店長を辞めたい…正社員でも辞めたいと思う時

正社員で働いていて店長を任されている立場なのに、仕事を辞めたい!と悩んでいる人もいることでしょう。

そこにはこんな現状が見えました。

店長の責任やプレッシャーにはどんなことがあるのでしょう?
体験談を紹介します。

「店長」や「料理長」など上の立場にいる人の退職は早めに伝えるべき?その理由とは?
店長を辞めたい、正社員を辞めたいと思っている人は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

少年サッカーのコーチが特定の子供をひいきする事があるかを調査

子供に少年サッカーをやらせてる親の中には、コーチが特定の子供だけをひいきしているように感じている保護...

卓球でカットマンと試合をするときの攻略方法や戦い方とは

カットを使い、ボールに下回転をかけて相手のミスを待つ戦い方のカットマン。カットマンと戦うことが苦手な...

イケメンで仕事ができる人には理由がある!性格や行動がポイント

どこの会社にも一人や二人はイケメンがいるでしょう。そんなイケメンは顔がいいいだけじゃなく、仕...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

職場にイケメンがいたら癒しになるという女性のホンネ

職場にイケメンはいますか?また職場にイケメンは必要だと思いますか?職場にイケメンがいたら、「...

剣道上達のために鍛える筋肉は腕だけではないことを解説します

剣道で竹刀を力強く振るために、腕の筋肉を鍛えることが大切だと考えている人も多いでしょう。しか...

会社でお土産を配る時に注意したいことやタイミングを紹介!

有給を貰って旅行に行った、遠出をしたのでめずらしいお土産を見つけたという機会があると会社にお土産を用...

転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっ...

柔道寝技のコツとは?力をかけるポイントや練習ポイントを解説

柔道技のひとつ「寝技」ですが、寝技は練習をすればするほど上達すると言われており、柔道初心者こそ寝技練...

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか?...

転勤したら住民票は独身でも移すべき義務と手続き方法

独身の社会人が転勤して住む場所が変わったときは、住民票を移すのは義務だということをご存知でしょうか?...

職場でうるさい人を注意する方法は?人間関係を壊さずに注意を

自分が働いてる職場に何かと騒がしい・うるさい人っていますよね。あまりにもうるさすぎると、仕事に支障が...

居酒屋で女子がバイトするのは大変?メリットとデメリット

バイト先を考える時に、効率良く働けるバイト先として居酒屋を考える人も多いと思います。一般的な時給...

水泳の自由形のコツは息継ぎの仕方とタイミングが重要なポイント

水泳って泳げるようになるまでは恐怖心があります。水中で空気がないことってこんなにも不安になること...

配達の仕事は以外と楽だったという実際の声と、気になる内容とは

楽な仕事とはどんな仕事だと思いますか?人との関りがない・ノルマや残業がない・責任がない事など色々...

スポンサーリンク

正社員だけれど、店長を辞めたいと思う時とは?

店長は他のアルバイトの人たちとは違って正社員のことが多いです。しかし正社員だからこそ店長だからこその責任も、他のアルバイトの人たちより大きいのも事実です。

売上げを上げてノルマを達成しなければならないという使命感や、アルバイトから信頼を得なければ成らないという責任に押しつぶされてはいませんか?
また、アルバイトだけではなく、お店に来ていただいたお客様からも支持されなくては良い店長とはいえません。お店の評判にもつながります。

店長という立場を本社から言い渡され就任したときには、うれしくて胸を踊らせた気持ちの反面で、真面目であればこそ責任で不安でいっぱいになったことでしょう。

それも、そのはず。店長の采配で色々なことが左右され変わってきます。
店長はお店に起った全てことに対しての責任を取るものであるという強い責任感は、やがて、全ての仕事を自分に投げられている感じに変わっていき、そのせいで店長を辞めたいと思うこともあるかも知れません。

店長を辞めたい正社員は早めの準備を!

