教職を大学で取得するメリットと就活でアピールするコツとは

教職課程を大学で履修することはとても大変なことですが、それには大きなメリットがあります。

では、大学で教職課程を履修するメリットとはどんなことなのでしょうか?取得することで得られるメリットとは?

また、教職免許の取得は就活でアピールポイントとすることもできますよ!

そこで、教職を大学で取得するメリットと就活でアピールするコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハンドボール上達への道。練習を家でも出来るメニューがあります

ハンドボールの練習で家でも出来るメニューを紹介します。ハンドボールはシュートの時のジャンプが...

仕事のミス!実際にしてしまった最大のミスとミスへの対処法

仕事をしていると、時々ミスをしてしまうこともありますよね。小さなミスやケアレスミスであれば問題になら...

跳び箱の台上前転の怖いを克服するためのコツや練習方法とは

跳び箱の台上前転は怖いと感じる人は多いですが、その恐怖心があると余計にできなくなってしまいます。...

新人が使えないのは当たり前?上司の不満・新人の不満

新しく入社してきた新人が使えないと腹を立てている上司や先輩のみなさん、新人が使えないのは当たり前だと...

バイトを休みたい!クリスマスに休む場合に使える理由を教えます

恋人がいない人であれば、クリスマスは一人で過ごすよりもバイトしていた方がお金ももらえるし良いのですが...

嫌いな人が職場にいる時に示す態度とは?接し方に注意!

「最近職場にいる人の態度がおかしい、もしかして嫌われている?」と悩んでいませんか?嫌いな人が...

コンビニの深夜バイトって、きつい!?その真相について

コンビニの深夜バイトって、昼間よりも来客が少ないみたいだし、結構楽ちんに思われがちですが、現実はかな...

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか?...

賛否両論!?美容師のシャンプー用手袋について

美容師さんが行うシャンプーはとても気持ちがいいものですが、最近は手袋をしてシャンプーをする美容師さん...

サッカー初心者ドリブル上達方法!ドリブルのコツやポイント解説

サッカー選手のピッチを縦横無尽に駆け巡り、ゴールを狙う姿にカッコイイと思った人も多いはずです。ワ...

ボウリングの曲げ方のコツとは?カーブを投げるときのポイント

ボウリングでカーブボールを投げるときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?プロ...

内定辞退はできる?転職はいつまでできる?

転職をしたいと考えている時、内定をもらった企業の条件と自分の条件が合わないなどの理由で、内定辞退をし...

職場にイケメンがいたら癒しになるという女性のホンネ

職場にイケメンはいますか?また職場にイケメンは必要だと思いますか?職場にイケメンがいたら、「...

選挙の出口調査バイトをする際の服装は?応募する前の注意点

副収入として選挙の出口調査バイトをしようという方も多いのではないでしょうか。選挙の出口調査バイト...

昼休み中の電話は出ないことが当たり前?その前に上司に相談を

小さい会社だと、昼休み中なのに電話番をさせられることがありますよね。電話がこなければ昼休みも...

スポンサーリンク

大学で教職課程を履修するメリットとはどんなこと?

教職免許を持っていると、後々メリットになると思います。そこで、大学で教職課程を履修していると、どんなメリットがあるのか、ここで探ってみたいと思います。

考えられる点が3つあります。ここで紹介しますので、参考にしてみて下さい。

  • その1:教員免許状が取得できる
    教員免許を取得できるので、職業の選択の幅が広がります。そのことにより、就活にも有利になります。
  • その2:教育について深く考えることができる
    教育に関わる資格をとることになるので、教育に関して深く考える機会が増えます。その教育を考える力が強さになってきます。
  • その3:教育実習を受けられる
    教育に興味がある人でも、中々実践的に教員の立場で実習が受けられる機会はないと思います。その点、教員免許をとる仮定で、教育実習があるので、実践的に教員の立場にたてることができるのは、メリットになります。

大学で教職を取得することで得られるメリットとは

上記では、大学で教職課程を履修するメリットを3点みてきました。

次に、大学で教職を取得することで得られるメリットをより深くここでみていきたいと思います。

まず、教員免許を取得するためには、大学で免許状に関する授業の単位をとる必要があります。

小学生、中学生、高校生となると、それぞれ教え方も違い、専門分野に向けて深く学ぶ授業をとることになります。

そうなると、将来の進路が教職に関わることとなると、学校教育について、より深く勉強する機会になってきます。

逆に、幼稚園ともなると、幼児期の発達にどの分野が発達するのか、環境や表現、健康などの分野を学ぶことになります。

大学で教職を取得するとなると、幼稚園、小学生、中学生、高校生、それぞれの分野で自分が関わる科目についてじっくり勉強する良い機会が与えられそうですね。

大学で教職を取得することは様々なメリットがある!

先ほどは、大学で教職を取得することにより、自分が教える年齢の学生に応じて、教える科目をより深く学べる機会が与えられてくることについて触れてきました。

次に、大学で教職を取得することで、どんなメリットがあるのか、更に深くみていきたいと思います。

  • やりがいがある
    今、便利さもあると思いますが、スカイプで英語を教えられたりして、人と人とのコミュニケーションの場が減ってきていると思います。そんな中、教職というのは、生徒の成長を生で確認できる、手助けできる「やりがい」を感じることができると思います。
  • スキルアップである
    教職科目の一環で、グループワークがあり、その中で全く違う学部でその授業でしか出会えない学生と学ぶ機会もあります。また、年齢の異なる人たちと良いコミュニケーションをとることができるのも、一つのメリットだと思います。

教員免許をとるにあたって、求められるスキルを取得することにより、他の場面でも役に立ちます。

大学の学部を超えての交流もメリットのひとつ!

上記では、大学で教職をとることのメリットを二つみてきましたよね。

ここでは、上記のメリットに加え、大学の教職をとることにより、大学の学部を超えての交流のメリットがある、そのメリットについて触れてみたいと思います。

大学の教職をとると、他の学部との交流も盛んになるため、学部を超えての交流も深まります。

ある方の感想ですが、

  • 「教職課程の授業は学部が違った人が集まります。その為、他の学部の人たちと友達になることができた」
  • 「私は文系なので、文系の人と関わる機会がおおかったけれど、教職で理系の人とも会うチャンスが増えた」
  • 「志望しているのが、同じ教職なので、話もあって、一緒にいて有意義な時間を過ごすことができました」

上記の意見からもわかると思いますが、大学の教職を取得するにあたって、違った学部の人々と交流をもつことになります。その為、色んな人と関わることができるのも、一つのメリットではないでしょうか。

熱意が持っている人との交流になるので、自分の「やる気」がより高まる良い機会になりそうですね。他学部の友達との交流も自分のやる気を向上される、良い機会になると思います。

教職免許の取得は就活でアピールになることも!

先ほどは、大学の教職をとることにより、違った学部の学生との交流が深まるメリットをみてきましたよね。

最後に、教員免許を持っていると、就活で良いアピールになるメリットについてみていきたいと思います。

教員以外の面接を受ける時は「この仕事に関係がないのに、どうしてこの資格をとったの?」とつっこまれることもあると思います。

でも、最初は教員を目指していたが、途中で方向性を変えて、その職業に就きたくなったといえば、何も問題ないのではないでしょうか。

返って、あなたが自分がなりたいものに向けて日ごろから努力している、その努力が相手の企業に伝わって良い機会になると思います。

それに、後々教員になると方向性を変える時にも役立ちますし、資格は持っていて、損はないのではないでしょうか。