集団討論のコツ!教員採用試験で周りに差をつけ高評価を得る方法

教員採用試験では集団面接の他に集団討論も行われます。
形式は色々ありますが、集団討論の配点は高いため、できればアピールして周りに差をつけたいところです。

集団討論にはコツがあります。
何を見られているのかを理解した上で、教師力や人間性、協調性をアピールすることが必要です。

集団討論のコツについてご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

公務員の内定辞退連絡は手紙?電話?内定辞退のマナーとは

公務員採用試験を突破し内定通知が届いたとしても、第一希望の内定を既に貰った時は内定辞退をするしかあり...

公務員が年休を取得する場合、理由は必要ないけど伝え方に注意

公務員は労働基準法の適用外となっていますが、年休を取得する権利はあります。 一般的な会社員であ...

警察官の面接のコツや合格する人の特徴や必要なこととは

警察官の面接で合格するためにはコツはあるのでしょうか? そもそも、警察官採用試験の面接ではどん...

退職は2週間前に伝えればいいの?正社員の退職について

退職したいなら2週間前でOK? 正社員での雇用なら、民法627条1項の定めにより、『雇用は、解...

職場の可愛い子はやっぱり目立つ!彼女が好かれる理由とは

職場の可愛い子が目立つのは、見た目だけではなかった!可愛い子は隠れて努力をしているのかもしれません。...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

雪でバスが止まると、会社を休む!?遅刻した場合についても紹介

雪が降ってバスも止まると、会社を休んでもいいのでしょうか? 公共交通機関がとまってしまうと、通勤が...

スキー上級者の滑り方、上級者はどんな滑り方をしているのか

ゲレンデに行くと山の頂上から颯爽と滑っていく人に目がいきませんか。 結構多くの人は注目しているはず...

退職後に行う手続きの期限は?退職後に必要な手続きについて

退職後は色々な手続きをする必要があります。行わなければならない手続きの中には、期限が決められているも...

謝罪の電話をかける時間帯でベストなタイミングと謝り方を紹介!

大事な仕事でミスをしてしまって相手に迷惑をかけた場合に、謝罪の電話をかけなくてはならない事もあります...

東京消防庁の体力試験の内容とは?合格に向けて体を鍛えよう!

東京消防庁の一次試験に合格するといよいよ二次試験!勝負の体力試験が待っています。 ではその体力...

職場でうるさい人を注意する方法は?人間関係を壊さずに注意を

自分が働いてる職場に何かと騒がしい・うるさい人っていますよね。あまりにもうるさすぎると、仕事に支障が...

大学生の読書感想文の書き方のコツや高評価を得るポイントとは

大学生になっても読書感想文をレポートで提出しなければならないときがあります。 では、大学生の読...

短距離走を速く走るコツを紹介。かかとや姿勢や靴選びについて

短距離走のタイムを上げたい、速く走るコツがあったら知りたいと思いませんか。 短距離走を速く走る...

大学編入で理系から文系に変えるならスムーズ?大学編入の注意点

理系の大学に入学した後、やっぱり自分は文系が合っていたのかもと理系から文系へ大学を編入しようと考える...

スポンサーリンク

集団討論のコツ!教員採用試験では何を見られているの?

教員採用試験を受けることを考えている方ですが、集団討論が行われる為その集団討論で何をしたら良いのか、どうすれば高得点をとることができるのか疑問に感じている人もいると思います。

その疑問に答える為に教員採用試験の集団討論で何を見られているのか、どうすれば、高得点をとることができるのか、ポイントをみていきたいと思います。

「人の話を聞く」

案外人は相手の話を聞くことが苦痛と感じる人もいると思います。ですが、集団討論では、どれだけ周りの話を聞くことができるのか、「聞く力」が見られます。
自分が主張することも勿論大切ですが、周囲の人がどんなことを言っているのか、聞く力を養うことができるよう心がけましょう。

「周囲との協力性」

一つの課題について討論することになりますから、話の主旨がその課題からそれないように注意しましょう。

また、最後にはまとめが入りますから自分の意見だけではなく、周囲の人がどんな事について意見を述べていたのか、メモをとる必要があります。

教員採用試験の集団討論では司会をやらないのがコツ!

