内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をしたいという場合もありますよね。転職のときに内定辞退ができるのは一体いつまでなのでしょうか。

内定の辞退が遅くなると法的に問題はある?そもそも辞退ってできるの?

そこで今回は、転職の内定辞退はいつまでできるのかと、連絡するときのマナーについてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。 まずは、背面跳...

新入社員の指導で疲れたときの対処法と大切なこととは

新入社員の指導をするということは、自分にとってプラスになることでもあるとわかっていても、指導に疲れた...

イケメンで仕事ができる人には理由がある!性格や行動がポイント

どこの会社にも一人や二人はイケメンがいるでしょう。 そんなイケメンは顔がいいいだけじゃなく、仕...

会社の雰囲気に馴染めないと感じ、疎外感を感じているあなたへ

会社の雰囲気に馴染めないと、なんだか居心地の悪い気分で仕事をしているあなた。 『自分もしくは会社に...

東京消防庁の体力試験の内容とは?合格に向けて体を鍛えよう!

東京消防庁の一次試験に合格するといよいよ二次試験!勝負の体力試験が待っています。 ではその体力...

アルバイト(飲食系キッチンの場合)面接のポイントや注意点

飲食系のアルバイでは、ホールとキッチンがありますよね。キッチンを希望する場合は、面接で希望を伝えまし...

特別支援学校の教員の給料は一般の教員よりも高い?実態を調査

2015年の時点で日本に1000校以上あると言われている特別支援学校。そこで働く教員の仕事は一般の教...

ぎっくり腰で仕事を辞めると決意した時に考えるべきこと

仕事をしていても腰痛があると辛くて仕事が手に付かないと言った経験はありませんか?腰は立っていても座っ...

英検面接官バイトの仕事内容や日給といった基本情報をご紹介!

大学生が行うバイトの中でも特に人気の高いバイトが、英検の面接官バイトです。 ただ面接官のバイトと聞...

小学校が冬休み中先生は何をしているの?冬休み中の先生の仕事

小学校が冬休みに入ると当然学校には生徒がいなくなります。 生徒がいないなら先生だって仕事がないので...

ソフトボールのコツを理解して、体育の時間に打ってみよう

オリンピックなどのソフトボールの国際試合を見ると、体育の授業で自分もあんなふうに打ってみたいと思いま...

パワハラの仕返しを退職後にしようとしている人へ

仕事をする上で問題になっているのが、上司や先輩からのパワハラです。 あまりに怒りが蓄積してしまうと...

ディーラーに就職すると車購入は必須?ディーラー就職のポイント

カーディーラーへの就職を考えている場合、面接で乗っている車について聞かれることがあるのか、あるいは就...

職場が寒いから辞めたい!解決方法と職場が寒い時にできる対処法

働いている職場が寒いことが原因で職場を辞めたいと悩んでいる人もいますよね。エアコンの設定温度によって...

総合職で転勤を拒否する前に知っておきたい転勤のメリット

総合職だと転勤があるかもしれないことは、入社したときからわかっていたはずですよね。 しかし、い...

スポンサーリンク

転職の内定辞退の連絡はいつまでにするのがマナー?

会社から内定をもらったときですが、内定を辞退することはできるのでしょうか。また、その場合の連絡ですが、いつくらいまでにすればよいのでしょうか。

辞退をする時の期限ですが、一般的には、内定をもらってから、2週間から1ヶ月以内とわれているようです。ただ、その期間ですが、中途採用となると、短くなる傾向があるようです。また、会社によって違うようですが、入社承諾書というものを提出していないと、自動的に企業側が「辞退」と判断するようです。

会社としては、「辞退」する人がいるとなると、別の人を探さなくてはいけません。そのため、なるべく「辞退」の連絡は早くして欲しいと思っているようです。

早め、早めが良い。遅いとあなたにとっても会社にとっても不利益になると思います。
新卒の場合ですが、内定式の前日までという一つの区切りのようなものが存在します。マナーの一つとして考えられていますが、それが法律というわけではありません。

転職の内定辞退・法的にはいつまでOK?

内定辞退ですが、法的には、いつまでに連絡したらよいのでしょうか。

法的な視点からみると、内定は入社日の前までに辞退することが法的に認められています。内定辞退ですが、内定が出てから辞退するのと、内定が出て、了承してから辞退することもありますが、両方とも内定辞退に違いはありません。

内定ですが、企業によっては、文章で「内定」を通知するところもありますが、それは法的には何の効力もありません。その通知を受け取ったとしても、辞退したいのであれば、企業にその意思を伝えていきましょう。

ここで注意したいのは、「辞退はいつでもできる」という安易な考えかたです。辞退の気持ちが決まり次第、すぐに会社に連絡をいれましょう。それが、基本的な社会人としてのマナーです。

企業側もあなたが入社することを前提に、色んな準備をしています。あなたが遅く連絡をいれることによって、その準備が無駄になってしまうことも考えられるので、早めに連絡をしましょう。

転職活動中の内定辞退・連絡はいつまでも伸ばさずに早急に!

内定辞退ですが、決まった時点で早めに企業に伝える必要があります。

連絡方法ですが、メールと電話が考えられると思いますが、電話の方が着実に担当者に伝わるので、電話で伝えた方が無難だと思います。

他に電話で伝えた方が良い理由の一つですが、その方があなたの誠意が伝わりやすい、また企業にもどうして辞退するのか、理由も伝えることができます。

ただし、タイミングには注意して下さい。次のような点がある場合ですが、問題が発生することも考えられます。

  • 入社日や就業開始まで2週間以下
  • 新入社員研修を終了済み
  • 会社側が新入社員に対して、入社のための準備を着実に進めている場合

企業側が、あなたに対してかなりの教育や投資をしている場合ですが、会社側から損害賠償を要求される可能性もなくもないので気をつけましょう。辞退するにも、タイミングが大切になってくるんですね。あなたにとっても、会社にとっても、最善なタイミングで辞退できるとよいですよね。

内定辞退すべきか悩んだら保留にすることもできる

採用は出たけど、内容辞退を考えている。そう悩んでいるときですが、決断を保留することもできます。

あなたが内定を承諾してしまう場合ですが、会社側も会社に入社して活躍してくれることを期待し、物事を進めてしまいます。なので、より適切な方法としては、「保留」の意思を会社に伝えることにより、その後のトラブルを防ぐことができます。

中々決断ができない場合ですが、その「保留」の意思を早めに会社に連絡しましょう。ただ、保留の場合は、いつまでにはっきりした決断をするのか伝える必要があります。その期間ですが、2-3日、1週間以内には、はっきりとした解答を企業に伝えましょう。

企業もなるべく早く解答をもらいたいと思っていると思います。長引かせると、企業側から内定取り消しされる可能性もあるので、なるべく早く決断して、自分にとっても相手の企業にとっても、不利益にならないようにしましょう。

内定辞退をする割合ってどのくらい?

内定を辞退する人もいると思いますが、全体のどの位の人が辞退に至るのでしょうか。

辞退する理由もさまざまだと思います。割合ですが、7割といわれているようですが、転職する理由としては、自分が好んでいる条件であったり、職種につきたいというものが多いようです。

活動する側も、何社も受けていると思います。その中で数社から内定をもらうこともあると思いますが、その中からより自分にあった職場を選ぶと思います。

なので、内定辞退をする理由としては、仕事内容が自分が想像しているものと違ったり、給料があまりよくなかったり。そんな理由で内定を辞退すると思います。