サッカーの無回転の蹴り方のコツや姿勢などポイントを習得しよう

サッカーの無回転の蹴り方のコツを掴めば、ボールがブレ球となる強烈なシュートを打つことができます。

無回転シュートを蹴るためには、蹴り方のコツや気をつけたいポイントを習得することが大切です。

そこで、サッカーの無回転の蹴り方のコツや姿勢などポイントについてご紹介致します。
ぜひコツを掴んで練習に励んで、無回転シュートを習得しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケのシュート練習を自宅でする方法!高校生からの上達法

高校からバスケ部に入ったという方も多いですよね。バスケを始めたばかりだと、やはりたくさんの練...

バレーボールのサーブの打ち方とはコツやポイントを紹介

バレーボールのサーブはどのような打ち方であれば入るのでしょうか?バレーボールのサーブといえば、フロー...

育成ドラフトとは?育成選手が受ける制約や問題点、選手の本音

育成ドラフトとはどんな制度なのか、あなたは知っていますか?通常のドラフトで指名されるのとは違...

大学編入で理系から文系に変えるならスムーズ?大学編入の注意点

理系の大学に入学した後、やっぱり自分は文系が合っていたのかもと理系から文系へ大学を編入しようと考える...

退職する人に贈り物をしたい!バイトの場合はこんなプレゼント!

バイトの仲間が退職する時に、何か記念にプレゼントをしたいけれど何を贈ったらよいのかよくわからないと悩...

牽制が野球の試合を制す!そのやり方について徹底解説します

野球の試合において牽制でランナーをアウトにすることもできますが、正しいやり方やコツがわかっていないと...

転勤したら住民票は独身でも移すべき義務と手続き方法

独身の社会人が転勤して住む場所が変わったときは、住民票を移すのは義務だということをご存知でしょうか?...

水泳のキックの強化に欠かせない筋トレ方法を紹介します

水泳のキックを強化したいときにはどのような筋トレをしたらいいのでしょうか?クロールのキック力...

ソフトテニスのローボレーの打ち方のコツ。姿勢や足さばきなど

ソフトテニスの前衛でローボレーが上手くない、苦手という声をよく聞きます。ローボレーが上手く打てる...

新入社員の指導で疲れたときの対処法と大切なこととは

新入社員の指導をするということは、自分にとってプラスになることでもあるとわかっていても、指導に疲れた...

上司から愚痴を聞かされるのが辛い人へアドバイス!

上司にからいつも愚痴ばかり聞かされる・・・。聞かされる方もストレスが溜まりますよね。愚痴ばか...

スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります...

深夜のコンビニですることはこんな事!経験者が語る!

24時間営業のコンビニでは、深夜の勤務もありますね。深夜の時間帯は来客も少ないのでしょうか?...

fラン大学生の就職活動にどんな資格が必要なのか徹底解説!

fラン大学生は就職活動をしても不利だから資格を取得した方がいい、なんて話を聞きますよね。しか...

No Image

サッカーのスパイクの手入れ頻度や正しい方法で大切に使おう

サッカーのスパイクのお手入れは、皆さんどのくらいの頻度で行っているでしょうか。長く使うために...

スポンサーリンク

サッカーで無回転シュートの蹴り方のコツとは

無回転シュートを蹴るために必要なことは?

  1. 確実に足の硬い部分でボールの中心を蹴ることができるかということ
  2. インパクトの瞬間の蹴るスピードがカギになる

この2つが揃えばシュートが無回転になる確率が上がります。特にボールの芯を確実に捉えて蹴ることができるかどうかが大きなポイントで、ボールの真芯を強く蹴ることでボールは回転せずに飛んでいきます。回転せずに空中を進むと、ボールの後ろに気流の乱れが起こってボールに不規則な動きを与えます。

この時、蹴り出す力が早く強いほど不規則な変化が起こりやすくなります。

蹴る時に足を直線ではなく遠心力を利用して斜めに強く振り出すのがコツ。こうして蹴られたボールは揺れるように動く「ブレ球」と呼ばれる状態で飛んでいきます。

サッカーの無回転シュートの蹴り方は思いっきり打つこと

不規則な動きをするのが特徴の無回転シュート。
正直、蹴り方は「ボールの中心をピンポイントで狙って強い力をまっすぐ叩き込む」という至ってシンプルなのですが、これが非常に高度な技術が必要になります。

