レコード会社に就職すうためには学歴は必要?有利となる条件とは

レコード会社に就職したいと考えている人にとって、学歴はどこまで必要となるのか気になるところではないでしょうか?

音楽のセンスがあれば高卒でもOKなのか?大手レコード会社となるとやっぱり大卒の方が有利となるのか・・・知りたいところですよね。

レコード会社に就職したいのであれば学歴は必要!その理由や就職に有利となる条件について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

就活中電話に出れなかった時のマナー!折り返す時のポイント

就活中、都合が悪くて企業からの電話に出れなかったということもありますよね。結果の合否の連絡が電話で来...

契約書の郵送方法・梱包方法とマナーや注意点について

新社会人として仕事していると、書類の郵送を頼まれることもあるでしょう。その時に注意が必要なの...

職場の愚痴を言わないと幸せになれる?愚痴のメカニズムとは

職場の愚痴。口を開けば、不平不満のオンパレード!愚痴っていると、ヒートアップしてどんどんどん...

バイトを辞める理由は嘘でもいいの?辞める理由と言い方のコツ

バイトを辞める理由が、面倒になったから、あるいは仕事が面白くない、店長が嫌いだからなど、辞める理由を...

年末年始休みなしの仕事でも休む方法と大切なアフターフォロー

年末年始と言えば家族とゆっくり過ごすという人が多いかもしれませんが、年末年始にも休みなしの仕事の人も...

早退の理由が役所はOK?NG?早退をするときの伝え方

会社や学校は、なかなか理由がなければ休めないものです。休むときの理由はさまざまですが、その中でも...

仕事のミス!実際にしてしまった最大のミスとミスへの対処法

仕事をしていると、時々ミスをしてしまうこともありますよね。小さなミスやケアレスミスであれば問題になら...

スケボーの乗り方【ジャンプ】とは?コツやポイントをご紹介

スケボーをスイスイ乗りこなす人ってかっこいいですよね。こんな感じに余裕に乗りたいと思った人って沢...

剣道防具の洗い方!自宅で洗う方法とポイント、注意点を解説

剣道の防具は、いくら普段から手入れをしていても強烈な臭いがしてしまうもの。消臭剤を吹きかけても拭...

特別支援学校の教員の給料は一般の教員よりも高い?実態を調査

2015年の時点で日本に1000校以上あると言われている特別支援学校。そこで働く教員の仕事は一般の教...

職場のおばさんが怖いときの対処法と上手に付き合うコツとは

職場のおばさんが怖いと仕事に行くのも嫌になってしまうかもしれませんよね。では、職場のおばさん...

GW明けの仕事で朝礼スピーチをするならネタ選びや準備のコツ

GW明けの仕事というのは憂鬱になりがちですが、さらに連休明けに朝礼当番が当たってしまったときはせっか...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

面接での印象がUPする!自然な笑顔の作り方と練習のポイント

面接では笑顔が好印象に!?でも無理に笑顔を作ろうとしても、緊張も手伝って不自然な感じになってしまいま...

クロールは速く泳ぐコツがある!スイスイ泳げるようになろう

クロールは速く泳ぐコツを掴むことは、クロールを上達するためにも大切なことです。例えば、呼吸の...

スポンサーリンク

レコード会社への就職に学歴は必要?

結論から言えば、学歴は必要です。
音楽業界は学歴社会といってもいいくらいです。

音楽業界なのだから、学歴よりも音楽の才能や知識の方が重要では?と思ってしまいますが、実際音楽業界で働いている人の多くは大卒で、音楽のセンスはもちろん音楽の知識も必要ないのです。

ある30代後半の男性は、大学生の頃就職先がなく、親類のコネでなんとかレコード会社に就職できたそうです。
当時は全くの無名のレコード会社で心配だったようですが、それよりも心配だったのが音楽の知識がゼロだったからです。
しかしその不安もすぐになくなったといいます。それは、音楽センスゼロでも仕事が出来る環境だったからです。

音楽の知識やセンスは、ちゃんとその分野に適した専門職の人が別にいるのです。
会社はそこをしっかり考えた上で人事配置をしているのです。

レコード会社といえど一般企業なので、営業をして仕事をもらいお金を得るのです。なので、一般企業程度の学歴社会はあるのです。

レコード会社に就職したい!学歴や学部は影響ある?

