大学で不安なのが単位!落とす不安を解消する方法と対策

楽しかった大学生活も後わずか。その頃になって急に不安になるのが単位です。
内定を貰ったのに単位が足りないかもしれないと不安になることも。

単位を落とすかもしれないという不安を解消するにはどうすればいいのでしょうか。不安にならないためにできることは?実際に単位を落としてしまった場合の対処法とは?

まずは教授に単位について相談するといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

上司からの謝罪にはどんな返事をする?返事をする時の注意点

仕事のことで上司と意見が合わずに対立をすることもありますよね。相手は上司だから上司に従わなくてはなら...

面接で筆記用具の他に印鑑が必要な理由と内定との関係

面接時に筆記用具と印鑑を持参するように指示されることがあります。 面接なのに印鑑持参と言われる...

教育実習の時の髪型はパーマNG?注意するポイントを徹底解説!

教員免許を取得しようとしている人にとって大事な「教育実習」。ここで印象が悪くならないように注意しなけ...

水泳個人メドレーのコツ、自己ベストを上げるために必要なこと

4種目泳ぐ水泳の個人メドレーですが、泳ぎが速くなるコツや指導する場合どこを強化すべきかで悩むことがあ...

派遣辞めたい…。一ヶ月など契約期間より前に辞める場合には

派遣を辞めたい。 働きはじめて日が浅い。 派遣先にもよりますが、最初は一ヶ月で契約すると...

職場の怖い上司や先輩に萎縮してしまう時の対処法や改善方法

職場に居る声が大きくて常に怒鳴っている上司。 仕事に対していちいちつついてくる先輩。 怖いくらい...

ソフトテニスの練習方法!フットワークが上達するトレーニング

ソフトテニスの練習ではフットワークを鍛えることがとても重要なポイントになります。 ここでは、遠...

パンの販売に必要な資格とは?許可を得るためには

パンを手作りして自宅などで販売するためには、資格や許可が必要になります。 では、手作りのパンを...

陸上の走り幅跳びで記録を伸ばすための筋トレ方法を教えます

陸上の跳躍種目の中でも走り幅跳びは、まず速く走る力が必要となるでしょう。 では、記録を伸ばすた...

バドミントンのバックハンドが上達するコツやポイントとは

バドミントンのバックハンドがなかなか決まらないときにはどんなことに意識したらいいのでしょうか?苦手な...

教育実習でプレゼントを簡単に手作りするオススメと渡す注意点

教育実習で最終日に子どもたちへお礼のプレゼントをするなら、簡単な手作りプレゼントがオススメです。 ...

仕事のミスやクレームの正しい対応や落ち込んだときの心の守り方

仕事でミスをしてしまったり、そのミスによってクレームが来ることもありますよね。 では、そんな仕...

スキー上級者の滑り方、上級者はどんな滑り方をしているのか

ゲレンデに行くと山の頂上から颯爽と滑っていく人に目がいきませんか。 結構多くの人は注目しているはず...

公務員面接は笑顔だけでなく時には表情を引き締めて熱意を見せて

公務員試験の面接では第一印象が大切ですが、良い印象を与えようと面接中終始笑顔でいるだけでは合格は難し...

卓球女子にオススメな練習メニューを紹介。卓球の大事な基礎とは

卓球と聞くと地味なイメージを持ってしまう人も少なくないでしょう。 ただピンポン球を打っているだけと...

スポンサーリンク

大学生活で不安になる単位、落とす不安への対処法は?

大学生活で必要とされている単位を取得することが出来なければ、最悪の場合は卒業できない…なんてことになってしまいます。大学1年生になったばかりの場合は特に、単位の取得に関してわからないことも多いため不安を抱いている人も多いことでしょう。

基本的には、きちんと授業に出席してノートを取っていれば、試験はさほど難しいということはありません。その授業によっても試験の型式は異なるのですが、穴埋め式よりは記述式だったり論述式のものが多いように感じます。

試験によっては資料の持ち込み可とされているものもありますし、そもそも試験が無くレポート提出のみという授業もあります。

そして大学の試験というのは、暗記力よりも理解力を試されている傾向にあります。テキストよりも授業の内容を試験にすることも多いのです。その為、ノートをしっかりと取っておくことが重要になるでしょう。

ノートが取れていない場合は友達から借りたり、また、試験の問題が大きく変わることは少ないので先輩に過去問を見せてもらうなどの対策が有効かと思われます。

大学の単位取得で不安にならないためには?

