教員採用試験の服装の一次試験で迷うなら、スーツがおすすめ

教員採用試験の一次の多くは筆記試験です。
筆記試験なので募集要領には「服装自由」と書かれていることも多く、服装自由と言われるとどんな服装にすればいいのか悩んでしまいます。

教員採用試験の服装で一次試験の時はどんな服装がベストなのでしょうか。実際に一番多い服装は?

「クールビズOK」の時でもノーネクタイで本当に良いのかについても調べました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

消防救助隊が行う訓練とは?人命救助を目的とした厳しい訓練

消防には救助隊と呼ばれている、人命救助を目的とした専門部隊があります。レスキュー隊とも呼ばれているチ...

警察官の面接のコツや合格する人の特徴や必要なこととは

警察官の面接で合格するためにはコツはあるのでしょうか?そもそも、警察官採用試験の面接ではどん...

大学生の読書感想文の書き方のコツや高評価を得るポイントとは

大学生になっても読書感想文をレポートで提出しなければならないときがあります。では、大学生の読...

飲み屋の経営を女1人で切り盛りする秘訣と成功ポイント

女1人で飲み屋の経営を始めようと思っても、実際に本当にそれが可能なのか、やっていけるのかと不安になる...

就活中電話に出れなかった時のマナー!折り返す時のポイント

就活中、都合が悪くて企業からの電話に出れなかったということもありますよね。結果の合否の連絡が電話で来...

クロールは速く泳ぐコツがある!スイスイ泳げるようになろう

クロールは速く泳ぐコツを掴むことは、クロールを上達するためにも大切なことです。例えば、呼吸の...

走り高跳びをベリーロールで飛ぶための練習法とコツを教えます

体育の時間に行う走り高跳びで、ベリーロールで飛ぶことって難しいですよね。どうしても正面から飛ぶことが...

ボウリングの曲げ方のコツとは?カーブを投げるときのポイント

ボウリングでカーブボールを投げるときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?プロ...

大学の講師になるには?必要な資格やなるための方法とは

大学の講師になるにはどうしたらいいのでしょうか?大学の教員として働きたい、教授を目指すために...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっ...

在宅で起業する主婦が急増中!成功の秘訣とは

子供が小さくて外に出て働くことがまだまだ難しい・・・という主婦も多いのでは?在宅ワークをして...

面接での印象がUPする!自然な笑顔の作り方と練習のポイント

面接では笑顔が好印象に!?でも無理に笑顔を作ろうとしても、緊張も手伝って不自然な感じになってしまいま...

No Image

弓道初心者必見!上達するための筋トレメニューを大特集

弓道というと、ゆっくりとした動きがメインですよね。しかし、ゆっくりと動くためにも筋肉が必要です。...

職場のおばさんは子供かも?陰口を言う心理や対処法

職場のおばさんの中には、人の陰口を言うのが好きな人っていますよね。では、そんな人の陰口を言う...

スポンサーリンク

教員採用試験の服装で一次試験の時はどんな服装がベスト?

魅力がある職種の一つが教員だと思いますが、その教員になる為には、教員採用試験を受けなくてはいけませんよね?その際、一次試験の際ですが、どんな服を着ていけば良いのでしょうか。

答えからいいますと、「スーツ」が最もふさわしい服装になります。
一つの理由として考えられるのは、スーツが一番無難であり、適切な服装だと考えられるからです。

一次試験は筆記試験なので、それほど服装が問題になることはないと思います。ただ、念のためにスーツを着用した方が、印象は良くなると思います。

因みに、ある統計によりますと、教員採用試験を受けた方の7割がスーツ、他の方々は私服だったそうです。その統計からもわかるように、スーツ着用の方が、後々問題になることもなく、好印象を与えることができるのではないでしょうか。

