事務職に必要な資格とは?パソコンや簿記などの資格を取ろう

事務職ではどのような資格が必要なのでしょうか?パソコンの資格でも、かなりの種類がありますよね。

この資格を取っておけば、安心!間違いない!という資格とは?

それぞれの資格の特徴や事務職の資格で必要な資格を紹介します。どんな資格を取ればいいか迷ったときにはこのようなことを判断基準にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サッカースパイクの人工芝用と土用の違いとベストな選び方を解説

サッカースパイクには人工芝用と土用のものがあり、他にも天然芝用や兼用で履けるものもあります。ですが、...

日本は休みが少ないはウソ?残業しないで帰る方法とは

日本は休みが少ないと感じるのはナゼ?外国と比べると日本はお休みが多いほうなんです。しかし、ど...

コンビニの品出しの時間はお店によって違う!時間帯を紹介

24時間営業していたり、ちょっとした物を買うのに気軽に寄ることが出来て便利なコンビニ。いつも...

給料が遅れる理由はやっぱり倒産?その時にやるべきこととは

今まで働いてきて給料が遅れるなんてことはなかったのに、今月は遅れた…。もしそんな事態になったらどんな...

出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴...

ソフトテニス初心者のためのスライスの打ち方とコツを教えます

ソフトテニスを始めたばかりの初心者だと、スライスの打ち方がよくわからないですよね。スライスを...

転職初日の緊張を和らげる方法と転職時の心得

転職初日は緊張と不安でしかありません。これから先自分は戦力として必要とされるのか、この職場で...

学校の講師を辞めたいときは?理由や会社員への転職など

学校の講師を辞めたいと持っている人は結構いるのかもしれません。学校の講師とは、生徒や保護者だ...

公務員(臨時職員などのパート)の面接とは?アピールすること

市役所の臨時職員など公務員のパートの仕事に応募したいという人も多いのではないでしょうか?では...

育成ドラフトとは?育成選手が受ける制約や問題点、選手の本音

育成ドラフトとはどんな制度なのか、あなたは知っていますか?通常のドラフトで指名されるのとは違...

野球の練習方法で守備が上達するための基本やポイントとは

野球の練習方法において、守備の練習はとても重要です。特に、守備練習では様々なケースを想定したゴロ...

空手の蹴り上達のための練習で意識するポイントを教えます

空手の蹴りにはいろいろな種類がありますが、練習によって上達させることができれば試合でも有効に使えるよ...

ソフトテニスの効果的な中ロブの打ち方とは?練習方法も解説

ソフトテニスのロブの中でも「中ロブ」は攻撃にも使えるものですよね。でも、中途半端になってしま...

面接で筆記用具の他に印鑑が必要な理由と内定との関係

面接時に筆記用具と印鑑を持参するように指示されることがあります。面接なのに印鑑持参と言われる...

美容師が手荒れでドクターストップになる原因と対処法とは

美容師をしているのに手荒れによってドクターストップになってしまうのは悲しいことですよね。しか...

スポンサーリンク

事務職で必要なパソコンの資格とは?

これを読んでいる人ですが、オフィスワークであったり、パソコンを使う仕事には、どんな資格があると有利になるのかなと疑問に感じていると思います。

ある方ですが、ワードとエクセルを使用していたのですが、ステップアップを考えて、エキスパートを取得しているようです。

なので、ワードとエクセルのスキルを磨く、それは英検3級のように、普通のレベルではなく、プロレベルまで達した方がよいという考え方からきているのではないでしょうか。

ある面接で、OOの操作はできますか?と聞かれたことがありましたが、MOSの資格を持っていると、「失礼しました。それでは問題ありませんね」と答えが返ってきました。

なので、資格としては、ワードやエクセルが使える証明になるようなものが良いと思います。

他の関連としては、経理だとしたら、日商簿記2級がお勧めだと思います。

事務職に就くならこのパソコンの資格を取っておこう!

事務職に有利な資格をみてみましょう。

  1. MOS
    知名度の高いものです。ワード、エクセル、パワーポントなどが使えることを証明できる制度です。
  2. エクセル
    エクレス、関数、VBAができれば、色んな業務効率化につながります。ぜひ、身に着けたい分野の資格になります。
  3. ワード
    ワードは文章作成の定番になります。文字だけではなく、画像や表、グラフを入れることができます。
  4. パワーポイント
    プレゼンテーションに使われていて、企画の作成など、色んなシーンで使われていきます。パワーポイントも使えるようにしたいですよね。

事務職の資格で必要なのはパソコンと簿記

パソコンのスキルも求められますが、他のスキルとして望まれているのは、簿記なのかもしれません。

基本的には、ワードやエクセルであったり、ビジネスマナーが必要とされては着ていますが、簿記も注目されていると思います。

一般事務ですが、文章作成だったり、伝票を振り分ける、庶務が大切な仕事の一貫になってきます。大企業であれば、受付もありますし、最低限の接客も含まれてくるかもしれません。その場合ですが、一般事務とはいえ会社の窓口になります。

電話応対が苦手だという人もいますが、携帯やスマートフォンの影響で、固定電話から遠ざかっている人も増えています。そのため、電話の使い方になれていない人も多いようです。

簿記ですが、経理だけではなく、MOS試験であったり、ワードやエクレスの資格をもっている人が簿記もと考えたりして、社会人として最低限のことは知っていなくてはいけないとか求人に増えているこもあり、簿記への興味も増えているのかもしれません。

会社では小口現金を使用することもあるので、経理ができると便利なのかもしれませんね。今持っている資格に、プラスアルファしてみたらいかがでしょうか。

事務職ではこんな資格が役に立ちます!

文書情報管理士(2級)

聞きなれない言葉ですが一体どんな資格なのでしょうか。それは、情報管理に値します。そのため、一般事務に興味があるのだったら、取得しておいたほうがよいかもしれません。

ビジネスにおいて、パソコンは必要になってきますが、パソコンが使えるだけではなく、それを業務にいかに生かせるかということも大切になってきます。文章作成だけではなく、データ活用、プレゼン用の資料であったり、使う分野も様々なので、その中でスキルアップして仕事に使えると良いと思います。

日商PCの検定もその一つです。特に2級の活用が仕事において、効率化につながるようです。

事務職にはどんな資格がいるか見極めるには?

資格を取得するときですが、「どんな仕事をしたいから、この資格を取得する」その考え方は大切になってくると思います。

資格が直接良い仕事につながってくるのではなく、むしろ良い仕事をするために、資格から学んだことであったり、それをどう生かしていくか、という観点から仕事をしていくことが大切になってくると思います。

一般事務の働き方

一般事務の内容ですが、電話応対、接客、書類の整理、文章作成など、幅広く色んな庶務も含まれてきます。その細かい作業から大きな作業まで、その種類は幅広いものがあります。

会社によっては、経理や庶務業務を一緒にしたり、それが基礎的な力になってくるところもあると思います。

殆どの会社では、パソコンを使用するので、エクセルやワードなどの基本操作ができるのは必修になってきそうです。また、会社の外の人とも接する機会が多いので、基本的なマナーであったり、一般常識も必要になってきます。

未経験の人でもチャレンジしたいのが、一般事務ですよね。プラスの資格を取得することで、経理であったり、ステップアップすることができます。その反面、スキルなしでも、昇進は難しいかもしれませんが。