就活の作文は原稿用紙を正しく使って書くことが大切です

普段パソコンを使っている人は、就活試験の作文のために原稿用紙を使って文章を書くとなると、わからないことばかりなのでではないでしょうか?

自分の名前は1行目に書くの?横書きの原稿用紙と縦書きの原稿用紙では書き方は違うの?

採用を勝ち取るための原稿用紙の使い方とは?就活の作文を原稿用紙を使って書く場合の正しい使い方と注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

私立と公立の教師の違いって?採用試験や待遇面での違いとは

教師といっても、私立と公立とでは採用試験や級両面、待遇や働き方まで違いがあります。では、私立...

No Image

野球の球速アップのための筋トレ方法とは?バランスよく鍛えよう

筋トレで鍛えたことによって球速アップしているプロ野球の投手も増えてきましたよね。では、どんな...

居酒屋でのアルバイトのコツ!メリットと気を付けるべきポイント

居酒屋は他のアルバイトよりも効率的にバイト代を貯めることができて、人気のアルバイトです。働いてい...

情報処理に関する資格は就職にどのくらい有利となるのか徹底調査

IT業界への就職を考えている大学生は、情報処理に関する資格を持っていると就職に有利になると思っている...

書類選考の結果は?不採用は連絡なし?選考期間の目安と連絡義務

企業の面接を受けて書類選考の結果の連絡を待っているという人は、なかなか連絡が来ないと不採用になったの...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか?足が遅...

会社が寒い!夏の冷房対策で体調不良を予防!自分でできる対策

会社のエアコンが効きすぎてて夏でも寒いという人もいますよね。外の気温は高いのに、オフィスの中はまるで...

消防士の体力試験の評価の目安と試験対策!

消防士になるためには、消防士採用試験を受けて合格しなくてはなりません。筆記試験や面接の他に体...

履歴書の職歴詐称はバレる!?嘘をつくのはやめましょう

履歴書を書く際、つい自分を良く見せようと職歴を詐称してしまう人がいるようです。経験社数を減らしたり、...

警察の交通課は忙しい!特に忙しいのはやっぱりあの時期!

警察の交通課。スピード違反の取締りや人身事故の処理などを行うため、警察の中でも特に忙しいイメージがあ...

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

バレーのトスの指の形とは?トスの基本や練習方法を紹介します

バレーのトスの指の形はどのようにするといいのでしょうか?トスが上手くいかない原因にはどのようなものが...

大学で不安なのが単位!落とす不安を解消する方法と対策

楽しかった大学生活も後わずか。その頃になって急に不安になるのが単位です。内定を貰ったのに単位が足...

公安の仕事は本当に危険?その仕事内容について徹底調査!

テレビのドラマなどでも登場する「公安警察」。ドラマを見る限り、なんだか危険そうな仕事という印象が強い...

タロット占い師になるには?必要なスキルや資格について解説

いつもはタロット占いをしてもらう側だけど、占う側になってみたいと感じることもありますよね。タ...

スポンサーリンク

就活試験の作文は原稿用紙の使い方に注意!

就活をしていると、作文を原稿用紙に書かなくてはいけない事があると思います。その時の原稿用紙の正しい使い方について、ここで一緒に学んでいきたいと思います。

就活において、原稿用紙に書かれている書き方をみて、企業側も基本ができているかどうかをチェックします。

細かいミスが命取りになることもありますので、ここでしっかりと基本をおさらいしておきましょう。

「題名」

題名ですが、原稿用紙の1行目に、2-3マス開けて書きます。
普通は3マス、題名が長い時は2マス開けましょう。

「氏名」

氏名は2行目に書きます。名字と名前の間に1マスあけて、下詰めで書きます。

「間違えた場合は、きれいに消す」

斜線で消して横に書く人がいますが、読み手に悪い印象を与えるので、消して、きれいに書き直しましょう。

就活のための作文のために、原稿用紙の基本の使い方を理解しよう!

就活での作文、上記では原稿用紙に書く基本についてみてきました。

次に、「、」や「。」、またローマ時や英語についてみていきたいと思います。

点「、」や丸「。」が行の一文字目に来る場合ですが、「、」や「。」は前の行の欄外に書いて、行の先頭には書かないようにしましょう。

また、縦書きの場合ですが、数字は漢数字を使用します。一、二、三、と書きます。

「?」や「!」を使うときには、下に一マス開けます。

ローマ字や英語などは、横書きにして、1マスにつき2文字書きます。

何か文章を引用する場合ですが、前後を一行あけて、二次下げます。また、引用元を書く場合ですが、タイトルや書いた人の名前は引用の終わりの次の行の下に書きます。

出典や注ですが、その部分の本文の余白に「(*1)」と下記、作文の終わりにまとめて書きます。

就活の作文で横書きの原稿用紙を使う場合の数字や英語の書き方は?

先ほどは、就活をするにあたって、作文を書くときの基本となる書き方についてみてきましたよね。

次に、より詳細に、数字や英語の書き方をここでみていきたいと思います。

「数字」

横書きの場合は、1,2,3のようにアラビア数字を使います。縦書きの時は、一、二、三、というような漢数字を使用します。

横書きで、アラビア数字が2文字以上の場合ですが、1マスに2文字書きます。

となると、「357」と書くときはどうしたら良いのか。
正解は、最初の1マスに35を書き、次のマスに7を書きます。

「英語」

アルファベットについてですが、大文字の場合は1文字が1マスになり、小文字の場合は、2文字が1マスになります。

縦書きも同じルールになってますが、横に寝かせて書くので、注意が必要になります。

就活の作文はわかりやすく文章で書くようにしよう

先ほどは、就活での作文、数字と英語についてはどう書くのが正しいかについてみてきましたよね。

次に、就活での作文ですが、わかりやすい文章で書くことが大切になってきます。その為にはルールがあるのですが、ここではそのルールについて触れていきたいと思います。

作文ですが、「序論・本論・結論」を意識して書いていきましょう。
書きたいテーマが決まったら、それにまつわることを箇条書きにして書いていきましょう。その内容をまとめたものが本論になります。

気をつけて欲しいことですが、就活での作文は芸術作品ではありません。その為、相手にとってわかりやすい文章にすることが大切になってきます。それを踏まえた上で、どうやって相手に強い印象を残すことができるかといったら、「作文の始めと終わり」に注意することです。

その2点に注意して書くと、悩まずにスムーズに書けると思います。

就活の作文は、文体や一文の文字数に気をつけて!

就活の作文、相手にわかりやすく、また強い印象を残すには、作文の始めと終わりに注意することだと上記では習いましたよね。

最後に、ここで就活での作文、どうやったら良いものができるのか、文体や一文の文字数についてみていきたいと思います。

「文体の統一」

具体的にどういうことを意味しているかというと、「~です」「~ます」ですとか、語尾を決めることを指します。
「~です」と書いていたのに、「~だ」と書くと、読み手には理解しづらいようです。作文に点数がつけられるのであれば、減点される可能性もあります。

その為、書いている文章ですが、統一させましょう。その方が、強い印象を相手に与えることができるようです。

「一文は40-60文字以内」

ここでいう一文ですが、文章の始まりから「。」までのことを指します。人が読んでいて読みやすい文字数が40-60文字なので、あまりダラダラと書かずに、読み手が理解がしやすい文字で表現をしていきましょう。
「、」が多い文章は理解しづらいようです。「、」はあまり使わないようにしましょう。目安としては、一文につき2回位に留めておきましょう。