事務職に必要な資格とは?パソコンや簿記などの資格を取ろう

事務職ではどのような資格が必要なのでしょうか?パソコンの資格でも、かなりの種類がありますよね。

この資格を取っておけば、安心!間違いない!という資格とは?

それぞれの資格の特徴や事務職の資格で必要な資格を紹介します。どんな資格を取ればいいか迷ったときにはこのようなことを判断基準にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

腕立て伏せで鍛えられる筋肉の部位はやり方によって変わります

筋トレってジムに行かなくても自宅でも簡単にできるのが嬉しいですよね。 自分の体を鏡でみて、知らない...

プロレスは勝敗が決まってる?客を魅了するプロレスの裏事情

「プロレスって試合前からもうすでに勝敗が決まってるんでしょ?」という話を耳にしたことありませんか? ...

少人数の職場では急に休めないない実態がある!そのワケと対策

少人数の職場だと、体調が悪かったり急用が出来てもなかなか休めないという場合がありますね。 人手...

アメリカの医師免許は難易度が高い?高得点を狙って勉強しよう

アメリカの医師免許を取得したいと考えた場合、日本の医師国家試験よりも難易度が高いのかどうなのか気にな...

昼休み中の電話は出ないことが当たり前?その前に上司に相談を

小さい会社だと、昼休み中なのに電話番をさせられることがありますよね。 電話がこなければ昼休みも...

バタフライを速く泳ぐための筋トレ方法と水泳のコツを教えます

水泳の四泳法の中でも、バタフライは背中の筋肉を一番使っていると思いますよね。 では、その背筋を...

社会人の理想的な手帳の書き方とは?ここを工夫すれば一目瞭然

社会人の手帳はどのような書き方をしたら予定を把握しやすくなるのでしょうか? 手帳は予定を書くも...

上司が怒る怒鳴る。しかも理不尽な理由で。対処と防御で乗切れ!

上司にはいろいろなタイプがあります。 その中でも一番やっかいなのが『怒る』上司です。 それも理不...

ハローワークから紹介された企業の面接を断る方法をご紹介

ハローワークから紹介状をもらった企業の面接は、断ることが出来るのでしょうか? 絶対に受けなけれ...

養護教諭採用試験は面接が重要!過去問でしっかり対策をしよう!

養護教諭になるための採用試験には必ず面接がありますが、事前にしっかりと準備をしておきたいですよね。 ...

シェフの帽子には意味があるの?高さの理由やコック帽子の由来

レストランなどの飲食店に行くと、白くて高いコック帽子をかぶったシェフが印象的ですよね。 お店によっ...

サッカーの無回転の蹴り方のコツや姿勢などポイントを習得しよう

サッカーの無回転の蹴り方のコツを掴めば、ボールがブレ球となる強烈なシュートを打つことができます。 ...

履歴書の職歴詐称はバレる!?嘘をつくのはやめましょう

履歴書を書く際、つい自分を良く見せようと職歴を詐称してしまう人がいるようです。経験社数を減らしたり、...

キーパーの練習方法!一人でもできる練習と心構え・コツを解説

キーパーというポジションは、サッカーの中でもとても大切なポジションになります。練習を一人で行なうのは...

平泳ぎの息継ぎのルールとは?大会で失格とならない平泳ぎの呼吸

水泳ってクロールが花形なイメージがありませんか。 けれど水泳はやってみると色々な泳ぎ方があって、ど...

スポンサーリンク

事務職で必要なパソコンの資格とは?

これを読んでいる人ですが、オフィスワークであったり、パソコンを使う仕事には、どんな資格があると有利になるのかなと疑問に感じていると思います。

ある方ですが、ワードとエクセルを使用していたのですが、ステップアップを考えて、エキスパートを取得しているようです。

なので、ワードとエクセルのスキルを磨く、それは英検3級のように、普通のレベルではなく、プロレベルまで達した方がよいという考え方からきているのではないでしょうか。

ある面接で、OOの操作はできますか?と聞かれたことがありましたが、MOSの資格を持っていると、「失礼しました。それでは問題ありませんね」と答えが返ってきました。

なので、資格としては、ワードやエクセルが使える証明になるようなものが良いと思います。

他の関連としては、経理だとしたら、日商簿記2級がお勧めだと思います。

事務職に就くならこのパソコンの資格を取っておこう!

