転勤が多いといわれている職業と転勤が多い理由

世の中には様々な職業がありますが、転勤が多いといわれている職業はあります。

調べてみたところ、銀行や商社、メーカー、自衛隊やシステムエンジニアなども比較的転勤が多いことがわかりました。

また、転勤が頻繫に行われる理由もあることがわかりました。

転勤が多いことでのメリット、デメリットもあわせてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

朝はメールを何時から送ってもいい?ビジネスマナーの常識

メールだから朝に送っても問題はない?仕事の相手先にメールを送る場合は何時からならOKなのでしょうか?...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。 でも、何級か...

ソフトテニスのフットワークが上がる練習方法を紹介。姿勢も大事

ソフトテニスはフットワークが重要なスポーツでもあります。 足が遅いからと諦めないで、フットワークの...

私立と公立の教師の違いって?採用試験や待遇面での違いとは

教師といっても、私立と公立とでは採用試験や級両面、待遇や働き方まで違いがあります。 では、私立...

テニスのポイントはなぜ0ではなくラブなのかその謎を解明します

全米オープンなどテニスの4大大会の試合をテレビで見ていると、ポイントが0ではなくラブと呼ばれていたり...

日本は休みが少ないはウソ?残業しないで帰る方法とは

日本は休みが少ないと感じるのはナゼ?外国と比べると日本はお休みが多いほうなんです。 しかし、ど...

休職と退職の違いとは?それぞれの特徴を確認しよう

退職を考えているときには、休職をしてから退職をしたほうがいいのでしょうか? それともすぐに退職をした...

雪でバスが止まると、会社を休む!?遅刻した場合についても紹介

雪が降ってバスも止まると、会社を休んでもいいのでしょうか? 公共交通機関がとまってしまうと、通勤が...

バレーボールの練習メニュー【中学生編】上達する方法とは

バレーボールは効果的な練習メニューを中学生から行うことで上達させることができます。 まずは基礎...

サッカー初心者のサッカー上達のコツ!取り入れたい練習を解説

サッカーをはじめたばかりのサッカー初心者の人は、どうすればサッカーが上達するのか、コツを知りたいと思...

育児休暇中に退職すると決めたら、報告は早めにしよう!

出産する前は職場復帰を考えていたものの、育児休暇中にやっぱり仕事を辞めようと考える人もいるのではない...

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか? ...

腕立て伏せで鍛えられる筋肉の部位はやり方によって変わります

筋トレってジムに行かなくても自宅でも簡単にできるのが嬉しいですよね。 自分の体を鏡でみて、知らない...

上司への報告はどこまで?その基準と方法について説明します

昔であれば、仕事で何か問題があるたび上司へ報告したものですが、今はどこまで報告すればいいのか悩む若手...

イラストバイトなら完全在宅でもできる仕事!

仕事をして収入を得たいけど、できれば在宅で仕事がしたい・・・そんな方におすすめしたいのが在宅で出来る...

スポンサーリンク

転勤が多いのはどんな職業?

最も転勤が多いといわれている職業を3つ紹介します。

商社
若い世代の20から30代に転勤が多く、40代以降は転勤が減るといわれています。
海外転勤を狙って就職する人は、海外でも発展途上国や国内の転勤も十分にありえますのでご注意ください。
また、海外転勤があるところは会社で英語研修もあるところもありますので、有利ですね。
多いと1年に2回に転勤も考えられます。

メーカー
製造工場を海外につくる会社が多く、そのため海外転勤も比較的多いです。
長期滞在もあれば短期滞在も多いのがメーカーの特徴です。
海外転勤が終れば、日本に戻ってきて役職について落ち着くのでメーカーの就職率の競争率はけっこう高いのです。

銀行
銀行マンは転勤がかなり多い傾向にあります。
その理由は、同じ地域に何年もいるとお客様との関係が深まり、正確な判断があいまいになってしまうのを防止するため、また同じ所にいると金銭面の悪質な行為をしやすくなてしまうことがありますので、不正を防止するためです。

自衛隊やシステムエンジニアも転勤が多い!その職業の理由とは?

