店長を辞めたい…正社員でも辞めたいと思う時

正社員で働いていて店長を任されている立場なのに、仕事を辞めたい!と悩んでいる人もいることでしょう。

そこにはこんな現状が見えました。

店長の責任やプレッシャーにはどんなことがあるのでしょう?
体験談を紹介します。

「店長」や「料理長」など上の立場にいる人の退職は早めに伝えるべき?その理由とは?
店長を辞めたい、正社員を辞めたいと思っている人は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水泳の自由形のコツは息継ぎの仕方とタイミングが重要なポイント

水泳って泳げるようになるまでは恐怖心があります。水中で空気がないことってこんなにも不安になること...

職場で告白して振られたときの対処法や成功するためのコツ

職場の好きな彼女に告白して振られたときは、やはりその後職場顔を合わせるのが気まずくなりますよね。...

自衛官の定年後の就職先は?定年が早い自衛官の再就職について

自衛官は公務員ですが、一般の公務員よりも定年の年齢が早いです。このため、定年を迎えた年齢でも再就職を...

美容師国家試験の筆記試験の内容や合格基準、勉強方法とは

美容師になるには美容師国家試験を受験する資格を得たうえで、筆記試験と実技試験を受けて合格しなくてはな...

ワイシャツのインナーは何を着る?女性にオススメな色やポイント

女性が白いワイシャツを着るときに下着が透けるという問題がありますが、透けないインナーってどんな物を選...

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。短距離走を速く走る...

レジのバイトでやってしまったこんなミス!対処法も紹介

色々なバイトがありますが、中にはレジを任されることもあるでしょう。レジではもちろん現金を扱い...

単位を落とした大学生がショックを受ける前にまず考えたいこと

大学の単位を落としたら当然ショックを受けますよね。でも。ショックを受けて落ち込んでいる場合じゃない!...

走り高跳び【女子中学生編】記録を伸ばすコツや練習のポイント

走り高跳びをやっている女子中学生には、思うように記録を伸ばせず悩む人もいるでしょう。走り幅跳...

アメリカの医師免許は難易度が高い?高得点を狙って勉強しよう

アメリカの医師免許を取得したいと考えた場合、日本の医師国家試験よりも難易度が高いのかどうなのか気にな...

裁判所事務官の面接試験は難関?その内容と合格ポイントとは

裁判所事務官の2次試験である面接。面接カードに書かれている内容について質問されることになっているよう...

保育園、年長さんの担任になった時にするべきこととは

保育園の年長さんの担任になりました!年長さんの担任は、忙しい、難しい、大変!でも、卒園式...

公務員の面接対策とは地元以外を受けるときの準備や心構え

地元以外の公務員面接を受けるときに必ず聞かれる質問。いったい、どのように答えたらいいのでしょうか?...

GW明けの仕事で朝礼スピーチをするならネタ選びや準備のコツ

GW明けの仕事というのは憂鬱になりがちですが、さらに連休明けに朝礼当番が当たってしまったときはせっか...

クロールの息継ぎの教え方とは?まずはプールサイドで練習しよう

クロールの息継ぎを子供に教えるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?子供にわかりやす...

スポンサーリンク

正社員だけれど、店長を辞めたいと思う時とは?

店長は他のアルバイトの人たちとは違って正社員のことが多いです。しかし正社員だからこそ店長だからこその責任も、他のアルバイトの人たちより大きいのも事実です。

売上げを上げてノルマを達成しなければならないという使命感や、アルバイトから信頼を得なければ成らないという責任に押しつぶされてはいませんか?
また、アルバイトだけではなく、お店に来ていただいたお客様からも支持されなくては良い店長とはいえません。お店の評判にもつながります。

店長という立場を本社から言い渡され就任したときには、うれしくて胸を踊らせた気持ちの反面で、真面目であればこそ責任で不安でいっぱいになったことでしょう。

それも、そのはず。店長の采配で色々なことが左右され変わってきます。
店長はお店に起った全てことに対しての責任を取るものであるという強い責任感は、やがて、全ての仕事を自分に投げられている感じに変わっていき、そのせいで店長を辞めたいと思うこともあるかも知れません。

店長を辞めたい正社員は早めの準備を!

