風邪で飲み会を断るときのポイントや気をつけたい注意点

出席予定だった会社の飲み会を風邪が理由で断るのは問題ないのでしょうか?

そもそも、風邪などの体調不良ってどんな人でも予期せずに起こりうることなんですよね。

では、そんな風邪を理由に会社の飲み会を断るときはどうしたらいいのでしょうか?断るときのポイントとは?

そこで、風邪で飲み会を断るときのポイントや気をつけたい注意点などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

裁判所事務官の面接試験は難関?その内容と合格ポイントとは

裁判所事務官の2次試験である面接。面接カードに書かれている内容について質問されることになっているよう...

バスケを社会人から始めた初心者の人向けな練習方法を紹介します

バスケットボールって迫力があって、見ていても楽しいスポーツですよね。 特にダンクシュートなんてカッ...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

新人は仕事のミスが多い!ミスをする新人の特徴と新人の教育方法

仕事でミスばかりする新人に悩んでいる先輩社員や上司の皆さんは、どうして新人がミスばかりしてしまうのか...

自衛官の定年後の就職先は?定年が早い自衛官の再就職について

自衛官は公務員ですが、一般の公務員よりも定年の年齢が早いです。このため、定年を迎えた年齢でも再就職を...

思い込みがミスを招く。ミスをしないための対策と予防について

あなたは思い込みが激しいほうですか? 私自身は、世の中を色眼鏡でしか見ていません! そんな、思い...

陸上のスタートダッシュを向上させる練習法!鍛える筋肉とは

陸上の短距離で重要なスタートダッシュですが、少しでも早いスタートダッシュが出来たらいいですね。 ...

クロールは速く泳ぐコツがある!スイスイ泳げるようになろう

クロールは速く泳ぐコツを掴むことは、クロールを上達するためにも大切なことです。 例えば、呼吸の...

ゼミは就活に影響する?影響するかは結局のところあなた次第

ゼミで専門的な分野を学んでいるから就活に有利、ゼミに入っていないから就活で不利になる、などという話を...

ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら...

スーパーで食品を扱うバイトのメリット・デメリット

アルバイトとしてスーパーのバイトは求人も多く、通いやすいという点でも人気です。 年代もさまざまな人...

水泳のリレーの飛び込みは失格とならないように練習しよう

皆さん、水泳の試合をテレビで見たことはあるでしょうか。 最近はどんなスポーツの試合であってもテレビ...

野球のツーシームの基本的な握り方や投げ方について解説します

日本のプロ野球やメジャーにはツーシームが得意な選手がいますが、自分が投げたいと思ってもどうやって投げ...

養護教諭採用試験は面接が重要!過去問でしっかり対策をしよう!

養護教諭になるための採用試験には必ず面接がありますが、事前にしっかりと準備をしておきたいですよね。 ...

会社で無視されるのは、パワハラ・モラハラにあたる可能性が

会社での無視。 上司からの無視、同僚からの無視。 上司から業務上の連絡すらもらえないのは...

スポンサーリンク

風邪で飲み会を断るのはアリですか?

風邪をひいてしまったけど、明日は飲み会があって出席の返事をしてしまった場合、断ってもいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。

そんな人は、とりあえず仕事はできるようなら出勤して、風邪をひいて熱があるという事を伝え、飲み会をキャンセルしてもいいと思います。
朝のうちに報告すると、予約をキャンセルできる所もありますよ!

風邪をひいているので、マスクをして仕事に行きましょう。
つらそうな感じが伝わると、無理やり飲み会に連れていく人もいませんよね!

