教職を大学で取得するメリットと就活でアピールするコツとは

教職課程を大学で履修することはとても大変なことですが、それには大きなメリットがあります。

では、大学で教職課程を履修するメリットとはどんなことなのでしょうか?取得することで得られるメリットとは?

また、教職免許の取得は就活でアピールポイントとすることもできますよ!

そこで、教職を大学で取得するメリットと就活でアピールするコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

社会人の理想的な手帳の書き方とは?ここを工夫すれば一目瞭然

社会人の手帳はどのような書き方をしたら予定を把握しやすくなるのでしょうか? 手帳は予定を書くも...

バスケの基本的な練習方法!初心者がまず習得するべきこと

これからバスケを始めたいというバスケ初心者の方は、まず何から始めれば良いのか知りたいですよね。 紹...

朝はメールを何時から送ってもいい?ビジネスマナーの常識

メールだから朝に送っても問題はない?仕事の相手先にメールを送る場合は何時からならOKなのでしょうか?...

ゼミは就活に影響する?影響するかは結局のところあなた次第

ゼミで専門的な分野を学んでいるから就活に有利、ゼミに入っていないから就活で不利になる、などという話を...

陸上の走り幅跳び練習方法!走り幅跳びの記録を伸ばす練習方法

陸上で走り幅跳びの競技をしている人は、自分の記録を伸ばすことができる練習方法を知りたいと思いますよね...

公務員試験は既卒職歴ありでも大丈夫?既卒職ありの受験ポイント

いつ倒産するかどうかわからない企業より、安定した公務員になりたいと思う方も多いのではないでしょうか。...

バドミントン【左利きの相手】の攻め方とは?戦い方のコツ

バドミントンで左利きの選手とあたるときにはどのような攻め方をしたらいいのでしょうか? 左利きだ...

アイドルの衣装をデザインする仕事をするために進むべき道とは

テレビで見かけるアイドルの衣装ってかわいいですよね。そんな衣装を見ていると「自分がデザインした衣装を...

小学校の用務員になるには?勤務形態や給料について説明します

小学校に勤務したいと考えている人の中には、用務員さんになりたいという人も多いと言います。 では...

転勤が多い会社に勤めるのは大変!?大切なのは家族の絆

転勤が多い会社はあります。金融業界などでは3年という短いスパンで転勤することもありますし、会社によっ...

集団討論のコツ!教員採用試験で周りに差をつけ高評価を得る方法

教員採用試験では集団面接の他に集団討論も行われます。 形式は色々ありますが、集団討論の配点は高いた...

年下の上司にタメ口を使うのは非常識?ビジネスマナーとは

上司が年下ならタメ口で話してもいいのでしょうか?年齢は自分のほうが上だから、年下上司がタメ口で話して...

農業は儲かる。どんな果物が儲かるのかや農家の売上や海外事情

農業といえば休みがない、朝が早い、仕事が大変といったイメージがあるのではないでしょうか。 そんな農...

No Image

サッカーのスパイクの手入れ頻度や正しい方法で大切に使おう

サッカーのスパイクのお手入れは、皆さんどのくらいの頻度で行っているでしょうか。 長く使うために...

ソフトテニス戦略、前衛として相手にプレッシャーを与える動き方

ソフトテニスで相手に勝つためには戦略が必要です。特に前衛の動き方は重要で、フェイントなどを使いながら...

スポンサーリンク

大学で教職課程を履修するメリットとはどんなこと?

