内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をしたいという場合もありますよね。転職のときに内定辞退ができるのは一体いつまでなのでしょうか。

内定の辞退が遅くなると法的に問題はある?そもそも辞退ってできるの?

そこで今回は、転職の内定辞退はいつまでできるのかと、連絡するときのマナーについてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ありがとうへの返事は?上司に返事をする時に使うべき言葉

上司から「ありがとう」と言われた時、それに対して部下である自分がどんな風に返事をすればよいのか悩んだ...

年下上司にムカつく!上手く付き合うための対処方法について

年下上司が最近増えてきて、年配の方からムカつく!といった意見も・・・。 しかし上司ですから、上手く...

新入社員がカラオケを断るのはアリ?上手に断る方法

新入社員でもカラオケが苦手な人っていますよね。 では、新入社員がカラオケの誘いを断ってもいいの...

ソフトテニスの効果的な中ロブの打ち方とは?練習方法も解説

ソフトテニスのロブの中でも「中ロブ」は攻撃にも使えるものですよね。 でも、中途半端になってしま...

バスケの初心者はこう動こう!バスケットボールでの動き方

バスケットボールを始めたばかりだと、「どこにいたら良いのか」「どのように動いたら良いのか」「味方の邪...

面接で笑顔を褒められたら合格?就職が成功するための心得とコツ

就職活動中の就活生の皆さん、面接で笑顔を褒められたら合格!という考えを持ってはいませんか?就職活動を...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。 この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

バイト先の店長が怖い!怖い理由を探って対処法を見つける方法

バイト先の店長が怖いという悩みを抱えながら日々のアルバイトに精を出している人もいますよね。バイト先の...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい! コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

バドミントンの試合で緊張したときに試してみて。緊張しない方法

バドミントンの試合の前は緊張する、有名なバドミントン選手でさえ緊張するといいます。 ですが緊張...

履歴書の職歴詐称はバレる!?嘘をつくのはやめましょう

履歴書を書く際、つい自分を良く見せようと職歴を詐称してしまう人がいるようです。経験社数を減らしたり、...

経済学部は数学が苦手な人でも大丈夫!授業の取り方を工夫しよう

数学が苦手で文系の学部に進む人は多いでしょう。しかし、文系の中でも経済学部となると数学に関係する授業...

No Image

水泳選手の食事について。子供でも大人よりたくさん食べて大丈夫

水泳競技をしている子供は、大人の食事の2倍3倍の量を食べさせるくらいでちょうどよいと言われています。...

就活の作文は原稿用紙を正しく使って書くことが大切です

普段パソコンを使っている人は、就活試験の作文のために原稿用紙を使って文章を書くとなると、わからないこ...

電話が苦手な若者が急増中!その原因と対処方法について

電話が苦手だという方は意外と多いものですよね。しかし苦手を通り越して、いま電話に出ることが出来ない若...

スポンサーリンク

転職の内定辞退の連絡はいつまでにするのがマナー?

会社から内定をもらったときですが、内定を辞退することはできるのでしょうか。また、その場合の連絡ですが、いつくらいまでにすればよいのでしょうか。

辞退をする時の期限ですが、一般的には、内定をもらってから、2週間から1ヶ月以内とわれているようです。ただ、その期間ですが、中途採用となると、短くなる傾向があるようです。また、会社によって違うようですが、入社承諾書というものを提出していないと、自動的に企業側が「辞退」と判断するようです。

会社としては、「辞退」する人がいるとなると、別の人を探さなくてはいけません。そのため、なるべく「辞退」の連絡は早くして欲しいと思っているようです。

早め、早めが良い。遅いとあなたにとっても会社にとっても不利益になると思います。
新卒の場合ですが、内定式の前日までという一つの区切りのようなものが存在します。マナーの一つとして考えられていますが、それが法律というわけではありません。

転職の内定辞退・法的にはいつまでOK?

内定辞退ですが、法的には、いつまでに連絡したらよいのでしょうか。

法的な視点からみると、内定は入社日の前までに辞退することが法的に認められています。内定辞退ですが、内定が出てから辞退するのと、内定が出て、了承してから辞退することもありますが、両方とも内定辞退に違いはありません。

内定ですが、企業によっては、文章で「内定」を通知するところもありますが、それは法的には何の効力もありません。その通知を受け取ったとしても、辞退したいのであれば、企業にその意思を伝えていきましょう。

ここで注意したいのは、「辞退はいつでもできる」という安易な考えかたです。辞退の気持ちが決まり次第、すぐに会社に連絡をいれましょう。それが、基本的な社会人としてのマナーです。

企業側もあなたが入社することを前提に、色んな準備をしています。あなたが遅く連絡をいれることによって、その準備が無駄になってしまうことも考えられるので、早めに連絡をしましょう。

転職活動中の内定辞退・連絡はいつまでも伸ばさずに早急に!

内定辞退ですが、決まった時点で早めに企業に伝える必要があります。

連絡方法ですが、メールと電話が考えられると思いますが、電話の方が着実に担当者に伝わるので、電話で伝えた方が無難だと思います。

他に電話で伝えた方が良い理由の一つですが、その方があなたの誠意が伝わりやすい、また企業にもどうして辞退するのか、理由も伝えることができます。

ただし、タイミングには注意して下さい。次のような点がある場合ですが、問題が発生することも考えられます。

  • 入社日や就業開始まで2週間以下
  • 新入社員研修を終了済み
  • 会社側が新入社員に対して、入社のための準備を着実に進めている場合

企業側が、あなたに対してかなりの教育や投資をしている場合ですが、会社側から損害賠償を要求される可能性もなくもないので気をつけましょう。辞退するにも、タイミングが大切になってくるんですね。あなたにとっても、会社にとっても、最善なタイミングで辞退できるとよいですよね。

内定辞退すべきか悩んだら保留にすることもできる

採用は出たけど、内容辞退を考えている。そう悩んでいるときですが、決断を保留することもできます。

あなたが内定を承諾してしまう場合ですが、会社側も会社に入社して活躍してくれることを期待し、物事を進めてしまいます。なので、より適切な方法としては、「保留」の意思を会社に伝えることにより、その後のトラブルを防ぐことができます。

中々決断ができない場合ですが、その「保留」の意思を早めに会社に連絡しましょう。ただ、保留の場合は、いつまでにはっきりした決断をするのか伝える必要があります。その期間ですが、2-3日、1週間以内には、はっきりとした解答を企業に伝えましょう。

企業もなるべく早く解答をもらいたいと思っていると思います。長引かせると、企業側から内定取り消しされる可能性もあるので、なるべく早く決断して、自分にとっても相手の企業にとっても、不利益にならないようにしましょう。

内定辞退をする割合ってどのくらい?

内定を辞退する人もいると思いますが、全体のどの位の人が辞退に至るのでしょうか。

辞退する理由もさまざまだと思います。割合ですが、7割といわれているようですが、転職する理由としては、自分が好んでいる条件であったり、職種につきたいというものが多いようです。

活動する側も、何社も受けていると思います。その中で数社から内定をもらうこともあると思いますが、その中からより自分にあった職場を選ぶと思います。

なので、内定辞退をする理由としては、仕事内容が自分が想像しているものと違ったり、給料があまりよくなかったり。そんな理由で内定を辞退すると思います。