教職を大学で取得するメリットと就活でアピールするコツとは

教職課程を大学で履修することはとても大変なことですが、それには大きなメリットがあります。

では、大学で教職課程を履修するメリットとはどんなことなのでしょうか?取得することで得られるメリットとは?

また、教職免許の取得は就活でアピールポイントとすることもできますよ!

そこで、教職を大学で取得するメリットと就活でアピールするコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学がつらい、やめたいと感じるあなたへアドバイス

夢や希望を持って大学に入ったのに、大学生活を続けるうちにつらい、やめたいと感じて悩んでいませんか?...

高校の卒業日の記載は履歴書に必要?学歴についての疑問点

履歴書を書く時、名前や住所などの基本情報の次に筆記が必要となる学歴。高校への入学や卒業日などを書かな...

職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵...

大学中退者の面接対策で受かるコツや知っておきたいこととは

大学を中退していると、就職の面接ではそれが不利になるのではと不安になりますよね。確かに、面接...

バスケを社会人から始めた初心者の人向けな練習方法を紹介します

バスケットボールって迫力があって、見ていても楽しいスポーツですよね。特にダンクシュートなんてカッ...

バドミントン【左利きの相手】の攻め方とは?戦い方のコツ

バドミントンで左利きの選手とあたるときにはどのような攻め方をしたらいいのでしょうか?左利きだ...

電話が苦手な人に教えたい!電話をかける事が苦にならない方法

プライベートでは電話をかける機会が減ってきていると言われていますが、電話をかける事でしか問い合わせが...

新入社員が体調不良で欠勤する時には電話?メール?連絡方法とは

体調不良で新入社員が欠勤するときには、どのように連絡をしたらいいのでしょうか?どんなに体調が...

市役所の最終面接合格必勝法!面接官にアピールするポイント

市役所の最終面接に合格するためには何が必要か。それは「情報」です。情報を集め、十分な調査研究を行...

ぎっくり腰で仕事を辞めると決意した時に考えるべきこと

仕事をしていても腰痛があると辛くて仕事が手に付かないと言った経験はありませんか?腰は立っていても座っ...

バレーボールの上達法は自宅で一人でもできるコツやオススメとは

バレーボールの上達法には自宅で一人でも簡単にできる練習方法があります。コツを掴んで自宅でも練...

通訳の仕事が将来なくなる?今後通訳者が求められるスキルとは

通訳を仕事にしている人たちにとって不安なこと、それが通訳の将来性です。一説には今後数十年で通...

就活用スーツはスカート丈が勝負?採用されるための選び方とは

就活用のリクルートスーツにはパンツもありますが、スカートの方が良いと言われています。そこで気...

No Image

壁倒立のコツ『肩入れ』『筋肉』『バランス』について

壁倒立ができるようになりたい!コツをつかんで練習を続ければ、誰でも壁倒立ができるようになります。...

昇任試験の面接はスーツ!どんなことを見てる?受かるためには

昇任試験の面接では、服装としてスーツを着るのが一般的でしょう。では、昇任試験の面接でスーツを...

スポンサーリンク

大学で教職課程を履修するメリットとはどんなこと?

教職免許を持っていると、後々メリットになると思います。そこで、大学で教職課程を履修していると、どんなメリットがあるのか、ここで探ってみたいと思います。

考えられる点が3つあります。ここで紹介しますので、参考にしてみて下さい。

  • その1:教員免許状が取得できる
    教員免許を取得できるので、職業の選択の幅が広がります。そのことにより、就活にも有利になります。
  • その2:教育について深く考えることができる
    教育に関わる資格をとることになるので、教育に関して深く考える機会が増えます。その教育を考える力が強さになってきます。
  • その3:教育実習を受けられる
    教育に興味がある人でも、中々実践的に教員の立場で実習が受けられる機会はないと思います。その点、教員免許をとる仮定で、教育実習があるので、実践的に教員の立場にたてることができるのは、メリットになります。

大学で教職を取得することで得られるメリットとは

上記では、大学で教職課程を履修するメリットを3点みてきました。

次に、大学で教職を取得することで得られるメリットをより深くここでみていきたいと思います。

まず、教員免許を取得するためには、大学で免許状に関する授業の単位をとる必要があります。

小学生、中学生、高校生となると、それぞれ教え方も違い、専門分野に向けて深く学ぶ授業をとることになります。

そうなると、将来の進路が教職に関わることとなると、学校教育について、より深く勉強する機会になってきます。

逆に、幼稚園ともなると、幼児期の発達にどの分野が発達するのか、環境や表現、健康などの分野を学ぶことになります。

大学で教職を取得するとなると、幼稚園、小学生、中学生、高校生、それぞれの分野で自分が関わる科目についてじっくり勉強する良い機会が与えられそうですね。

大学で教職を取得することは様々なメリットがある!

先ほどは、大学で教職を取得することにより、自分が教える年齢の学生に応じて、教える科目をより深く学べる機会が与えられてくることについて触れてきました。

次に、大学で教職を取得することで、どんなメリットがあるのか、更に深くみていきたいと思います。

  • やりがいがある
    今、便利さもあると思いますが、スカイプで英語を教えられたりして、人と人とのコミュニケーションの場が減ってきていると思います。そんな中、教職というのは、生徒の成長を生で確認できる、手助けできる「やりがい」を感じることができると思います。
  • スキルアップである
    教職科目の一環で、グループワークがあり、その中で全く違う学部でその授業でしか出会えない学生と学ぶ機会もあります。また、年齢の異なる人たちと良いコミュニケーションをとることができるのも、一つのメリットだと思います。

教員免許をとるにあたって、求められるスキルを取得することにより、他の場面でも役に立ちます。

大学の学部を超えての交流もメリットのひとつ!

上記では、大学で教職をとることのメリットを二つみてきましたよね。

ここでは、上記のメリットに加え、大学の教職をとることにより、大学の学部を超えての交流のメリットがある、そのメリットについて触れてみたいと思います。

大学の教職をとると、他の学部との交流も盛んになるため、学部を超えての交流も深まります。

ある方の感想ですが、

  • 「教職課程の授業は学部が違った人が集まります。その為、他の学部の人たちと友達になることができた」
  • 「私は文系なので、文系の人と関わる機会がおおかったけれど、教職で理系の人とも会うチャンスが増えた」
  • 「志望しているのが、同じ教職なので、話もあって、一緒にいて有意義な時間を過ごすことができました」

上記の意見からもわかると思いますが、大学の教職を取得するにあたって、違った学部の人々と交流をもつことになります。その為、色んな人と関わることができるのも、一つのメリットではないでしょうか。

熱意が持っている人との交流になるので、自分の「やる気」がより高まる良い機会になりそうですね。他学部の友達との交流も自分のやる気を向上される、良い機会になると思います。

教職免許の取得は就活でアピールになることも!

先ほどは、大学の教職をとることにより、違った学部の学生との交流が深まるメリットをみてきましたよね。

最後に、教員免許を持っていると、就活で良いアピールになるメリットについてみていきたいと思います。

教員以外の面接を受ける時は「この仕事に関係がないのに、どうしてこの資格をとったの?」とつっこまれることもあると思います。

でも、最初は教員を目指していたが、途中で方向性を変えて、その職業に就きたくなったといえば、何も問題ないのではないでしょうか。

返って、あなたが自分がなりたいものに向けて日ごろから努力している、その努力が相手の企業に伝わって良い機会になると思います。

それに、後々教員になると方向性を変える時にも役立ちますし、資格は持っていて、損はないのではないでしょうか。