教職免許を持っていると、後々メリットになると思います。そこで、大学で教職課程を履修していると、どんなメリットがあるのか、ここで探ってみたいと思います。

考えられる点が3つあります。ここで紹介しますので、参考にしてみて下さい。

  • その1:教員免許状が取得できる
    教員免許を取得できるので、職業の選択の幅が広がります。そのことにより、就活にも有利になります。
  • その2:教育について深く考えることができる
    教育に関わる資格をとることになるので、教育に関して深く考える機会が増えます。その教育を考える力が強さになってきます。
  • その3:教育実習を受けられる
    教育に興味がある人でも、中々実践的に教員の立場で実習が受けられる機会はないと思います。その点、教員免許をとる仮定で、教育実習があるので、実践的に教員の立場にたてることができるのは、メリットになります。

大学で教職を取得することで得られるメリットとは

上記では、大学で教職課程を履修するメリットを3点みてきました。

次に、大学で教職を取得することで得られるメリットをより深くここでみていきたいと思います。

まず、教員免許を取得するためには、大学で免許状に関する授業の単位をとる必要があります。

小学生、中学生、高校生となると、それぞれ教え方も違い、専門分野に向けて深く学ぶ授業をとることになります。

そうなると、将来の進路が教職に関わることとなると、学校教育について、より深く勉強する機会になってきます。

逆に、幼稚園ともなると、幼児期の発達にどの分野が発達するのか、環境や表現、健康などの分野を学ぶことになります。

大学で教職を取得するとなると、幼稚園、小学生、中学生、高校生、それぞれの分野で自分が関わる科目についてじっくり勉強する良い機会が与えられそうですね。

大学で教職を取得することは様々なメリットがある!

先ほどは、大学で教職を取得することにより、自分が教える年齢の学生に応じて、教える科目をより深く学べる機会が与えられてくることについて触れてきました。

次に、大学で教職を取得することで、どんなメリットがあるのか、更に深くみていきたいと思います。

  • やりがいがある
    今、便利さもあると思いますが、スカイプで英語を教えられたりして、人と人とのコミュニケーションの場が減ってきていると思います。そんな中、教職というのは、生徒の成長を生で確認できる、手助けできる「やりがい」を感じることができると思います。
  • スキルアップである
    教職科目の一環で、グループワークがあり、その中で全く違う学部でその授業でしか出会えない学生と学ぶ機会もあります。また、年齢の異なる人たちと良いコミュニケーションをとることができるのも、一つのメリットだと思います。

教員免許をとるにあたって、求められるスキルを取得することにより、他の場面でも役に立ちます。

大学の学部を超えての交流もメリットのひとつ!

上記では、大学で教職をとることのメリットを二つみてきましたよね。

ここでは、上記のメリットに加え、大学の教職をとることにより、大学の学部を超えての交流のメリットがある、そのメリットについて触れてみたいと思います。

大学の教職をとると、他の学部との交流も盛んになるため、学部を超えての交流も深まります。

ある方の感想ですが、

  • 「教職課程の授業は学部が違った人が集まります。その為、他の学部の人たちと友達になることができた」
  • 「私は文系なので、文系の人と関わる機会がおおかったけれど、教職で理系の人とも会うチャンスが増えた」
  • 「志望しているのが、同じ教職なので、話もあって、一緒にいて有意義な時間を過ごすことができました」

上記の意見からもわかると思いますが、大学の教職を取得するにあたって、違った学部の人々と交流をもつことになります。その為、色んな人と関わることができるのも、一つのメリットではないでしょうか。

熱意が持っている人との交流になるので、自分の「やる気」がより高まる良い機会になりそうですね。他学部の友達との交流も自分のやる気を向上される、良い機会になると思います。

教職免許の取得は就活でアピールになることも!

先ほどは、大学の教職をとることにより、違った学部の学生との交流が深まるメリットをみてきましたよね。

最後に、教員免許を持っていると、就活で良いアピールになるメリットについてみていきたいと思います。

教員以外の面接を受ける時は「この仕事に関係がないのに、どうしてこの資格をとったの?」とつっこまれることもあると思います。

でも、最初は教員を目指していたが、途中で方向性を変えて、その職業に就きたくなったといえば、何も問題ないのではないでしょうか。

返って、あなたが自分がなりたいものに向けて日ごろから努力している、その努力が相手の企業に伝わって良い機会になると思います。

それに、後々教員になると方向性を変える時にも役立ちますし、資格は持っていて、損はないのではないでしょうか。