NO IMAGE

【ソフトテニス初心者必見】フォアハンドの打点を見直そう

ソフトテニス初心者にとって、まずマスターしたいのはフォアハンドではないでしょうか。

中でも打点が後ろになってしまう人が多いと言いますが、どのようにすれば打点を前にすることができるのでしょうか?ストロークを安定させるための方法は?

自分にとって打ちやすい打点を見つけませんか?フォアハンドの打点の直し方やそのための練習方法について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボクシングのストレートはコツを掴めば初心者でも打てる

ボクシングのストレートを打つには、コツを掴めば初心者でも打てるようになります。 特に、ボクシン...

公務員の面接対策とは地元以外を受けるときの準備や心構え

地元以外の公務員面接を受けるときに必ず聞かれる質問。いったい、どのように答えたらいいのでしょうか? ...

職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。 この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵...

居酒屋で女子がバイトするのは大変?メリットとデメリット

バイト先を考える時に、効率良く働けるバイト先として居酒屋を考える人も多いと思います。 一般的な時給...

書類選考の結果は?不採用は連絡なし?選考期間の目安と連絡義務

企業の面接を受けて書類選考の結果の連絡を待っているという人は、なかなか連絡が来ないと不採用になったの...

陸上部は高校からの初心者でもOK!練習や上達に必要なこと

高校から陸上部に入部するのは難しいかと思われがちですが、高校の陸上部は初心者でもオススメな部活なんで...

ありがとうへの返事は?上司に返事をする時に使うべき言葉

上司から「ありがとう」と言われた時、それに対して部下である自分がどんな風に返事をすればよいのか悩んだ...

指紋採取をする警察の鑑識員になるには?鑑識員になる方法

事件や事故現場で腰を屈めながら指紋を採取している警察官を見たことありませんか? これらの警察官...

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

職歴証明書は、公務員に転職する際に提出を求められる書類の一つです。 職歴証明書は、在籍していた会社...

サッカーの無回転の蹴り方のコツや姿勢などポイントを習得しよう

サッカーの無回転の蹴り方のコツを掴めば、ボールがブレ球となる強烈なシュートを打つことができます。 ...

就活で見た目が大事といわれること!男性だってそうなんです

就活を控えている学生さんは、面接や服装など色々なことが気になりますよね。 大事な就活や面接です...

ドラッグストアのバイトの服装について!面接や仕事の場合など

薬や日用品や化粧品などたくさんの商品を販売しているドラッグストアは、街の中の色んなところで見かけます...

休日は仕事に活きる勉強と人脈作りに当てる!デキる人の休日とは

休日の過ごし方で、デキるやつとデキないやつに分かれてしまいます。 仕事のスキルアップを図りたい...

退職時のお礼に配るお菓子にはメッセージカードを添えよう

退職時に今までお世話になったお礼として、お菓子を配ることがあります。 その際、メッセージカード...

キーパーの練習方法!一人でもできる練習と心構え・コツを解説

キーパーというポジションは、サッカーの中でもとても大切なポジションになります。練習を一人で行なうのは...

スポンサーリンク

ソフトテニスでフォアハンドの打点が後ろの場合の直し方とは?

速いボールを打って、相手を圧倒させたいと思うのは誰でも同じですよね。

ソフトテニスでフォアハンドの打点が、後ろになってしまう人の場合の直し方はあるのでしょうか?

速いボールを打つためには力が必要!と思う方は少なからずいるかと思います。
力を入れてしまうとスイングのスピードが落ちてしまうため、振り遅れることになってしまうのです。
振り遅れてしまうと打点が後ろになってしまうというわけです。

ソフトテニス初心者の人は力が入りやすいので、気付かないままだと癖になってしまう場合があります。

力を入れることに良いことはないので、力を抜いてリラックスして打ちましょう。
速いボールを打つためには力よりも、スイングスピードの方が大事です。
力が入っているとスピードが落ちてしまうので、力を抜いてリラックスした状態で打つ方が良いボールが飛ぶということを覚えておきましょう。

打点が後ろになってしまう人は、とにかくリラックスすることを心がけましょう。

ソフトテニスでフォアハンドの時の打点を前に取るために意識すること

ソフトテニスでフォアハンドの時の打点を前に取るために、意識することとは何でしょうか。

上記ではリラックスして打つことと言いましたが、他にもあります。
打点が後ろになってしまう人は、テイクバックの時ラケットが後ろに下がりすぎているということがあります。