不安ばかりではキャンパスライフも楽しめない

その授業によっても単位取得方法は異なりますので、まずはそれをしっかりと理解しておく必要があります。

出席率○%、定期試験○%、レポート○%といったように、その授業によって単位取得の為の評価基準は違うのです。定期試験の結果だけで判断する場合もあれば、レポート提出が評価に大きく関わる場合もあります。

もちろん全てにおいて全力を尽くすのがベストなのですが、こういった評価方法を知っておくことで効率的に単位取得をすることが可能になります。そして余計な不安を抱くことも無くなるのです。

シラバスなどを見ると詳しい事が載っていますので、是非そちらを参考にしてみてください。

あとは、同じ授業を取っている人と友達になることも重要になります。試験にも傾向というものがありますが、それらを知る為には友達からの情報は欠かせません。先輩経由で手に入れた過去問や、授業を欠席した際のプリントをコピーさせてもらうなどしましょう。

不安的中!大学の単位を落としてしまった時の対処法は?

単位がとれず大学を卒業できない場合

しかし、場合によっては追試を受けて単位をもらうことが出来ますので、諦めるのはまだ早いですよ!

まずは、追試願いを担当の教授に提出することになります。しかし、これを提出したからと言って誰でも追試を受けられるということでは無く、追試を受けるのにも条件があるのです。今までの授業の出席日数や、本試験での点数も関わってきます。

ただ、追試を受けられるかどうかを最終的に決めるのは担当教授です。その為、本試験での点数が追試を受けるための条件に足りなかったとしても、授業の出席率が良く真面目に聞いている生徒であれば優遇してくれたりするかもしれません。すべては教授次第なので、相談してみましょう。

あとは、成績の異議申し立てをするという方法もあります。点数がわずかに足りなくて単位が取れなかった場合などに、再度採点や確認をしてもらうのです。

しかし、この制度を利用して落とした単位を取ることが出来たという人は、本当にごくわずかしかいません。

大学の単位を確実に取る方法は?

真面目に大学に通えばそう難しくはない

基本的に、真面目に授業に出席して先生の話を聞いていいれば、単位を取ることは何も難しいことではありません。

ただ、その授業によっても楽に単位が取れるものと単位を取るのが比較的大変なものに分かれます。出来るだけ楽に単位が取りたい…と思うのであれば、勝負は授業を選ぶところから始まるのです。

シラバスで単位取得の条件を確認したり、サークルなどに入っているのであれば先輩から情報を得るなどして、楽に単位が取れる授業を探してみましょう。

そして当然ですが、授業を受けるとなった際には真面目に受けるようにしてください。サボってばかりだったり、出席しても先生の話を全然聞いていないとなれば、当たり前ですが試験でも良い点数は取れませんからね。

単位取得にあたって、レポート提出の配分が大きい授業もありますので、そちらも手を抜かないようにしましょう。

内定したのに大学の単位が不足していた場合はどうしたらいい?

内定した企業があるにも関わらず、単位が不足していて卒業できないともなれば大変です。危うい授業があるのであれば、成績判定前に教授に相談してみるようにしましょう。

成績判定後となれば、よっぽど何かミスなどが無い限り判定が覆ることはありません。その為、教授には試験直後や出席日数が危ういかも、などと判断した時点で、相談するようにしましょう。

そして教授には無事に内定をもらえたことを伝え、その上で単位取得の自信がない為何か他に出来ることは無いかを確認しましょう。

レポート提出や追試を受けることで救済してもらえることがあるかもしれません。そこは教授次第ですので、場合によっては「教授のお手伝い」なんかをお願いされることもあるようです。

とにかく低姿勢で、そして努力する姿勢を見せる必要があります。