集団討論のコツ!教員採用試験で周りに差をつけ高評価を得る方法

教員採用試験では集団面接の他に集団討論も行われます。
形式は色々ありますが、集団討論の配点は高いため、できればアピールして周りに差をつけたいところです。

集団討論にはコツがあります。
何を見られているのかを理解した上で、教師力や人間性、協調性をアピールすることが必要です。

集団討論のコツについてご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校生向け!就職試験の面接の基本や気をつけたいこと

高校生が就職試験の面接を受けるときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?面接の入室...

休みの日に鳴る電話!仕事関係ならどうするのか聞いてみた

せっかくの休みの日に仕事の電話がくることにどう思いますか?休みの日くらいゆっくりさせて欲しい...

公務員(臨時職員などのパート)の面接とは?アピールすること

市役所の臨時職員など公務員のパートの仕事に応募したいという人も多いのではないでしょうか?では...

ボクシングの観戦が初心者の方へ、基本情報や見どころを紹介

テレビ中継を見て生を見てみたくなった、知り合いにボクサーがいるなどボクシングを初めて観戦するという人...

卓球でカットマンと試合をするときの攻略方法や戦い方とは

カットを使い、ボールに下回転をかけて相手のミスを待つ戦い方のカットマン。カットマンと戦うことが苦手な...

公務員最終試験に合格しても採用されない理由とは

公務員の最終試験に合格したからといって安心してはいけません。実は、最終試験に合格しても採用されないケ...

通訳の仕事が将来なくなる?今後通訳者が求められるスキルとは

通訳を仕事にしている人たちにとって不安なこと、それが通訳の将来性です。一説には今後数十年で通...

サーブのコツ!バレーでサーブが入らない理由と練習方法

バレーボールの初心者がまず覚えることはサーブの打ち方です。ゲームはまずサーブから始まりますの...

大学に行きたくないのは友達がいないから。アドバイスと解決法

「大学に行きたくない・・・」大学生にはさまざまな悩みがあり、そこには色んな理由があると思います。...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

警視庁職員になるための試験の難易度は思ったよりも低かった!

警視庁の職員になりたい場合は地方公務員の試験を受けることになりますが、気になるのはその難易度について...

会社を辞める時の挨拶のポイントや円満退職のためのマナーとは

会社を辞める時にはお世話になった上司や同僚に挨拶をしましょう。では、会社を辞める時の退職の挨...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。でも、何級か...

面接を連絡なしでドタキャンするのはだめ!相手の立場になろう

面接の連絡なしでドタキャンをすると、あなたの評価がガタ落ちしてしまう!?お互いのためにも、き...

陸上部は高校からの初心者でもOK!練習や上達に必要なこと

高校から陸上部に入部するのは難しいかと思われがちですが、高校の陸上部は初心者でもオススメな部活なんで...

スポンサーリンク

集団討論のコツ!教員採用試験では何を見られているの?

教員採用試験を受けることを考えている方ですが、集団討論が行われる為その集団討論で何をしたら良いのか、どうすれば高得点をとることができるのか疑問に感じている人もいると思います。

その疑問に答える為に教員採用試験の集団討論で何を見られているのか、どうすれば、高得点をとることができるのか、ポイントをみていきたいと思います。

「人の話を聞く」

案外人は相手の話を聞くことが苦痛と感じる人もいると思います。ですが、集団討論では、どれだけ周りの話を聞くことができるのか、「聞く力」が見られます。
自分が主張することも勿論大切ですが、周囲の人がどんなことを言っているのか、聞く力を養うことができるよう心がけましょう。

「周囲との協力性」

一つの課題について討論することになりますから、話の主旨がその課題からそれないように注意しましょう。

また、最後にはまとめが入りますから自分の意見だけではなく、周囲の人がどんな事について意見を述べていたのか、メモをとる必要があります。

教員採用試験の集団討論では司会をやらないのがコツ!

先ほどは教員採用試験で集団討論の際、良く周囲の意見を聞くことまた周りと協力して課題について討論をしていくのが、高得点を得る鍵であることをみてきました。

集団討論で司会をやらない方が良いメリット

慣れている人だったら問題はないと思いますが、慣れていないのであれば、集団討論で司会はやらない方が良いと思います。

慣れていないことをすると「ミス」が出る可能性もあるので、集団討論で司会であったり書記はやらない方が合格しやすいのではないでしょうか。

慣れてないことをして本番に「ミス」をしてしまって不合格になってしまうよりは、慣れていることに集中してミスもなく、合格した方があなた自身も疲れなくて済むと思います。

ミスが不合格というリスクを減らすためにも、慣れていることに集中した方が良いと思います。

教員採用試験の集団討論のコツ、討論の進め方とは?

教員採用試験の集団討論、慣れていないのであれば、司会は書記はやらない方が良いことを先ほどはみてきました。

教員採用試験の集団討論、聞き手になった方が良いこと、慣れてないものはやらない方が良いなどのポイントはみてきました。でも、どうやって、集団討論を進めていくのか、進め方についてより詳しく知りたいという方もいると思います。

集団討論で大切になってくることを確認してみよう

グループリーダーがいないと、方向性が見えなくなる

まとめる人がいないと、話をしながら、方向性を見落とすことがあります。その為、誰かがホワイトボードで意見を書いていったり、どこまで決まっているかなど確認、共有する過程が大切になってきます。

全員が発言できる環境づくり

集団討論ですが、全員が発言する必要があります。その為、安心して発言できる環境作りであったり、各個人が心を開いて発言する必要があると思います。

集団討論をする上で、上記のような点について注意して進めていけると良いですね。

教員採用試験の集団討論でやってはいけないNG行動とは?

先ほどは、教員採用試験の集団討論では、まとめてくれる人であったり、全員が発言できる環境を作ることが討論を進める正しい方法であることをみてきました。

集団討論で高得点をとるのにやってはいけないポイント、避けたいポイント

「自分の意見を言わない」

集団討論は、聞くことも大切ですが、自分の意見を述べる必要があります。その為、高得点を得たいのであれば、自分の意見をある程度は主張しなくてはなりません。

目安としては、30分の集団討論でしたら、最低5回位は自分の意見を言うように心がけましょう。

もしかしたら、周囲の方が集団討論に慣れており、中々自分の意見を言うことができない人もいるかもしれません。そんな方へのアドバイスは、「練習を積み重ねること」だと思います。

何事も練習を積み重ねることで、スキルはついてきます。また、課題が前もってわかっているのなら、前もって自分の意見をまとめて発表できるよう、準備をしておきましょう。

教員採用試験の集団討論で高評価を得るには?

教員採用試験の集団討論、高得点をとる為には、自分も最低限度発言をすること、またその練習を積み重ねることで、うまく発言するようになれることを上記ではみてきました。

教員採用試験の集団討論で高評価を得る、別のポイントを紹介

他の受験生と協調できる姿勢ポイント

集団討論では、自分の意見を発表することが大切になってはきますが、自分の意見を周囲に押し付けてはいけません。周りと「協調」できる姿勢が大切になってきます。

どうしてその点が大切になってくるかというと、教師になると、子供とそのご両親と同じことをしなくてはいけないからです。

その為、集団討論では、協調性を表現できるようにしましょう。

自分の意見をはっきりとさせるポイント

自分の意見や立ち位置をしっかりして意見を述べる必要があります。それは、教師になってからも求められることですから、意見を変えることなく、自分の立ち位置を確率しましょう。