サーブのコツ!バレーでサーブが入らない理由と練習方法

バレーボールの初心者がまず覚えることはサーブの打ち方です。

ゲームはまずサーブから始まりますので、これが入らないことにはゲームになりません。
しかし、始めてバレーをするという方には、このサーブでつまづいてしまう人も少なくありません。

どうしてサーブが入らないのか、そこには理由があるはずです。
まずは入らない理由を考えて練習で意識してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

イケメンで仕事ができる人には理由がある!性格や行動がポイント

どこの会社にも一人や二人はイケメンがいるでしょう。そんなイケメンは顔がいいいだけじゃなく、仕...

終身雇用制度が崩壊しつつある理由と今現在崩壊しない理由

一つの会社で定年まで働き続けることができる「終身雇用制度」。昔から続く日本ならではの働き方ですが...

やる気が出ない。仕事をサボる気持ちがあるなら休みを取ろう

やる気が出ない。にんげんだもの、やる気がでない時だってあります。疲れてるんじゃない?疲れ...

日本は休みが少ないはウソ?残業しないで帰る方法とは

日本は休みが少ないと感じるのはナゼ?外国と比べると日本はお休みが多いほうなんです。しかし、ど...

No Image

ソフトテニスの前衛の基本ポジションから勝ち方まで教えます

ソフトテニスを始めたばかりの人は、前衛のポジションをどう取ればいいのかわからないことが多いのではない...

会社の試用期間中に休むと解雇?解雇になる条件と試用期間の意味

試用期間の最中に会社を休むと、正社員になれずに会社を解雇されてしまうのではないかと不安になっている人...

腕立て伏せで鍛えられる筋肉の部位はやり方によって変わります

筋トレってジムに行かなくても自宅でも簡単にできるのが嬉しいですよね。自分の体を鏡でみて、知らない...

保険外交員として働く女性の現状と問題点とは

保険外交員として働いている女性は多く、セールスレディとして各家庭を回っています。これから保険外交...

仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。では、そんな仕...

バドミントンのドライブを速く打つためのコツと練習方法とは

バドミントンのダブルスの試合ではドライブがよく使われていますよね。そのため、少しでもドライブを速く打...

年下上司にムカつく!上手く付き合うための対処方法について

年下上司が最近増えてきて、年配の方からムカつく!といった意見も・・・。しかし上司ですから、上手く...

履歴書用の写真が古いものはNG!その理由について解説します

子供と違って大人は顔が変わることもないから、履歴書に多少古い写真を使っても問題ないだろう…そんなふう...

ドラッグストアのバイトの服装について!面接や仕事の場合など

薬や日用品や化粧品などたくさんの商品を販売しているドラッグストアは、街の中の色んなところで見かけます...

電話が苦手な若者が急増中!その原因と対処方法について

電話が苦手だという方は意外と多いものですよね。しかし苦手を通り越して、いま電話に出ることが出来ない若...

陸上のスタートダッシュを向上させる練習法!鍛える筋肉とは

陸上の短距離で重要なスタートダッシュですが、少しでも早いスタートダッシュが出来たらいいですね。...

スポンサーリンク

バレーでサーブが入らない理由は何か

バレーボールは1本のサーブからゲームがスタートします。ラリーポイントではサーブを失敗すると相手に点が入って試合は進行していきますが、そもそもサーブが入らないのではプレー全体がつまらないものになってしまいますよね。

緊張でサーブが入らない場合。特にネットまでボールが届かない場合は、筋力不足や確実にミートできていないことが主な原因だと考えられます。

筋力不足に不安があるなら、一度サーブエリアから相手コートを目指してボールを投げてみましょう。投げてみて届くようであれば、筋力面でフローターサーブを打つことができるという一つの目安になります。

精度を上げるよう練習すれば確実にサーブは入るようになります。

相手コートまで届かないようであれば、アンダーハンドサーブを試してみましょう。

バレーのサーブが入らない…ボールの芯を意識して打つ

サーブでボールの芯を確実に打つことができれば、力があまりなくても飛距離は伸びます。繰り返しサーブ練習をする中で、一番よく飛ぶ「芯」の位置を意識しましょう。

特にジャンプサーブができるようになった時、力強く芯を叩くことができれば相手の守備を乱す強力なサーブが可能になるのです。

とはいえ、小中学生のうちはあまり強いサーブを意識するよりも確実に相手コートに落とすことです。

ボールの芯を捉える感覚を身ににつけて将来的によりレベルの高いサーブを目指しましょう。

アンダーハンドサーブでも芯を打つと意外と遠くまで飛びます。力の入れ具合、ボールを叩く位置で飛ぶ距離は変わってくるので、繰り返し練習するなかで感覚を覚えていきましょう。

