新入社員の仕事が遅い原因とその対処法について

新入社員の頃はとにかく仕事に慣れることに必死です。
覚えることも多いため仕事が遅くなってしまいがちですが、それでも仕事が早い新入社員もいれば、仕事が遅い新入社員もいるわけです。

新入社員の仕事が遅い原因とは?仕事のスピードを上げるには?仕事が遅い新入社員への指導方法は?

先輩社員としてできることはあります!諦めずに頑張りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サービス残業は当たり前?公務員の残業について

公務員は定時で帰ることができるというイメージが強いですが、実はそんなことはないようです。サー...

仕事が遅い新人にイライラ…教える側の技量も問われます

仕事が遅い新人に対して、イライラしてしまうことがありますよね・・・。つい怒ってしまいたくなる...

単位を落とした大学生がショックを受ける前にまず考えたいこと

大学の単位を落としたら当然ショックを受けますよね。でも。ショックを受けて落ち込んでいる場合じゃない!...

大学がつらい女子がぼっち改善する方法とひとりを楽しむコツ

大学に行くのがつらいというぼっち女子はいませんか?では、そんなぼっち女子は大学に居るとき、ど...

事務職に必要な資格とは?パソコンや簿記などの資格を取ろう

事務職ではどのような資格が必要なのでしょうか?パソコンの資格でも、かなりの種類がありますよね。...

職場の服装が厳しいのは何故?オシャレをしたいと考えるあなたへ

職場の服装の規定が厳しいと、なかなかオシャレも出来ずに自分が好きなファッションもすることが出来ません...

卓球のドライブの練習方法や卓球で安定したドライブを打つ方法

卓球のドライブを打てるようになるにはどんな練習をしたらいいのでしょうか?なかなかドライブが安...

職場でうるさい人を注意する方法は?人間関係を壊さずに注意を

自分が働いてる職場に何かと騒がしい・うるさい人っていますよね。あまりにもうるさすぎると、仕事に支障が...

バレークイックのタイミングは?トスとアタックの合せ方

バレーのクイックは、トスとアタックの絶妙なタイミングが生まれる攻撃の一つです。クイックする時...

硬式テニスのサーブの打ち方とは?初心者が入らない理由とは

硬式テニスのサーブがなかなか入らないのはどうしてなのでしょうか?初心者の場合はこんなことに注意してサ...

柔道着の洗濯について。帯を洗濯するとどうなるのかを解説します

柔道着や帯の洗濯について紹介します。 まず帯は洗濯すると縮む、柔らかくなる、ほどけやすくなる...

育成ドラフトとは?育成選手が受ける制約や問題点、選手の本音

育成ドラフトとはどんな制度なのか、あなたは知っていますか?通常のドラフトで指名されるのとは違...

ハンドボール上達への道。練習を家でも出来るメニューがあります

ハンドボールの練習で家でも出来るメニューを紹介します。ハンドボールはシュートの時のジャンプが...

少年サッカーのコーチが特定の子供をひいきする事があるかを調査

子供に少年サッカーをやらせてる親の中には、コーチが特定の子供だけをひいきしているように感じている保護...

飲み屋の経営を女1人で切り盛りする秘訣と成功ポイント

女1人で飲み屋の経営を始めようと思っても、実際に本当にそれが可能なのか、やっていけるのかと不安になる...

スポンサーリンク

新入社員はなぜ仕事が遅いのか、その原因とは?

仕事が遅い新入社員についイライラしてしまうこともあるでしょう。そもそも、どうして新入社員は仕事が遅いのか?一度整理してみましょう。

まず考えられるのが、仕事の全体像が見えていないということです。目の前の仕事でいっぱいいっぱいになってしまっていて、必要な時に必要が仕事が終わっていないという事態に陥ってしまうことがあるのです。

新入社員であれば、まだ全体像が見えないというのも仕方のないことかもしれません。教える側も、全体像を意識させて仕事をするべきだと言えるでしょう。

また、仕事を後回しにするのが癖になっているような人も、結局期限までに仕事が終わらずに「仕事が遅い」と言われてしまうことがあります。

例えば学生時代の夏休みの宿題。夏休み開始早々に取り組んですぐに終わらせる人もいれば、後回しにして結局新学期に終わっていない…なんて人もいましたよね?あれと同じです。先生からするとこんなに時間があったのに何故?と思うのと同じように、仕事においてもどうして終わってないんだ?と不思議な気持ちになりますよね。

後回しにすることで無駄な時間も過ごしてしまっているから、終わらないのです。

仕事が遅い新入社員の仕事スピードを上げるには?

