職場の怖い上司や先輩に萎縮してしまう時の対処法や改善方法

職場に居る声が大きくて常に怒鳴っている上司。
仕事に対していちいちつついてくる先輩。
怖いくらいに監視してくるようなリーダー。

人間の悩みは様々な人間関係と言っても過言ではないでしょう。

いつも怒られていると、萎縮してしまい、しなくてもいいようなミスをおかしてしまうこともあります。
そんな悪循環を断ち切るためには、自分の考え方を変えること、環境を変えることです。
でも、環境を変えた先でもまた怖い人が居ることもあります。

自分の社会人としてのスキルを上げ、ビクつかない社員になるように努力しましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職歴証明書を公務員試験時に提出する理由とその必要性

職歴証明書は、公務員に転職する際に提出を求められる書類の一つです。職歴証明書は、在籍していた会社...

思い込みがミスを招く。ミスをしないための対策と予防について

あなたは思い込みが激しいほうですか?私自身は、世の中を色眼鏡でしか見ていません!そんな、思い...

バレーボールの練習メニュー【中学生編】上達する方法とは

バレーボールは効果的な練習メニューを中学生から行うことで上達させることができます。まずは基礎...

出版社に就職するには学歴が必要?学歴が重視される理由とは

出版社といっても大手から中小企業まで規模は様々ですが、特に大手出版社に就職するためにはある程度の学歴...

コンビニの深夜バイトで女性は働けるのかどうかとその実態

コンビニの深夜バイトは昼間の時間帯よりも時給が高いので、時給優先で働く人もいますが、女性でも働くこと...

公務員最終試験に合格しても採用されない理由とは

公務員の最終試験に合格したからといって安心してはいけません。実は、最終試験に合格しても採用されないケ...

バイトを休みたい!クリスマスに休む場合に使える理由を教えます

恋人がいない人であれば、クリスマスは一人で過ごすよりもバイトしていた方がお金ももらえるし良いのですが...

サービス残業は当たり前?公務員の残業について

公務員は定時で帰ることができるというイメージが強いですが、実はそんなことはないようです。サー...

部活の合宿費用は侮れない、実施時期に合わせて計画的に貯めよう

子供が入った部活が合宿や遠征がとにかく多く、費用が掛かりすぎて家計を圧迫する、そういったお悩みありま...

履歴書に書く資格は何級から?一般的なルールを知っておこう

自分をアピールするための履歴書には、持っている資格をすべて書きたいものですよね。でも、何級か...

教育実習の時の髪型はパーマNG?注意するポイントを徹底解説!

教員免許を取得しようとしている人にとって大事な「教育実習」。ここで印象が悪くならないように注意しなけ...

教育実習でプレゼントを簡単に手作りするオススメと渡す注意点

教育実習で最終日に子どもたちへお礼のプレゼントをするなら、簡単な手作りプレゼントがオススメです。...

退職後の書類はいつ届く?離職票が届く日数と返却される書類

会社を退職したあと、退職した会社から離職票をもらわなければ失業保険の手続きをすることができません。退...

電話が苦手な人に教えたい!電話をかける事が苦にならない方法

プライベートでは電話をかける機会が減ってきていると言われていますが、電話をかける事でしか問い合わせが...

小学校の用務員になるには?勤務形態や給料について説明します

小学校に勤務したいと考えている人の中には、用務員さんになりたいという人も多いと言います。では...

スポンサーリンク

職場の怖い上司に対して萎縮してしまう。上司はナゼそんなにも高圧的なのか?

職場の怖い上司に対して萎縮してしまうってことありますよね。

そんな怖い上司達はナゼそんなにも高圧的なのか、考えてみましょう?

