証明写真の時の服装や色で印象はガラッと変化!オススメスタイル!

アルバイトや就活や免許証などの証明写真を撮る場合に注意したいことがあります。

あまり写っていないようでも、服装や洋服の色で写真の仕上がりが違ってきます。

証明書のタイプによっても微妙な違いがありますので、チェックしておきましょう。

顔を小さく見せたい、血色を良く見せたい場合のオススメスタイルは?
また髪型も大きくイメージが変わります。前髪のスタイルもみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

陸上200mの効果的な練習方法!これでタイムを縮めよう

陸上200mは短距離に入りますが、100mとも違います。コーナーがあるため、コーナーリングの練習も必...

バドミントンの試合で緊張したときに試してみて。緊張しない方法

バドミントンの試合の前は緊張する、有名なバドミントン選手でさえ緊張するといいます。ですが緊張...

警視庁職員になるための試験の難易度は思ったよりも低かった!

警視庁の職員になりたい場合は地方公務員の試験を受けることになりますが、気になるのはその難易度について...

上司からの謝罪にはどんな返事をする?返事をする時の注意点

仕事のことで上司と意見が合わずに対立をすることもありますよね。相手は上司だから上司に従わなくてはなら...

受領のメールを返信する時のポイント!ビジネスメールの送り方

取引先の会社の人から資料などを送ってもらった時、「受け取りました」の意味を込めてメールを返信しますよ...

社長が仕事をしない会社は倒産する?良い社長は仕事をする!

毎日一生懸命に仕事をしている従業員の皆さん、お仕事ご苦労さまです。会社の利益向上と自分のお給料のため...

剣道上達のために鍛える筋肉は腕だけではないことを解説します

剣道で竹刀を力強く振るために、腕の筋肉を鍛えることが大切だと考えている人も多いでしょう。しか...

深夜のコンビニですることはこんな事!経験者が語る!

24時間営業のコンビニでは、深夜の勤務もありますね。深夜の時間帯は来客も少ないのでしょうか?...

バレーボールの上達法は自宅で一人でもできるコツやオススメとは

バレーボールの上達法には自宅で一人でも簡単にできる練習方法があります。コツを掴んで自宅でも練...

年上後輩が偉そうに感じても、同じ目線に立たないようにするには

年上後輩が偉そうでモヤっとする。部下に指示を出すと、次のような態度を取る人っていますよね?...

職場が寒いから辞めたい!解決方法と職場が寒い時にできる対処法

働いている職場が寒いことが原因で職場を辞めたいと悩んでいる人もいますよね。エアコンの設定温度によって...

特別支援学校の教員の給料は一般の教員よりも高い?実態を調査

2015年の時点で日本に1000校以上あると言われている特別支援学校。そこで働く教員の仕事は一般の教...

経済学部は数学が苦手な人でも大丈夫!授業の取り方を工夫しよう

数学が苦手で文系の学部に進む人は多いでしょう。しかし、文系の中でも経済学部となると数学に関係する授業...

バイト先の店長が怖い!怖い理由を探って対処法を見つける方法

バイト先の店長が怖いという悩みを抱えながら日々のアルバイトに精を出している人もいますよね。バイト先の...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

スポンサーリンク

免許証やビザ、履歴書などの証明写真を撮ったけれど、満足のいく写真をとれたことがあるという方はあまり居ないのではないでしょうか。

証明写真は、メイクなどにはすごく気を配ると思いますが、髪形や背景の色に合わせた服に気を配ることで写真の印象がすごく変わります。

証明写真を撮る際に、白の服を着るとレフ板の効果で光が反射するため印象の良い写真が撮れると聞きますよね。

白色の服を着て、顔周りを明るくすることも大切ですが、背景の色にも気をつける必要があります。

免許証などは、背景が青のため問題ありませんが、背景が白の場合、白色の服を着てしまうと顔がぼやけてしまいます。

紺やグレーなどの寒色系は顔周りが暗くなるのではないかと避けがちですが、背景の色によっては、紺やグレーなどの寒色系の色の服を選んだほうが写真の印象が良くなる場合もあります。

