NO IMAGE

【ソフトテニス初心者必見】フォアハンドの打点を見直そう

ソフトテニス初心者にとって、まずマスターしたいのはフォアハンドではないでしょうか。

中でも打点が後ろになってしまう人が多いと言いますが、どのようにすれば打点を前にすることができるのでしょうか?ストロークを安定させるための方法は?

自分にとって打ちやすい打点を見つけませんか?フォアハンドの打点の直し方やそのための練習方法について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

肩を柔らかくする方法で水泳が上達してケガの予防にもなる

肩が柔らかくする方法をトレーニングすると水泳がとても泳ぎやすくなるでしょう。それは、水泳のト...

走り高跳び【女子中学生編】記録を伸ばすコツや練習のポイント

走り高跳びをやっている女子中学生には、思うように記録を伸ばせず悩む人もいるでしょう。走り幅跳...

高校の卒業日の記載は履歴書に必要?学歴についての疑問点

履歴書を書く時、名前や住所などの基本情報の次に筆記が必要となる学歴。高校への入学や卒業日などを書かな...

大学編入で理系から文系に変えるならスムーズ?大学編入の注意点

理系の大学に入学した後、やっぱり自分は文系が合っていたのかもと理系から文系へ大学を編入しようと考える...

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか?...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

学校の講師を辞めたいときは?理由や会社員への転職など

学校の講師を辞めたいと持っている人は結構いるのかもしれません。学校の講師とは、生徒や保護者だ...

No Image

相撲の座布団を投げる【座布団の舞】投げる理由とその歴史を解説

相撲中継を見ていると、座布団を投げる人たちの映像を目にすることもありますよね。座布団を投げるのは一体...

仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。では、そんな仕...

経済学部は数学が苦手な人でも大丈夫!授業の取り方を工夫しよう

数学が苦手で文系の学部に進む人は多いでしょう。しかし、文系の中でも経済学部となると数学に関係する授業...

バドミントンの試合で緊張したときに試してみて。緊張しない方法

バドミントンの試合の前は緊張する、有名なバドミントン選手でさえ緊張するといいます。ですが緊張...

公務員試験は既卒職歴ありでも大丈夫?既卒職ありの受験ポイント

いつ倒産するかどうかわからない企業より、安定した公務員になりたいと思う方も多いのではないでしょうか。...

服のネットショップを自宅で開業して成功させるためのヒント!

ネットショップはコストを抑えて自宅でも開業できると大変人気があります。服のネットショップを自...

育児休暇中に退職すると決めたら、報告は早めにしよう!

出産する前は職場復帰を考えていたものの、育児休暇中にやっぱり仕事を辞めようと考える人もいるのではない...

職場の愚痴を言わないと幸せになれる?愚痴のメカニズムとは

職場の愚痴。口を開けば、不平不満のオンパレード!愚痴っていると、ヒートアップしてどんどんどん...

スポンサーリンク

ソフトテニスでフォアハンドの打点が後ろの場合の直し方とは?

速いボールを打って、相手を圧倒させたいと思うのは誰でも同じですよね。

ソフトテニスでフォアハンドの打点が、後ろになってしまう人の場合の直し方はあるのでしょうか?

速いボールを打つためには力が必要!と思う方は少なからずいるかと思います。
力を入れてしまうとスイングのスピードが落ちてしまうため、振り遅れることになってしまうのです。
振り遅れてしまうと打点が後ろになってしまうというわけです。

ソフトテニス初心者の人は力が入りやすいので、気付かないままだと癖になってしまう場合があります。

力を入れることに良いことはないので、力を抜いてリラックスして打ちましょう。
速いボールを打つためには力よりも、スイングスピードの方が大事です。
力が入っているとスピードが落ちてしまうので、力を抜いてリラックスした状態で打つ方が良いボールが飛ぶということを覚えておきましょう。

打点が後ろになってしまう人は、とにかくリラックスすることを心がけましょう。

ソフトテニスでフォアハンドの時の打点を前に取るために意識すること

ソフトテニスでフォアハンドの時の打点を前に取るために、意識することとは何でしょうか。

上記ではリラックスして打つことと言いましたが、他にもあります。
打点が後ろになってしまう人は、テイクバックの時ラケットが後ろに下がりすぎているということがあります。