そろそろ進路を考える時期。将来はレコード会社に勤めたい!と希望している方も多いのではないでしょうか。
でも気になるのが、どの系統の大学や学部が有利なのかという点です。

全てのレコード会社にいえることではありませんが、一部の例でご紹介します。

まず「どの系統の大学や学部が有利なのか」についてですが、これについてはどの大学や学部からでもエントリーできます。制限はありません。
学歴も最近はどの業種でも問わなくなっているのが現状です。
以前は採用している大学名をレコード会社のHPに掲載していたようですが、今はほとんどのレコード会社でそういった記載はしていません。

レコード会社が求めている人材についてですが、これは学生時代の経験をしっかり語れるかどうかがキーポイントになりそうです。
勉強面はもちろん、ボランティアやサークル活動を通して、何を学んでどんな成長ができたかを語れるかどうかになります。

社会人になっても自らを成長させようと常に考えている姿勢があるかどうか、言い方を変えると、アイデアを引き出せる人材かどうか、あるいは視野が広く情報に敏感に感じることが出来るどうかを見極めるのです。
クリエイティブな人材を求めているのです。

レコード会社に就職したいなら有名大学卒の学歴があった方が有利?

レコード会社で働くといっても、レコード会社も一企業なので、その業務は幅広くあります。
「イベンター」「マネージャー」という仕事、あるいはレコーディングエンジニアとして仕事をすることもあります。

宣伝広告系のプロモーションやアーティスト売り込みの営業などもあり、その業務は本当に多種多様です。
独立系のレコード会社か大手レコード会社かによっても違うでしょう。

新卒でレコード会社に就職する場合、学歴はさほど問題にならないとはいえ、やはり大手では4大卒が求められることが多いようです。

中途採用では営業や事務、広告宣伝といった職種の募集がよくありますが、いずれも実績があって即戦力である人材を求めている場合がほとんどです。
新卒の場合はそこまで専門的な知識を求められることはありません。

ただいずれにしても、一般企業と同じく、やはり有名大学卒業の学歴があったほうが就職に有利なのは間違いないようです。

レコード会社などの音楽業界に必要な知識とは?

音楽業界で働く場合、必ずしも音楽的なセンスや知識は必要なわけではありません。しかし音楽業界に必要なスキルはあります。

音楽業界ではフレキシブルな物の考え方や俊敏な行動力ができること

アーティストと仕事をしていくわけですから、普通の人とは違う発想をサポートしていくわけです。どんな新しい事でも吸収できる能力、そしてそれをアーティストに伝える能力が必要なのです。
そしてアーティストが何をしたいのか、会社としてどんな方向性にするのかそれを考えていくのです。
また、それを実行するとき、先陣を切って準備をして行動を起こす能力も必要になります。突飛な提案をするアーティストを同じ方向にしていくわけなので、大変ですが楽しいポイントです。

もう1つは、いつでもOFFの状態にできること

音楽業界は会社が定める時間どおりの勤務時間にはなかなかなりません。
夜中でも連絡がくることもあるため不規則な時間で働くことになります。
当然お休みも不規則なので常にONの状態でいると疲れてしまうだけです。
いつでもリラックスできる、ONとOFFを切り替えられる能力も必要です。

レコード会社に就職したら平均年収はどのくらい?

音楽業界で働く人の年収も気になるところです。

レコード会社は職種が多様で雇用形態や給与形態も様々なため、年収の相場や平均といったデータは正直困難です。

ただ全体の平均年収に関するデータはありますのでご紹介します。

音楽業界の年収の相場は500万円~700万円。
会社の規模や業績によって差があり、大体200万円ほどの差があるようです。
一般的なサラリーマンの平均年収よりは高い水準だといえます。

国内大手のレコード会社では、平均年収で約700万円(2014年)という調査データもあります。平均年収で700万円ですから、相当給与は高いようです。
大手のレコード会社の場合は多少の差はあれ、大体700万円の範囲内に収まるようです。
中小クラスのレコード会社の場合は、500万円台とやや低い水準になります。

レコード会社の年収は職種や雇用形態、給与形態によってかなりバラつきます。
極端な話を言えば、年収1億を超えるプロデューサーもいるということ。

クリエイティブ系の花形職種は年収も高い傾向ですが、事務や経理といった一般的な従業員は少ない年収で働いているわけです。