速くて力強いボールを飛ばすためには、ラケットを大きく後ろに引かなければいけないと思いがちですが、その考えは間違っているので直しましょう。
力強いボールを飛ばすためには、ラケットの位置を下げすぎないことです。

打点が遅れてしまう人はラケットが下がりすぎている可能性があるので、円を描いた打ち方ではなく直線に近い打ち方にフォームを修正しましょう。

打点を前にしようという考えではなく、力を使って打とうという考えをやめることが良いです。
力を使って打つと考えてしまうとどうしても、大きくラケットを振るという行動になってしまうので、スイングを最小限におさえるように意識しましょう。

ソフトテニスのフォアハンドのベストな打点を維持するための練習方法とは?

ソフトテニスのフォアハンドのベストな打点を維持するためには、どんな練習方法をとれば良いのでしょうか?

ベストな打点を維持するために効果的な練習方法は、ラケットにカバーをつけて素振りするという練習方法があります。

ラケットの面にカバーを付けたり、ビニール袋などをかぶせて素振りすると、ラケットの面が打点の部分に来ると、カバーやビニール袋で空気抵抗になり、素振りがしにくくなるのです。

こうすることで打点の位置がわかるとともに、素振りの時に腕に負荷がかかるので筋力トレーニングにもなります。
そう、つまり一石二鳥ということです。

ビニール袋だと重さが出ないため、あまり筋力トレーニングにならないので、できればカバーなどをつけることをオススメします。
素振りの練習はテニスの基本ともなるので、ベストな打点を維持するためには素振りの練習をしっかりと行うことが大切です。

今自分の打点はどこなのかを把握しておくことも、ベストな打点を見つける良い方法となりますよ!

自分にとって一番打ちやすい打点を見つけよう

自分が一番打ちやすい打点を把握できていますか?
体から近くて高めの打点であったり、体から遠くて低い打点であったり、様々な打点でボールを打つ機会があると思います。

この時に大切になることは自分が一番打ちやすい打点をきちんと、把握できているかということなのです。
打ちやすい打点はどんなことかというと、腕が自然に力が入りやすいスイングであったり、面がブレにくいなど、どのことでも一番優れている打点のことを言います。

腕への負担が少なくスムーズにスイングできると安定するので、ミスが減ります。

自分にとって一番打ちやすい打点を見つけると、ボールをコントロールしやすくなり打点が速い、遅いといったミスも減っていきます。
自分がどんな打ち方をしているのかわからないという方は、自分の試合などを映像として記録に残して確認してみることをオススメします。

自分のフォームを把握するということもテニス上達には必要なことなのです

ソフトテニスでストロークを安定させるための練習方法とは?

ソフトテニスでストロークを安定させるための練習方法とは、一体どんな方法なのでしょうか?

初心者の人はまず、基本練習を体で覚えていきましょう。
勢いのあるストロークを打つためには打点と体の位置関係が重要となります。

ストロークの基本練習ですが、真上から落として打つ、斜め前から投げてもらったボールを打つ、ネットの向こうから投げてもらったボールを打つという練習をしていきましょう。
ただボールを打っていくということはしないで、ボールを打つときの打点と体重移動を意識しながら練習してくださいね。

次にストロークの応用練習ですが、コートのエンドライン上を横移動しながらサイドラインで打つという練習や、エンドライン上からサービスライン付近に移動しながら打つ練習をすることが良いです。

この2つの練習をフォアハンドとバックハンド交互に使って練習しましょう。
この練習が身についてきたらストロークが安定していることでしょう。

ソフトテニスでフォアハンドの打点を把握することが大切

ソフトテニスでフォアハンドをマスターさせるためには、打点を把握することが大切だと上記で説明しましたがいかがでしたでしょうか。

打点をきちんと把握できていましたか?
自分のフォームや打点などを把握しておくことは、ソフトテニスを上達させるためには必要不可欠なことなのです。

打点を把握して何がいけないのかを自分で分析して考え、答えを出すことも大切です。
把握できたら、自分の打ちやすい打点を見つけること、そしてそのベストな打点を維持するためにはどのような練習をすると良いのか、考えましょう。

ソフトテニスを上達させるためにプロテニスプレイヤーの試合を見るということもオススメです。
プロテニスプレイヤーの良いところをどんどん吸収していき上達させましょう!