NO IMAGE

ソフトテニスの前衛の基本ポジションから勝ち方まで教えます

ソフトテニスを始めたばかりの人は、前衛のポジションをどう取ればいいのかわからないことが多いのではないでしょうか?

基本のポジショニングとは?どんな前衛になれば試合に勝つことができるようになる?

ソフトテニス初心者必見!前衛の基本ポジションから、試合に勝つための必要な動きまで詳しく解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

返信マナーが知りたい!「行」を消して書き換えるときのポイント

返信用の封筒や往復はがきなどには宛先がすでに描かれていて、企業名の下に「行」と書かれていることがあり...

深夜のコンビニですることはこんな事!経験者が語る!

24時間営業のコンビニでは、深夜の勤務もありますね。深夜の時間帯は来客も少ないのでしょうか?...

韓国に住む、そして仕事をしたいと考えている人へのアドバイス!

日本から飛行機で3時間弱で行くことができる「韓国」。観光名所に行くと日本人でいっぱいですよね。...

大学編入で理系から文系に変えるならスムーズ?大学編入の注意点

理系の大学に入学した後、やっぱり自分は文系が合っていたのかもと理系から文系へ大学を編入しようと考える...

在宅で起業する主婦が急増中!成功の秘訣とは

子供が小さくて外に出て働くことがまだまだ難しい・・・という主婦も多いのでは?在宅ワークをして...

【背泳ぎ】キックで沈む原因と沈まないようにする練習方法・コツ

背泳ぎをしていると、キックのときに体が沈むことがあります。何度練習しても上手にキックができずに悩んで...

退職は2週間前に伝えればいいの?正社員の退職について

退職したいなら2週間前でOK?正社員での雇用なら、民法627条1項の定めにより、『雇用は、解...

特別区の面接は重要、その評価が合格・不合格の分かれ道となる

特別区の面接。この評価によっては、筆記試験が低くても評価が上がる可能性もあるため、しっかり具体的...

会社の問題児を辞めさせる方法とは? 辞めさせるのは難しい

会社の問題児をどうにか辞めさせたい・・・しかし、辞めさせるのはとても大変なんです。どのような...

大学に行きたくないのは友達がいないから。アドバイスと解決法

「大学に行きたくない・・・」大学生にはさまざまな悩みがあり、そこには色んな理由があると思います。...

内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をし...

スライディングの練習方法!野球が上手になるコツについて

スライディングは野球の走塁において欠かせないものですが、正しいコツを掴むまで練習をする必要があります...

長期休暇の理由で嘘をつくくらいなら言わないほうがいい

長期休暇の理由は正直に話したほうがいいのでしょうか?それとも嘘をついていい?良くも悪くも、休...

面接で筆記用具の他に印鑑が必要な理由と内定との関係

面接時に筆記用具と印鑑を持参するように指示されることがあります。面接なのに印鑑持参と言われる...

面接が「怖い」「 行けない」と感じる方へ!面接の乗り切り方

会社の面接は誰しも緊張するものです。しかし、面接なくして会社に入ることはできません。面接に行...

スポンサーリンク

まずソフトテニスの前衛の基本ポジションを理解しよう!

ソフトテニスを始めたばかりだと、前衛のポジションをどのように取ればいいのかわからないことがあります。基本をしっかり覚え、自分のポジションを見つけるようにしましょう。前衛のスキルで大切なことはポジションを早く正確に取れることになります。ポジションを早く取ることが出来ると余裕を持って相手の後衛を見ることが出来るようになります。

まずクロス展開のポジションです。クロス展開では、片面サービスコートの1/2の所にポジションを取ります。逆クロスも同じです。これより逆側に行くと後衛の負担が増えてしまうので、外により過ぎないようにします。

ストレート展開のポジション。ストレート展開では、片面サービスコートの1/3が基本になります。センターラインよりも1~2歩内側にポジションを取りましょう。サイドが開いてるように感じますが、実際は打てる幅は小さいです。

そして後衛に合わせてポジションを取ります。相手の後衛が動くとポジションも変わるので、いつも決まったポジションではなく試合展開に応じた動きが必要になってくるのです。

ソフトテニスの前衛の立ち位置とは?ポジションは相手のボール次第?

