アメリカの医師免許は難易度が高い?高得点を狙って勉強しよう

アメリカの医師免許を取得したいと考えた場合、日本の医師国家試験よりも難易度が高いのかどうなのか気になりますよね。

アメリカの医師国家試験はどんな仕組みになっているのでしょうか?その難易度とは?最低何点取ればアメリカで医師として働くことができるの?

アメリカの医師免許は点数重視?その実態について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

上司との面談で泣く部下の取扱説明書!上司が部下にできること

上司と部下で面談をしているとき、部下が泣く場面に遭遇してしまった!仕事の最中に部下が泣いてしまった!...

剣道【子供】を上達させるには?練習するときのポイント

子供の剣道を上達させるにはどのようなコツやポイントがあるのでしょうか?まずは、子ども自身に目...

携帯ショップ店員の大変な面と魅力的な部分について

携帯ショップに行ったことがある人は多いと思いますが、知識も豊富で関心してしまいます。新機種が...

幼稚園教諭はピアノ伴奏が出来ないとダメ?ピアノ練習のコツ!

幼稚園の先生だからといって先生全員がピアノが得意なわけではありません。ただ保育士と違い、幼稚園教...

大学が不安で眠れない場合の対処法!考え方を変えることも大切

大変だった大学受験が終わって無事合格したものの、今度は大学での生活が不安で眠れないという人も多いので...

居酒屋の店員がマスクをすることに賛否両論!OKかNGか大論争

居酒屋の店員さんがマスクをしていたら、あなたは気になりますか?特に気にしませんか?この意見は年代...

人生の失敗は大学受験ではない?自分の考え方を変えてみよう

人生における失敗は誰にでも一度はあることでしょう。しかし、大学受験で失敗してしまうと、それが「人生の...

陸上の走り幅跳び練習方法!走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法

陸上で走り幅跳びの競技をしている人は、自分の記録を伸ばすことができる練習方法を知りたいと思いますよね...

テニスのポイントはなぜ0ではなくラブなのかその謎を解明します

全米オープンなどテニスの4大大会の試合をテレビで見ていると、ポイントが0ではなくラブと呼ばれていたり...

公務員最終試験に合格しても採用されない理由とは

公務員の最終試験に合格したからといって安心してはいけません。実は、最終試験に合格しても採用されないケ...

No Image

弓道初心者必見!上達するための筋トレメニューを大特集

弓道というと、ゆっくりとした動きがメインですよね。しかし、ゆっくりと動くためにも筋肉が必要です。...

走り高跳びをベリーロールで飛ぶための練習法とコツを教えます

体育の時間に行う走り高跳びで、ベリーロールで飛ぶことって難しいですよね。どうしても正面から飛ぶことが...

専業主婦が仕事復帰!家庭と仕事の両立に自信がない時の対処法

専業主婦として、子供を育てることができたのは、幸せなことだと思います。夫に感謝し、子どもと十分過...

教育実習の時の髪型はパーマNG?注意するポイントを徹底解説!

教員免許を取得しようとしている人にとって大事な「教育実習」。ここで印象が悪くならないように注意しなけ...

キーパーの練習方法!一人でもできる練習と心構え・コツを解説

キーパーというポジションは、サッカーの中でもとても大切なポジションになります。練習を一人で行なうのは...

スポンサーリンク

アメリカの医師免許を取得するための試験とは?難易度はどのくらい??

ドラマなどをみていると、できるお医者さんは海外で活躍している場合も多く見られます。実際、アメリカの医師免許を取るとなると、難易度は日本と比べて高いのでしょうか?低いのでしょうか?

アメリカの医師免許を取る場合

まず、日本の医大を卒業して、日本で、医師国家試験免許を取ることが前提になってきます。

次のステップですが、アメリカのECFMGに登録し、アメリカの医師国家試験の受験になります。

その試験ですが、USMLEと呼ばれ、Step 1, Step 2ck, Step 2cs, Step 3 の4段階あり、step 1と2は日本で受験可能にあんります。3に関しては、アメリカでのみ受験可能になります。

この3種類に合格すると、研修医に応募が可能になります。そして、物事が順調に進めば、面接、研修医になれます。研修医になることが決まれば、step3になります。

アメリカで医者として活躍するには、上記のようなステップが必要になります。

アメリカと日本の医師免許の違いとは?難易度ではなく点数を重視しよう

アメリカでの医師免許を取得するには、USMLEという試験を受けなくてはいけないこと、また、試験に合格しても、面接までたどり着き、研修医として活躍し、step3という試験を受けなくてはいけないことを上記ではみてきましたよね。

なんだか色んなステップがあると思われたと思います。そこで、ここでは、アメリカと日本の医師免許の違いを見ていきたいと思います。

日本では試験というと、合否だけになってくると思いますが、アメリカの試験ともなると、良い点数で合格することが大切になってきます。

先程USMLEという試験についてもみてきましたが、平均点も毎年上がってきています。また、世界中から色んな人が受けていますので、アメリカの医師も、外国人でどれだけ実力があるか判断するには、USMLEの点数になります。

その為、本格的にアメリカで医師として活躍していきたいと感じているのなら、良い点数を取ることを目標にしましょう。

アメリカの医師免許の難易度は高い?最低合格点は?

日本とアメリカの医師免許の違い。日本は合否重視に対して、アメリカでは点数重視であることを、先程は紹介してきました。

次に、日本の医師免許と比べて、アメリカの医師免許の難易度は高いのか、また最低合格点はどの位なのか、検証してみたいと思います。

先程もみてきましたが、アメリカで医師として活躍するには、USMLEというテストの点数が関係してきます。点数が低いとアメリカで医師として働ける可能性は限りなく0に等しくなってしまいます。

ECFMG(2015)の統計によると、海外卒の医師の合格率ですが、72%で、初めて受ける人は、77%になります。残念ながら、最低合格点の点数は発表されていません。

日本の医師国家試験の合格率は90%前後なので、それと比べると、アメリカの医師免許の合格率の難易度は高いといえますね。

アメリカの医師免許を取得するために必要な勉強時間は?

アメリカで医師免許を取得するのに必要な勉強時間

人それぞれ、勉強方法は様々だと思いますが、睡眠時間を削って勉強することはあまりお勧めしません。というのも、脳も睡眠時間という情報を整理する時間が必要になってくるからです。

ある方ですが、睡眠時間を削ってまで勉強しても、結局日本でも受けれる試験には不合格だったそうです。ですが、勉強する時間を少しでも作って、集中して勉強することにより、合格を勝ち取ることができたそうです。

勉強はあくまでも質なので、長時間勉強すれば良いというものでもありません。短時間であっても、集中して勉強して、是非、アメリカの医師免許で高得点を狙って下さい。

アメリカ以外の医師免許はどうなっている?

他の国での医師免許の仕組み

「カナダ」

カナダも州ごとの資格審査、試験に合格する必要があります。その試験は、Medical Council of Canada Evaluating Examinationと呼ばれ、その試験に合格した後、最低1年間の臨床研修を受けて、資格を取得します。

「オーストラリア」

オーストラリアの場合ですが、国内外で学問を取得した場合、医師登録することが可能になります。Medical Board of Australiaに登録後、研修を行うには、学歴、経験、英語力の審査があります。登録後、オーストラリアに移住することができます。