内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をしたいという場合もありますよね。転職のときに内定辞退ができるのは一体いつまでなのでしょうか。

内定の辞退が遅くなると法的に問題はある?そもそも辞退ってできるの?

そこで今回は、転職の内定辞退はいつまでできるのかと、連絡するときのマナーについてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水泳のリレーの飛び込みは失格とならないように練習しよう

皆さん、水泳の試合をテレビで見たことはあるでしょうか。最近はどんなスポーツの試合であってもテレビ...

就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツ

就活中はなぜかみんな黒髪に戻しますよね?では、なぜ就活には黒髪が良いのでしょうか?それには、...

明日、仕事行きたくない気持ちを抱えているあなたへ

明日、仕事行きたくない…。ネガティブな気持ちでそう感じますか?それとも、愚痴程度の仕事行...

ソフトテニスのサーブのトスの上げ方の基本からコツまで解説

ソフトテニスでサーブを確実に入れるためにはトスの上げ方が大切だと言われていますが、始めたばかりの初心...

ボクシングの観戦が初心者の方へ、基本情報や見どころを紹介

テレビ中継を見て生を見てみたくなった、知り合いにボクサーがいるなどボクシングを初めて観戦するという人...

【新体操】家でもできる子供の柔軟性を高める効果的な練習

柔軟体操は新体操の選手に欠かせないトレーニングですが、やはり毎日続けるというのがポイントです。週...

小学校の採用試験の実技でやるコト!見ている所や評価の観点

小学校の採用試験には実技があります。採用試験の実技ではどんな事を行うのでしょう?体育...

野球観戦を女子一人で楽しむススメと知っておきたいポイント

野球観戦に女子一人で行ってみたいけど、一人だと少し不安でなかなか行動できないでいる女子もいるでしょう...

クロールの息継ぎの教え方とは?まずはプールサイドで練習しよう

クロールの息継ぎを子供に教えるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?子供にわかりやす...

卓球の左利き選手との戦い方のポイントやコツを紹介します

卓球であたりたくない相手といえば、左利きの選手ではないでしょうか? 左利きの選手はなぜこんな...

終身雇用制度が崩壊しつつある理由と今現在崩壊しない理由

一つの会社で定年まで働き続けることができる「終身雇用制度」。昔から続く日本ならではの働き方ですが...

ボウリング初心者ができること!上達するためのコツについて

ボウリングは幅広い年代に人気のスポーツですよね。一度はやったことがあるという方が多いと思いま...

走り高跳びの助走のコツやポイントとは?助走を入念に練習しよう

走り高跳びの助走では、どんなコツが必要なのでしょうか?走り高跳びの助走で意識をしなければいけないポイ...

剣道防具の洗い方!自宅で洗う方法とポイント、注意点を解説

剣道の防具は、いくら普段から手入れをしていても強烈な臭いがしてしまうもの。消臭剤を吹きかけても拭...

仕事と業務の違いとは?デキる男は業務じゃなくて仕事がデキる!

仕事と業務の違いについて理解はできますか?出社して一日をやり過ごせば、お給料がもらえるということ...

スポンサーリンク

転職の内定辞退の連絡はいつまでにするのがマナー?

会社から内定をもらったときですが、内定を辞退することはできるのでしょうか。また、その場合の連絡ですが、いつくらいまでにすればよいのでしょうか。

辞退をする時の期限ですが、一般的には、内定をもらってから、2週間から1ヶ月以内とわれているようです。ただ、その期間ですが、中途採用となると、短くなる傾向があるようです。また、会社によって違うようですが、入社承諾書というものを提出していないと、自動的に企業側が「辞退」と判断するようです。

会社としては、「辞退」する人がいるとなると、別の人を探さなくてはいけません。そのため、なるべく「辞退」の連絡は早くして欲しいと思っているようです。

早め、早めが良い。遅いとあなたにとっても会社にとっても不利益になると思います。
新卒の場合ですが、内定式の前日までという一つの区切りのようなものが存在します。マナーの一つとして考えられていますが、それが法律というわけではありません。

転職の内定辞退・法的にはいつまでOK?

内定辞退ですが、法的には、いつまでに連絡したらよいのでしょうか。

法的な視点からみると、内定は入社日の前までに辞退することが法的に認められています。内定辞退ですが、内定が出てから辞退するのと、内定が出て、了承してから辞退することもありますが、両方とも内定辞退に違いはありません。

内定ですが、企業によっては、文章で「内定」を通知するところもありますが、それは法的には何の効力もありません。その通知を受け取ったとしても、辞退したいのであれば、企業にその意思を伝えていきましょう。

ここで注意したいのは、「辞退はいつでもできる」という安易な考えかたです。辞退の気持ちが決まり次第、すぐに会社に連絡をいれましょう。それが、基本的な社会人としてのマナーです。

企業側もあなたが入社することを前提に、色んな準備をしています。あなたが遅く連絡をいれることによって、その準備が無駄になってしまうことも考えられるので、早めに連絡をしましょう。

転職活動中の内定辞退・連絡はいつまでも伸ばさずに早急に!

内定辞退ですが、決まった時点で早めに企業に伝える必要があります。

連絡方法ですが、メールと電話が考えられると思いますが、電話の方が着実に担当者に伝わるので、電話で伝えた方が無難だと思います。

他に電話で伝えた方が良い理由の一つですが、その方があなたの誠意が伝わりやすい、また企業にもどうして辞退するのか、理由も伝えることができます。

ただし、タイミングには注意して下さい。次のような点がある場合ですが、問題が発生することも考えられます。

  • 入社日や就業開始まで2週間以下
  • 新入社員研修を終了済み
  • 会社側が新入社員に対して、入社のための準備を着実に進めている場合

企業側が、あなたに対してかなりの教育や投資をしている場合ですが、会社側から損害賠償を要求される可能性もなくもないので気をつけましょう。辞退するにも、タイミングが大切になってくるんですね。あなたにとっても、会社にとっても、最善なタイミングで辞退できるとよいですよね。

内定辞退すべきか悩んだら保留にすることもできる

採用は出たけど、内容辞退を考えている。そう悩んでいるときですが、決断を保留することもできます。

あなたが内定を承諾してしまう場合ですが、会社側も会社に入社して活躍してくれることを期待し、物事を進めてしまいます。なので、より適切な方法としては、「保留」の意思を会社に伝えることにより、その後のトラブルを防ぐことができます。

中々決断ができない場合ですが、その「保留」の意思を早めに会社に連絡しましょう。ただ、保留の場合は、いつまでにはっきりした決断をするのか伝える必要があります。その期間ですが、2-3日、1週間以内には、はっきりとした解答を企業に伝えましょう。

企業もなるべく早く解答をもらいたいと思っていると思います。長引かせると、企業側から内定取り消しされる可能性もあるので、なるべく早く決断して、自分にとっても相手の企業にとっても、不利益にならないようにしましょう。

内定辞退をする割合ってどのくらい?

内定を辞退する人もいると思いますが、全体のどの位の人が辞退に至るのでしょうか。

辞退する理由もさまざまだと思います。割合ですが、7割といわれているようですが、転職する理由としては、自分が好んでいる条件であったり、職種につきたいというものが多いようです。

活動する側も、何社も受けていると思います。その中で数社から内定をもらうこともあると思いますが、その中からより自分にあった職場を選ぶと思います。

なので、内定辞退をする理由としては、仕事内容が自分が想像しているものと違ったり、給料があまりよくなかったり。そんな理由で内定を辞退すると思います。