新人は仕事のミスが多い!ミスをする新人の特徴と新人の教育方法

仕事でミスばかりする新人に悩んでいる先輩社員や上司の皆さんは、どうして新人がミスばかりしてしまうのか、どうすればミスが少なくなるのかについて頭を抱えていることでしょう。

新人はミスが多いもの。仕事に慣れていない分、ミスをすることも多くなってしまいますが、何度も同じミスばかりされると、さすがに困ってしまいますよね。

ミスの多い新人にはどんな特徴があるのでしょうか。新人のミスを減らす良い教育法は?
そこで今回は、ミスの多い新人の特徴と、新人の良い教育方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。でも、何級か...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか?足が遅...

台風で会社から帰れない時の対策は?酷い時は会社泊も検討に

台風の影響で、会社から自宅へ帰れないという事態はよく起きるものです。鉄道などは安全のためすぐに運...

保育園の経営は儲かるの?保育園経営の裏事情とは

「保育園の経営はどうやら儲かるらしい」という噂を耳にしたことありませんか?実際に本当に保育園...

履歴書の職歴詐称はバレる!?嘘をつくのはやめましょう

履歴書を書く際、つい自分を良く見せようと職歴を詐称してしまう人がいるようです。経験社数を減らしたり、...

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る方法と効率よく覚える方法

大学のテストが迫っているのに、なかなかテスト勉強が手に付かないという人もいますよね。ちゃんと勉強しな...

保育士のピアノ実技試験対策!苦手なピアノを克服し合格するには

保育士試験には実技試験があり、その1つにピアノ実技があります。小さい頃からピアノを習っている...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

お礼状は幼稚園や保育園に内定が決まったら出す?疑問について

幼稚園や保育園の就職の内定が決まったらとても嬉しく、自分がなりたい職業に就けた喜びもひとしおですよね...

職場の可愛い子はやっぱり目立つ!彼女が好かれる理由とは

職場の可愛い子が目立つのは、見た目だけではなかった!可愛い子は隠れて努力をしているのかもしれません。...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

新入社員の指導で疲れたときの対処法と大切なこととは

新入社員の指導をするということは、自分にとってプラスになることでもあるとわかっていても、指導に疲れた...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

公務員の内定辞退連絡は手紙?電話?内定辞退のマナーとは

公務員採用試験を突破し内定通知が届いたとしても、第一希望の内定を既に貰った時は内定辞退をするしかあり...

ハードルの跳び方にはコツがある、高校のハードル走のコツとは

高校の体育の授業でハードルが行われる学校もあるでしょう。ハードルは簡単そうに見えて実は結構難しい...

スポンサーリンク

仕事でミスばかりする新人には特徴がある

新人の仕事のミスは仕方がありませんが、同じミスを何度も繰り返されると嫌気がさしてきますよね。
「新人」だから仕方ないミスなのか、学習ができてないだけなのか。
学習ができてないで繰り返されるミスは実際にはかなり多いようです。
そんな新人にはどんな特徴があるのか調べてみました。

焦ってしまいミスをする

落ち着いて仕事をすればこなせる仕事も焦ってしまってミスを繰り返す。
まだ慣れない仕事や先輩を前にするとどうしても焦ってしまいがちになります。
1度や2度の失敗で、自分で落ち着く事を意識しないと直りません。
また先輩であるあなたも「焦って早く仕事をしてミスをするより、落ち着いてミスがないようにする方が大切だよ」なんて言葉をかけてあげると、新人も自分で気がつけない部分に気づくことができるかもしれません。

仕事に集中していない

仕事に集中できず、話を聞いていない。
同じ事を何度も聞いてくる傾向があります。
集中をしていないと人の話しはなかなか耳には入ってきませんので、仕事を覚える事ができません。

新人なのにメモをとらない

メモを取る癖がないのか、とる必要がないと思っているのか定かではないですが、メモをとらない特徴もあります。

反省をしてもそれを生かさない新人は仕事でミスが多い!

新人で仕事のミスを繰り返す人はミスをした時に考えること、それは

  • どうしてミスをしてしまったのかという原因について
  • どうすれば改善できるかを

という反省をしていないかもしれません。

ミスをしてただ落ち込むのは反省とは違います。

このミスへの対策をしていないとミスは繰り返し起きてしまいます。
ミスの対策の仕方、反省の仕方がわからない人も中にはいると思います。

ミスをしたときに必ずこの対策をするようにと教育係り、または先輩であるあなたが教えてあげる必要があります。

人を育てるのは大変ですが、育てなければあなたに負担がかかってきます。
相手のためだけではなく、あなたのためにも、新人を教育してあげる必要がありますね。

こんな新人は仕事でのミスが多い!

新人ですと、まだ仕事を上手くこなしていけない人が多くいます。
その日にやるべき仕事をできていない、忘れる、なんて事は日常茶飯事かもしれません。
仕事のミスが多い人ほど、仕事の優先順位をわからず、その場しのぎの仕事のこなし方をしてしまいます。
そうすると、帰宅途中に思い出してしまったり、朝早く仕事行こうと思っていつもどおりの時間に起きてしまったり、そして上司に叱られることは一目瞭然です。

自分の仕事を上手く管理できていないのです。

目先の事ばかり、その場しのぎですと、物事が思い通りにいかなかった時に対処することができません。

許容範囲オーバーな事があれば先輩や同僚にサポートを願い、時間配分、仕事の優先順位などをつけて、広い視野をもって仕事をこなしていく必要があります。

新人は仕事のミスが多いもの!良い新人教育って?

新人のミスは仕方ないとはいえ、同じ事を何度も繰り返されると教育係りや先輩、上司に負担がかかりとてもイライラしてしまいます。

ですが、新人のせいばかりはしてはいけません。
教育係りであるあなたにも原因があるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

新人への教育方法は適切?

  • 教え方、伝え方
  • 常に上から目線
  • ミスを叱るだけではなく対策をとっているか

など、教育係りであるあたなが教育方が間違っていると、伸びしろがある新人でもなかなか伸ばすことができません。

そして、新人へ対して最初からできるという思い出教えていると思い通りにいかないとイライラしてしまいます。
あなたがイライラするために教育しているのではなくて、新人を育てるために教えてことを忘れないでくださいね。

新人にとっても、相談しやすい、親身になってくれる、時には同じ目線に立ってくれる、アメとムチを上手く使える教育係りこそ、新人は成長すると思います。

デキる新人を育てるのはデキる先輩!

新人を育てるのは教育係りを任された先輩の仕事であります。
デキる新人を育ててこそ、あなたの会社での評価もあがるでしょう。

デキる先輩の、新人への教育の仕方

「私がやったほうが早いから」という考えで仕事を新人に回さないことをしない。ミスで自分の負担を減らそうと全て先輩がしてしまうと新人も育ちません。
ミスのリスクを少しでも負ってでも後輩に仕事を任せる。

新人の疑問、質問に答えるだけではなく、「なぜすするのか」という説明もきちんと加える。
そうすることで新人は仕事の効率アップの改善の可能性があります。

また、叱る、褒めるをちゃんとできており、新人のミスの責任はとるようにしましょう。
そうすることで新人に先輩の背中を見せることができるし、人を教育するには見本になる言動をしなければいけませんので、それも教育の1つであります。