卓球初心者の練習方法!基本的な練習や上達のためにできる練習

卓球をはじめたばかりの卓球初心者の人は、一体どんな練習をすれば卓球が上手になるのか知りたいですよね。試合に勝てるようになるためにはまず、基本となる練習をして上達を目指しましょう。

そこで今回は、卓球をはじめたばかりの卓球初心者の人におすすめの練習と、卓球が上達するために取り入れたい練習についてお伝えします。

卓球がうまくなるために、頑張って練習に励みましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

走り高跳びをベリーロールで飛ぶための練習法とコツを教えます

体育の時間に行う走り高跳びで、ベリーロールで飛ぶことって難しいですよね。どうしても正面から飛ぶことが...

大学中退から専門学校は就職に有利なワケと人生のきっかけ

大学中退してからすぐに就職するのではなく、専門学校に再入学するという人も多いのではないでしょうか?...

アイドルの衣装をデザインする仕事をするために進むべき道とは

テレビで見かけるアイドルの衣装ってかわいいですよね。そんな衣装を見ていると「自分がデザインした衣装を...

ボウリングでハウスボールを使ってアベレージを上げる方法とは

職場のボウリング大会などがあると、少しでも良いスコアを出したいですよね。でもマイボールを購入...

警察採用試験の面接でよく聞かれる質問は?面接必勝法

警察採用試験は各都道府県で行われますが、実施内容が若干異なります。ただ、面接時に聞かれる質問はあ...

書類選考の結果は?不採用は連絡なし?選考期間の目安と連絡義務

企業の面接を受けて書類選考の結果の連絡を待っているという人は、なかなか連絡が来ないと不採用になったの...

退職後に行う手続きの期限は?退職後に必要な手続きについて

退職後は色々な手続きをする必要があります。行わなければならない手続きの中には、期限が決められているも...

大学に行きたくないのは友達がいないから。アドバイスと解決法

「大学に行きたくない・・・」大学生にはさまざまな悩みがあり、そこには色んな理由があると思います。...

お礼状は幼稚園や保育園に内定が決まったら出す?疑問について

幼稚園や保育園の就職の内定が決まったらとても嬉しく、自分がなりたい職業に就けた喜びもひとしおですよね...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

新入社員のミスはいつまで許される?ミスで評価を落とすことも!

新入社員が仕事でミスをしてしまうのは仕方のないことですが、一体いつまでだったらこれが通用するのでしょ...

高跳びの背面跳びのコツや意識するポイントと記録を伸ばす練習

高跳びの背面跳びのコツを掴んで練習をすれば、きっと記録を伸ばすことができます。まずは、背面跳...

陸上の走り幅跳びで記録を伸ばすための筋トレ方法を教えます

陸上の跳躍種目の中でも走り幅跳びは、まず速く走る力が必要となるでしょう。では、記録を伸ばすた...

人生の失敗は大学受験ではない?自分の考え方を変えてみよう

人生における失敗は誰にでも一度はあることでしょう。しかし、大学受験で失敗してしまうと、それが「人生の...

保育士のピアノ実技試験対策!苦手なピアノを克服し合格するには

保育士試験には実技試験があり、その1つにピアノ実技があります。小さい頃からピアノを習っている...

スポンサーリンク

卓球初心者の練習方法・素振りと壁打ち

卓球を始めたばかりの初心者はどのような練習をすると上達するのでしょうか。基本となる練習をしっかりするようにしましょう。卓球の練習は1人でもすることが出来るので頑張ってしましょう。

まずは素振りです。正しいフォームを身につけるためには素振りはとても大切です。

素振り練習の必要性

素振りはイメージトレーニングとして必要な練習です。ボールが飛んで来るのをイメージしながらラケットを振ります。回数を決める必要はありません。回数を決めると数をこなすことに意識してしまうので、素振りに集中できなくなりますので回数は決めないようにしましょう。

正しいフォームになっているか確認することも大切です。鏡などに自分を映しながら行うようにするとフォームの確認をすることができます。携帯で録画することもできるのでそのような機能を使うといいです。

ボールの感覚を掴むために有効なのが壁打ち練習

自宅でも1人で出来る練習方法です。卓球台を使わない練習ですがボールを打つ力加減や打球感覚を養うことが出来ます。

壁打ちのポイントは、壁から離れフォアハンドを打つ姿勢で構え、壁に向かいフォアハンドでボールを打ち、跳ね返ってきたボールをワンバウンドさせて打ち返します。連続して打つことでラリーの感覚やボールのコントロールを養うことが出来るのです。

