駅員の仕事は楽?決して楽とは言えない駅員の仕事の実態とは

毎日見かける駅員さん。なんだか仕事が楽そうでいいなと思っていませんか?

一見楽そうに見える駅員の仕事ですが、実際本当に楽な仕事なのでしょうか。駅員の仕事で大変なこととは?

駅によって仕事量の差はありますので、仕事が楽すぎて辞めてしまったという人も中にはいるようです。
しかし、生活が不規則で体力的にも厳しく、モンスタークレーマーの対処もしなくてはならない駅員の仕事は、やはり楽とは言えないかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

就活に黒髪はなぜかその理由とオシャレに就活を楽しむコツ

就活中はなぜかみんな黒髪に戻しますよね?では、なぜ就活には黒髪が良いのでしょうか? それには、...

ゼミは就活に影響する?影響するかは結局のところあなた次第

ゼミで専門的な分野を学んでいるから就活に有利、ゼミに入っていないから就活で不利になる、などという話を...

クロールは速く泳ぐコツがある!スイスイ泳げるようになろう

クロールは速く泳ぐコツを掴むことは、クロールを上達するためにも大切なことです。 例えば、呼吸の...

面接で筆記用具の他に印鑑が必要な理由と内定との関係

面接時に筆記用具と印鑑を持参するように指示されることがあります。 面接なのに印鑑持参と言われる...

職場が合わない、そんな直感は当たるもの。居心地の悪い職場って

職場、合わない。 この職場、合わないなって直感的に思ってしまった会社に就職してしまったら、大抵...

研修期間中に退職したことを職歴に載せるべきなのか

研修期間中に何らかの理由で退職してしまうことはあります。 社風が合わない、条件と違っていたなど...

総合職で転勤を拒否する前に知っておきたい転勤のメリット

総合職だと転勤があるかもしれないことは、入社したときからわかっていたはずですよね。 しかし、い...

fラン大学生の就職活動にどんな資格が必要なのか徹底解説!

fラン大学生は就職活動をしても不利だから資格を取得した方がいい、なんて話を聞きますよね。 しか...

お坊さんの修行の内容はやっぱり厳しい?一日の流れとは

お坊さんの修行は厳しいものだと一般的には言われていますが、その修行内容がどんなものなのか気になります...

契約書の郵送方法・梱包方法とマナーや注意点について

新社会人として仕事していると、書類の郵送を頼まれることもあるでしょう。 その時に注意が必要なの...

走り高跳び【女子中学生編】記録を伸ばすコツや練習のポイント

走り高跳びをやっている女子中学生には、思うように記録を伸ばせず悩む人もいるでしょう。 走り幅跳...

ありがとうへの返事は?上司に返事をする時に使うべき言葉

上司から「ありがとう」と言われた時、それに対して部下である自分がどんな風に返事をすればよいのか悩んだ...

面接で笑顔を褒められたら合格?就職が成功するための心得とコツ

就職活動中の就活生の皆さん、面接で笑顔を褒められたら合格!という考えを持ってはいませんか?就職活動を...

新入社員がカラオケを断るのはアリ?上手に断る方法

新入社員でもカラオケが苦手な人っていますよね。 では、新入社員がカラオケの誘いを断ってもいいの...

教員採用試験の服装の一次試験で迷うなら、スーツがおすすめ

教員採用試験の一次の多くは筆記試験です。 筆記試験なので募集要領には「服装自由」と書かれていること...

スポンサーリンク

駅員の仕事が楽そうに見える!その実態とは?

毎朝の通勤で駅員さんは必ず目にするけど、駅員さんって実際どんな仕事なんでしょう。

駅員さんは電車が動く朝早くに出勤し、終電まで働きます。
そして駅が開いていれば必ず駅員さんはいますよね。

駅員さんの仕事はかなり不規則な勤務で日勤、早番、遅番、宿泊勤務など様々で、けっこう大変な仕事です。
それに加えて駅は多くの人が出入りするため接客もしなければならなく対応に追われ、駅や電車に対してのクレームも少なくない。
そのため精神的にもきつい仕事といえます。

駅での仕事内容に関しては大きな変化はあまりないため、仕事を覚えると同じ事の繰り返しを行う、そして日々入れ替わるお客さんの接客、やりがいを感じるかどうかは人それぞれでしょう。

駅員の仕事は楽じゃない!駅員の仕事で大変な面とは?