ソフトテニスの前衛は基本的に試合中は、ネットから少し離れた位置に構えます。味方後衛は打球するときは、この位置から1歩下がり、相手前衛も見ながら視野を広げ、相手後衛が打球する前に基本のポジションに入ります。そして状況に応じてポジションを前後します。味方後衛のボールが短く、相手後衛が来た場合は、ネットに近寄る必要がありますし、相手がロブを打ちそうな場合は、少し下がり待つこともあるのです。

ポジションを正確に取り、相手のボールを読み、動くことでポイントを決めることが出来ます。カウントと相手の性格など、心理的な面から相手の打つボールを予測するようにします。相手がどのように攻めてくるかで、心理状況を予測することが大切です。

心理面と合わせ、技術面も予想します。相手の技術的な特徴、引っ張りタイプ、流しタイプなのかを分析して、心理面と合わせて予測するようにしましょう。

ソフトテニスで前衛の正しいポジションを覚えるための方法は?

前衛のポジション取りを覚える簡単な方法をご紹介します

相手の後衛の動きに対して鏡のように動くことです。相手後衛が右に動くと、あなたも右に動き、前に動いたらあなたも前に同じように動くことです。このポジション取りの方法を鏡ポジショニングと言います。

この方法にするだけで簡単にベストなポジションを取ることができるようになります。
実際に後衛に立ってもらい、好きな方向に動いてもらいます。
そして自分が鏡になったイメージで後衛の動きを真似してみましょう。そうすると、常にベストなポジションに立てることが出来るようになります。

鏡ポジションニングでは前後の動きも真似をするので、相手後衛が前に動いたら前へ、後ろに動いたら後ろへと、自然と前後のポジションも覚えることが出来るようになるのです。この前後のポジション取りを簡単に習得できるのはとてもメリットがあるので鏡ポジショニングの練習をするようにしましょう。

ソフトテニスの試合で勝つために必要な前衛の動きとは?

ソフトテニスの試合に勝つためには前衛の動きが大切

ソフトテニスの試合では、どのような動きをすると試合に勝つことが出来るのでしょうか。

まずプレッシャーを与えることです。試合を見ていて思うことは、強いダブルスペアの前衛は相手にプレッシャーを与えることがとても上手です。前衛の役割は相手にプレッシャーを与えることも大切なことの1つになるのです。

プレッシャーを与えるということは、打つコースを限定させたり、相手に迷いを与えることです。そうすることで相手のミスが増えるので、味方の後衛はラリーがしやすくなるのです。

相手にプレッシャーをかける場合はフェイントを使います。後衛同士がラリーをしている時にボレーが出るような動きをしますが、実際にはボレーまではしません。相手は打つ瞬間に動くのを止めます。ポイントは動き出しのタイミングになります。フェイントをかけることで相手はミスをする可能性が高くなるのです。

ソフトテニスでどんな前衛になるのが理想?

ソフトテニスでは、サーブからスマッシュまで上手な前衛が理想

前衛はサーブ、レシーブ、ボレー、スマッシュ、ストロークなどをします。
具体的にはポジション取りが上手な前衛の場合、相手はどこに打っていいのかわからないのです。前衛ポジションが、普通相手の打つボールを自分のコートのセンターマークを結んだ線上に立ちますが、ポジション取りが上手な前衛は、そのポジションから少しズレた位置に構えることがあるのです。相手から見るとポジションの位置がズレているので、ズレている反対側が空いていると思い、そこを狙い打つことがあるのです。しかしこの前衛はわざとポジションの位置をずらしているのでコースを空けていて、そこにボールを打ってくるのを待っているのです。そうすることでこの前衛はあまり動くことなくボレーをすることが出来るようになるのです。

ソフトテニスは前衛の動きが相手にプレッシャーを与える

ソフトテニスを始めたばかりの人は前衛のポジションをどのように取ればいいのかわからないことがあります。基本のポジションをはどのようなポジションなのでしょうか。
ポジションは相手のボールによって変わるので臨機応変にポジションを変える必要があります。

試合に勝つためには相手にプレッシャーを上手にかけられることが前衛の大切な動きになります。相手にプレッシャーを与えフェイントを上手に使うことで試合でポイントを稼ぐ事が出来るようになります。そのためには練習も必要になるので、日々の練習はしっかりと行うことが大切です。しっかりと基本の知識を身につけ、技術や対応力などを備えましょう。そして試合に勝てるような動きを習得することをオススメします。