仕事が遅い新入社員のスピードを上げたければ、教える側も的確な指示をすることが重要になってきます。

新入社員自身がやるべきことをきちんとわかっていないと、余計な業務をしてしまったり、時には間違ったことをしているケースもあります。「これで合っているのかな…?」なんて不安を抱えながら進めることで、仕事のスピードも遅くなってしまうのです。

その為、きちんと指示をすることはもちろんのこと、わからないことがあればすぐに聞くように指導しておくことも重要なのです。その為には、普段からよくコミュニケーションをとって聞きやすい雰囲気を出すというのも意外に大切なポイントとなったりします。

また、完成して提出となる前に、仕事が7割ほど進んだ状態で進捗を確認するというのも一つの方法です。そうすることで、途中で間違いに気付いた場合には修正することが可能ですし、より良いものに近づけるためにはどうしたら良いのかのアドバイスもすることが出来ます。

新入社員の仕事スピードを上げるには、ある程度は教える側の手助けも大切だということです。

仕事が遅い新入社員への指導方法は?

仕事が遅い新入社員がいると、ついイライラしてしまうものです。しかし「もっとスピードを上げろ!」といくら言ったって、スピードが上がるわけでもありません。スピードを上げたいと思っているのは、新入社員も同じです。でも、どうしたらスピードが上がるかがわからないから困っているのです。

その為、新入社員にもっと仕事が早くなって欲しいのであれば、上司が具体的な改善策を提案してあげてください。新入社員の仕事を見るなり本人の話を聞くなりすることで、仕事が遅い原因が見えてくるでしょう。そこを具体的に指摘して、どうしたら早く出来るのかを教えてあげるのです。

もちろん経験や慣れというものもあるかと思いますが、コツといったようなものも沢山思います。それらを惜しみなく教えてあげてください。

ここで「自分で考えろ!」と突き放しても、新入社員にはそれを考える力が無いのです。自分の当たり前を新入社員に押し付けるようなことだけは、絶対にやめましょう。

焦らずにゆっくりと指導することで、部下も成長してくれることでしょう。

新入社員に仕事を教える際にやってはいけないこととは?

新入社員に仕事を教える際、どうしても単純作業からやらせてしまう会社も多いでしょう。しかし、希望を抱いて入社した会社で単純作業ばかりやらされると、新入社員でもつまらない…と感じてきてしまうものです。その前にきちんと、会社の歴史だったり理念など大事なことを教えてあげましょう。もし単純作業をやらせるという場合でも、その業務の全体像を教えてあげるなりしてくださいね。

また、昔は「仕事は見て覚えろ」というのが一般的だったかもしれませんが、今の時代は「何度も繰り返し教える」という風潮になってきてします。自分達の時代は違ったのに…なんて思ってしまうかもしれませんが、それでも根気よく教えてあげてください。

そのうち、新入社員自ら動けるようになったり、自分で考えていったりするはずです。

そして、教育係にはベテラン社員よりも比較的新入社員と年齢が近い人を就けるようにしてください。とうのも現代の若者というのは、あまり上下関係に揉まれることもなくここまできてします。その為、ベテラン社員とはどのようにコミュニケーションを取ったら良いのかもわからない人が多いのです。

色々と大変だと感じるかもしれませんが、新入社員に辞めずに長く働いてもらいたいのであれば、最初か肝心だったりするのです。

新入社員が早く仕事に慣れるために先輩社員としてしげあげられること

新入社員は、誰しも最初は緊張しているものです。慣れない仕事、人間関係…色々なことに不安を抱えていたりします。

そんな時、先輩社員はランチに誘うなどして、プライベートな話をする機会を設けてあげると良いでしょう。新入社員も歓迎されている気分になりますし、仕事以外の話をすることでリラックス出来ます。新入社員の率直な意見を聞く、良い機会にもなりますよ。

また、あなた自身も新入社員の人となりを見ることで、どんな業務が向いているかや、一緒にどのような働き方をするのがベストなのかなどを見抜くことが出来るでしょう。

あとは、新入社員には「困ったことがあればなんでも言って」と声をかけたり、実際に困っているところを助けたりするなどして、頼れる存在であることを伝えましょう。

どうしても新入社員は遠慮してしまいがちですが、お互いにスムーズに仕事をする為にはそういったそういった存在は大切なのです。