新人は仕事のミスが多い!ミスをする新人の特徴と新人の教育方法

仕事でミスばかりする新人に悩んでいる先輩社員や上司の皆さんは、どうして新人がミスばかりしてしまうのか、どうすればミスが少なくなるのかについて頭を抱えていることでしょう。

新人はミスが多いもの。仕事に慣れていない分、ミスをすることも多くなってしまいますが、何度も同じミスばかりされると、さすがに困ってしまいますよね。

ミスの多い新人にはどんな特徴があるのでしょうか。新人のミスを減らす良い教育法は?
そこで今回は、ミスの多い新人の特徴と、新人の良い教育方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーパーで食品を扱うバイトのメリット・デメリット

アルバイトとしてスーパーのバイトは求人も多く、通いやすいという点でも人気です。 年代もさまざまな人...

コンビニの面接に落ちた時原因は?考えられる理由は色々あります

コンビニの面接に落ちた時、一体どんなことが原因で落ちてしまったのか気になりますよね。落ちないだろうと...

指紋採取をする警察の鑑識員になるには?鑑識員になる方法

事件や事故現場で腰を屈めながら指紋を採取している警察官を見たことありませんか? これらの警察官...

社会人の理想的な手帳の書き方とは?ここを工夫すれば一目瞭然

社会人の手帳はどのような書き方をしたら予定を把握しやすくなるのでしょうか? 手帳は予定を書くも...

就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツ

就活中はなぜかみんな黒髪に戻しますよね?では、なぜ就活には黒髪が良いのでしょうか? それには、...

スパイクの手入れ方法!天然革皮のサッカースパイクお手入れ方法

天然革皮のサッカースパイクを使用している人もいますよね。天然革皮のサッカースパイクはお手入れをするの...

卓球でカットマンと試合をするときの攻略方法や戦い方とは

カットを使い、ボールに下回転をかけて相手のミスを待つ戦い方のカットマン。カットマンと戦うことが苦手な...

内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をし...

公務員(臨時職員などのパート)の面接とは?アピールすること

市役所の臨時職員など公務員のパートの仕事に応募したいという人も多いのではないでしょうか? では...

柔道着の洗濯について。帯を洗濯するとどうなるのかを解説します

柔道着や帯の洗濯について紹介します。 まず帯は洗濯すると縮む、柔らかくなる、ほどけやすくなる...

スケボーの乗り方【ジャンプ】とは?コツやポイントをご紹介

スケボーをスイスイ乗りこなす人ってかっこいいですよね。 こんな感じに余裕に乗りたいと思った人って沢...

バレーボールのサーブの打ち方とはコツやポイントを紹介

バレーボールのサーブはどのような打ち方であれば入るのでしょうか?バレーボールのサーブといえば、フロー...

履歴書用の写真が古いものはNG!その理由について解説します

子供と違って大人は顔が変わることもないから、履歴書に多少古い写真を使っても問題ないだろう…そんなふう...

保育園の経営は儲かるの?保育園経営の裏事情とは

「保育園の経営はどうやら儲かるらしい」という噂を耳にしたことありませんか? 実際に本当に保育園...

新入社員の電話対応はいつからするの?率先して電話出ると好印象

新入社員の人たちの中には、いつから会社の電話対応をしたら良いのかわからない人もいますよね。電話が苦手...

スポンサーリンク

仕事でミスばかりする新人には特徴がある

新人の仕事のミスは仕方がありませんが、同じミスを何度も繰り返されると嫌気がさしてきますよね。
「新人」だから仕方ないミスなのか、学習ができてないだけなのか。
学習ができてないで繰り返されるミスは実際にはかなり多いようです。
そんな新人にはどんな特徴があるのか調べてみました。

焦ってしまいミスをする

落ち着いて仕事をすればこなせる仕事も焦ってしまってミスを繰り返す。
まだ慣れない仕事や先輩を前にするとどうしても焦ってしまいがちになります。
1度や2度の失敗で、自分で落ち着く事を意識しないと直りません。
また先輩であるあなたも「焦って早く仕事をしてミスをするより、落ち着いてミスがないようにする方が大切だよ」なんて言葉をかけてあげると、新人も自分で気がつけない部分に気づくことができるかもしれません。

