女同士の喧嘩!職場で起こっていたこんな喧嘩の数々!

女同士でも職場で喧嘩になることはあるようです。

女同士の喧嘩をみたことはありますか?「ある!」と答えた人は少ないようですが、実際にあった事例を紹介します。

恋愛関係のもつれや、結婚に関することが原因になっていたりします。

喧嘩はなるべくしたくはないですが、喧嘩してしまったあとの仲直りの方法とは?

その対処法も紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

仕事のミス!実際にしてしまった最大のミスとミスへの対処法

仕事をしていると、時々ミスをしてしまうこともありますよね。小さなミスやケアレスミスであれば問題になら...

情報処理に関する資格は就職にどのくらい有利となるのか徹底調査

IT業界への就職を考えている大学生は、情報処理に関する資格を持っていると就職に有利になると思っている...

特別支援学校の教員の給料は一般の教員よりも高い?実態を調査

2015年の時点で日本に1000校以上あると言われている特別支援学校。そこで働く教員の仕事は一般の教...

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

職歴証明書は、公務員に転職する際に提出を求められる書類の一つです。職歴証明書は、在籍していた会社...

ボールの投げ方の教え方で気をつけたいコツや握り方と注意点とは

ボールの投げ方がわからない、うまくボールを投げることができない子供に対しての教え方とはどんなことに気...

大学の部活の中で初心者でも心配なく入れるものをご紹介!

大学に入ったら、サークルではなく部活に入りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?しか...

ハードルの跳び方にはコツがある、高校のハードル走のコツとは

高校の体育の授業でハードルが行われる学校もあるでしょう。ハードルは簡単そうに見えて実は結構難しい...

空手の蹴り上達のための練習で意識するポイントを教えます

空手の蹴りにはいろいろな種類がありますが、練習によって上達させることができれば試合でも有効に使えるよ...

バスケのアップの方法とは?試合前にしておきたいアップ方法

バスケの試合前にはどのようなアップをしておくといいのでしょうか?いつもと同じようにアップをしておけば...

美容師国家試験の筆記試験の内容や合格基準、勉強方法とは

美容師になるには美容師国家試験を受験する資格を得たうえで、筆記試験と実技試験を受けて合格しなくてはな...

牽制が野球の試合を制す!そのやり方について徹底解説します

野球の試合において牽制でランナーをアウトにすることもできますが、正しいやり方やコツがわかっていないと...

裁判所事務官の面接試験は難関?その内容と合格ポイントとは

裁判所事務官の2次試験である面接。面接カードに書かれている内容について質問されることになっているよう...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

サッカーの個人技を強化させる練習とは?ドリブルのポイント

サッカーの個人技であるドリブルを強化させるにはどのような練習をしたらいいのでしょうか?足が遅...

サービス残業は当たり前?公務員の残業について

公務員は定時で帰ることができるというイメージが強いですが、実はそんなことはないようです。サー...

スポンサーリンク

職場で女同士が喧嘩をしているのをみたことはありますか?

職場で女性同士が喧嘩をしているのをみたことはありますか?

女性が多い職場は、見た目も華やかで、外部の人間から見れば素敵な職場にも見えるかもしれません。

しかし、毎日長い時間一緒に仕事をしていれば、揉め事のひとつやふたつ起こってもおかしくないのです。

ちなみに、喧嘩の原因は、仕事に関係しないものも結構あるみたいです。

その代表的なものとしては、恋愛関係。

一緒に仕事をしているなかで、職員同士で仲良くなって交際に発展する同僚や、後輩が出てくる場合があります。

そんな時に「私も狙ってたのに!」とか、「あの子に彼が出来て、私に出来ないのはおかしい」などと、噛み付いてくる女性も少なからずいます。

ですので、せっかくの幸せをみんなに報告したくても、トラブルを避ける為にコソコソ交際せざるを得ないカップルもよくいます。

また、結婚している人と、していない人とで対立してしまうこともあるようです。別に嫉妬はしていなくても「早くあなたも結婚すればこの幸せ実感できるよ」なんて嫌味っぽく言われれば、カチンと来てしまうこともあります。

また、結婚して子供がいる人は、子供の行事や、子供の体調不良で休みや、早退が増えてしまうことがあります。

そんな時に未婚の人から「こんなことで休めるなんて羨ましい」なんて嫌味返しをされたら、喧嘩に発展してしまうのもうなずけます。

職場で本当にあった喧嘩の数々の事例!女同士も!