これも仕事!忘れ物の管理

駅員のなると初めのころは落し物の管理を任されます。
これがけっこうな大変な仕事なんですよ。
雨の日は頻繁に傘の忘れ物が届くので、何時何分届き忘れた場所などの記入など大忙しです。
また、ビニール傘などは取りに戻るお客様が少なく忘れ物が溜まっていき何ヶ月間は保管しなければいけないという決まりがあります。

車椅子の方の手助け

駅員はエスカレーターを使ってはいけません。
車椅子のお客様を電車に乗せるときに大きな重い板を使うのですが、その板を階段を使って運びます。
これはけっこうな重労働で1日に1件~3件あります。
これも新入社員の仕事になります。

電車の監視

これは、駅のホームで電車が止まり、乗客が全員乗ったか確かめ車掌さんに旗を揚げ合図をします。
この見極めが最初は難しく、乗ったと思っていきなり降りる人や、時間ギリギリに飛び込みで走ってきて乗り込む人もいます。
一歩間違えば怪我をさせてしまうことになりますので、神経をつかいます。
時間通りに電車を発車させなければ遅れてしまいますので電車がホームに入ってきてから乗客を乗ったか確かめ、車掌に合図するまで時間はあまりありません。
この感覚は車掌になったときにかなり役立ちますので、必ずやりこなさなくてはいけません。

切符の買い方、電車の乗り方

これは相手が年配の方や外国人が多く、英語も話せないとなると大変です。
これが繁忙期などは何件もありますので対応に追われて1日が終わるなんて日もありそうですね。

楽な仕事なんて嘘、駅員の仕事を辞めたいと思ってしまう瞬間とは?

駅員の仕事、悪質なクレームや酔っ払いの対応

  • 酔っ払い他の乗客または駅員とトラブルになる
  • 正しい運賃が払われなく、逆ギレされる
  • 今お金がなく後払いするから電車に乗りたいと騒ぎ散らす
  • 事故や災害で電車が止まったり遅れると怒る客が多く、その時の対応が大変
  • 忘れ物が見つからないと怒る
  • 乗客同士のちょっとしたトラブル

駅員の仕事はたくさんあるけれどメインの仕事はお客様のクレーム対応だといっても過言ではないと元駅員さんがお話しているのを耳にした事がありますが、想像を超えるほど理不尽なクレームが多いことがわかりますね。

そして冷静なクレームというよりはお客様が基本怒っているので、対応も更に大変でしょう。
駅員は楽な仕事ではないことがわかりますね。

楽なわけではない駅員の仕事、その魅力とは?

前述のクレームのお話をしたら、駅員の仕事はそのイメージになってしまいそうですが、やりがいや魅力を感じて続けている駅員さんもいますよ。

駅員の仕事でやりがいを感じる時!お客様の笑顔

クレームが多い事はもちろんですが、日々たくさんの人が行きかう駅ですと、そうでないお客さん様も必ずいます。
切符の買い方、電車の乗り方、場所を教えたりするだけではなく、日々のたわいもない会話もすることができ、時には、笑顔で感謝を述べられると、とても心が安らぎます。
大変な職場だからこそ、そういう時の喜びはひとしおです。
そして、クレームも全てネガティブにとらえるのではなく、クレームがあるからこそ気がつける部分もあります。

公共性があることも魅力

様々な目的で電車を利用されることから、公共性がとても高い職業ですので学びが多くプラスになることがたくさんあります。
世の便利性や社会を支える仕事と責任を感じられる仕事です。

駅員の主な仕事内容とこれから求められるスキルとは?

駅員の主な仕事

  • 改札業務
  • ホームの案内
  • 構内の点検
  • 切符の買い方、乗り方のわからないお客様への対応
  • クレームの対応
  • 忘れ物の管理
  • 電車の遅延などのアナウンスや対応

それぞれ役割が課せられ業務を運営していくのですが、利用者数が多い駅だと、緊急な遅延などの場合に混雑します。
その時に混乱しているお客様に対して、他の社員と連携をとり、素早い対応、的確な判断を求められます。

仕事をする上で先輩の良いところはどんどん真似し、駅員の仕事が充実したものとなるよう努力していくことが大切です。

また、来日する外国人も増えています。
日本の英語力の低さが問題になっていますが、英語力があると外国人相手にもスムーズに仕事ができますね。