また、ボーダーなどの柄物は顔周りがうるさくなってしまうため、できるだけ避けるようにしましょう。

服の色を気にすることは大切ですが、服の色だけではなく背景の色も気にするように心がけましょう。

服装の色やポイントを、証明写真別で紹介

一つに証明写真と言っても、免許証用や履歴書用などさまざまな証明写真がありますよね。

そこで、証明写真別に、服の色などのポイントをご紹介します。

履歴書用の証明写真の場合(アルバイト)

基本的には、清潔感があり、明るく爽やかにみえる水色などのパステルカラーを選ぶことをオススメします。
柄物などは避けるようにしましょう。

また、だらけた印象を与えないためにも、シャツなどの襟付きの服を選びましょう。

写真を撮る際は、ボタンを全てとめるのではなく、襟元のボタンは1つ外したほうが首元がすっきりして見えます。

また、ピアスやネックレスなどのアクセサリーは取り外して撮影をするようにします。

免許証用(車)の証明写真

運転免許証は、身分証明の際に提示することが多く、人に見せることが多いですよね。

そのため、流行のデザインを取り入れた服よりも、シンプルな服のほうが社会性があり印象よく映ります。

また服の色は、白やパステルピンクなどの華やかさのある色を選ぶと、より明るく見えるでしょう。
もしも襟付きシャツなどを着る場合には、こちらも同様に襟元のボタンを1つ外すと良いです。

証明写真の写真写りが良くなる服装や色

証明写真を撮るとき、顔の血色が悪いから血色を良く見せたい、顔が大きく見えるから小さく見せたいなどと思ったことありませんか?

どうせ写真を撮るのであれば、写り良く撮りたいですよね。

以下にて写真写りを良くする方法をご紹介します、参考にしてみてはいかがでしょうか。

顔の大きさが気になる場合の対処法

顔を小さくみせるためには、首元をすっきりとさせることが重要です。
シャツであれば、ボタンを1、2個開けたり、首周りがすっきりしていて鎖骨が見える程度の服を選ぶと効果的です。

また、Vネックや深めのUネックなども顔を小さくみせるのに効果がある服です。

ハイネックは、首周りが隠れてしまい顔が大きく見えてしまいますので避けるようにしましょう。

証明写真で顔の血色を良く見せる方法

顔の血色を良くみせるためには、白などの光が反射しやすい色の服を選ぶことが重要です。
ですが、背景が白などの同系色の場合は、顔がぼやけてしまうため、背景と被らないように注意しましょう。

また、紺やグレーなどの寒色系でも、鎖骨が見えるくらい程度の首元のすっきりとした服を選ぶと血色良く見せることもできます。

背景の色に注意しながら、服を選ぶようにしましょう。

証明写真は清潔感が大事です

証明写真は清潔感があることがとても大切です。

人の第一印象には髪型が大きく関係していると言われているように、証明写真でも髪型は大切で、中でも前髪はより重要となります。

普段友人と出かけるときなどは前髪が額にかかっていても違和感ありませんが、証明写真のときに同様に額に前髪がかかっていると、印象悪く見えてしまいます。

また、眉毛が見える状態の前髪は、知的な雰囲気があり、明るく華やかな印象を与えることができます。

前髪が長い人は、横に流し乱れないようにスプレーで固めるなどして、眉毛を見える状態で写真を撮るようにすると明るい印象を与えることができるでしょう。

また、前髪を薄くしていて浮いてしまう場合は、浮いた部分が顔に影を落としてしまいますので、影ができないように注意しましょう。

写真撮影は表情にも気をつけて

証明写真を撮る際の、服装や髪型についてご紹介しましたが、写真を撮る際には表情にも気をつける必要があります。

人は緊張すると、瞬きの回数が多くなると言われています。
写真を撮ったけれど、目を瞑っているなんてことありますよね。

証明写真を撮るときは目を閉じないように気を配るようにします。

ですが、目を閉じないために開きすぎるのも不自然になってしまいますので注意してくださいね。

また、証明写真は全体を写すわけではなく、顔だけを大きく写す写真です。
そのため、ちょっとした髪の乱れや化粧崩れなど気になってしまいます。

証明写真を撮る前には、手鏡などで身だしなみを整えてから撮ることをオススメします。

証明写真を撮るときは、「あくまでも自然に」肩の力を抜いて撮るようにしましょう。