アメリカの医師免許は難易度が高い?高得点を狙って勉強しよう

アメリカの医師免許を取得したいと考えた場合、日本の医師国家試験よりも難易度が高いのかどうなのか気になりますよね。

アメリカの医師国家試験はどんな仕組みになっているのでしょうか?その難易度とは?最低何点取ればアメリカで医師として働くことができるの?

アメリカの医師免許は点数重視?その実態について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

情報処理に関する資格は就職にどのくらい有利となるのか徹底調査

IT業界への就職を考えている大学生は、情報処理に関する資格を持っていると就職に有利になると思っている...

クロールの息継ぎの教え方とは?まずはプールサイドで練習しよう

クロールの息継ぎを子供に教えるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?子供にわかりやす...

床屋と美容院の定休日が月曜に多い理由!実は地域で定休日が違う

床屋や美容院の定休日が月曜日のことが多いのはなぜなのか、疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか...

会社で挨拶しても無視される。特定の人に?それとも職場全体で

会社で挨拶を無視される。これって、モヤっとしますよね?職場全体でこのようなことをされ...

お歳暮を上司に贈るときの相場や注意することについて

いつもお世話になっている上司にお歳暮を贈ろうと考えている場合には、どのくらいのものを送るべきなのか迷...

昇任試験の面接はスーツ!どんなことを見てる?受かるためには

昇任試験の面接では、服装としてスーツを着るのが一般的でしょう。では、昇任試験の面接でスーツを...

アルバイト(飲食系キッチンの場合)面接のポイントや注意点

飲食系のアルバイでは、ホールとキッチンがありますよね。キッチンを希望する場合は、面接で希望を伝えまし...

バスケの初心者はこう動こう!バスケットボールでの動き方

バスケットボールを始めたばかりだと、「どこにいたら良いのか」「どのように動いたら良いのか」「味方の邪...

上司からの謝罪にはどんな返事をする?返事をする時の注意点

仕事のことで上司と意見が合わずに対立をすることもありますよね。相手は上司だから上司に従わなくてはなら...

職場の可愛い子はやっぱり目立つ!彼女が好かれる理由とは

職場の可愛い子が目立つのは、見た目だけではなかった!可愛い子は隠れて努力をしているのかもしれません。...

ドラッグストアのバイトの服装について!面接や仕事の場合など

薬や日用品や化粧品などたくさんの商品を販売しているドラッグストアは、街の中の色んなところで見かけます...

新人は仕事のミスが多い!ミスをする新人の特徴と新人の教育方法

仕事でミスばかりする新人に悩んでいる先輩社員や上司の皆さんは、どうして新人がミスばかりしてしまうのか...

バレーのトスの指の形とは?トスの基本や練習方法を紹介します

バレーのトスの指の形はどのようにするといいのでしょうか?トスが上手くいかない原因にはどのようなものが...

長期休暇の理由で嘘をつくくらいなら言わないほうがいい

長期休暇の理由は正直に話したほうがいいのでしょうか?それとも嘘をついていい?良くも悪くも、休...

No Image

弓道初心者必見!上達するための筋トレメニューを大特集

弓道というと、ゆっくりとした動きがメインですよね。しかし、ゆっくりと動くためにも筋肉が必要です。...

スポンサーリンク

アメリカの医師免許を取得するための試験とは?難易度はどのくらい??

ドラマなどをみていると、できるお医者さんは海外で活躍している場合も多く見られます。実際、アメリカの医師免許を取るとなると、難易度は日本と比べて高いのでしょうか?低いのでしょうか?

アメリカの医師免許を取る場合

まず、日本の医大を卒業して、日本で、医師国家試験免許を取ることが前提になってきます。

次のステップですが、アメリカのECFMGに登録し、アメリカの医師国家試験の受験になります。

その試験ですが、USMLEと呼ばれ、Step 1, Step 2ck, Step 2cs, Step 3 の4段階あり、step 1と2は日本で受験可能にあんります。3に関しては、アメリカでのみ受験可能になります。

この3種類に合格すると、研修医に応募が可能になります。そして、物事が順調に進めば、面接、研修医になれます。研修医になることが決まれば、step3になります。

アメリカで医者として活躍するには、上記のようなステップが必要になります。

アメリカと日本の医師免許の違いとは?難易度ではなく点数を重視しよう

アメリカでの医師免許を取得するには、USMLEという試験を受けなくてはいけないこと、また、試験に合格しても、面接までたどり着き、研修医として活躍し、step3という試験を受けなくてはいけないことを上記ではみてきましたよね。

なんだか色んなステップがあると思われたと思います。そこで、ここでは、アメリカと日本の医師免許の違いを見ていきたいと思います。

日本では試験というと、合否だけになってくると思いますが、アメリカの試験ともなると、良い点数で合格することが大切になってきます。

先程USMLEという試験についてもみてきましたが、平均点も毎年上がってきています。また、世界中から色んな人が受けていますので、アメリカの医師も、外国人でどれだけ実力があるか判断するには、USMLEの点数になります。

その為、本格的にアメリカで医師として活躍していきたいと感じているのなら、良い点数を取ることを目標にしましょう。

アメリカの医師免許の難易度は高い?最低合格点は?

日本とアメリカの医師免許の違い。日本は合否重視に対して、アメリカでは点数重視であることを、先程は紹介してきました。

次に、日本の医師免許と比べて、アメリカの医師免許の難易度は高いのか、また最低合格点はどの位なのか、検証してみたいと思います。

先程もみてきましたが、アメリカで医師として活躍するには、USMLEというテストの点数が関係してきます。点数が低いとアメリカで医師として働ける可能性は限りなく0に等しくなってしまいます。

ECFMG(2015)の統計によると、海外卒の医師の合格率ですが、72%で、初めて受ける人は、77%になります。残念ながら、最低合格点の点数は発表されていません。

日本の医師国家試験の合格率は90%前後なので、それと比べると、アメリカの医師免許の合格率の難易度は高いといえますね。

アメリカの医師免許を取得するために必要な勉強時間は?

アメリカで医師免許を取得するのに必要な勉強時間

人それぞれ、勉強方法は様々だと思いますが、睡眠時間を削って勉強することはあまりお勧めしません。というのも、脳も睡眠時間という情報を整理する時間が必要になってくるからです。

ある方ですが、睡眠時間を削ってまで勉強しても、結局日本でも受けれる試験には不合格だったそうです。ですが、勉強する時間を少しでも作って、集中して勉強することにより、合格を勝ち取ることができたそうです。

勉強はあくまでも質なので、長時間勉強すれば良いというものでもありません。短時間であっても、集中して勉強して、是非、アメリカの医師免許で高得点を狙って下さい。

アメリカ以外の医師免許はどうなっている?

他の国での医師免許の仕組み

「カナダ」

カナダも州ごとの資格審査、試験に合格する必要があります。その試験は、Medical Council of Canada Evaluating Examinationと呼ばれ、その試験に合格した後、最低1年間の臨床研修を受けて、資格を取得します。

「オーストラリア」

オーストラリアの場合ですが、国内外で学問を取得した場合、医師登録することが可能になります。Medical Board of Australiaに登録後、研修を行うには、学歴、経験、英語力の審査があります。登録後、オーストラリアに移住することができます。