新人は仕事のミスが多い!ミスをする新人の特徴と新人の教育方法

仕事でミスばかりする新人に悩んでいる先輩社員や上司の皆さんは、どうして新人がミスばかりしてしまうのか、どうすればミスが少なくなるのかについて頭を抱えていることでしょう。

新人はミスが多いもの。仕事に慣れていない分、ミスをすることも多くなってしまいますが、何度も同じミスばかりされると、さすがに困ってしまいますよね。

ミスの多い新人にはどんな特徴があるのでしょうか。新人のミスを減らす良い教育法は?
そこで今回は、ミスの多い新人の特徴と、新人の良い教育方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

長期休暇の理由で嘘をつくくらいなら言わないほうがいい

長期休暇の理由は正直に話したほうがいいのでしょうか?それとも嘘をついていい?良くも悪くも、休...

No Image

【バドミントン初心者のヘアピン】スピンヘアピンを覚えよう

バドミントン初心者にとってヘアピンの中でもマスターすることが難しいスピンヘアピン。しかし、こ...

大学に行きたくないのは友達がいないから。アドバイスと解決法

「大学に行きたくない・・・」大学生にはさまざまな悩みがあり、そこには色んな理由があると思います。...

バレーボールの練習メニュー【中学生編】上達する方法とは

バレーボールは効果的な練習メニューを中学生から行うことで上達させることができます。まずは基礎...

年下上司にムカつく!上手く付き合うための対処方法について

年下上司が最近増えてきて、年配の方からムカつく!といった意見も・・・。しかし上司ですから、上手く...

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。短距離走を速く走る...

駅員の仕事は楽?決して楽とは言えない駅員の仕事の実態とは

毎日見かける駅員さん。なんだか仕事が楽そうでいいなと思っていませんか?一見楽そうに見える駅員...

飲み屋の経営を女1人で切り盛りする秘訣と成功ポイント

女1人で飲み屋の経営を始めようと思っても、実際に本当にそれが可能なのか、やっていけるのかと不安になる...

卓球初心者の練習方法!基本的な練習や上達のためにできる練習

卓球をはじめたばかりの卓球初心者の人は、一体どんな練習をすれば卓球が上手になるのか知りたいですよね。...

パートを辞める際は、もっともらしい理由で円満退職!

様々な理由でパートを辞めたい・・・と思っている方がいるかと思いますが、パートを辞める際のもっともらし...

総合職で転勤を拒否する前に知っておきたい転勤のメリット

総合職だと転勤があるかもしれないことは、入社したときからわかっていたはずですよね。しかし、い...

陸上のスタートダッシュを向上させる練習法!鍛える筋肉とは

陸上の短距離で重要なスタートダッシュですが、少しでも早いスタートダッシュが出来たらいいですね。...

休日は仕事に活きる勉強と人脈作りに当てる!デキる人の休日とは

休日の過ごし方で、デキるやつとデキないやつに分かれてしまいます。仕事のスキルアップを図りたい...

スポンサーリンク

仕事でミスばかりする新人には特徴がある

新人の仕事のミスは仕方がありませんが、同じミスを何度も繰り返されると嫌気がさしてきますよね。
「新人」だから仕方ないミスなのか、学習ができてないだけなのか。
学習ができてないで繰り返されるミスは実際にはかなり多いようです。
そんな新人にはどんな特徴があるのか調べてみました。

焦ってしまいミスをする

落ち着いて仕事をすればこなせる仕事も焦ってしまってミスを繰り返す。
まだ慣れない仕事や先輩を前にするとどうしても焦ってしまいがちになります。
1度や2度の失敗で、自分で落ち着く事を意識しないと直りません。
また先輩であるあなたも「焦って早く仕事をしてミスをするより、落ち着いてミスがないようにする方が大切だよ」なんて言葉をかけてあげると、新人も自分で気がつけない部分に気づくことができるかもしれません。

仕事に集中していない

仕事に集中できず、話を聞いていない。
同じ事を何度も聞いてくる傾向があります。
集中をしていないと人の話しはなかなか耳には入ってきませんので、仕事を覚える事ができません。

新人なのにメモをとらない

メモを取る癖がないのか、とる必要がないと思っているのか定かではないですが、メモをとらない特徴もあります。

反省をしてもそれを生かさない新人は仕事でミスが多い!

新人で仕事のミスを繰り返す人はミスをした時に考えること、それは

  • どうしてミスをしてしまったのかという原因について
  • どうすれば改善できるかを

という反省をしていないかもしれません。

ミスをしてただ落ち込むのは反省とは違います。

このミスへの対策をしていないとミスは繰り返し起きてしまいます。
ミスの対策の仕方、反省の仕方がわからない人も中にはいると思います。

ミスをしたときに必ずこの対策をするようにと教育係り、または先輩であるあなたが教えてあげる必要があります。

人を育てるのは大変ですが、育てなければあなたに負担がかかってきます。
相手のためだけではなく、あなたのためにも、新人を教育してあげる必要がありますね。

こんな新人は仕事でのミスが多い!

新人ですと、まだ仕事を上手くこなしていけない人が多くいます。
その日にやるべき仕事をできていない、忘れる、なんて事は日常茶飯事かもしれません。
仕事のミスが多い人ほど、仕事の優先順位をわからず、その場しのぎの仕事のこなし方をしてしまいます。
そうすると、帰宅途中に思い出してしまったり、朝早く仕事行こうと思っていつもどおりの時間に起きてしまったり、そして上司に叱られることは一目瞭然です。

自分の仕事を上手く管理できていないのです。

目先の事ばかり、その場しのぎですと、物事が思い通りにいかなかった時に対処することができません。

許容範囲オーバーな事があれば先輩や同僚にサポートを願い、時間配分、仕事の優先順位などをつけて、広い視野をもって仕事をこなしていく必要があります。

新人は仕事のミスが多いもの!良い新人教育って?

新人のミスは仕方ないとはいえ、同じ事を何度も繰り返されると教育係りや先輩、上司に負担がかかりとてもイライラしてしまいます。

ですが、新人のせいばかりはしてはいけません。
教育係りであるあなたにも原因があるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

新人への教育方法は適切?

  • 教え方、伝え方
  • 常に上から目線
  • ミスを叱るだけではなく対策をとっているか

など、教育係りであるあたなが教育方が間違っていると、伸びしろがある新人でもなかなか伸ばすことができません。

そして、新人へ対して最初からできるという思い出教えていると思い通りにいかないとイライラしてしまいます。
あなたがイライラするために教育しているのではなくて、新人を育てるために教えてことを忘れないでくださいね。

新人にとっても、相談しやすい、親身になってくれる、時には同じ目線に立ってくれる、アメとムチを上手く使える教育係りこそ、新人は成長すると思います。

デキる新人を育てるのはデキる先輩!

新人を育てるのは教育係りを任された先輩の仕事であります。
デキる新人を育ててこそ、あなたの会社での評価もあがるでしょう。

デキる先輩の、新人への教育の仕方

「私がやったほうが早いから」という考えで仕事を新人に回さないことをしない。ミスで自分の負担を減らそうと全て先輩がしてしまうと新人も育ちません。
ミスのリスクを少しでも負ってでも後輩に仕事を任せる。

新人の疑問、質問に答えるだけではなく、「なぜすするのか」という説明もきちんと加える。
そうすることで新人は仕事の効率アップの改善の可能性があります。

また、叱る、褒めるをちゃんとできており、新人のミスの責任はとるようにしましょう。
そうすることで新人に先輩の背中を見せることができるし、人を教育するには見本になる言動をしなければいけませんので、それも教育の1つであります。