卓球初心者の練習方法・フォアハンドとバックハンドのラリー

ラリーとは連続してボールを打ち合うことを言います。試合では激しいラリーが続くこともありますが、練習では相手に勝つのではなく、出来るだけ長くラリーを続けることが大切です。ただボールを打つのではなく、綺麗なフォームを覚えるという意識を持ってラリーをするようにしましょう。

フォアハンドは卓球台の相手のフォア側の枠線に中にボールが入るようにラリーをします。出来るだけ相手が打ちやすい場所に打つとラリーが続きます。フォアハンドのラリーが続くようになったら、バックバンドのラリーの練習もするようにしましょう。フォアハンドラリーと同じように、相手バック側の枠線内にボールを打つようにします。

ラリーが出来るようになるまでは時間がかかることもあります。フォアハンドがやりやすいバックバンドがやりやすい、苦手などの部分が出てくることもあります。ラリーに慣れてくるとボールのスピードも出て来きます。

卓球初心者の練習・サーブの打ち方について

卓球初心者の練習には色々な練習をしなければいけません。試合ではサーブはとても大切な1本になります。このサーブが相手コートに入らないとラリーにならないのでサーブの練習はしっかりしましょう。

卓球の基本、サーブの方法

1番最初は、手のひらにボールを乗せます。この時手はきちんと開き相手にボールが見えるようにします。次にボールを上げます。
16センチ以上ボールをあげるのがルールになっています。普通にあげるとこの基準に引っかかることはありません。高さに上限がないので高くあげてもいいですが、初心者の場合高く上げすぎるとボールを打てなくなってしまう可能性もあるので高く上げすぎないようにしましょう。自分のコートにワンバンドさせてから、相手のコートに入れるのが正しい打ち方です。

もしネットにあたり相手のコートに入ってしまった場合は打ち直しになります。しかしネットにあたり自分のコートに戻って着た場合は相手に点が入ります。サーブは2本交代がルールです。

卓球初心者が多球練習をするときは

多球練習は感覚を養うメリットがありますが、技術に丁寧さがなくなることもあります。
初心者が技術を覚える場合はゆっくり球出しをしてもらいましょう。

初心者に対して球出しが早すぎる場合

打ち返すことに意識が行き過ぎてしまうので、ラケットの角度や技術を調整する余裕がなくなるのです。ゆっくり出してもらい、1球1球いい感覚で感覚を養うようにしましょう。

感覚を掴めるようになったら、少し速度を早めてもらいましょう。しっかり感覚を掴んで練習をしないと意味がありません。入らなかった球がある場合はしっかりと技術を調節する必要があります。ネットミスをしてしまったら、ラケットの角度をあげる、オーバーミスをしてしまったらラケットの角度を下げるなど調節しましょう。そのように意識することで技術があがります。

卓球初心者が上達を目指すなら課題練習を取り入れよう

課題練習は、課題練習を決めて苦手なことや試してみたいことを練習する方法になります。練習と言っても相手のコートに入れるだけの練習をしえいると、何が課題なのかどうすればいいかわからないことがあります。この何が課題なのかわからないことが卓球が上達しないことになるのです。上達する人は問題を見つけ解決することを考えているので上手くなるのです。

どのようなことでもいいので自分で課題を見つけて練習する習慣をつけるようにしましょう。課題を見つけず、言われたことだけ練習しても、技術はつきますが考える力はつきません。卓球は相手と戦うスポーツなので、技術と一緒に考える力も大切になります。

課題のある人はお互いに課題出して練習するようにしましょう。この課題練習は練習相手によっても異なりますが練習の方法はたくさんあります。場合によっては練習相手の課題を自分も取り組んでみるのもいい練習になります。

卓球初心者が上達するための方法とは

クラブや部活に入り卓球初心者の人はどのような練習をすると上達するのか知りたいですよね。練習をすることで他の子よりも上達するのが早い子もいますが、上達する子はどのような練習をしているのでしょうか。
卓球はただボールをたくさん打つ練習を多くやればいいというわけではないのです。正しいフォームで素振りをすることが大切なので正しいフォームで素振りをすることです。その時に大事なことは回数ではないということです。回数を決めてしまうとノルマになってしまうのでフォームが乱れてしまう可能性があります。回数は決めないようにしましょう。
ラリーやサーブなどの練習もありますが、自分で課題を見つけて練習することが何より大切です。技術も大事ですが課題を見つける力を養うことも卓球には大切なので課題を見つけて練習出来る人は上達が早くなります。