アンダーハンドサーブの練習はレシーブの感覚を養うことにも役立ちます。ただ数を打つのではなく、練習の時は1本1本のサーブの質を意識して練習しましょう。

バレーサーブが入らないと悩んでいる方へ…アンダーハンドサーブ

学校の授業でバレーボールをする時は、初心者でも打ちやすいアンダーハンドサーブを打つことが多いでしょう。他のサーブに比べて相手コートに入るサーブが打ちやすいので練習でコツを掴みましょう。

【アンダーハンドサーブのポイント】

  1. ネットに対して半身で構える
  2. 体重移動を利用してボールを打つ
  3. 肩の高さに置くようイメージしてトスする
  4. 後ろ足のつま先の回転を利用してボールに力を伝える
  5. ボールのやや下側をすくうイメージで打つ

アンダーハンドサーブ意外にも、ママさんバレーでよく使われるサイドハンドサーブなら勢いのあるサーブが打てます。

アンダーハンドサーブより少し難易度は上がりますが、身に付けるとフローター以上の攻撃力が期待できます。

【サイドハンドサーブのポイント】

  1. 右足を前に構え、わずかに踏み出す
  2. 左足を大きく踏み出すと同時にトスを上げる
  3. 右斜め前方にトスを上げたら右腕を引いて胸を張る
  4. 腰をひねってスイングを利用してボールを打つ

フローターサーブの打ち方のコツ

バレーボールで定番のサーブの一つであるフローターサーブでは、トスを上げる時に「上げる」というよりも「浮かせる」「そっと置く」というイメージで上げるといいでしょう。

あまり高く上げてしまうとタイミングを合わせるのが難しくなるので、自分に適した高さを見つけてください。

ボールを打つ時の右手は肘の高さをキープして振ります。身体が左右にブレるとコントルールが定まらないので、体の移動はまっすぐに。

サーブを打つ瞬間は手のひらの下の方、手首に近く固い箇所でボールを叩きます。この時、ボールの中心を意識することも大切です。

手首を返さずに押し出すようなイメージで打つようにして下さい。スパイクを打つ時よりも、少しだけ後ろで打つことになります。

サーブがなかなか入らない時の練習方法

なかなかサーブが入らない場合の練習で定番なのは100本サーブ

100本サーブを打ってみて、何本成功したかを記録していきます。ただがむしゃらに100本打つのではなく、手の位置や体重移動、視線や足の踏み込みなど細かい部分も意識して成功率の高いフォームを身につけていきましょう。

特に肘が下がらないこと、ボールの中心をミートできているかといったことなどがあります。

100本近くものサーブを打っていると後半はかなり疲れを感じるかもしれませんが、肩を鍛えることにもなるので、とにかく100本目までできるだけ相手コートに入るサーブを多く打てるように練習を続けましょう。

サーブが入る確率が上がってきたら次は精度です。狙った位置に確実にサーブを打ち込めるようになれば、攻撃力がアップします。

カラーコーンなど、ボールが当たっても壊れたり床を傷つけたりしないものを目印に置いて、サーブで狙う練習を取り入れてみましょう。

バレーボールのサーブは練習次第で入るようになる!細かい部分も気を抜かないで

バレーボールのサーブは、相手コートの範囲に入らなければ意味がありません。かといって対戦となれば相手がレシーブしやすいサーブを上げても、得点を与えるようなものです。

まず最初は確実に相手コートに入るサーブが打てること。次に精度を上げることです。筋力や体力が充分ではない場合は、比較的簡単なアンダーハンドサーブを練習し、身についてからフローターサーブ。よりレベルが上がってきたらジャンプサーブなども取り入れたいですね。

レベルの高い試合運びになると強いサーブや相手が打ちにくいサーブで守備を崩すことで、自分たちのチームの攻撃力が大きくアップします。

でも見た目にも華やかでカッコいいジャンプサーブは、実はとても難しい技術。筋力をベースにタイミングなど感覚を磨いて初めて身につくものです。

最初から焦らずに、まずはアンダーハンドサーブ、そしてフローターサーブを確実に決められるよう練習していきましょう。