携帯ショップ店員の大変な面と魅力的な部分について

携帯ショップに行ったことがある人は多いと思いますが、知識も豊富で関心してしまいます。

新機種がドンドン発売される中、それらを全て覚えなくてはいけませんしなんだか大変そうに感じます。

携帯ショップ店員の大変な面と魅力的な部分について調べてみました。やはり覚えることが多いのが大変で辞めてしまう方もいるようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケを社会人から始めた初心者の人向けな練習方法を紹介します

バスケットボールって迫力があって、見ていても楽しいスポーツですよね。特にダンクシュートなんてカッ...

ドラッグストアのバイトの服装について!面接や仕事の場合など

薬や日用品や化粧品などたくさんの商品を販売しているドラッグストアは、街の中の色んなところで見かけます...

リフティングの技ができるようになりたい!初心者にオススメな技

サッカー初心者でもできるリフティングの技とは?ある程度リフティングができるようになったら、したくなる...

走り高跳びの助走のコツやポイントとは?助走を入念に練習しよう

走り高跳びの助走では、どんなコツが必要なのでしょうか?走り高跳びの助走で意識をしなければいけないポイ...

シェフの帽子には意味があるの?高さの理由やコック帽子の由来

レストランなどの飲食店に行くと、白くて高いコック帽子をかぶったシェフが印象的ですよね。お店によっ...

メールの誤送信がきたときには返信すべき?ビジネスマナーとは

メールの誤送信がきたときにはどのように対応すればいいのでしょうか?返信したほうがいい場合と返信しては...

明日、仕事行きたくない気持ちを抱えているあなたへ

明日、仕事行きたくない…。ネガティブな気持ちでそう感じますか?それとも、愚痴程度の仕事行...

ボクシングのカウンター上達のための練習方法とコツを解説

ボクシングのパンチの中でも、一瞬で相手をKOさせることも可能なカウンター。しかし、難しいテクニックが...

出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴...

No Image

【ソフトテニス初心者必見】フォアハンドの打点を見直そう

ソフトテニス初心者にとって、まずマスターしたいのはフォアハンドではないでしょうか。中でも打点...

卓球でカットマンと試合をするときの攻略方法や戦い方とは

カットを使い、ボールに下回転をかけて相手のミスを待つ戦い方のカットマン。カットマンと戦うことが苦手な...

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。ローボレーが上手く打てる...

警視庁職員になるための試験の難易度は思ったよりも低かった!

警視庁の職員になりたい場合は地方公務員の試験を受けることになりますが、気になるのはその難易度について...

バスケの基本的な練習方法!初心者がまず習得するべきこと

これからバスケを始めたいというバスケ初心者の方は、まず何から始めれば良いのか知りたいですよね。紹...

バスケの練習方法を教えます!基本のパスのコツや注意するコト

バスケがうまくなりたい!ドリブルやシュートもしたいけれど、まずは基本中の基本のパスをうまくなりましょ...

スポンサーリンク

携帯ショップの店員として働くと何が大変?

時代が進むにつれ、携帯電話は生活の一部となり、必要不可欠なものとなってきています。
毎日最新機種に囲まれて働いている、携帯ショップの店員ですがどのようなことが大変だと感じているのでしょう。

携帯ショップの店員で大変なことは【一日話し続けること】

携帯ショップの店員のイメージは、座って説明や契約をしたり、携帯本体の操作のように体力を使う仕事は少なく感じます。

確かに肉体労働ではないですが、一日にたくさんの来客の対応をします。
ずっと説明など話し続けることが多いので、体力的に疲労を感じるという意見もあります。

元々人と関わることが好きだったり、話すことが好きな人には負担が少ないかもしれませんが、会話というよりは説明することがメインなので話す量は必然的に多くなります。

携帯ショップの店員は覚えることがたくさんある

携帯市場は時代とともに、新しいサービスや機種の登場で変化の多い世界という印象があります。
この変化をその都度覚えて、説明出来る知識を身につけなければなりません。

携帯の知識だけでなく、操作するパソコンの知識も必要ということや、クレームを対応するのも立派な仕事の一つです。

覚えることや対応することが多く、大変と感じる人が多いのです。

携帯ショップの店員が大変なのはノルマ?

