内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をしたいという場合もありますよね。転職のときに内定辞退ができるのは一体いつまでなのでしょうか。

内定の辞退が遅くなると法的に問題はある?そもそも辞退ってできるの?

そこで今回は、転職の内定辞退はいつまでできるのかと、連絡するときのマナーについてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バレーボール【中学生女子】上達のための練習方法について

テレビでバレーボールの女子の試合が放送されると、まだ中学生とはいえうまくなるためにたくさん練習しよう...

服のネットショップを自宅で開業して成功させるためのヒント!

ネットショップはコストを抑えて自宅でも開業できると大変人気があります。服のネットショップを自...

寝坊して会社を休むのはアリ?ポイントと遅刻の謝罪方法

寝坊して会社に遅刻が確定なときは、会社を仮病などを使って休むかどうか悩んでしまいますよね。で...

学校の教員同士の知られざる人間関係について調査!

学校の教員とはいえ、そこはやはり生身の人間です。民間企業と同じように、人間関係で悩む教員も多いよ...

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。まずは、背面跳...

事務職に必要な資格とは?パソコンや簿記などの資格を取ろう

事務職ではどのような資格が必要なのでしょうか?パソコンの資格でも、かなりの種類がありますよね。...

書類選考の結果は?不採用は連絡なし?選考期間の目安と連絡義務

企業の面接を受けて書類選考の結果の連絡を待っているという人は、なかなか連絡が来ないと不採用になったの...

年上後輩が偉そうに感じても、同じ目線に立たないようにするには

年上後輩が偉そうでモヤっとする。部下に指示を出すと、次のような態度を取る人っていますよね?...

風邪で飲み会を断るときのポイントや気をつけたい注意点

出席予定だった会社の飲み会を風邪が理由で断るのは問題ないのでしょうか?そもそも、風邪などの体...

走り高跳びをベリーロールで飛ぶための練習法とコツを教えます

体育の時間に行う走り高跳びで、ベリーロールで飛ぶことって難しいですよね。どうしても正面から飛ぶことが...

郵便局のアルバイトの合否通知は?面接の注意点と対策

郵便局のアルバイトの面接を受けたら、その合否の通知はどのように知らされるのでしょうか?なかな...

スーパーで食品を扱うバイトのメリット・デメリット

アルバイトとしてスーパーのバイトは求人も多く、通いやすいという点でも人気です。年代もさまざまな人...

テニスのポイントはなぜ0ではなくラブなのかその謎を解明します

全米オープンなどテニスの4大大会の試合をテレビで見ていると、ポイントが0ではなくラブと呼ばれていたり...

警察の張り込み方法には一定のルールがある?徹底調査!

刑事ドラマなどを観ていると、警察が覆面パトカーに乗ってあんぱんを食べながら張り込みしているシーンって...

刑事のスーツは支給される!?女性の場合は?警察官との違い

警察官というと青い制服のイメージですが、ドラマなんかで見る刑事はスーツで捜査などしていますよね。...

スポンサーリンク

転職の内定辞退の連絡はいつまでにするのがマナー?

会社から内定をもらったときですが、内定を辞退することはできるのでしょうか。また、その場合の連絡ですが、いつくらいまでにすればよいのでしょうか。

辞退をする時の期限ですが、一般的には、内定をもらってから、2週間から1ヶ月以内とわれているようです。ただ、その期間ですが、中途採用となると、短くなる傾向があるようです。また、会社によって違うようですが、入社承諾書というものを提出していないと、自動的に企業側が「辞退」と判断するようです。

会社としては、「辞退」する人がいるとなると、別の人を探さなくてはいけません。そのため、なるべく「辞退」の連絡は早くして欲しいと思っているようです。

早め、早めが良い。遅いとあなたにとっても会社にとっても不利益になると思います。
新卒の場合ですが、内定式の前日までという一つの区切りのようなものが存在します。マナーの一つとして考えられていますが、それが法律というわけではありません。

転職の内定辞退・法的にはいつまでOK?

内定辞退ですが、法的には、いつまでに連絡したらよいのでしょうか。

法的な視点からみると、内定は入社日の前までに辞退することが法的に認められています。内定辞退ですが、内定が出てから辞退するのと、内定が出て、了承してから辞退することもありますが、両方とも内定辞退に違いはありません。

内定ですが、企業によっては、文章で「内定」を通知するところもありますが、それは法的には何の効力もありません。その通知を受け取ったとしても、辞退したいのであれば、企業にその意思を伝えていきましょう。

ここで注意したいのは、「辞退はいつでもできる」という安易な考えかたです。辞退の気持ちが決まり次第、すぐに会社に連絡をいれましょう。それが、基本的な社会人としてのマナーです。

企業側もあなたが入社することを前提に、色んな準備をしています。あなたが遅く連絡をいれることによって、その準備が無駄になってしまうことも考えられるので、早めに連絡をしましょう。

転職活動中の内定辞退・連絡はいつまでも伸ばさずに早急に!

内定辞退ですが、決まった時点で早めに企業に伝える必要があります。

連絡方法ですが、メールと電話が考えられると思いますが、電話の方が着実に担当者に伝わるので、電話で伝えた方が無難だと思います。

他に電話で伝えた方が良い理由の一つですが、その方があなたの誠意が伝わりやすい、また企業にもどうして辞退するのか、理由も伝えることができます。

ただし、タイミングには注意して下さい。次のような点がある場合ですが、問題が発生することも考えられます。

  • 入社日や就業開始まで2週間以下
  • 新入社員研修を終了済み
  • 会社側が新入社員に対して、入社のための準備を着実に進めている場合

企業側が、あなたに対してかなりの教育や投資をしている場合ですが、会社側から損害賠償を要求される可能性もなくもないので気をつけましょう。辞退するにも、タイミングが大切になってくるんですね。あなたにとっても、会社にとっても、最善なタイミングで辞退できるとよいですよね。

内定辞退すべきか悩んだら保留にすることもできる

採用は出たけど、内容辞退を考えている。そう悩んでいるときですが、決断を保留することもできます。

あなたが内定を承諾してしまう場合ですが、会社側も会社に入社して活躍してくれることを期待し、物事を進めてしまいます。なので、より適切な方法としては、「保留」の意思を会社に伝えることにより、その後のトラブルを防ぐことができます。

中々決断ができない場合ですが、その「保留」の意思を早めに会社に連絡しましょう。ただ、保留の場合は、いつまでにはっきりした決断をするのか伝える必要があります。その期間ですが、2-3日、1週間以内には、はっきりとした解答を企業に伝えましょう。

企業もなるべく早く解答をもらいたいと思っていると思います。長引かせると、企業側から内定取り消しされる可能性もあるので、なるべく早く決断して、自分にとっても相手の企業にとっても、不利益にならないようにしましょう。

内定辞退をする割合ってどのくらい?

内定を辞退する人もいると思いますが、全体のどの位の人が辞退に至るのでしょうか。

辞退する理由もさまざまだと思います。割合ですが、7割といわれているようですが、転職する理由としては、自分が好んでいる条件であったり、職種につきたいというものが多いようです。

活動する側も、何社も受けていると思います。その中で数社から内定をもらうこともあると思いますが、その中からより自分にあった職場を選ぶと思います。

なので、内定辞退をする理由としては、仕事内容が自分が想像しているものと違ったり、給料があまりよくなかったり。そんな理由で内定を辞退すると思います。