証明写真の時の服装や色で印象はガラッと変化!オススメスタイル!

アルバイトや就活や免許証などの証明写真を撮る場合に注意したいことがあります。

あまり写っていないようでも、服装や洋服の色で写真の仕上がりが違ってきます。

証明書のタイプによっても微妙な違いがありますので、チェックしておきましょう。

顔を小さく見せたい、血色を良く見せたい場合のオススメスタイルは?
また髪型も大きくイメージが変わります。前髪のスタイルもみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。短距離走を速く走る...

火葬場の仕事の内容や給料はいくらか調べてみた!やりがいとは

日本の火葬技術は世界一といわれるそうです。火葬場の仕事にはどんなイメージがありますか?...

台風で会社から帰れない時の対策は?酷い時は会社泊も検討に

台風の影響で、会社から自宅へ帰れないという事態はよく起きるものです。鉄道などは安全のためすぐに運...

スパイクの手入れ方法!天然革皮のサッカースパイクお手入れ方法

天然革皮のサッカースパイクを使用している人もいますよね。天然革皮のサッカースパイクはお手入れをするの...

柔道寝技のコツとは?力をかけるポイントや練習ポイントを解説

柔道技のひとつ「寝技」ですが、寝技は練習をすればするほど上達すると言われており、柔道初心者こそ寝技練...

服のネットショップを自宅で開業して成功させるためのヒント!

ネットショップはコストを抑えて自宅でも開業できると大変人気があります。服のネットショップを自...

新人が使えないのは当たり前?上司の不満・新人の不満

新しく入社してきた新人が使えないと腹を立てている上司や先輩のみなさん、新人が使えないのは当たり前だと...

陸上の走り幅跳び練習方法!走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法

陸上で走り幅跳びの競技をしている人は、自分の記録を伸ばすことができる練習方法を知りたいと思いますよね...

コンビニの品出しの時間はお店によって違う!時間帯を紹介

24時間営業していたり、ちょっとした物を買うのに気軽に寄ることが出来て便利なコンビニ。いつも...

バタフライを速く泳ぐための筋トレ方法と水泳のコツを教えます

水泳の四泳法の中でも、バタフライは背中の筋肉を一番使っていると思いますよね。では、その背筋を...

ソフトボールのコツを理解して、体育の時間に打ってみよう

オリンピックなどのソフトボールの国際試合を見ると、体育の授業で自分もあんなふうに打ってみたいと思いま...

インドのスポーツ「カバディ」の歴史やルール、魅力について

インドのスポーツ、カバディを知っていますか?インドのスポーツと言えばクリケットですが、クリケ...

大学のテスト勉強を一夜漬けで乗り切る方法と効率よく覚える方法

大学のテストが迫っているのに、なかなかテスト勉強が手に付かないという人もいますよね。ちゃんと勉強しな...

美容師が手荒れでドクターストップになる原因と対処法とは

美容師をしているのに手荒れによってドクターストップになってしまうのは悲しいことですよね。しか...

就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツ

就活中はなぜかみんな黒髪に戻しますよね?では、なぜ就活には黒髪が良いのでしょうか?それには、...

スポンサーリンク

免許証やビザ、履歴書などの証明写真を撮ったけれど、満足のいく写真をとれたことがあるという方はあまり居ないのではないでしょうか。

証明写真は、メイクなどにはすごく気を配ると思いますが、髪形や背景の色に合わせた服に気を配ることで写真の印象がすごく変わります。

証明写真を撮る際に、白の服を着るとレフ板の効果で光が反射するため印象の良い写真が撮れると聞きますよね。

白色の服を着て、顔周りを明るくすることも大切ですが、背景の色にも気をつける必要があります。

免許証などは、背景が青のため問題ありませんが、背景が白の場合、白色の服を着てしまうと顔がぼやけてしまいます。

紺やグレーなどの寒色系は顔周りが暗くなるのではないかと避けがちですが、背景の色によっては、紺やグレーなどの寒色系の色の服を選んだほうが写真の印象が良くなる場合もあります。