店舗によって結果は違いますが、総合的にノルマがあることが多いようです。
携帯ショップに限らず、商品を販売して利益を生み出すので、仕方ない職種なのかもしれません。

店舗全体での目標数があり、それを個人に割り振りしたり、全体の目標を全員でクリアしようというやり方だったり考え方はさまざまです。
しかし、目標の数字に向かって売り上げを意識するというのは同じことです。

売り上げに応じて給与のアップもあるようで、働く側のモチベーションアップにも繋がりますね。

販売のような仕事だと、商品に限らずやはり売ってなんぼという点はあるようです。
販売成績が良くないと、やはり気持ちの負担もあるようで華やかな接客の裏に努力があるのですね。

携帯ショップの店員が大変なのは客とのコミュニケーション

残念ながら、一度携帯ショップを経験した人の中にはもう働きたくないと思う人もいます。

契約がないときは、商品の近くで立って来客を待つこともあり、靴もヒールのあるようなものを着用だとどうしても足に負担がかかってしまい、仕事終わりには足がパンパンということも少なくないようです。

一生懸命にお客様に合うプランなど提案しても、アンケートで対応が良くなかったなどの不満があったり、こうして欲しかったなどの要求が多かったりして、モチベーションの低下を感じたという意見もあります。

店員という立場上、出来るだけお客様の希望に添えるように心がけますが、やはり人間同士なので言葉で伝えないとわからないこともあります。

お客様という立場でも、希望や要求を伝える必要はありますよね。

携帯ショップの店員として働くには勉強をしなくてはダメ?

結果からすると、勉強は必要だそうです。
仕事をするからには、責任もありますし勉強をして知識を豊かにするということは大切なことです。

と言っても一度覚えさえすれば、あとは応用をしていくことも出来るのですが、基礎をきちんと理解していないと対応出来ないので基礎を勉強して完璧にすることは大切です。

もちろん慣れてきたらその機種ごとの特性など細かいことも理解は必要ですが、最初は基本的なことを覚えていきます。

だいたいのお客様も基本的なことを聞いてくることが多いですからね。
まずは料金プランの内容やサポート内容といった、お客様に共通して必要な知識は質問されることも多いことが想定されます。

携帯ショップの店員が携帯や、それに付随する内容に詳しいことが当たり前だと思ってしまいがちですが、このような努力の賜物を私たちユーザーに教えてくれているのですね。

携帯ショップの店員になりたい!その魅力とは?

携帯ショップで働くとなると、いつも最新機種に囲まれながら働くことが出来ます。
携帯電話が好きな人にすると、最新機種に最新のタイミングで触れることが出来るというのは魅力の一つではないでしょうか。

この向上心が自然と知識にも繋がっていくと思います。

接客でも「ありがとう」「助かりました」と労いの言葉をかけてもらうと、やり甲斐を感じられこの仕事に就いて良かったと思う瞬間でもあります。

もちろんいつも温かく優しいお客様ばかりではないので、時には理不尽な要求や文句を言われることもあるようです。
しかし、そのような気持ちも感謝の言葉でスッと切り替えられるというからさすがプロですよね。

他にもお店の商品を安く購入することが出来る制度があったりもして、通常よりも安い価格で最新機種を持つことも出来るそうです。

店舗によって割引率は変わりますが、半額以下の価格で購入出来る場合もあるそうです。
なくてはならないアイテムが、激安価格で手に入れられるのは大きな魅力です。

現実的ですが、時給が他の仕事に比べるとやや高いことも多いです。
店舗の営業時間によっては遅番の出勤もあり、そうなると更に時給がアップすることもあります。

最初は知識などなくても、時給に魅力を感じて応募してくる人も実際多いそうです。