?解雇になる条件と試用期間の意味

試用期間の最中に会社を休むと、正社員になれずに会社を解雇されてしまうのではないかと不安になっている人...

バスケの基本的な練習方法!初心者がまず習得するべきこと

これからバスケを始めたいというバスケ初心者の方は、まず何から始めれば良いのか知りたいですよね。 紹...

出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴...

バレーボールの上達法は自宅で一人でもできるコツやオススメとは

バレーボールの上達法には自宅で一人でも簡単にできる練習方法があります。 コツを掴んで自宅でも練...

幼稚園教諭はピアノ伴奏が出来ないとダメ?ピアノ練習のコツ!

幼稚園の先生だからといって先生全員がピアノが得意なわけではありません。 ただ保育士と違い、幼稚園教...

携帯ショップ店員の大変な面と魅力的な部分について

携帯ショップに行ったことがある人は多いと思いますが、知識も豊富で関心してしまいます。 新機種が...

就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツ

就活中はなぜかみんな黒髪に戻しますよね?では、なぜ就活には黒髪が良いのでしょうか? それには、...

ワイシャツのインナーは何を着る?女性にオススメな色やポイント

女性が白いワイシャツを着るときに下着が透けるという問題がありますが、透けないインナーってどんな物を選...

ソフトテニスの効果的な中ロブの打ち方とは?練習方法も解説

ソフトテニスのロブの中でも「中ロブ」は攻撃にも使えるものですよね。 でも、中途半端になってしま...

保育園、年長さんの担任になった時にするべきこととは

保育園の年長さんの担任になりました! 年長さんの担任は、忙しい、難しい、大変! でも、卒園式...

職場にいるうるさい人への対処法。相手を変えることはできないけど

職場にいるうるさい人は、どんなことがうるさいと感じますか? 仕事のやり方?プライベート自慢?た...

事務職に必要な資格とは?パソコンや簿記などの資格を取ろう

事務職ではどのような資格が必要なのでしょうか?パソコンの資格でも、かなりの種類がありますよね。 ...

お歳暮を上司に贈るときの相場や注意することについて

いつもお世話になっている上司にお歳暮を贈ろうと考えている場合には、どのくらいのものを送るべきなのか迷...

スポンサーリンク

初心者がリフティングの技をするならまずコレを練習しよう!

サッカー初心者でもカッコよくリフティングをやってみたいですよね。しかし初心者向けのリフティング技でも、ある程度ボールをコントロールすることが出来ないと難しいです。目安はつま先でチョンチョンとリフティングを、十回以上は出来るようにしましょう。安定したリフティングでボールをコントロールすることが出来ないと、技をかけることができないので、ボールをコントロールする練習から初めましょう。

まずミラージュです。地面に置いた軸足にボールを当て、逆足でボールをキャッチする技です。落下を待つ時間が長い技です。

地面に足をつけるスタイルからはじめます。待ち時間が長いことを意識して、自分に戻すタッチを徹底的に覚えるようにします。ボールを落として自分に戻すことの繰り返しになります。いつものリフティングよりも少しつま先を立てるようにしてやると上手くいきます。

リフティング初心者が技の練習をするなら

初心者がリフティングの技の練習をする場合は、どのような技から練習をするといいのでしょうか。

初心者がリフティングの技の練習をする時は上げ技のトレードの練習から

この技はボールをかかとで軸足に向かい蹴りそれを軸足で持ち上げる技です。
意外と簡単にできます。必要なテクニックはかかとでしっかりと蹴ることです。それさえしっかりと身につければリフティング初心者でも簡単に出来ます。

そしてクロススナップリフトです。かかとを地面につけたまま足の裏でボールを挟みます。そのまま逆足をまたいで足をクロスさせて、かかとを後ろに引いてボールをサイドで上にあげます。この技はボールを足に吸い付かせるテクニックが必要になります。なので最初ははだしでやることでサッカーボールの感覚がわかりやすくなるので早く上達します。
又スクラッチリフトもあります。やり方は足の甲にサッカーボールを置いて、そこからボールを引き上げながら足を上に上げてボールを上にあげます。この技も裸足でやるようにしましょう。

初心者も練習すればできるようになるリフティングの技

サッカー初心者でも練習をすると、リフティングの技がたくさん出来るようになります。

初心者の人にオススメする技はネックキャッチ

背中と首で挟むような感じでボールを乗せる技になります。まず手でボールを持って乗せる練習から始めるようにしましょう。

クロスオーバーはリフティングが出来なくても挑戦することが出来るので、初心者には練習しやすいです。
ボールを少し高く蹴り上げてジャンプしながらボールをまたいで軸足で蹴り上げます。ワンバンドしたのを蹴るとやりやすいです。

そして上げ技の代表と言えるヒールリフト。この技もリフティングが出来なくても練習出来る技なのでオススメします。
ボールをしっかりと挟みかかとを乗せてボールを蹴り上げることで上に行きます。

リフティングの技にはたくさんの技があります。回し技はサッカーボールが空間にある間に足をボールの周りで回す技なので、股関節に負担がかかります。
練習を始める前には必ずストレッチをしてからやりましょう。

リフティングってどうしたら続くようになるの?

リフティングには足の甲に当てる方法と、親指の付け根に当てる方法がある

サッカーをしたことがある人はわかりますが、初心者の人にはわかりにくいかもしれません。

足の甲に当てるインステップリフティング。初心者や小さな子どもはインステップリフティングがら始めるといいです。インステップリフティングのコツは、足首を固定してつま先をピンと伸ばし、ボールの真ん中を蹴ります。同じ所に同じ高さに上げるようにするとリフティングが続くようになります。練習方法はワンバウンドリフティング。1回キャッチ後に2回キャッチするようにして徐々に回数を多くしていきます。

そして足の付け根に当てるチョンチョンリフティング。まずインステップで100回を目指して練習しましょう。

できるようになりたいリフティングの技といえばアラウンドザワールド

チョンチョンリフティングが出来るようになったら、アラウンドザワールドに挑戦しましょう。

アラウンドザワールドのポイントは、蹴りながら回すことです。レックオーバーなど蹴ってから回す技もありますが、ボールをある程度までの高さまで蹴り上げると同時に足を回す動作に持っていくので時間の無駄がなくなるのでスムーズに回すことが出来るのです。蹴りながらボールを回すにはボールの中心を蹴ってしまうと足が引っかかってしまうので、中心から少しだけ横にずらして蹴るようにしましょう。そうすることで上に上げることが出来ます。最初は難しいかもしれませんが、何度も練習することで感覚を掴めるようになります。

外回しをする場合は足首を固定して、小指と薬指の付け根の当たりにボールを当てて回すようにします。内回しは親指と人差し指の付け根当たりにボールを当てて、回すようにします。何度も練習をすることで上達が早くなるので、毎日練習をしましょう。