サーブのコツ!バレーでサーブが入らない理由と練習方法

バレーボールの初心者がまず覚えることはサーブの打ち方です。

ゲームはまずサーブから始まりますので、これが入らないことにはゲームになりません。
しかし、始めてバレーをするという方には、このサーブでつまづいてしまう人も少なくありません。

どうしてサーブが入らないのか、そこには理由があるはずです。
まずは入らない理由を考えて練習で意識してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

走り幅跳びの練習方法・家でできる筋トレとトレーニングの方法

家でできる走り幅跳びの練習方法が知りたいという人もいますよね。走り幅跳びをはじめたけど、どんな練習を...

欠勤の連絡が遅れたらマイナスになる理由と正しいマナーとは

欠勤の連絡が遅れただけで、あなたの評価がマイナスになってしまうことがあります。それくらい欠勤...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

電話が鳴るのが怖い!緊張や苦手に感じる仕事の電話対応克服法!

仕事で電話がかかってくるのは緊張してしまい苦手に感じる事が多いと思います。私も事務の仕事をしてい...

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。まずは、背面跳...

バドミントンを高校生から初心者で始めた人へ伝えたいこと

高校からバドミントンを始める場合、どんな準備や知識を知っておくといいのでしょうか?周りとの差...

受領のメールを返信する時のポイント!ビジネスメールの送り方

取引先の会社の人から資料などを送ってもらった時、「受け取りました」の意味を込めてメールを返信しますよ...

雪でバスが止まると、会社を休む!?遅刻した場合についても紹介

雪が降ってバスも止まると、会社を休んでもいいのでしょうか?公共交通機関がとまってしまうと、通勤が...

退職は2週間前に伝えればいいの?正社員の退職について

退職したいなら2週間前でOK?正社員での雇用なら、民法627条1項の定めにより、『雇用は、解...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

長期休暇の理由で嘘をつくくらいなら言わないほうがいい

長期休暇の理由は正直に話したほうがいいのでしょうか?それとも嘘をついていい?良くも悪くも、休...

野球選手にとって不可欠な下半身トレーニングとは【野手編】

野球の選手にとって下半身トレーニングは欠かせないものですが、中でも野手のポジションの選手にはどんなト...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。では、そんな仕...

就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツ

就活中はなぜかみんな黒髪に戻しますよね?では、なぜ就活には黒髪が良いのでしょうか?それには、...

スポンサーリンク

バレーでサーブが入らない理由は何か

バレーボールは1本のサーブからゲームがスタートします。ラリーポイントではサーブを失敗すると相手に点が入って試合は進行していきますが、そもそもサーブが入らないのではプレー全体がつまらないものになってしまいますよね。

緊張でサーブが入らない場合。特にネットまでボールが届かない場合は、筋力不足や確実にミートできていないことが主な原因だと考えられます。

筋力不足に不安があるなら、一度サーブエリアから相手コートを目指してボールを投げてみましょう。投げてみて届くようであれば、筋力面でフローターサーブを打つことができるという一つの目安になります。

精度を上げるよう練習すれば確実にサーブは入るようになります。

相手コートまで届かないようであれば、アンダーハンドサーブを試してみましょう。

バレーのサーブが入らない…ボールの芯を意識して打つ

サーブでボールの芯を確実に打つことができれば、力があまりなくても飛距離は伸びます。繰り返しサーブ練習をする中で、一番よく飛ぶ「芯」の位置を意識しましょう。

特にジャンプサーブができるようになった時、力強く芯を叩くことができれば相手の守備を乱す強力なサーブが可能になるのです。

とはいえ、小中学生のうちはあまり強いサーブを意識するよりも確実に相手コートに落とすことです。

ボールの芯を捉える感覚を身ににつけて将来的によりレベルの高いサーブを目指しましょう。

アンダーハンドサーブでも芯を打つと意外と遠くまで飛びます。力の入れ具合、ボールを叩く位置で飛ぶ距離は変わってくるので、繰り返し練習するなかで感覚を覚えていきましょう。

