大学生の読書感想文の書き方のコツや高評価を得るポイントとは

大学生になっても読書感想文をレポートで提出しなければならないときがあります。

では、大学生の読書感想文の書き方とはどうしたらいいのでしょうか?そのコツは?

また、大学生のレポートでの読書感想文で高評価を得るためにはどうしたらいいのでしょうか?大学が求めているものとは?

そこで、大学生の読書感想文の書き方のコツや高評価を得るポイントなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

走り高跳びをベリーロールで飛ぶための練習法とコツを教えます

体育の時間に行う走り高跳びで、ベリーロールで飛ぶことって難しいですよね。どうしても正面から飛ぶことが...

学校の用務員の仕事内容とは?なるには?求められるもの

学校の用務員の仕事というと、学校の庭の草刈りや清掃といった仕事が目立ちますが、主にどんな仕事内容にな...

ボールの投げ方の教え方で気をつけたいコツや握り方と注意点とは

ボールの投げ方がわからない、うまくボールを投げることができない子供に対しての教え方とはどんなことに気...

少人数の職場では急に休めないない実態がある!そのワケと対策

少人数の職場だと、体調が悪かったり急用が出来てもなかなか休めないという場合がありますね。人手...

バタフライを速く泳ぐための筋トレ方法と水泳のコツを教えます

水泳の四泳法の中でも、バタフライは背中の筋肉を一番使っていると思いますよね。では、その背筋を...

駅員の仕事は楽?決して楽とは言えない駅員の仕事の実態とは

毎日見かける駅員さん。なんだか仕事が楽そうでいいなと思っていませんか?一見楽そうに見える駅員...

No Image

陸上200mの効果的な練習方法!これでタイムを縮めよう

陸上200mは短距離に入りますが、100mとも違います。コーナーがあるため、コーナーリングの練習も必...

レセプションとは!バレーにおける意味やその役割について解説

テレビでバレーの試合を見ていると、解説者が「レセプション」という言葉を使っていますよね。「レ...

アイドルの衣装をデザインする仕事をするために進むべき道とは

テレビで見かけるアイドルの衣装ってかわいいですよね。そんな衣装を見ていると「自分がデザインした衣装を...

面接での印象がUPする!自然な笑顔の作り方と練習のポイント

面接では笑顔が好印象に!?でも無理に笑顔を作ろうとしても、緊張も手伝って不自然な感じになってしまいま...

野球のツーシームの基本的な握り方や投げ方について解説します

日本のプロ野球やメジャーにはツーシームが得意な選手がいますが、自分が投げたいと思ってもどうやって投げ...

電話が鳴るのが怖い!緊張や苦手に感じる仕事の電話対応克服法!

仕事で電話がかかってくるのは緊張してしまい苦手に感じる事が多いと思います。私も事務の仕事をしてい...

Fランでも就活で大手の内定を勝ち取るために今すべきこと

Fラン大学生は、有名大学生よりもスタートから大きなハンデを背負っているのは事実。また、Fランでも...

就活用スーツはスカート丈が勝負?採用されるための選び方とは

就活用のリクルートスーツにはパンツもありますが、スカートの方が良いと言われています。そこで気...

バレエでポワントが立てない原因とは?コツやポイントをご紹介

バレエのポワントがなかなか立てない、グラグラしてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

スポンサーリンク

大学生の読書感想文の書き方のコツは?

