SEARCH

「マナー」の検索結果181件

  • 2019年8月18日

ふくさを使った包み方と香典をお渡しする時のマナーと注意する事

急なお葬式や親族の法事などで香典を用意することになった場合のマナーについて紹介します。香典はふくさに包んでお渡しするのがスマートです。ふくさとはどういったものなのでしょう?色やデザインや種類は意外とたくさんあります。ふくさが用意出来たら、包み方を確認しておきましょう。包み方にもマナーがあるのです。慶事用の際にも使われるふくさですが、間違いのないように注意しましょう。ふくさに包んだ香典ですが、先方に渡す場合はどのように渡すと良いのでしょう。受け付けで渡す場合や、直接渡す場合の渡し方についてもご覧ください。様々あるふくさのタイプですが、使いやすいおすすめなふくさもご紹介します。急なお葬式でふくさがないという場合はハンカチで代用することも出来ますが、その際の注意点も確認しておきましょう。

  • 2019年8月17日

フォーマルバッグの選び方、結婚式と葬式に兼用できるバッグ

冠婚葬祭の時にはフォーマルバッグを持つのがマナーとされていますが、結婚式やお葬式はそう回数が多くはないのでせっかく準備したフォーマルバッグの出番はあまりないでしょう。また結婚式用とお葬式用それぞれにフォーマルバッグを用意するのも大変です。そこで思いつくのが、結婚式とお葬式のフォーマルバッグは兼用出来ないかということではないでしょうか。装飾や素材によってはお葬式の場にふさわしくない物もありますが兼用することは出来ます。お葬式の時に使ってはいけないフォーマルバッグのマナーと選び方を紹介します。じつは私も持っていますが、金具を取り替えることが出来るフォーマルバッグがおすすめです。普段あまり使わないフォーマルバッグ、まずはこのタイプが一つあると便利です。

  • 2019年8月17日

ネクタイの色の選び方とマナー!結婚式は白以外の色もOK

結婚式に初めて出席するとき、ネクタイの色は白でなくてはならないのか、知識がなければわからないものです。白色のネクタイ以外のものでも大丈夫なのであれば、違うネクタイを選びたいと考える人もいるのではないでしょうか。ここでは、結婚式に身に付ける男性のネクタイの色や柄についてお伝えします。ネクタイ選びのマナーやポイントを知って結婚式に出席し、新郎新婦の結婚を心からお祝いしてあげましょう。また、おすすめのネクタイの色についてもご紹介しますので、こちらも是非参考にしてみてください。

  • 2019年8月16日

ゴールドの結婚指輪の着用は葬式でOK?NGとされるデザインは

ゴールドの結婚指輪は肌なじみが良いと人気です。しかしその一方で葬式などにつけていっても大丈夫?と心配をする声も耳にします。一言でゴールドの結婚指輪と言っても、色やデザインなど様々なものが販売されています。結婚指輪によっては周りの目が気になったり、目立ってしまうものがあるのも事実です。そこで葬式でNGだと感じられる結婚指輪について、またデザインが葬式には向かない結婚指輪をしている時の、対処方法についてもご紹介をいたします。マナー違反にならないように注意をしましょう。

  • 2019年8月16日

ご祝儀袋の入れ方!台紙がついている場合の使用方法とマナー

ご祝儀袋を開けたら中から台紙が出てくる場合があります。あまりご祝儀袋を使う機会がない方は、台紙は必要なのか?そのまま使うものなのか?迷ってしまいますよね。そこでご祝儀袋に入っている台紙はどうするのが良いのか、台紙が入っている理由について、また台紙よりも重要なお札の入れ方など、ご祝儀袋のマナーについてもご紹介をいたします。見る人が見ると、マナー違反だとすぐにわかってしまうので、ちょっとしたことですが注意をしてくださいね。

  • 2019年8月15日

御祝儀を連名で包むときの表書き・友達と連名で包むときの書き方

友達同士で御祝儀を包むことになった時、連名で包む場合は、御祝儀袋の表書きにどのように名前を記載すればいいのか、知識がなければわからないものです。ご祝儀袋に名前を書くときにもマナーがあります。マナーを知らないと、恥をかいてしまうことになりますよね。ここでは、友達同士連名で御祝儀を包むときの表書きの書き方についてお伝えします。どのように名前を記載すればいいのかを知って、マナー違反がないように御祝儀を包みましょう。また、連名で御祝儀を包むことがNGなシーンについてもご紹介しますので、こちらも併せて参考にしてみてください。

  • 2019年8月15日

ご祝儀袋の基本的な入れ方と中袋ののりづけについて徹底解説

社会人になって初めて結婚式に出席するとなると、お祝儀袋にお金をどう入れればいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。しかし、基本的なルールがわかれば簡単です。ここでは、ご祝儀袋の基本的な入れ方やルール、中袋がある場合ののりづけについて説明します。まず、入れるお札の向きについて理解しましょう。中袋がある場合、お金を入れるとのりづけしなくてはと思ってしまうかもしれませんが、必要ありません。そのままで問題ないのです。また、入れる金額によってご祝儀袋の選び方も変わります。お金の入れ方と一緒に注意点もしっかりと理解するようにしましょう。

  • 2019年8月14日

お祝いの封筒にのりづけは必要か?ご祝儀袋のマナーをご紹介

お祝いの封筒、ご祝儀袋にお金を入れたら、のりづけをするべきなのか?迷ったことありませんか?ご祝儀袋に中袋がついている場合、基本的にはのりづけは必要ありません。しかしのりづけをしたほうが良いと考えられる場合もあります。また水引が印刷されているご祝儀袋についてはどうなのか?気になりますよね。そこでのりづけがなぜ不要なのか、ご祝儀袋のマナーと合わせてご紹介をいたします。マナー違反にならないように、お祝いをしましょう。

  • 2019年8月14日

お祝いのお返しに商品券は失礼?結婚祝いの内祝いのマナーを解説

結婚式のお祝いを頂いていたとき、どんな内祝いをお返ししようか悩むこともあります。内祝いをお返しした人に喜んでもらいたいと思うと、何がいいか色々と考えてしまいますよね。結婚式のお祝いのお返しに商品券を贈ると、相手の方が好きなものを購入することができるため、喜んでもらえる気がします。ですが、内祝いで商品券をお返しすることはマナー違反にはならないのでしょうか。内祝いで商品券をお返しするときはどんな点に気をつければよいのかをチェックして、内祝いをお返しすることについて考えてみましょう。

  • 2019年8月13日

【お車代の封筒の名前の書き方】相手の名前は書かないことが基本

結婚式で渡すお車代。渡す相手を間違えないように、封筒に相手の名前を書こうと考える人もいるでしょう。しかし、お車代の封筒に相手の名前を書くことは「マナー違反」になります。そのため、間違えて渡さないように工夫しなければなりません。今回は、お車代の封筒に相手の名前を書くことがマナー違反になる理由と間違えて渡さないためのアイデアをご紹介します。お車代をさらに別の封筒に入れて渡すことがおすすめです。また、現実には相手の名前を書いて渡した人もいます。その場合の書き方もご紹介しますので、参考にして下さい。