キャビンアテンダントの採用条件…顔など見た目は重要なのか

大学生の憧れの職業でもあるキャビンアテンダントですが、イメージ的には美人でなければなれない…そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。

倍率も高く、「どうせ私なんて無理だろう」と始めから諦めてしまう方も少なくないと思います。
やはり採用条件の一つで、顔などの見た目は重要視されるのでしょうか?

キャビンアテンダントの採用条件について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校生向け!就職試験の面接の基本や気をつけたいこと

高校生が就職試験の面接を受けるときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?面接の入室...

水泳のリレーの飛び込みは失格とならないように練習しよう

皆さん、水泳の試合をテレビで見たことはあるでしょうか。最近はどんなスポーツの試合であってもテレビ...

新入社員の電話対応はいつからするの?率先して電話出ると好印象

新入社員の人たちの中には、いつから会社の電話対応をしたら良いのかわからない人もいますよね。電話が苦手...

ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら...

スパイクの手入れ方法!天然革皮のサッカースパイクお手入れ方法

天然革皮のサッカースパイクを使用している人もいますよね。天然革皮のサッカースパイクはお手入れをするの...

履歴書用の写真が古いものはNG!その理由について解説します

子供と違って大人は顔が変わることもないから、履歴書に多少古い写真を使っても問題ないだろう…そんなふう...

エントリーシートの内容を忘れたまま面接を受けるリスクとは

書類選考の判断材料として存在するエントリーシート。エントリーシートの内容によって合否が左右さ...

職場でうるさい人を注意する方法は?人間関係を壊さずに注意を

自分が働いてる職場に何かと騒がしい・うるさい人っていますよね。あまりにもうるさすぎると、仕事に支障が...

ハードルの跳び方にはコツがある、高校のハードル走のコツとは

高校の体育の授業でハードルが行われる学校もあるでしょう。ハードルは簡単そうに見えて実は結構難しい...

ソフトテニスの効果的な中ロブの打ち方とは?練習方法も解説

ソフトテニスのロブの中でも「中ロブ」は攻撃にも使えるものですよね。でも、中途半端になってしま...

警察の交通課は忙しい!特に忙しいのはやっぱりあの時期!

警察の交通課。スピード違反の取締りや人身事故の処理などを行うため、警察の中でも特に忙しいイメージがあ...

公務員の面接対策とは地元以外を受けるときの準備や心構え

地元以外の公務員面接を受けるときに必ず聞かれる質問。いったい、どのように答えたらいいのでしょうか?...

韓国に住む、そして仕事をしたいと考えている人へのアドバイス!

日本から飛行機で3時間弱で行くことができる「韓国」。観光名所に行くと日本人でいっぱいですよね。...

明日、仕事行きたくない気持ちを抱えているあなたへ

明日、仕事行きたくない…。ネガティブな気持ちでそう感じますか?それとも、愚痴程度の仕事行...

消防救助隊が行う訓練とは?人命救助を目的とした厳しい訓練

消防には救助隊と呼ばれている、人命救助を目的とした専門部隊があります。レスキュー隊とも呼ばれているチ...

スポンサーリンク

キャビンアテンダントの採用条件に顔は関係するの!?

華のある仕事と言って思い出す職業の一つに、キャビンアテンダントがあげられます。美人な人が多いイメージがありますが、採用する際には顔も判断基準になっているのかが気になるところですよね。

実際のところは…顔で採っているのかはわかりません。しかし、実際に働いている人を見ると8割くらいの人は美人さんだなぁと思います。それに加えてスタイルが良い人も多く、そういった部分も少なからず見られているのかもしれませんね。

憧れの、華の仕事である以上、やはりキャビンアテンダントにおいて外見というのはとても重要になるのです。でも外見というのは、女性の場合は特に自分の努力次第でいくらでも美しくすることが出来ますよ!

まずメイクですが、当然スッピンは論外です。華やかなメイクをするように心がけてください。履歴書に貼る写真は、スピード写真などでは無くきちんと写真屋さんで撮ってもらうようにしましょう。金額は高くなりますが、写りが全然違います。魅力的に撮ってくれますので、是非写真屋さんを利用してください。

そして面接では、立ち居振る舞いというのがとても重要になります。いくら顔が美しくても、立ち居振る舞いが悪ければ落とされます。

逆に言えば、例え顔に自信がなくても、美しい立ち居振る舞いで、明るい笑顔で対応すれば、合格する可能性はもちろんあるのです!

