証明写真の時の服装や色で印象はガラッと変化!オススメスタイル!

アルバイトや就活や免許証などの証明写真を撮る場合に注意したいことがあります。

あまり写っていないようでも、服装や洋服の色で写真の仕上がりが違ってきます。

証明書のタイプによっても微妙な違いがありますので、チェックしておきましょう。

顔を小さく見せたい、血色を良く見せたい場合のオススメスタイルは?
また髪型も大きくイメージが変わります。前髪のスタイルもみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

就活で見た目が大事といわれること!男性だってそうなんです

就活を控えている学生さんは、面接や服装など色々なことが気になりますよね。大事な就活や面接です...

韓国に住む、そして仕事をしたいと考えている人へのアドバイス!

日本から飛行機で3時間弱で行くことができる「韓国」。観光名所に行くと日本人でいっぱいですよね。...

レコード会社に就職すうためには学歴は必要?有利となる条件とは

レコード会社に就職したいと考えている人にとって、学歴はどこまで必要となるのか気になるところではないで...

不安でたまらない!仕事のミスをしてしまった時の対処法

仕事でミスをしてしまい不安になっていませんか?「上司にミスを怒られた」「ミスを指摘されて恥ず...

ボウリングでハウスボールを使ってアベレージを上げる方法とは

職場のボウリング大会などがあると、少しでも良いスコアを出したいですよね。でもマイボールを購入...

公務員の内定辞退連絡は手紙?電話?内定辞退のマナーとは

公務員採用試験を突破し内定通知が届いたとしても、第一希望の内定を既に貰った時は内定辞退をするしかあり...

バタフライを速く泳ぐための筋トレ方法と水泳のコツを教えます

水泳の四泳法の中でも、バタフライは背中の筋肉を一番使っていると思いますよね。では、その背筋を...

美容師国家試験の筆記試験の内容や合格基準、勉強方法とは

美容師になるには美容師国家試験を受験する資格を得たうえで、筆記試験と実技試験を受けて合格しなくてはな...

長期休暇の理由で嘘をつくくらいなら言わないほうがいい

長期休暇の理由は正直に話したほうがいいのでしょうか?それとも嘘をついていい?良くも悪くも、休...

大学生の読書感想文の書き方のコツや高評価を得るポイントとは

大学生になっても読書感想文をレポートで提出しなければならないときがあります。では、大学生の読...

バレーボールの練習メニュー【中学生編】上達する方法とは

バレーボールは効果的な練習メニューを中学生から行うことで上達させることができます。まずは基礎...

バスケの練習方法を教えます!基本のパスのコツや注意するコト

バスケがうまくなりたい!ドリブルやシュートもしたいけれど、まずは基本中の基本のパスをうまくなりましょ...

野球のツーシームの基本的な握り方や投げ方について解説します

日本のプロ野球やメジャーにはツーシームが得意な選手がいますが、自分が投げたいと思ってもどうやって投げ...

電話でもしもしは失礼にあたる?正しいビジネスマナーとは

ついつい使ってしまう電話のもしもし。実はこの「もしもし」というワードは会社の電話では失礼にあたるんで...

バドミントンのドライブを速く打つためのコツと練習方法とは

バドミントンのダブルスの試合ではドライブがよく使われていますよね。そのため、少しでもドライブを速く打...

スポンサーリンク

免許証やビザ、履歴書などの証明写真を撮ったけれど、満足のいく写真をとれたことがあるという方はあまり居ないのではないでしょうか。

証明写真は、メイクなどにはすごく気を配ると思いますが、髪形や背景の色に合わせた服に気を配ることで写真の印象がすごく変わります。

証明写真を撮る際に、白の服を着るとレフ板の効果で光が反射するため印象の良い写真が撮れると聞きますよね。

白色の服を着て、顔周りを明るくすることも大切ですが、背景の色にも気をつける必要があります。

免許証などは、背景が青のため問題ありませんが、背景が白の場合、白色の服を着てしまうと顔がぼやけてしまいます。

紺やグレーなどの寒色系は顔周りが暗くなるのではないかと避けがちですが、背景の色によっては、紺やグレーなどの寒色系の色の服を選んだほうが写真の印象が良くなる場合もあります。

