バスケの初心者はこう動こう!バスケットボールでの動き方

バスケットボールを始めたばかりだと、「どこにいたら良いのか」「どのように動いたら良いのか」「味方の邪魔になってしまいそう」、こういった意識で動けなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。試合中に判断に迷わないように、まずはポジションから覚えていくと良いでしょう。
バスケの初心者はこんな動き方を意識することで、どんどん上達していきます。
バスケでの動き方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか? ...

保育園、年長さんの担任になった時にするべきこととは

保育園の年長さんの担任になりました! 年長さんの担任は、忙しい、難しい、大変! でも、卒園式...

公務員が昇給するのはいつ頃?昇給の決め方と昇給スピード

給料が安定している公務員ですが、昇給するのがいつなのか、また昇給スピードや昇給はいつまで続くのかわか...

ぎっくり腰で仕事を辞めると決意した時に考えるべきこと

仕事をしていても腰痛があると辛くて仕事が手に付かないと言った経験はありませんか?腰は立っていても座っ...

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心...

就活中電話に出れなかった時のマナー!折り返す時のポイント

就活中、都合が悪くて企業からの電話に出れなかったということもありますよね。結果の合否の連絡が電話で来...

ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら...

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る方法と効率よく覚える方法

大学のテストが迫っているのに、なかなかテスト勉強が手に付かないという人もいますよね。ちゃんと勉強しな...

職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。 この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

No Image

陸上200mの効果的な練習方法!これでタイムを縮めよう

陸上200mは短距離に入りますが、100mとも違います。コーナーがあるため、コーナーリングの練習も必...

硬式テニスのサーブの打ち方とは?初心者が入らない理由とは

硬式テニスのサーブがなかなか入らないのはどうしてなのでしょうか?初心者の場合はこんなことに注意してサ...

養護教諭採用試験は面接が重要!過去問でしっかり対策をしよう!

養護教諭になるための採用試験には必ず面接がありますが、事前にしっかりと準備をしておきたいですよね。 ...

テニスのポイントはなぜ0ではなくラブなのかその謎を解明します

全米オープンなどテニスの4大大会の試合をテレビで見ていると、ポイントが0ではなくラブと呼ばれていたり...

バレークイックのタイミングは?トスとアタックの合せ方

バレーのクイックは、トスとアタックの絶妙なタイミングが生まれる攻撃の一つです。 クイックする時...

スポンサーリンク

バスケの初心者あるある、動き方がわからない

バスケは動き方やポジションの役割をなんとなく頭でわかっていても、いざ始めてみたらどう動いて良いのかわからず困ってしまうことがありますよね。
良かれと思って動いているのに仲間選手の邪魔をしてしまったり、アタフタし怒られたり、パスが全然こなかったりと初心者は何かと落ち込むことが多いと思います。

しかし落ち込んでばかりでは上達はしません。
この経験を活かしバスケの動き方を覚えチームに貢献できるようになりましょう。

バスケはチームプレー、ボールを上手くつなぐことが重要

自分よがりな行動ではチームプレーとしては成り立たないのです。
ボールを持っている時はもちろんですが、持っていない時(オフボール時)も適切な動きをしていなければ良いプレーはできないのです。

それでは、バスケの動き方やポジションの重要性を以下で説明していきます。

バスケの初心者は動き方を知るためにポジションを確認しよう!

バスケのポジションについて

  1. ポイントガード
    ゲームを良い方向へと展開していくための大きな役割を果たさなければなりません。
    得点や責めにつながるパスを多くします。近年では自ら点をとりに行く選手も多いです。
  2. シューティングガード
    ポイントガードを手助けする役割をします。バックコートでのパス回しが重要です。
  3. スモールフォワード
    最も多く得点をとることが求められるポジションです。チームのルーキーでもあります。
  4. パワーフォワード
    リング周辺の細かく機敏な動きが求められるのでセンターに比べ背が低い選手が選ばれます。
    リバウンドや守備など最も体を張るポジションでもあります。
  5. センター
    守備や攻撃、コート全体で体を張らなければなりません。最も背が高い人が選ばれます。

バスケはこの5人体勢でプレーをしていきます。
初心者は今いちピンとこないかもしれませんが、与えられたボジションの役割や動き方をしっかり覚えましょう。

バスケ初心者だからって譲る必要はない!シュート前の動き方

バスケの初心者は動きがわからずゴール間近で自分にパスが回ってきても瞬時に判断する事ができない場合があります。
「ショートをして良いのか」「シュートしてもどうせ入らない」などネガティブな思いからシュートをすることに対して抵抗があります。

しかし、何事も経験です。

初心者はチャンスがあれば積極的にゴールに向かっていく

チームプレーが重要なバスケですがこれは「自分よがり」な行動とは違います。
「自分なんて」という遠慮をしていては上達の望みすらありません。
シュートは上達の第一歩となりますので、勇気を出してまずはシュートを打てるようになりましょう。

チャンスがあれば、瞬時に移動しパスを貰いシュートにつなげます。
その動きはどのポジションでも必要になりバスケの基本です。

バスケの初心者は次の動きを意識して行おう!

バスケ初心者はまずシュートを打つこと、瞬時に移動することができるようになってきたら、次は「ストップ」の動きを覚えましょう。

ジャンプストップ、ストライドストップの動き方を覚え有効に使うことで、どんなパスでも受けられるようになります。
ストップは基本パスを受ける時に行いますので、シュートにつながるパスだったり、相手コートへ攻撃につながるパスだったりしますので、どんなパスでも確実にキャッチする技術を身につけることが重要です。

パスを確実に受けることも大切でありますが、正確なパスをすることも大切です。
いずれも相手の行動をよく読み瞬時に判断し息のあったプレーをすることチームプレーとして生きてきます。

シュートだけ、ドリブルだけ、パス回しだけなどのように1つの事に長けていてもチームプレーとして発揮はできませんので、全ての動きを一つ一つ覚え練習に取り組んでみましょう。

バスケの初心者がドリブルをするときのポイント

バスケ初心者がドリブルに挑戦する時にありがちな動きは、前ではなくボールを見てしまうことです。
試合中にボールに気を取られていては視野が狭くなりすぐにボールを奪われてしまいます。

膝を曲げ跳ね返ってくるボールを押さえ込むように前を見てドリブル練習をしていきます。
慣れてくるとボールを上手く操れるようになります。

試合中にドリブルする時は正面に向かってドリブルをするのではなく片手で相手をガードしつつ奪われづらい遠い位置、なおかつ低くドリブルをします。

ドリブルの速さや強さはどんな状況においても一定に保てるように練習していきましょう。

このドリブルの動きに慣れてきたら、パスを出したい相手の動きを読み正確にパスをつなげていきます。

バスケの上達はあなたの努力次第

バスケに限らずどのスポーツでも初心者は上手く動く事はできません。
これはあなただけだはなく誰もが通る道であり、周りの選手もあなたと同じような時期はあったはずです。
その経験を乗り越えた結果として、あなたは周りのできる選手を見て「すごい」と思っているのでしょう。

あなたにも出来ないことはありません。ただ努力が必要です。
後輩が入ってきた時に「すごい」と思われ努力の結果がでるように練習を頑張っていきましょう。

この経験があるからこそ、バスケを基礎からしっかり身につけることができますよ。
周りの選手に仲間入りできるよう、チームに貢献できるよう、動力を継続していきましょう。

そして、後輩ができた時にはこの経験を活かしアドバイスしてあげることができますね。