キャビンアテンダントの条件は顔以外にはどんなこと?

キャビンアテンダントの人を見ていると、皆さんスラッと背が高いイメージはありませんか?そのイメージ、間違いではありません!

というのも、実際にキャビンアテンダントを採用する際には身長制限を設けているからです。その為、とても残念なことに身長が低い人はキャビンアテンダントを目指すこと自体難しくなってしまいます…。

具体的な身長ですが、日経航空会社であれば158cm以上、外資系航空会社であれば160cm以上というのが目安になります。

どうして見た目をそんなに重視するの?なんて思う方もいるかもしれませんが、これにはきちんと意味があるのです。決して見た目を大事にして身長制限を設けているわけでは無く、機内頭上にある物入れに手が届くかどうかという点を重視しています。

業務の中にはお客様が荷物を入れる際のお手伝いや、離陸前にきちんと物入れがロックされているかの確認作業などがあります。こういった業務がある為、身長制限が設けられているのです。

キャビンアテンダントの条件に「容姿端麗」と顔が重要視されていた時代

キャビンアテンダントは綺麗な人が多いですが、実際に昔は顔が重視されていた時代もありました。キャビンアテンダントのことを「スチュワーデス」と呼んでいた時代には、募集要項にも「容姿端麗」と記載されることがあったのです。

それほど顔が重視されていたのは、キャビンアテンダントには広告塔としての役割もあったからです。憧れの海外旅行、憧れの航空会社のイメージを顧客に抱かせる必要があったからです。

しかし近年、海外旅行は憧れでは無くかなり身近なものとなりました。その為、キャビンアテンダントを採用する際には容姿端麗かどうかよりも、より身近な存在であるかどうかの方が重視されている傾向にあるでしょう。

お客様が利用しやすい航空会社になるべく、「明るく笑顔で、声をかけやすい人」といった第一印象も大事にしているのです。

現役のキャビンアテンダントが合格の条件について

ここまで、キャビンアテンダント採用に顔や身長がどのように関わってくるかについてお話して来ましたが、外見的な部分でもう一つ大切なのが体型です。

やっぱり痩せていないとダメ?と思うかもしれませんが、そういうわけではありません。痩せ過ぎも、太り過ぎもNGです!

キャビンアテンダントというのは、その華やかな見た目とは裏腹に、体力勝負の仕事でもあります。長時間勤務だったり、お客様の荷物の収納を手伝ったり、重いカートを押して飲み物やお食事を運んだり…。

その為、あまり痩せ過ぎていると面接官には「この人大丈夫かな?」と思われてしまいます。お客様からしても安心感を感じられないかもしれません。

その為、決して痩せ過ぎている必要はないのです。むしろ少しがっちりしている方が、お客様にも安心感を与えられるでしょう。もちろん太り過ぎは論外ですよ!

現役で働いているキャビンアテンダントの人を見ていても、意外にしっかりした体型の方が多かったりするので、太り過ぎでない限りそこまで気にする必要は無いでしょう。

採用に美人のほうが有利と噂される職業とは

美人は得すると言われていますが、それはあながち間違っていないのかもしれません…。企業が採用する際にも、顔で判断するという部分は少なからずあるようです。

例えばテレビ業界です。最近ではアナウンサーもタレント化してきていて、とても美人な人が多いです。朝テレビをつけたときに、美人な女子アナが出ていれば視聴者としても嬉しいですよね。そういった点からも、アナウンサーなどを採用する際は顔で選んでいる部分もあると言えます。

その他、身近な職業で言うと美容業界があげられます。例えば化粧品を売ってくれる人が美人な場合、私もこんな風に美しくなりたい…と購入意欲がUPしますよね。その為、美人を多く採用することで企業全体の売り上げUPが期待されるのです。

アパレル業界も同じです。洋服を買う際に、美人な店員さんが上手に着こなしていれば買いたいという気持ちが強くなるでしょう。

こういった理由により、顔採用されることが実際にあるのです。