事務職に有利な資格をみてみましょう。

  1. MOS
    知名度の高いものです。ワード、エクセル、パワーポントなどが使えることを証明できる制度です。
  2. エクセル
    エクレス、関数、VBAができれば、色んな業務効率化につながります。ぜひ、身に着けたい分野の資格になります。
  3. ワード
    ワードは文章作成の定番になります。文字だけではなく、画像や表、グラフを入れることができます。
  4. パワーポイント
    プレゼンテーションに使われていて、企画の作成など、色んなシーンで使われていきます。パワーポイントも使えるようにしたいですよね。

事務職の資格で必要なのはパソコンと簿記

パソコンのスキルも求められますが、他のスキルとして望まれているのは、簿記なのかもしれません。

基本的には、ワードやエクセルであったり、ビジネスマナーが必要とされては着ていますが、簿記も注目されていると思います。

一般事務ですが、文章作成だったり、伝票を振り分ける、庶務が大切な仕事の一貫になってきます。大企業であれば、受付もありますし、最低限の接客も含まれてくるかもしれません。その場合ですが、一般事務とはいえ会社の窓口になります。

電話応対が苦手だという人もいますが、携帯やスマートフォンの影響で、固定電話から遠ざかっている人も増えています。そのため、電話の使い方になれていない人も多いようです。

簿記ですが、経理だけではなく、MOS試験であったり、ワードやエクレスの資格をもっている人が簿記もと考えたりして、社会人として最低限のことは知っていなくてはいけないとか求人に増えているこもあり、簿記への興味も増えているのかもしれません。

会社では小口現金を使用することもあるので、経理ができると便利なのかもしれませんね。今持っている資格に、プラスアルファしてみたらいかがでしょうか。

事務職ではこんな資格が役に立ちます!

文書情報管理士(2級)

聞きなれない言葉ですが一体どんな資格なのでしょうか。それは、情報管理に値します。そのため、一般事務に興味があるのだったら、取得しておいたほうがよいかもしれません。

ビジネスにおいて、パソコンは必要になってきますが、パソコンが使えるだけではなく、それを業務にいかに生かせるかということも大切になってきます。文章作成だけではなく、データ活用、プレゼン用の資料であったり、使う分野も様々なので、その中でスキルアップして仕事に使えると良いと思います。

日商PCの検定もその一つです。特に2級の活用が仕事において、効率化につながるようです。

事務職にはどんな資格がいるか見極めるには?

資格を取得するときですが、「どんな仕事をしたいから、この資格を取得する」その考え方は大切になってくると思います。

資格が直接良い仕事につながってくるのではなく、むしろ良い仕事をするために、資格から学んだことであったり、それをどう生かしていくか、という観点から仕事をしていくことが大切になってくると思います。

一般事務の働き方

一般事務の内容ですが、電話応対、接客、書類の整理、文章作成など、幅広く色んな庶務も含まれてきます。その細かい作業から大きな作業まで、その種類は幅広いものがあります。

会社によっては、経理や庶務業務を一緒にしたり、それが基礎的な力になってくるところもあると思います。

殆どの会社では、パソコンを使用するので、エクセルやワードなどの基本操作ができるのは必修になってきそうです。また、会社の外の人とも接する機会が多いので、基本的なマナーであったり、一般常識も必要になってきます。

未経験の人でもチャレンジしたいのが、一般事務ですよね。プラスの資格を取得することで、経理であったり、ステップアップすることができます。その反面、スキルなしでも、昇進は難しいかもしれませんが。