速くて力強いボールを飛ばすためには、ラケットを大きく後ろに引かなければいけないと思いがちですが、その考えは間違っているので直しましょう。
力強いボールを飛ばすためには、ラケットの位置を下げすぎないことです。

打点が遅れてしまう人はラケットが下がりすぎている可能性があるので、円を描いた打ち方ではなく直線に近い打ち方にフォームを修正しましょう。

打点を前にしようという考えではなく、力を使って打とうという考えをやめることが良いです。
力を使って打つと考えてしまうとどうしても、大きくラケットを振るという行動になってしまうので、スイングを最小限におさえるように意識しましょう。

ソフトテニスのフォアハンドのベストな打点を維持するための練習方法とは?

ソフトテニスのフォアハンドのベストな打点を維持するためには、どんな練習方法をとれば良いのでしょうか?

ベストな打点を維持するために効果的な練習方法は、ラケットにカバーをつけて素振りするという練習方法があります。

ラケットの面にカバーを付けたり、ビニール袋などをかぶせて素振りすると、ラケットの面が打点の部分に来ると、カバーやビニール袋で空気抵抗になり、素振りがしにくくなるのです。

こうすることで打点の位置がわかるとともに、素振りの時に腕に負荷がかかるので筋力トレーニングにもなります。
そう、つまり一石二鳥ということです。

ビニール袋だと重さが出ないため、あまり筋力トレーニングにならないので、できればカバーなどをつけることをオススメします。
素振りの練習はテニスの基本ともなるので、ベストな打点を維持するためには素振りの練習をしっかりと行うことが大切です。

今自分の打点はどこなのかを把握しておくことも、ベストな打点を見つける良い方法となりますよ!

自分にとって一番打ちやすい打点を見つけよう

自分が一番打ちやすい打点を把握できていますか?
体から近くて高めの打点であったり、体から遠くて低い打点であったり、様々な打点でボールを打つ機会があると思います。

この時に大切になることは自分が一番打ちやすい打点をきちんと、把握できているかということなのです。
打ちやすい打点はどんなことかというと、腕が自然に力が入りやすいスイングであったり、面がブレにくいなど、どのことでも一番優れている打点のことを言います。

腕への負担が少なくスムーズにスイングできると安定するので、ミスが減ります。

自分にとって一番打ちやすい打点を見つけると、ボールをコントロールしやすくなり打点が速い、遅いといったミスも減っていきます。
自分がどんな打ち方をしているのかわからないという方は、自分の試合などを映像として記録に残して確認してみることをオススメします。

自分のフォームを把握するということもテニス上達には必要なことなのです

ソフトテニスでストロークを安定させるための練習方法とは?

ソフトテニスでストロークを安定させるための練習方法とは、一体どんな方法なのでしょうか?

初心者の人はまず、基本練習を体で覚えていきましょう。
勢いのあるストロークを打つためには打点と体の位置関係が重要となります。

ストロークの基本練習ですが、真上から落として打つ、斜め前から投げてもらったボールを打つ、ネットの向こうから投げてもらったボールを打つという練習をしていきましょう。
ただボールを打っていくということはしないで、ボールを打つときの打点と体重移動を意識しながら練習してくださいね。

次にストロークの応用練習ですが、コートのエンドライン上を横移動しながらサイドラインで打つという練習や、エンドライン上からサービスライン付近に移動しながら打つ練習をすることが良いです。

この2つの練習をフォアハンドとバックハンド交互に使って練習しましょう。
この練習が身についてきたらストロークが安定していることでしょう。

ソフトテニスでフォアハンドの打点を把握することが大切

ソフトテニスでフォアハンドをマスターさせるためには、打点を把握することが大切だと上記で説明しましたがいかがでしたでしょうか。

打点をきちんと把握できていましたか?
自分のフォームや打点などを把握しておくことは、ソフトテニスを上達させるためには必要不可欠なことなのです。

打点を把握して何がいけないのかを自分で分析して考え、答えを出すことも大切です。
把握できたら、自分の打ちやすい打点を見つけること、そしてそのベストな打点を維持するためにはどのような練習をすると良いのか、考えましょう。

ソフトテニスを上達させるためにプロテニスプレイヤーの試合を見るということもオススメです。
プロテニスプレイヤーの良いところをどんどん吸収していき上達させましょう!