また、ボーダーなどの柄物は顔周りがうるさくなってしまうため、できるだけ避けるようにしましょう。

服の色を気にすることは大切ですが、服の色だけではなく背景の色も気にするように心がけましょう。

服装の色やポイントを、証明写真別で紹介

一つに証明写真と言っても、免許証用や履歴書用などさまざまな証明写真がありますよね。

そこで、証明写真別に、服の色などのポイントをご紹介します。

履歴書用の証明写真の場合(アルバイト)

基本的には、清潔感があり、明るく爽やかにみえる水色などのパステルカラーを選ぶことをオススメします。
柄物などは避けるようにしましょう。

また、だらけた印象を与えないためにも、シャツなどの襟付きの服を選びましょう。

写真を撮る際は、ボタンを全てとめるのではなく、襟元のボタンは1つ外したほうが首元がすっきりして見えます。

また、ピアスやネックレスなどのアクセサリーは取り外して撮影をするようにします。

免許証用(車)の証明写真

運転免許証は、身分証明の際に提示することが多く、人に見せることが多いですよね。

そのため、流行のデザインを取り入れた服よりも、シンプルな服のほうが社会性があり印象よく映ります。

また服の色は、白やパステルピンクなどの華やかさのある色を選ぶと、より明るく見えるでしょう。
もしも襟付きシャツなどを着る場合には、こちらも同様に襟元のボタンを1つ外すと良いです。

証明写真の写真写りが良くなる服装や色

証明写真を撮るとき、顔の血色が悪いから血色を良く見せたい、顔が大きく見えるから小さく見せたいなどと思ったことありませんか?

どうせ写真を撮るのであれば、写り良く撮りたいですよね。

以下にて写真写りを良くする方法をご紹介します、参考にしてみてはいかがでしょうか。

顔の大きさが気になる場合の対処法

顔を小さくみせるためには、首元をすっきりとさせることが重要です。
シャツであれば、ボタンを1、2個開けたり、首周りがすっきりしていて鎖骨が見える程度の服を選ぶと効果的です。

また、Vネックや深めのUネックなども顔を小さくみせるのに効果がある服です。

ハイネックは、首周りが隠れてしまい顔が大きく見えてしまいますので避けるようにしましょう。

証明写真で顔の血色を良く見せる方法

顔の血色を良くみせるためには、白などの光が反射しやすい色の服を選ぶことが重要です。
ですが、背景が白などの同系色の場合は、顔がぼやけてしまうため、背景と被らないように注意しましょう。

また、紺やグレーなどの寒色系でも、鎖骨が見えるくらい程度の首元のすっきりとした服を選ぶと血色良く見せることもできます。

背景の色に注意しながら、服を選ぶようにしましょう。

証明写真は清潔感が大事です

証明写真は清潔感があることがとても大切です。

人の第一印象には髪型が大きく関係していると言われているように、証明写真でも髪型は大切で、中でも前髪はより重要となります。

普段友人と出かけるときなどは前髪が額にかかっていても違和感ありませんが、証明写真のときに同様に額に前髪がかかっていると、印象悪く見えてしまいます。

また、眉毛が見える状態の前髪は、知的な雰囲気があり、明るく華やかな印象を与えることができます。

前髪が長い人は、横に流し乱れないようにスプレーで固めるなどして、眉毛を見える状態で写真を撮るようにすると明るい印象を与えることができるでしょう。

また、前髪を薄くしていて浮いてしまう場合は、浮いた部分が顔に影を落としてしまいますので、影ができないように注意しましょう。

写真撮影は表情にも気をつけて

証明写真を撮る際の、服装や髪型についてご紹介しましたが、写真を撮る際には表情にも気をつける必要があります。

人は緊張すると、瞬きの回数が多くなると言われています。
写真を撮ったけれど、目を瞑っているなんてことありますよね。

証明写真を撮るときは目を閉じないように気を配るようにします。

ですが、目を閉じないために開きすぎるのも不自然になってしまいますので注意してくださいね。

また、証明写真は全体を写すわけではなく、顔だけを大きく写す写真です。
そのため、ちょっとした髪の乱れや化粧崩れなど気になってしまいます。

証明写真を撮る前には、手鏡などで身だしなみを整えてから撮ることをオススメします。

証明写真を撮るときは、「あくまでも自然に」肩の力を抜いて撮るようにしましょう。