面接を連絡なしでドタキャンするのはだめ!相手の立場になろう

面接の連絡なしでドタキャンをすると、あなたの評価がガタ落ちしてしまう!?

お互いのためにも、きちんとキャンセルもしくは日程変更希望の連絡をしましょう。インフルエンザにかかってしまったり、不測の事態が起きてしまうこともあるでしょう。

当日、面接に行けなくなってしまったときの連絡の方法や伝え方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同僚の退職が決まり寂しいと感じる人へ。その気持ちの解消法

仲の良い同僚が退職する事が決まったらショックと寂しさで一杯になると思います。 会社の同僚と言えば同...

デパートの化粧品売り場で働くためには~仕事内容をご紹介

デパートの化粧品売り場にはキレイにメイクをしたお姉さん達が働いています。 お客様にスキンケア化粧品...

履歴書の職歴詐称はバレる!?嘘をつくのはやめましょう

履歴書を書く際、つい自分を良く見せようと職歴を詐称してしまう人がいるようです。経験社数を減らしたり、...

養護教諭採用試験は面接が重要!過去問でしっかり対策をしよう!

養護教諭になるための採用試験には必ず面接がありますが、事前にしっかりと準備をしておきたいですよね。 ...

バスケのシュート練習を自宅でする方法!高校生からの上達法

高校からバスケ部に入ったという方も多いですよね。 バスケを始めたばかりだと、やはりたくさんの練...

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

大学の単位は4年生になる前に取っておこう!その理由を徹底解説

大学4年生ともなると就活もあり、大学へ行かない日の方が多くなりますよね。 そうなると気になるの...

会社の電話で「もしもし」はNG!電話対応のビジネスマナー

電話をかけるときや電話を受ける時に「もしもし」と言う言葉を使う人は多いですよね!きっとみなさん、特に...

テニスの後衛のコツとは?前衛のサポート役で終わらせない方法

テニスの後衛はどんなことを意識して動く必要があるのでしょうか?コツやポイントとは? 前衛の足を...

教職を大学で取得するメリットと就活でアピールするコツとは

教職課程を大学で履修することはとても大変なことですが、それには大きなメリットがあります。 では...

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか? ...

大学中退者の面接対策で受かるコツや知っておきたいこととは

大学を中退していると、就職の面接ではそれが不利になるのではと不安になりますよね。 確かに、面接...

陸上のスタートダッシュを向上させる練習法!鍛える筋肉とは

陸上の短距離で重要なスタートダッシュですが、少しでも早いスタートダッシュが出来たらいいですね。 ...

欠勤の連絡が遅れたらマイナスになる理由と正しいマナーとは

欠勤の連絡が遅れただけで、あなたの評価がマイナスになってしまうことがあります。 それくらい欠勤...

バスケの基本的な練習方法!初心者がまず習得するべきこと

これからバスケを始めたいというバスケ初心者の方は、まず何から始めれば良いのか知りたいですよね。 紹...

スポンサーリンク

面接を連絡なしでドタキャンする人は多い?その理由とは?

仕事を得るには、面接を受けなくてはいけないと思いますが、その面接をドタキャンする必要の理由ってなんなのでしょうか?また、連絡が無い人もいると思いますが、どのような状況にいるのでしょうか。

面接をドタキャンする理由の多くは、「体調が悪い」「予想しないことが起こった」があるようです。また、ネットで応募している企業の悪い噂をきいたり、他の会社で内定がでたことも理由にあげられているようです。

会社側として、当日体調が悪くなったことは仕方ないと思うと思いますが、他のネットの評判であったり、他の会社との待遇であれば、会社としてもある程度の対応は求められるのかもしれませんね。

また、ドタキャンしているにも関わらず、連絡しない理由には、「理由をどう説明したらよいかわからなかった」というものもあります。ですがどちらにしろ、連絡をするのがマナーだと思います。早いうちに担当者の方に連絡をすることをお勧めします。

連絡なしで面接をドタキャンされる側の気持ちを考えてみよう

面接をドタキャンする側の理由であったり、どうしてドタキャンするかについてみてきましたが、次に、会社側の気持ち、ドタキャンされる側の気持ちを考えてみたいと思います。

まず、面接官ですが、連絡がないのでまたされます。応募側の対処方法として、求められるのは、やはり早めに企業や担当者、面接官に連絡を入れることではないでしょうか。

面接官も連絡がないと心配することもあると思います。理由をしっかり説明して、企業側に余計な手間であったり、時間をとらせない考慮も必要になってくるかと思います。

他の会社で内定をもらった、また、当日に体調が悪くなった、理由は色々考えられると思いますが、きちんと会社側に連絡をとって、失礼のないようにすることが、ビジネスマナーといえるのではないでしょうか。

面接を連絡なしでドタキャンするのは自分の評価を下げるだけ

面接を当日ドタキャンするのは、面接官を待たせることになるので、連絡は早めにとることについてみてきましたが、ここでは、面接を連絡なしでドタキャンするのは、結局は自分の評価を下げるだけだということをみていきたいと思います。

当日に、急用ができてしまったり、また時間を勘違いしていたことも中にはある思います。「どうしよう。もう間に合わないかな?」と感じることもあると思いますが、連絡をしないことは、社会人としては、やってはいけないことだと思います。

その為、当日高熱を出してしまったり、時間を勘違いしていた、他の理由であったとしても、企業に連絡はいれて、指示を待ちましょう。

きちんと連絡を入れれば、スケジュールを調整してくれる可能性もあります。どんな時でも、連絡をきちんと会社にいれて、会社側からの対応をまちましょう。

面接をドタキャンすることのないように必ず連絡をしよう!

面接をドタキャンする、連絡さえしないと企業の面接官も待たされるし、自分の評価が下がることにも繋がるので、必ず連絡はいれることについてみてきましたが、ここでは、連絡をいれることの重要性についてみていきたいと思います。

当日の場合ですが、連絡をとるのなら、メールではなく直接電話で対応する方がよいと思います。電話で、「すみませんが」と謝罪も伝え、用件を伝えましょう。

仮に担当者の人がいない場合ですが、他の人に伝言してもらうと良いと思います。その際ですが、誰に伝言を頼んだのか、しっかりとメモをとっておきましょう。

その後に、メールを出すのも良い方法だと思います。その際に、「OO様に伝言させて頂きましたが、」と一言添えるのも良いのかもしれませんね。きちんとしたビジネスマナーを持って、メールや電話をかけたいものです。

面接をキャンセルする連絡は前もって伝えることができるならメールでもいい

面接を連絡なしでドタキャンすることのデメリットについてみてきましたが、面接は前もって辞退するなど、キャンセルがわかっているのなら、メールでの連絡でも可能なことを最後にみていきたいと思います。

面接のセッティングはもうされているけど、他の会社で内定が決まったり、別の理由で面接をキャンセルしなければならないこともありますよね。その時ですが、面接官にはなるべく早めに連絡をいれましょう。連絡なしでは、面接官も待たされてしまいますし、あなたの評価を下げることに繋がるかもしれませんので、連絡は早急にいれましょう。

会社としては、あなたが面接をキャンセルするとわかった時点で、その面接の時間を他の人に回せたりします。そのため、なるべく早めに連絡しましょう。

また、面接の日付を変えてもらうことも問題はないと思います。諦めずに、別の日に設定してもらうよう、頼んでみても大丈夫だと思います。
あなたが働きたい企業で働くことができるとよいですね。その為にも、面接をしっかり受けて、良い印象を企業にもってもらいましょう。