前述した3つの職業以外にも転勤が多い職業は他にもあります。

システムエンジニア

システムエンジニアの転勤は仕事内容によっては転勤が少ない事やない可能性もあり、仕事の内容で変動がでてきます。
長期計画の場合は顧客の変動があまりないため、転勤は少なくなり、短期計画による場合は関係するシステム上、転勤の可能性が高くなる傾向にあります。

自衛官

自ら転勤希望をする人、会社からの指令で転勤する人、転勤の状況や理由は様々ですが、国を守る自衛官に関しての転勤は使命のようなものです。
全国各地に基地があるので、どこに転勤かその時になってみないとわからず、色んな国へ支援に行くように、慣れない環境にもすぐに対応できる能力を身につけなければいけません。メーカーではある程度の年になると役職について転勤はなくなると述べましたが、自衛官は幹部クラスになっても転勤はありえるのです。
多い人では16回転勤を経験した人もいるそうです。

転勤が多い職業は確かにあるが、実際に転勤するかどうかは人による

会社に支店や支社がある場合には、いずれにしても転勤の可能性はあるといえます。
転勤命令は、1ヶ月前に知らされる場合や1週間前に知らされる場合、そのタイミングは会社によって様々です。

支店や支社が多くても、人によって、転勤を1回も経験したことない人や、数回経験する人もいてバラつきがあります。
また、「転勤はない」という職業でも会社の状況によっては転勤の可能性も伴ってくる場合もあります。
会社がいきなり国内や海外に支店を作るなどした場合です。
そして、支店や支社ではなく本社に就職をしたからといって転勤の可能性が全くないとは限りません。

一般的に女性がつく一般職に就職した場合には転勤の可能性は極めて低く、総合職につくのであれば、転勤の可能性を頭にいれておくとよいでしょう。

転勤をしたくないという人は、考えて就職先を選ぶしか方法はありません。

転勤が多いデメリットは?

人間関係
誰も知り合いがいない新たな土地や会社でせっかく人間関係を築いたのに、それが途切れてしまいます。
そしてまた、新たな土地で新たな人間関係を作らなければいけなく、それを繰り返すとだんだんと「面倒くさいし、誰と関わらなくてもいいや」などと思うようになる可能性があります。
そうすると、孤独を感じやすくなります。
また、せっかく良い人間関係の場所にいても、新たな土地での人間関係は最悪という場合も否めません。

家族や恋人
家族がいる場合は一緒に住むことが難しくなります。
子供が小さいうちは転勤するたびに一緒についていくこともありますが、小学校の高学年や中学生、ある程度の年齢になると、単身赴任という形になる場合が多いです。
家族や恋人、いずれも一緒にいる時間はあまり取れなくなり、1度溝が入れば関係を修復するのが難しく破局してしまう可能性もでてきます。

デメリットだけじゃない!転勤が多いメリット

前述ではデメリットを紹介しましたが、考え方次第ではメリットもあるんですよ。
参考にしてください。

人間関係
前の職場であまり良い人間関係を築けなかった場合は、転勤が決まれば、離れられます。「短い期間」と割り切って付き合う事ができますよね。
新たな職場での人間関係に期待を持ちましょう。

このように、考え方次第ではメリットにもなりデメリットにもなります。
免れられない転勤だったらポジティブに考えた方が気持ちも楽ですよ。

気分転換
同じ職場や人たちと問題はなにもないけれど、刺激がない毎日を過ごしている方いませんか。
こんな気持ちの人は転勤を「良い機会」として捉えましょう。
新しいことをすることで、気分もリフレッシュし、新たな発見があるかもしれませんね。

知り合いが増える
各地に知り合いが増え交流ができます。
そこでパートナーが見つかったり、友達が増えることで視野が広がり楽しい人生を送れるかもしれませんね。