大学生になると、読書感想文を書いて提出しなくてはいけないこともあると思います。その際に、うまくかけるコツのようなものはあるのでしょうか。

大学の読書感想文を提出する際、抑えたいポイントとなることですが、

「メモをとる」ことが大切になってきます。

その本を選んだ理由、その話のどの部分で何をどう思ったのか、その本を読んで思い出した経験などを具体的にメモをとって、書き出していきましょう。

その書き出したものを、うまく組み合わせて構成していくと、良い読書感想文が書けると思います。

また、重要になってくるのは「テーマを決めること」です。
読書感想文を通して、何を書きたいのか、骨組みとなることを決めておくと良いと思います。

言葉の表現に関してですが、同義語を使うと、良い文章をかけると思います。

読書感想文ですが、難しいと感じる人もいると思いますが、自分の経験を書くと、書きやすくなると思います。

大学生の読書感想文で書きやすい書き方のパターンとは

上記では、読書感想文を上手に書くには、メモを取っていくこと、また自分の経験を取り入れると書きやすくなることをみてきました。

次に、大学生で書く読書感想文を書きやすくする、書き方のパターンを紹介したいと思います。

読書感想文ですが、本を読んで、自分が感じたことを適切に伝えることが大切になります。

そして、読書感想文には、二つの構成が必要になってきます。

  • どうやってその本と出合ったのか、読む前の印象
    他の方からのお勧めの本であったり、新聞でみた広告かもしれません。また、その際に本に対してどのような印象を持ったかを書いていきましょう。
  • 感想
    読んでいて、特に印象に残った部分、それ以外の場面の感想を書いていきましょう。
  • 何を学んだか
    その本から何を学んだのか。自分の人生に今後、どのように生かせるのかについて書いていきましょう。

大学生のレポートでの読書感想文で高評価を得る書き方

先ほどは、大学生が提出しなくてはいけない読書感想文、どのようにしたら、書きやすくなるのか、その要点をみてきました。

次に、読書感想文を提出しなくてはいけないとなると、評価が気になると思います。そこで、どうやったら高評価を得る読書感想文を書けるのか、そのポイントをみていきたいと思います。

  • 印象に残った部分について、特に書く
  • 自分の体験を取り込む

上記の2点について意識すると、読書感想文は書きやすくなります。

一つ目についてですが、同じ本を読んでいても、印象に残る点は人それぞれです。あなたが「ここが特に印象に残った」という点を掘り下げて書いていくと良いと思います。

二つ目についてですが、あなたの体験を結びつけることによって、あなたらしさがでる読書感想文になります。

そうすることにより、オリジナル性がでるので、あなたの読書感想文が、高評価に繋がっていきます。

読書感想文の書き方で大学が求めるものは?

提出しなくてはいけない読書感想文。高評価を得るには、自分が印象に残っている部分をより掘り下げて書いていくこと、また自分の体験を組み込んでいくことがポイントになってくることをみてきました。

次に、読書感想文の書き方で、大学が何を求めているのか、大学が求めているものについてみていきたいと思います。

大学側は、確かに中身も気にしています。でも、それだけではなく、一般常識として、段落であったり、句読点、言葉の使い方が正しいかについても、大学側は、チェックしています。

また、読書感想文で難しい点は、意見を書かないことです。感想文であるので、自分の意見ではなく、作者の意見に対して、あなたはどう考えるのか、その論点が必要になってきます。

もし、感想文と意見文の違いがわからないようでしたら、学校の先生に聞いてみるか、または本で調べてみたらいかがでしょうか。

レポートの読書感想文を短時間で書き上げるには?

上記では、読書感想文を提出することによって、大学が何を確認したいのか、大学が求めているものを確認してきました。

最後に、大学で提出しなくてはいけないこの読書感想文ですが、どうやったら短時間で仕上がるのか、コツのようなものを紹介していきたいと思います。

読書感想文の本の選び方

有名な本を選ぶ。そして、ネットであらすじを確認する。そこで重要になってくるのは、物語の背景です。物語の背景を読書感想文に取り込むことによって、読書感想文に深みが出てきます。

そして、全部読んでいると、時間がかかるので、あらすじをみて、気になる部分だけ特定して読んでみましょう。

そして、気にある文章やシーンがあれば、その部分をメモにとっておく。そして、後で組み立てて、構成させていけば、読書感想文が作成できます。

ただ、ちゃんと読むに越したことはありません。どうしても時間がない時は仕方ありませんが、基本、一日少しづつでも本を読んでいく習慣をつけていきましょう。