職場で本当にあった喧嘩の数々の事例!女同士も喧嘩する!

  • 怒った上司が部下に文鎮を投げつけた・・・とっさに部下の人は避けたそうですが、頭や顔にぶつかっていたらと思うとゾッとしますね。
  • 取っ組み合いの末、服が破けた・・・これは同僚同士ですが、シャツが破けるほどのつかみ合いが起きるなんて、ビックリですね。
  • お土産を巡る争い・・・こう書くと笑ってしまいそうですが、「あの人は数を多めに取っていた」「いつも私が配る役をさせられて腹が立つ」など、みんなを和ませるはずのお菓子が喧嘩に発展してしまうこともあるんです。
  • 恋愛バトル・・・「誰と付き合っている」、「この間、デートしていた」など、週刊誌顔負けの情報収集力で、井戸端ならぬ給湯室会議で女性陣が盛り上がることもあります。

ただの噂で終われば良いのですが、嫉妬からトラブルに繋がることもあって、ただただ恐い世界です。

職場で喧嘩になってしまったら?対処法を紹介します

「職場で喧嘩になってしまったら?」

そう簡単に、出社拒否なんて出来ませんよね。

大人の対処法をご紹介します。

それは、「自分から謝る」です。

例えば、上司とそりが合わず、喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

臆せずに意見を言えるのは立派なことですが、上司を怒らせるまでゴリ押しするのは、あまり感心できません。

そういう時は、次の日など時間を置いて謝るのが一番良い方法でしょう。

「昨日は、言い過ぎてすみませんでした」などと、素直に謝れば、大抵の上司は許してくれるはずです。

それでも許してくれない上司は、性格が悪いか、自分の無礼の度が過ぎていたのかのどちらかなので、諦めて怒られましょう。

相手が同僚や、後輩、部下の時も同じです。

みずから歩み寄って謝るのが大人の対処法です。

中には「謝ったほうが負け」という意見もありますが、「負けるが勝ち」という言葉の意味を良く考えれば、どうすれば正解なのか、おのずと答えは見えてくるはずです。

女同士の喧嘩のコワイところ・・・

「女同士の喧嘩」と聞くと、苦い顔をする人が大多数だと思います。

そんな女同士の喧嘩コワイところをいくつかご紹介いたします。

裏と表に差がありすぎる

普段は仲良しの女子社員同士だと思っていたら、それぞれがいないところで、お互いの悪口を言っているところを見たら、血の気が引いてしまいます。

グループで悪口を言う

仲良しグループなら可愛いものですが、それが一人の社員の悪口を言う為のグループだったらどうでしょう。
腕っぷしの強い男性でも、逃げ出してしまうかもしれません。

本気のつかみ合い

女性の喧嘩と言えば、口喧嘩が多いですが、あまりにヒートアップすると、つかみ合いに発展することもあります。

めったにあるものではありませんが、その時の喧嘩のエグさと言ったら、筆舌に尽くしがたいものがあります。

女同士の喧嘩になったら仲直りはどうする?

「女同士の喧嘩になったら仲直りはどうする?」

男同士は、謝って終わりだったり、次の日にはケロッと何事も無かったかのように会話していることもあります。

そうは、言っても中には長年いがみ合ってる男性社員もいますが、男性の喧嘩の大半は、尾を引かないのがお決まりようなものとなっています。

女同士の場合は、比較的尾を引くことが多いです。

表面的には謝っても、腹に一物持ったまま付き合っていることもよくあります。

なぜ、そういったことがよくあるのか?

それは、女性は感情的になりやすいからです。

ですので、喧嘩してしまった時は、謝るほうも謝られるほうも、感情的にならないのが、仲直りの大事なポイントと言えます。