仕事に集中していない

仕事に集中できず、話を聞いていない。
同じ事を何度も聞いてくる傾向があります。
集中をしていないと人の話しはなかなか耳には入ってきませんので、仕事を覚える事ができません。

新人なのにメモをとらない

メモを取る癖がないのか、とる必要がないと思っているのか定かではないですが、メモをとらない特徴もあります。

反省をしてもそれを生かさない新人は仕事でミスが多い!

新人で仕事のミスを繰り返す人はミスをした時に考えること、それは

  • どうしてミスをしてしまったのかという原因について
  • どうすれば改善できるかを

という反省をしていないかもしれません。

ミスをしてただ落ち込むのは反省とは違います。

このミスへの対策をしていないとミスは繰り返し起きてしまいます。
ミスの対策の仕方、反省の仕方がわからない人も中にはいると思います。

ミスをしたときに必ずこの対策をするようにと教育係り、または先輩であるあなたが教えてあげる必要があります。

人を育てるのは大変ですが、育てなければあなたに負担がかかってきます。
相手のためだけではなく、あなたのためにも、新人を教育してあげる必要がありますね。

こんな新人は仕事でのミスが多い!

新人ですと、まだ仕事を上手くこなしていけない人が多くいます。
その日にやるべき仕事をできていない、忘れる、なんて事は日常茶飯事かもしれません。
仕事のミスが多い人ほど、仕事の優先順位をわからず、その場しのぎの仕事のこなし方をしてしまいます。
そうすると、帰宅途中に思い出してしまったり、朝早く仕事行こうと思っていつもどおりの時間に起きてしまったり、そして上司に叱られることは一目瞭然です。

自分の仕事を上手く管理できていないのです。

目先の事ばかり、その場しのぎですと、物事が思い通りにいかなかった時に対処することができません。

許容範囲オーバーな事があれば先輩や同僚にサポートを願い、時間配分、仕事の優先順位などをつけて、広い視野をもって仕事をこなしていく必要があります。

新人は仕事のミスが多いもの!良い新人教育って?

新人のミスは仕方ないとはいえ、同じ事を何度も繰り返されると教育係りや先輩、上司に負担がかかりとてもイライラしてしまいます。

ですが、新人のせいばかりはしてはいけません。
教育係りであるあなたにも原因があるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

新人への教育方法は適切?

  • 教え方、伝え方
  • 常に上から目線
  • ミスを叱るだけではなく対策をとっているか

など、教育係りであるあたなが教育方が間違っていると、伸びしろがある新人でもなかなか伸ばすことができません。

そして、新人へ対して最初からできるという思い出教えていると思い通りにいかないとイライラしてしまいます。
あなたがイライラするために教育しているのではなくて、新人を育てるために教えてことを忘れないでくださいね。

新人にとっても、相談しやすい、親身になってくれる、時には同じ目線に立ってくれる、アメとムチを上手く使える教育係りこそ、新人は成長すると思います。

デキる新人を育てるのはデキる先輩!

新人を育てるのは教育係りを任された先輩の仕事であります。
デキる新人を育ててこそ、あなたの会社での評価もあがるでしょう。

デキる先輩の、新人への教育の仕方

「私がやったほうが早いから」という考えで仕事を新人に回さないことをしない。ミスで自分の負担を減らそうと全て先輩がしてしまうと新人も育ちません。
ミスのリスクを少しでも負ってでも後輩に仕事を任せる。

新人の疑問、質問に答えるだけではなく、「なぜすするのか」という説明もきちんと加える。
そうすることで新人は仕事の効率アップの改善の可能性があります。

また、叱る、褒めるをちゃんとできており、新人のミスの責任はとるようにしましょう。
そうすることで新人に先輩の背中を見せることができるし、人を教育するには見本になる言動をしなければいけませんので、それも教育の1つであります。