先ほどは教員採用試験で集団討論の際、良く周囲の意見を聞くことまた周りと協力して課題について討論をしていくのが、高得点を得る鍵であることをみてきました。

集団討論で司会をやらない方が良いメリット

慣れている人だったら問題はないと思いますが、慣れていないのであれば、集団討論で司会はやらない方が良いと思います。

慣れていないことをすると「ミス」が出る可能性もあるので、集団討論で司会であったり書記はやらない方が合格しやすいのではないでしょうか。

慣れてないことをして本番に「ミス」をしてしまって不合格になってしまうよりは、慣れていることに集中してミスもなく、合格した方があなた自身も疲れなくて済むと思います。

ミスが不合格というリスクを減らすためにも、慣れていることに集中した方が良いと思います。

教員採用試験の集団討論のコツ、討論の進め方とは?

教員採用試験の集団討論、慣れていないのであれば、司会は書記はやらない方が良いことを先ほどはみてきました。

教員採用試験の集団討論、聞き手になった方が良いこと、慣れてないものはやらない方が良いなどのポイントはみてきました。でも、どうやって、集団討論を進めていくのか、進め方についてより詳しく知りたいという方もいると思います。

集団討論で大切になってくることを確認してみよう

グループリーダーがいないと、方向性が見えなくなる

まとめる人がいないと、話をしながら、方向性を見落とすことがあります。その為、誰かがホワイトボードで意見を書いていったり、どこまで決まっているかなど確認、共有する過程が大切になってきます。

全員が発言できる環境づくり

集団討論ですが、全員が発言する必要があります。その為、安心して発言できる環境作りであったり、各個人が心を開いて発言する必要があると思います。

集団討論をする上で、上記のような点について注意して進めていけると良いですね。

教員採用試験の集団討論でやってはいけないNG行動とは?

先ほどは、教員採用試験の集団討論では、まとめてくれる人であったり、全員が発言できる環境を作ることが討論を進める正しい方法であることをみてきました。

集団討論で高得点をとるのにやってはいけないポイント、避けたいポイント

「自分の意見を言わない」

集団討論は、聞くことも大切ですが、自分の意見を述べる必要があります。その為、高得点を得たいのであれば、自分の意見をある程度は主張しなくてはなりません。

目安としては、30分の集団討論でしたら、最低5回位は自分の意見を言うように心がけましょう。

もしかしたら、周囲の方が集団討論に慣れており、中々自分の意見を言うことができない人もいるかもしれません。そんな方へのアドバイスは、「練習を積み重ねること」だと思います。

何事も練習を積み重ねることで、スキルはついてきます。また、課題が前もってわかっているのなら、前もって自分の意見をまとめて発表できるよう、準備をしておきましょう。

教員採用試験の集団討論で高評価を得るには?

教員採用試験の集団討論、高得点をとる為には、自分も最低限度発言をすること、またその練習を積み重ねることで、うまく発言するようになれることを上記ではみてきました。

教員採用試験の集団討論で高評価を得る、別のポイントを紹介

他の受験生と協調できる姿勢ポイント

集団討論では、自分の意見を発表することが大切になってはきますが、自分の意見を周囲に押し付けてはいけません。周りと「協調」できる姿勢が大切になってきます。

どうしてその点が大切になってくるかというと、教師になると、子供とそのご両親と同じことをしなくてはいけないからです。

その為、集団討論では、協調性を表現できるようにしましょう。

自分の意見をはっきりとさせるポイント

自分の意見や立ち位置をしっかりして意見を述べる必要があります。それは、教師になってからも求められることですから、意見を変えることなく、自分の立ち位置を確率しましょう。