店長を辞めると自身が決めても、代わりがいなければ、辞めることはできません。

万が一その会社を辞めると決めた際には、辞める意志上司に伝える前に、会社の就業規則などをもう一度確認する必要があります。
法律的には2週間前は退職の以降を伝えるのが可能であったとしても、会社の就業規則には1ヶ月以上前と記載されていることも多く1ヶ月というのが大きな目安となります。

また辞める際には、自分の後任の店長がいるかどうかも重要です。店長は責任のあるアルバイトをまとめる立場でもあるため、後任を見つけるのに会社側としても時間がかかる場合があります。また引継ぎも必要となります。

そのため1ヶ月以上前に意志を伝えることで、会社としても代わりの人をを見つけたり、採用したりする準備がしやすくなります。見つけても引継ぎ等があるため、1ヶ月で退職できるとは限りません。2ヶ月以上かかることもあるので、決めたのであれば早めに意志を伝えることが大切となります。

後任がいるような場合や、店長を引き継げそうな同僚や後輩がいることもあるかも知れません。その場合には、上司と相談してできるだけ多くの店長業務を引き継いでいくのが良いでしょう。

独立する場合には、会社が快く退職認めて送り出してもらえるように、決まり早期に退職の意志を表明することで、円滑に退職しさらに応援してくれることにもつながります。

正社員でも店長を辞めたいと思うこんな環境

店長は管理職であるため、残業はつかないことがあります。それなのにもかかわらず業務内容は、アルバイトや他の店員以上にこなさなければなりません。

残業がつかないことで、アルバイト時代よりも給与が落ちるということも考えられます。もちろん、店長になると管理職の手当てなどがつきます。その代わりに、休日出勤の手当てや残業代が支払われなくなるのも事実です。

管理職は、人件費を節約することが目的で設定されていることもあるため業務内容の割には、実際の給与が低いかもしれません。

また店長は、お店の営業中には店舗にいる事が多く、長く店内で働いています。事前の準備などもあるため、早く出勤して遅くまでいることもしばしばです。

本部や上司、オーナからの連絡なども店長宛に来ます。売上げに対して、もっと上げるようにプレッシャーをかけられることもあります。

名前ばかりの管理職だと感じることもあるかもしれません。こんな環境化の中では、つい辞めたくなってしまうこともあるのが本音といえるでしょう。

飲食業を辞めたいと思ったら

飲食業の店長を辞めたいと思う理由には色々あると思います。飲食業は、閉店から開店までの時間が長い事が多いため、途中休憩などがあったとしても、店内にいる時間が長く、労働時間が長すぎるように感じられてしまうこともあるでしょう。

また、立ち仕事や接客業では、将来的に続けていけないと感じる方もいるかもしれません。いつか、将来的に続けていけるようなシステムができるのではないか、本社内で仕事ができるのではないかと期待して続けている方もいることでしょう。

しかし、店舗には必ず店長が必要であり、なかなか自分の思ったようにうまくいくものでもありません。

飲食業でしか働いたことがない場合は、今の会社を辞めて、再度職を探したとしても飲食業以外ではなかなか採用されづらい可能性があります。年齢的にも、転職できないのではないかと考えてしまうこともあるでしょう。

もし、辞めたいと思った場合には、すぐに行動に移す準備をするのが無難でしょう。

正社員を辞めたい理由はなに?

正社員の仕事をやめたいと思う一番の理由として、よく上げられるのが、職場の人間関係です。

嫌がらせをする人や、馬が合わない人がいる職場での仕事は楽しくない上に、働きたくないと思ってしまいます。周りにどのような人がいるのかは、今の仕事に満足しているのかどうかにとても影響してきます。

また、みんなが出世したいと思うようなライバル意識の高すぎる職場では、出世争いのトラブルに巻き込まれて、働く環境が悪くなってしまうこともあります。マイペースの人なら、なおさら感じることでしょう。
人の顔色を伺いながら、仕事をこなしていくのはストレスになります。

正社員は、契約社員やアルバイト以上に責任があるため、その責任に耐えられてなくなって辞めたいと思うこともあるかも知れません。重要な仕事は任されると嬉しい半面、それをプレッシャーを辛いと思う人もいるのが事実です。