上司という立場上、仕事を上手く回さなくてはいけません。

「それなのに部下達は、自分の思ったとおりに動いてくれない。」

そんなイライラを高圧的な態度によって、部下達にぶつけてくるのです。

つまり、高圧的な人は、器の小さい人なのです。

確かに、部下達の仕事が出来ないのなら、怒る気持ちも分かります。

しかし、仕事の出来ない部下を上手に動かしてこそ上司です。

高圧的な態度で怒鳴る前に、なぜ結果が出ないのか、一緒に話し合って助けることが本来上司としても大切なのです。

職場の怖い上司や先輩!萎縮せずに仕事をするための心構えとは

職場の怖い上司や先輩って、嫌ですよね。

できれば、萎縮せずに仕事をしたいものです。

萎縮せずに仕事をするための心構えとはどんなものでしょうか。

まず、声が大きいタイプの上司は、「俺は強いんだぞ」というアピールによるものと考えられます。

声を大きくするということは、「相手に話しを聞いてもらいたい→相手に話しを聞かせられる自分は強い」という図式が無意識のうちに、頭の中で出来上がっているのです。

大きな声を出されるとつい萎縮してしまいがちですが、上司がライオンや熊のような怖い動物ではなく、チワワや、マルチーズなどの可愛い動物に置き換えてみてはいかがでしょうか。

一生懸命自分を大きく見せようとキャンキャン鳴いていると思えば、怖くなくなるのではないでしょうか。

次にキツイ言葉をぶつけてくる上司は、「常に自分が正しい」と思っているタイプです。
自分が正しいと思っているんですから、それとは違う行動や、考えをする人は、人ではないくらいに思ったりもします。

その上司にとって、人ではない部下ですから、平気で傷つく言葉をぶつけてきます。

聞いてるだけで苦痛だと思いますが、上司にとって自分は人ではないのなら、自分にとっても上司は同じ人間ではないと考え、宇宙人か、異世界の人から何か言われてると思って、「文化が違うんだなー」ぐらいに受け流してしまいましょう。

職場の怖い上司や先輩、同僚に萎縮しそうになったら、魔法の言葉をつぶやこう!

職場の怖い上司や先輩、同僚に萎縮しそうになったら、魔法の言葉をつぶやいてみましょう。

その言葉とは、「ありがとう」です。

自分は、まだまだ未熟な人間だとします。

そうすると、怒ってくれる上司や先輩は、自分を成長させてくれる貴重な存在です。

怖いなと思ったときは、心の中で「怖い態度で接してくれて、ありがとう」と言ってみましょう。

そうすると、どんな態度も自分の為なんだと、前向きに捕らえられるはずです。

また、指導を受けた後に、実際に言葉に出してみるとより良いでしょう。

「為になるご指導ありがとうございました。ありがとうございます。先輩のおかげで、成長できます。」などと言われると、上司や先輩達も、まんざらではない表情を浮かべるはずです。

怖い相手には、褒め言葉で対抗しましょう。

どうしてもダメなら転職も

「どうしてもダメなら転職してみては?まぁ、どこに行っても嫌な奴は居るけどね!」

これは、決して冷たく突き放している訳ではなく、それぐらいのライトな気持ちで行こうという励ましです。

というのも、あなたの人生はあなたのものです。

かと言って、自分中心ではなく、人助けをしたり、そのために自分を高めることに喜びを見い出せる人は、とても素晴らしい事です。

怖い上司や先輩の言ってくる言葉が正しくて、自分の身になるのでしたら、それを乗り越える価値はあります。

しかし、その上司や先輩は、あなたや職場の為ではなく、自分のストレス解消の対象として言っているのだとしたら、それは、ただの毒でしかありません。

正直どこの職場にも嫌な人はいます。

だからといって、心や体を壊してまで無理する必要はないのです。

もしかしたら、あなたと性格などがぴったり合う夢のような職場があるかも知れません。

保障はできませんが、思い切って転職を考えてくれるのもひとつの手です。

できないことにフォーカスするのではなく、できることにフォーカスを当てよう!

怒られた時、失敗してしまった時などの場面では、「なぜ自分はできないのか」「なんて自分はダメなんだ」と、悪いところばかりに意識が集中してしまいます。

そんな人にこの言葉を贈ります。

「できないことにフォーカスするのではなく、できることにフォーカスを当てよう!」

たとえば、文章を作成する時に、誤字脱字ばかりしてしまって、怒られてばかりの人がいます。

でも、その人は、電話対応の時の声の感じがとても良く、クレームで電話を掛けた人でも、最後は笑顔で話を終えられるとしたらどうでしょう。

この人は、社会人として駄目だと思いますか?

悪いところがあれば、良いところもあります。

すべてをこなせないからと言って、失格にしてしまうのは、もったいない話しです。

文章の作成は、難しいかも知れませんが、見直したり、良い例文を参考に作成すれば良い話しです。

いっそ、思い切って上司に相談して、その仕事を別の得意な人に変わってもらうのも良いかも知れません。