インステップで蹴ると足の当たる位置がズレやすく、ボールを回転させずに蹴ることが難しいのです。

最近はインステップではなく、インサイドキックよりわずかに上の部分で蹴るケースが多いようです。

助走はサッカーボールに対して直線に

軸足はボールの真横に置いて蹴り足は軸足と直角になる角度です。お寺の金を打つように、まっすぐボールの中心をめがけて思い切り蹴りましょう。

インパクトの瞬間、重心を少し前に置きボールの芯に体重をかけ、徐々に重心を後ろに移動してボールをすくい上げるように。続けてまっすぐ振り抜いていきます。

とにかくボールの中心を「思いっきり打つ」ことが無回転シュートに一番必要なことです。

サッカーの無回転シュートの蹴り方は姿勢も大切

無回転シュートでは、とにかく強く蹴り出すことが必要なので、確実にボールに力を伝えるためには姿勢も重要になります。

顎を引いて30度くらいの角度でお辞儀をするように。上半身が起きた状態だとボールが浮いてしまい、ボールは無回転にならずゴールの上を飛んで行ってしまいます。

顎を引く(下げる)ことを意識するれば、自然と体勢が下がり気味になります。疲れてくると顎が上がりやすくなるので注意が必要です。

姿勢が悪いとボールを蹴り出す力が伝わらなかったり、蹴り出す位置がズレてしまいボールが浮いてしまうのです。

蹴る時に足元にばかり気を取られていると、姿勢が崩れたことに気づけないことがあるかもしれません。やるべきことは「シンプル」ですが「簡単」ではありません。

感覚を掴むまでは繰り返して練習しましょう。

サッカーの無回転シュートのメリットとは

サッカーでは通常蹴ったボールは横回転しています。この場合、ボールの回転する方向によって左右にカーブしながら進みます。

蹴る位置によっては縦回転になり下に落ちる動きになります。

優れたゴールキーパーは、ボールを蹴る瞬間のこうした動きを見定めてボールが飛んでくる方向をある程度予測することが可能になります。

これが無回転シュートになるとボールの軌道を予測しづらく、飛んでくるボールも揺れるようにブレることからゴール前でキャッチすることはもちろん、パンチングなどで止めることも難しくなるのです。

取られにくい、止められにくいということが無回転シュートの最大の強み。確実に狙ったタイミングで無回転シュートを蹴ることができれば、大きな得点力を得ることができるというわけです。

無回転シュートを練習を重ねて習得しよう

無回転シュートはボールの芯をとらえて強く蹴ることで生まれます。ただ、ボールに足が当たったところで気を抜いてはいけません。そこからの足の振り方もポイントになります。

足を振る早さを一定に保つために足全体を伸ばすように蹴ります。無駄な力は入れなくとも足を振る速度が一定なら、ボールの中心をしっかりと蹴り出しやすくなります。

そして蹴る方向を意識しましょう。狙った場所につま先を向けて蹴りたい方向におもきり蹴り出します。

無回転シュートを打つためのコツ

  • 姿勢はお辞儀をするような体勢
  • ボールの中心を狙って蹴る
  • 蹴る瞬間は足全体を伸ばす
  • つま先を狙った方向に向ける

こうして並べると簡単なことばかりになりますが、これらが確実に揃って初めて成功する無回転シュート。すぐには成功しなくて当たり前です。

何度も繰り返して身体が感覚を覚えるまで練習を積み重ねてください。

無回転シュートの蹴り方は、とにかく感覚を身体に覚えさせること!

無回転シュートはキーパーが止めるのが難しいため確実に決められるよう精度を高めれば、得点力として大きな強みになります。

その動作の一つ一つは普段の練習の中でも行うことばかりですが、蹴り出す時の姿勢や足の使い方にはちょっとしたコツがありました。

何よりボールの中心を確実に捉えられなければ回転かかってしまうので、その感覚を研ぎ澄まさなければなりません。

大きく揺れるボールはキャッチしにくいことはもちろんですが、パンチで弾いたとしても思い通りの角度に弾き飛ばすことが難しくなります。

ただしうまくいかないと、いかにも失敗したという感じになってしまいがち。

とにかく自信を持って無回転シュートを蹴ることができるよう、感覚を身体で覚えるのが一番のコツといえるでしょう。