店長を辞めると自身が決めても、代わりがいなければ、辞めることはできません。

万が一その会社を辞めると決めた際には、辞める意志上司に伝える前に、会社の就業規則などをもう一度確認する必要があります。
法律的には2週間前は退職の以降を伝えるのが可能であったとしても、会社の就業規則には1ヶ月以上前と記載されていることも多く1ヶ月というのが大きな目安となります。

また辞める際には、自分の後任の店長がいるかどうかも重要です。店長は責任のあるアルバイトをまとめる立場でもあるため、後任を見つけるのに会社側としても時間がかかる場合があります。また引継ぎも必要となります。

そのため1ヶ月以上前に意志を伝えることで、会社としても代わりの人をを見つけたり、採用したりする準備がしやすくなります。見つけても引継ぎ等があるため、1ヶ月で退職できるとは限りません。2ヶ月以上かかることもあるので、決めたのであれば早めに意志を伝えることが大切となります。

後任がいるような場合や、店長を引き継げそうな同僚や後輩がいることもあるかも知れません。その場合には、上司と相談してできるだけ多くの店長業務を引き継いでいくのが良いでしょう。

独立する場合には、会社が快く退職認めて送り出してもらえるように、決まり早期に退職の意志を表明することで、円滑に退職しさらに応援してくれることにもつながります。

正社員でも店長を辞めたいと思うこんな環境

店長は管理職であるため、残業はつかないことがあります。それなのにもかかわらず業務内容は、アルバイトや他の店員以上にこなさなければなりません。

残業がつかないことで、アルバイト時代よりも給与が落ちるということも考えられます。もちろん、店長になると管理職の手当てなどがつきます。その代わりに、休日出勤の手当てや残業代が支払われなくなるのも事実です。

管理職は、人件費を節約することが目的で設定されていることもあるため業務内容の割には、実際の給与が低いかもしれません。

また店長は、お店の営業中には店舗にいる事が多く、長く店内で働いています。事前の準備などもあるため、早く出勤して遅くまでいることもしばしばです。

本部や上司、オーナからの連絡なども店長宛に来ます。売上げに対して、もっと上げるようにプレッシャーをかけられることもあります。

名前ばかりの管理職だと感じることもあるかもしれません。こんな環境化の中では、つい辞めたくなってしまうこともあるのが本音といえるでしょう。

飲食業を辞めたいと思ったら

飲食業の店長を辞めたいと思う理由には色々あると思います。飲食業は、閉店から開店までの時間が長い事が多いため、途中休憩などがあったとしても、店内にいる時間が長く、労働時間が長すぎるように感じられてしまうこともあるでしょう。

また、立ち仕事や接客業では、将来的に続けていけないと感じる方もいるかもしれません。いつか、将来的に続けていけるようなシステムができるのではないか、本社内で仕事ができるのではないかと期待して続けている方もいることでしょう。

しかし、店舗には必ず店長が必要であり、なかなか自分の思ったようにうまくいくものでもありません。

飲食業でしか働いたことがない場合は、今の会社を辞めて、再度職を探したとしても飲食業以外ではなかなか採用されづらい可能性があります。年齢的にも、転職できないのではないかと考えてしまうこともあるでしょう。

もし、辞めたいと思った場合には、すぐに行動に移す準備をするのが無難でしょう。

正社員を辞めたい理由はなに?

正社員の仕事をやめたいと思う一番の理由として、よく上げられるのが、職場の人間関係です。

嫌がらせをする人や、馬が合わない人がいる職場での仕事は楽しくない上に、働きたくないと思ってしまいます。周りにどのような人がいるのかは、今の仕事に満足しているのかどうかにとても影響してきます。

また、みんなが出世したいと思うようなライバル意識の高すぎる職場では、出世争いのトラブルに巻き込まれて、働く環境が悪くなってしまうこともあります。マイペースの人なら、なおさら感じることでしょう。
人の顔色を伺いながら、仕事をこなしていくのはストレスになります。

正社員は、契約社員やアルバイト以上に責任があるため、その責任に耐えられてなくなって辞めたいと思うこともあるかも知れません。重要な仕事は任されると嬉しい半面、それをプレッシャーを辛いと思う人もいるのが事実です。