会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。

では、会社を辞める時の退職の挨拶ではどんなことに気をつけるべきなのでしょうか?退職の挨拶のポイントとは?

また、円満に退職するためには挨拶やマナーに気をつけなければいけません。

そこで、会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

少人数の職場では急に休めないない実態がある!そのワケと対策

少人数の職場だと、体調が悪かったり急用が出来てもなかなか休めないという場合がありますね。人手...

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

職歴証明書は、公務員に転職する際に提出を求められる書類の一つです。職歴証明書は、在籍していた会社...

就活で公務員の面接を受ける!好印象になる髪型対策について

就活において公務員を目指すのであれば、面接ではどんな髪型にするのがいいのでしょうか?では、公...

大学で不安なのが単位!落とす不安を解消する方法と対策

楽しかった大学生活も後わずか。その頃になって急に不安になるのが単位です。内定を貰ったのに単位が足...

ソフトボールのコツを理解して、体育の時間に打ってみよう

オリンピックなどのソフトボールの国際試合を見ると、体育の授業で自分もあんなふうに打ってみたいと思いま...

会社を休めない!体調不良で休めないワケとブラック企業について

体調不良で具合が悪いのに会社を休めない。高熱でフラフラなのにどうしても出社しなくてはならない。こんな...

保育士のピアノ実技試験対策!苦手なピアノを克服し合格するには

保育士試験には実技試験があり、その1つにピアノ実技があります。小さい頃からピアノを習っている...

事務職に必要な資格とは?パソコンや簿記などの資格を取ろう

事務職ではどのような資格が必要なのでしょうか?パソコンの資格でも、かなりの種類がありますよね。...

就活の作文は原稿用紙を正しく使って書くことが大切です

普段パソコンを使っている人は、就活試験の作文のために原稿用紙を使って文章を書くとなると、わからないこ...

新入社員の電話対応はいつからするの?率先して電話出ると好印象

新入社員の人たちの中には、いつから会社の電話対応をしたら良いのかわからない人もいますよね。電話が苦手...

農業は儲かる。どんな果物が儲かるのかや農家の売上や海外事情

農業といえば休みがない、朝が早い、仕事が大変といったイメージがあるのではないでしょうか。そんな農...

仕事のミス!実際にしてしまった最大のミスとミスへの対処法

仕事をしていると、時々ミスをしてしまうこともありますよね。小さなミスやケアレスミスであれば問題になら...

転勤の時期で多いのは?辞令のタイミングや拒否と挨拶のマナー

転勤の時期とは会社によってタイミングが違うかもしれませんが、一般的に多いのはいつなのでしょうか?...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

ボウリング初心者ができること!上達するためのコツについて

ボウリングは幅広い年代に人気のスポーツですよね。一度はやったことがあるという方が多いと思いま...

スポンサーリンク

会社を辞める時の退職の挨拶で気をつけること

仕事をしていると、色んな理由で会社を辞めることもあると思います。辞める時、どんな挨拶をするべきなのか?どんな挨拶が適切なのか?迷ってしまいますよね。

退職の挨拶で気をつけたい点3つ

これから挨拶をする機会があるのであれば、参考にしてみて下さい。

ゆっくり、はっきり話す

退職する時に限らず、人前で話すとなると、緊張してしまいますよね。でも、その時にゆっくりはっきり話す事を気をつけていれば、周りの人に良い印象を持って、退職することができます。

視線

視線ですが、一人一人の目を見て話すような、「1対1」のような状況で話せれば良いと思います。そうしていると、緊張感もほぐれてくると思います。

1-2分で話す

あまり長すぎず、短めに話しましょう。長すぎると聞いている方も大変になってきます。また、否定的な体験談ではなく、「これが良かった」のような肯定的な体験を組み合わせると良いです。

会社を辞める時の退職の挨拶のポイントとは

スムーズな挨拶をするために

「前もって準備しておくこと」
退職するとなると、あなた自身も色々と準備しなくてはいけないので、バタバタしていると思います。その為、何をいうのかなど、前もって準備しておくと良いです。

「3分以内」
上記のセッションでも触れましたが、「最後に何か一言」と上司が言われる時も、短めにスピーチをすることができるよう、準備をしておきましょう。感謝の言葉を忘れずに。

「理由は一身上の理由」
退職する理由などは、触れる必要はありません。「一身上の理由」で充分です。あまり詳細に伝えすぎて、噂にならないように気をつけましょう。

会社を辞める時の挨拶の順番はどうする?

会社を辞める時ですが、退職の挨拶のポイントをみてきました。

退職する時ですが、挨拶の順番があると思います。どのような順番でこなしていけばよいのでしょうか。

他の部署への挨拶もする

同僚にお別れの挨拶をすることも大切ですが、他の部署の方にも挨拶をしましょう。
お世話になった方々に、忘れずに退職の挨拶をしておきましょう。

最後は、自分の部署での挨拶

会社でひとまわりしたら、最後に自分が働いた部署での挨拶をします。どうして最後に自分が働いた部署での挨拶になるかというと、一番話しが盛り上がってしまうからです。一番時間がかかりそうな部署を後回しにした方が気分的にも楽になると思います。

メールで退職の挨拶をすることもできるので、それを使うことも可能です。自分で挨拶する、プラスでメールを使っても良いかもしれませんね。

やってはいけない退職の挨拶とは?

退職する時に、他の部署でお世話になった人から挨拶をし、自分の部署を最後に挨拶をする、挨拶の順番についてみてきました。

ここでは、退職する際の、挨拶で気をつけたいことについてみていきたいと思います。

「否定的な内容にしないこと」
「短く挨拶する」

以上のことがまずあげられます。次にですが、挨拶の流れについてみていきたいと思います。

  • 退職の報告
  • 感謝
  • 今後について
  • 締めのフレーズ

会社を退職する理由は具体的には述べないこと

上記のセッションでも触れましたが、具体的な退職理由は言う必要はありません。「一身上の理由」でとどめておきましょう。

また、「OOは正直いやでした」

のような、否定的な思い出は分かち合わない方が良いです。

上記の点を踏まえて、うまく退職の挨拶をしていきましょう。楽しかった思い出などを話すと良いのではないでしょうか。

円満に退職するためには挨拶やマナーに気をつけよう

退職の挨拶、挨拶の流れであったり、やらない方がよいことについてみてきました。

会社を辞める時ですが、円満に退職することができるように、気をつけなくてはいけないことは、「挨拶」だけではありません。「引継ぎ」もきちんとしておきましょう。

最後にするべきことは、「引継ぎがちゃんとできているかどうか」です。
そこができていないと、退職後に会社側に迷惑をかけることもあると思います。
その為、自分がやっていた仕事を同僚や周囲の人がちゃんとできるかどうかのチェックが必要になってきます。

また、挨拶にプラスして「お菓子配り」ができたら、より印象が良くなると思います。

一般的には、退職する際に感謝の気持ちもこめて、お菓子を配ることになっています。ちょっとしたお菓子を配ってはいかがでしょうか。

そんなに高価なものが必要とされている訳ではないので、大体3000円位のものを選んでみたら調度良いと思います。

上記の点ですが、退職する際に、参考にしてみて下さい。