暮らしに新しいをプラス

ふじや流プラス

大学が不安で眠れない場合の対処法!考え方を変えることも大切

      2018/10/25

大学が不安で眠れない場合の対処法!考え方を変えることも大切

大変だった大学受験が終わって無事合格したものの、今度は大学での生活が不安で眠れないという人も多いのではないでしょうか?

専門性が高まる勉強に対する不安、そして就職に対する不安、大学生には不安がつきものと言ってもよいかもしれません。しかし、その不安によって眠れない場合は考え方を変えるようにしてみませんか?

これで解決!大学が不安で眠れない人のための対処法を教えます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

大学の勉強が不安で眠れない…実際かなり難しいの?

理系大学の不安

大学の勉強が不安で眠れないという人もいるのではないでしょうか?ここでは、理系についての話をさせていただきます。

大学の勉強は、今までの延長線のものと新しい科目という物があります。この新しい科目で不安になる人も多いのではないかと思います。

そんな時は、友達と協力してみてはいかがでしょうか?
図書館でみんなで勉強したりするのです。1人で不安なっていないで友達に助けてもらうという事も必要です!
ここで、人間関係を築くという事もできます。

勉強が不安で眠れないという人はあなただけではないはずです。友達と協力してみませんか?

また、新しい科目ではなく、延長線科目で不安になっているのなら、基本的な事を復習しましょう。
基本がわからなければ、難しいのも当然ですよ!

大学生の就職への不安…眠れない場合は考え方を変えてみよう

不安で眠れない時

そんな時は、考え方を変えてみませんか?

その就職は誰の為なのでしょうか?当然あなた自身のためですよね?なので、ライバルとの争いで勝つためではないはずです。

それなのに、何度も試験や面接で落ちてしまうと、就職の目標が変わってきてしまう事がありませんか?
目標は、自分が好きで適した企業に内定することだったのに、とにかくどこでもいいから内定する事というのが目標になってしまうのです。
そうなってしまうと、焦りも出てしまうので、それが面接官にも伝わりますます内定が遠のいてしまうでしょう。

就職は、自分自身の為ですよ!
どんな業界でどんな職種がやりたいのか。ちゃんと、考えを固めてから就職に挑むようにしてください!

大学のことを考えると不安で眠れないなら、まずはその不安を整理しよう

不安を整理、原因を考えてみる

そもそもどうして人は不安になるのでしょうか?不安になってしまう原因とはどんな事なのでしょうか?

それは自分に自信がないという事ではありません。
「わからない」「備えていない」という事が不安の原因なのです。

ちょっとわかりやすく、お金に例えます。お金の不安って誰でも持っていませんか?
お金って、いくら必要になるかわからないし、収入もいつ減ってしまうとかわかりませんよね?

不安の解消法

それは、専門家に相談したり、貯金する事でしょう。このように情報を集めて備えますよね?

不安があるのなら、その不安を整理してみてください。
整理するとは、どうして不安なのかという事を自分に問いかけるのです。

そして、わからない事、備えてない事がなにかという事を整理し、少しでも不安を解消しましょう!

大学生に多いストレスは「友達付き合い」、その解消法は?

大学生に多いストレス

勉強についても就職ついてもストレスを感じる事もありますが、友達付き合いに関してもストレスに感じる事があるでしょう。

大学は、中学や高校のように、同じ教室で同じメンバーで授業を受けるという事がありません。
なので、友達を作るキッカケも少なくなってしまうでしょう。

友達を作りたいと思ったのなら、待っているだけではなく、自分から話しかけるようにしましょうね!
とは言っても、頑張って友達を作ったとしても、その友達付き合いに疲れてしまう場合もあります。

そんな時のストレス解消法は、友達付き合いは強制ではないという事に気づく事です!
社会人ではないので、まだ自由でいいでもいいのではないでしょうか?
また、高校時代の友達と会っておしゃべりするのもストレス解消になるでしょう。きっと同じ悩みを持っているという人も多いのではないかと思います。
久しぶりに高校時代の友達に連絡してみませんか?

不安で眠れない時は、周りの環境を見直してみよう!

眠れない時は環境の見直しをする

眠るのに好ましい環境を整えてみましょう!

まずは、睡眠を妨害するような騒音がある環境の場合、耳栓などで対策しましょう。

そして、照明はどうですか?暗いのがニガテだからと明るいまま寝ていませんか?明るいままだと、脳が興奮して眠る事が難しくなってしまいますよ。

また、体が温まると眠くなってくるので、入浴も効果的ですよ。
足が冷えてなかなか寝付けないという人もいますよね。そんな時は、湯たんぽを利用してみてはいかがですか?
電気毛布っもあったかいです。

最後になりますが、眠りには枕とベッドの硬さも大事です。
あなたに枕の高さはあっているでしょうか?ベッドの硬さはどうでしょうか?
枕を変えるとよく眠れるようになったなんて人もいますよ!

色々不安があって眠れないという人は、このように環境を見直してみてください。

 - 仕事の悩みにアイデアを

ページ
上部へ