実際に教員採用試験一次の服装で多いのはスーツ

先ほどは、教員採用試験で一次試験の際、1番適切な服装はスーツなことをみてきました。

実際、一次試験の際に着用する服装で多いのはスーツなようです。

試験時間前に会場につくと、会場にはスーツを着ている人が多いようです。

その為、その場で落ち着くためにもスーツ着用で試験を受けた方が、精神的にもおちつくのではないでしょうか。

また、一般論であって例外も勿論あると思いますが、私服で一試験を受ける方々ですが、少し緊張感がないように思われます。

休み時間にうるさかったり、知っている友達と集まって騒いでしまったり。そのせいか、成績もあまり良くとれなかったりするようです。

それを考えると、服装だけでも「スーツ」を選んでいる方々の方が、試験に対するやる気が緊張感に差が出てくるのかもしれませんよね。

全員が全員その傾向があるとは思いませんが、スーツを着ていった方がマナーがあって、成績も好成績の人が多いのではないでしょうか。是非、スーツを着て一次試験に勝負していって下さいね。

教員採用試験の一次試験の注意事項に「服装は自由、クールビズで良い」とあるならノーネクタイでもいいの?

先ほどは教員採用試験の一次試験でスーツを着ている方々の方が、成績が良くマナーが整っている傾向があることについてみてきましたよね。

次に、教員採用試験の一次試験で服装に関して「服装は自由、クールビズで良い」という注意書きがある場合は、どのような服装をしていけば良いのかについてみていきたいと思います。

答えからいうと、「クールビズで良い」と書かれているのでしたら、基本、スーツを着用すること、また、男性ならノーネクタイで大丈夫なようです。

でも、不安だと思われる人もいると思います。そんな方は、一応ネクタイは持っていって周りの反応をみてみると良いと思います。

ただ、「クールビズだから」と気を抜いてはいけないと思います。ネクタイは着用していた方が、やはり「基本」になります。ネクタイの着用は基本心がけましょう。

教員採用試験の服装ポイントは?

上記では、教員採用試験の際スーツ着用はわかっていても、「クールビズ」という注意書きがある場合でも着用はした方が良い、それが基本であるという点について触れてきましたよね。

次に、教員採用試験の時にはスーツが1番適切な服装だとわかってはいますが、どのような点に注意すれば良いのか、ポイントをみていきたいと思います。

教員採用試験の時に着用する「スーツ」

  • 色は黒、紺、グレーが一般的
  • サイズは自分にあったもの
  • ボタンは一番下を外すのが基本になります

ネクタイ・ベルトはどんなものが好ましいのか

ネクタイの色は自分らしさがアピールできるものを選択しましょう
ジャケットを脱いだときに意外と目立つのが、ベルトです。自分のサイズにあったものをチョイスしましょう。

かばん・靴はきちんと手入れされた、きれいなものを

かばんのサイズはA4サイズの資料が入るもの
靴はかかとがすりへっていたり、汚くなっていると悪い印象を与えます。手入れを忘れずに。

教員採用試験の一次試験は冷房対策で上着持参がおすすめ

先ほどは、教員採用試験の一次試験で着るスーツ、どのような点について気をつけたら良いのか、そのポイントを確認してきました。

最後に、教員採用試験の一次試験ですが、冷房対策のため、上着を持参することをお勧めしたいと思います。

試験会場ですが、「スリッパ」も持参しましょう。

また、試験会場は思った以上に寒い可能性もあります。その為、ジャケットを着て温度調節をしていきましょう。

試験会場が思った以上に寒いという意見も多数寄せられているようです。熱かったら脱げばよいだけですので、ジャケットを着ていくこと、また、他に個人的に寒い時の為にできる対策があるのなら、そのアイテムを試験会場にもって行くことも考えた方が良いかもしれませんね。

おなかが痛くなる経験がある人でしたら、ホッカイロを持っていくこともお勧めです。試験会場で寒いことで、体調を崩すのは嫌ですよね。しっかりと、冷房対策ができますように。