また、ボーダーなどの柄物は顔周りがうるさくなってしまうため、できるだけ避けるようにしましょう。

服の色を気にすることは大切ですが、服の色だけではなく背景の色も気にするように心がけましょう。

服装の色やポイントを、証明写真別で紹介

一つに証明写真と言っても、免許証用や履歴書用などさまざまな証明写真がありますよね。

そこで、証明写真別に、服の色などのポイントをご紹介します。

履歴書用の証明写真の場合(アルバイト)

基本的には、清潔感があり、明るく爽やかにみえる水色などのパステルカラーを選ぶことをオススメします。
柄物などは避けるようにしましょう。

また、だらけた印象を与えないためにも、シャツなどの襟付きの服を選びましょう。

写真を撮る際は、ボタンを全てとめるのではなく、襟元のボタンは1つ外したほうが首元がすっきりして見えます。

また、ピアスやネックレスなどのアクセサリーは取り外して撮影をするようにします。

免許証用(車)の証明写真

運転免許証は、身分証明の際に提示することが多く、人に見せることが多いですよね。

そのため、流行のデザインを取り入れた服よりも、シンプルな服のほうが社会性があり印象よく映ります。

また服の色は、白やパステルピンクなどの華やかさのある色を選ぶと、より明るく見えるでしょう。
もしも襟付きシャツなどを着る場合には、こちらも同様に襟元のボタンを1つ外すと良いです。

証明写真の写真写りが良くなる服装や色

証明写真を撮るとき、顔の血色が悪いから血色を良く見せたい、顔が大きく見えるから小さく見せたいなどと思ったことありませんか?

どうせ写真を撮るのであれば、写り良く撮りたいですよね。

以下にて写真写りを良くする方法をご紹介します、参考にしてみてはいかがでしょうか。

顔の大きさが気になる場合の対処法

顔を小さくみせるためには、首元をすっきりとさせることが重要です。
シャツであれば、ボタンを1、2個開けたり、首周りがすっきりしていて鎖骨が見える程度の服を選ぶと効果的です。

また、Vネックや深めのUネックなども顔を小さくみせるのに効果がある服です。

ハイネックは、首周りが隠れてしまい顔が大きく見えてしまいますので避けるようにしましょう。

証明写真で顔の血色を良く見せる方法

顔の血色を良くみせるためには、白などの光が反射しやすい色の服を選ぶことが重要です。
ですが、背景が白などの同系色の場合は、顔がぼやけてしまうため、背景と被らないように注意しましょう。

また、紺やグレーなどの寒色系でも、鎖骨が見えるくらい程度の首元のすっきりとした服を選ぶと血色良く見せることもできます。

背景の色に注意しながら、服を選ぶようにしましょう。

証明写真は清潔感が大事です

証明写真は清潔感があることがとても大切です。

人の第一印象には髪型が大きく関係していると言われているように、証明写真でも髪型は大切で、中でも前髪はより重要となります。

普段友人と出かけるときなどは前髪が額にかかっていても違和感ありませんが、証明写真のときに同様に額に前髪がかかっていると、印象悪く見えてしまいます。

また、眉毛が見える状態の前髪は、知的な雰囲気があり、明るく華やかな印象を与えることができます。

前髪が長い人は、横に流し乱れないようにスプレーで固めるなどして、眉毛を見える状態で写真を撮るようにすると明るい印象を与えることができるでしょう。

また、前髪を薄くしていて浮いてしまう場合は、浮いた部分が顔に影を落としてしまいますので、影ができないように注意しましょう。

写真撮影は表情にも気をつけて

証明写真を撮る際の、服装や髪型についてご紹介しましたが、写真を撮る際には表情にも気をつける必要があります。

人は緊張すると、瞬きの回数が多くなると言われています。
写真を撮ったけれど、目を瞑っているなんてことありますよね。

証明写真を撮るときは目を閉じないように気を配るようにします。

ですが、目を閉じないために開きすぎるのも不自然になってしまいますので注意してくださいね。

また、証明写真は全体を写すわけではなく、顔だけを大きく写す写真です。
そのため、ちょっとした髪の乱れや化粧崩れなど気になってしまいます。

証明写真を撮る前には、手鏡などで身だしなみを整えてから撮ることをオススメします。

証明写真を撮るときは、「あくまでも自然に」肩の力を抜いて撮るようにしましょう。