仕事に行って、飲み会を断り、午後から早退しても良いでしょう。

体調不良は、どんな人でも予期せぬ時に起こりうる事です。
無理して飲み会に出席する事はないので、早めに断りましょう。

風邪で飲み会を断ることは誰にでもおこること

出席の返事をしていた飲み会を断る事は、誰にでもある事ですよね?
その理由で1番多いのが、体調不良でしょう。

この体調不良は予期せぬ事なので、仕方がない事です。
なので、体調不良で飲み会を断る場合は、不本意ながら欠席させてもらうというようにしましょう。

飲み会を断る理由を体調不良と伝えると、ありきたりでどうかなと思ってしまうかもしれませんが、変に凝った理由にしない方がいいと思うのです。

たまに親戚の不幸を理由にする人もいるかもしれませんが、それを理由にしてしまうと、忌引きにしなくても大丈夫?などと聞かれて、面倒な事になってしまう事もあるでしょう。

そして、親戚のおじさんの設定をしてもその事を忘れて、おじさんの話をしてしまう事もあるのではないでしょうか?

ありきたりな理由かもしれませんが、体調不良で飲み会を断る事は、誰にでも起こる事なので現実味があるでしょう。

もし、この体調不良がウソだとしても、一晩寝たら治ったとも言えますよね!

例え嘘でも風邪で飲み会を当日に断るときは?

風邪で飲み会をその当日に断る事もあるでしょう。

断る時にはポイントがあります。

それは、本当に飲み会に行く気満々だったという気持ちを出し、それなのに出席できなくなって残念という気持ちを表してほしいのです。

本当に出席できない理由があるのなら、正直に伝えましょう。

しかし、飲み会を断る理由がウソの場合もありますよね?
本当は行きたくない飲み会だったなど、そんな事もあると思いますが、ウソをついて体調不良などを理由で断ったとしても、相手にイヤな気分にさせないようにしましょう。

ここで正直に、行きたくない飲み会だったなんて伝えてはいけません。
相手に気遣いができていないですよね?

急な当日のキャンセルは迷惑をかけてしまうので、会費はちゃんと払いましょう。
なるべく早くキャンセルを伝えるようにしましょうね。
そして、申し訳ないという気持ちで誤ってください。

この対応で、相手もイヤな気分にならないでしょう。

風邪で飲み会を欠席してしまった翌日の対応

風邪で飲み会を欠席してしまった場合、あなたは翌日にどのような対応をしていますか?
翌日の対応の正解は、飲み会の主役に欠席した事を謝る事です。

飲み会を企画してくれた人へ、欠席した事を謝りましょう。小人数の飲み会の場合は、みんなに謝るようにしましょう。

信頼関係は大事ですよね!このような積み重ねも大事なのです。

また、飲み会の感想を聞くといいですよ!
本当に飲み会に参加したかったのに、参加できなかったんだろうなと感じるでしょう。
これも少人数の場合はみんなに聞いても良いのですが、大人数の場合は迷惑になってしまうので気をつけてください。数人に聞くようにしましょう。

これが、飲み会を欠席してしまった時の翌日の対応です。
この対応で、飲み会を欠席してもまた誘ってもらえるようになるでしょう!

会社の飲み会をメールで断る場合の注意点

飲み会を、メールで断わる事もあると思います。何回も誘われているのに、飲み会を断ってばかりいたら、その相手との関係も悪くなってしまうような気がするでしょう。

この場合、メールで断りの連絡をすると良いでしょう。
メールで断りの連絡をする場合の注意点についてお伝えします。

メールで飲み会を断る場合は、口頭で断るよりも丁寧に断るようにしてください。

そして、飲み会に誘ってくれた事は嬉しくても、参加できない理由がある事を伝えましょう。

メールで断りの連絡を入れる事は、直接会っている時に誘われても、その飲み会に行きたくない場合はその時に断る理由を考えなくてはいけませんが、メールの場合は、断りの理由を考える時間ができるのが良い点だと思いませんか?

飲み会に誘ってくれた事の感謝の気持ち、そして、参加できない事についての謝罪、今度は飲みましょうと次回もお誘いを待っているという気持ちが伝わる内容が良いと思いますよ。

会社の仲間でも、メールで連絡をする時は、丁寧に断るようにしましょう。