アンダーハンドサーブの練習はレシーブの感覚を養うことにも役立ちます。ただ数を打つのではなく、練習の時は1本1本のサーブの質を意識して練習しましょう。

バレーサーブが入らないと悩んでいる方へ…アンダーハンドサーブ

学校の授業でバレーボールをする時は、初心者でも打ちやすいアンダーハンドサーブを打つことが多いでしょう。他のサーブに比べて相手コートに入るサーブが打ちやすいので練習でコツを掴みましょう。

【アンダーハンドサーブのポイント】

  1. ネットに対して半身で構える
  2. 体重移動を利用してボールを打つ
  3. 肩の高さに置くようイメージしてトスする
  4. 後ろ足のつま先の回転を利用してボールに力を伝える
  5. ボールのやや下側をすくうイメージで打つ

アンダーハンドサーブ意外にも、ママさんバレーでよく使われるサイドハンドサーブなら勢いのあるサーブが打てます。

アンダーハンドサーブより少し難易度は上がりますが、身に付けるとフローター以上の攻撃力が期待できます。

【サイドハンドサーブのポイント】

  1. 右足を前に構え、わずかに踏み出す
  2. 左足を大きく踏み出すと同時にトスを上げる
  3. 右斜め前方にトスを上げたら右腕を引いて胸を張る
  4. 腰をひねってスイングを利用してボールを打つ

フローターサーブの打ち方のコツ

バレーボールで定番のサーブの一つであるフローターサーブでは、トスを上げる時に「上げる」というよりも「浮かせる」「そっと置く」というイメージで上げるといいでしょう。

あまり高く上げてしまうとタイミングを合わせるのが難しくなるので、自分に適した高さを見つけてください。

ボールを打つ時の右手は肘の高さをキープして振ります。身体が左右にブレるとコントルールが定まらないので、体の移動はまっすぐに。

サーブを打つ瞬間は手のひらの下の方、手首に近く固い箇所でボールを叩きます。この時、ボールの中心を意識することも大切です。

手首を返さずに押し出すようなイメージで打つようにして下さい。スパイクを打つ時よりも、少しだけ後ろで打つことになります。

サーブがなかなか入らない時の練習方法

なかなかサーブが入らない場合の練習で定番なのは100本サーブ

100本サーブを打ってみて、何本成功したかを記録していきます。ただがむしゃらに100本打つのではなく、手の位置や体重移動、視線や足の踏み込みなど細かい部分も意識して成功率の高いフォームを身につけていきましょう。

特に肘が下がらないこと、ボールの中心をミートできているかといったことなどがあります。

100本近くものサーブを打っていると後半はかなり疲れを感じるかもしれませんが、肩を鍛えることにもなるので、とにかく100本目までできるだけ相手コートに入るサーブを多く打てるように練習を続けましょう。

サーブが入る確率が上がってきたら次は精度です。狙った位置に確実にサーブを打ち込めるようになれば、攻撃力がアップします。

カラーコーンなど、ボールが当たっても壊れたり床を傷つけたりしないものを目印に置いて、サーブで狙う練習を取り入れてみましょう。

バレーボールのサーブは練習次第で入るようになる!細かい部分も気を抜かないで

バレーボールのサーブは、相手コートの範囲に入らなければ意味がありません。かといって対戦となれば相手がレシーブしやすいサーブを上げても、得点を与えるようなものです。

まず最初は確実に相手コートに入るサーブが打てること。次に精度を上げることです。筋力や体力が充分ではない場合は、比較的簡単なアンダーハンドサーブを練習し、身についてからフローターサーブ。よりレベルが上がってきたらジャンプサーブなども取り入れたいですね。

レベルの高い試合運びになると強いサーブや相手が打ちにくいサーブで守備を崩すことで、自分たちのチームの攻撃力が大きくアップします。

でも見た目にも華やかでカッコいいジャンプサーブは、実はとても難しい技術。筋力をベースにタイミングなど感覚を磨いて初めて身につくものです。

最初から焦らずに、まずはアンダーハンドサーブ、そしてフローターサーブを確実に決められるよう練習していきましょう。